紙一重でも夢の中で

ここのところPCの前に座る用事が多く、また腰痛が出てきたので、運動不足解消とばかりに、昨夜ちょびっとハードな運動をしてみた。
朝起きたら、もっとひどくなっていた。(涙)

b0059565_2303928.jpg朝食に出したイチゴが2個だけ余ったので、ピューレ状にしてベーキングミックスと混ぜ、蒸しパンにしてみる。
蒸し上がったパンを1個持ち、お茶も入れ、どーんとTVの前に居座るよ。
それは、今日もDVDの日と決めてたから。送り迎え以外、一歩も外に出ない覚悟でのぞむのだ。(それがえらいのか)

劇団☆新感線鑑賞期間、本日は2004年版の「髑髏城の7人」を。古田新太、橋本じゅんなどの数人を除き、新しいキャストでの上演。

あ、古田さん、元に戻ってる。(いや違うからそれ)

これはもう見事なぐらい重厚に”芝居”。97年版の方は、歌あり踊りありギャグふんだんであったのに、こちらはその辺りを大幅に削ってオフザケをなくした分、前版で冗漫に感じられたところが全く無くなった。
照明や音響、そして撮影の進歩もあるのだろうが、隅々まで感情表現が行き渡り、今回は数回泣かされるはめに。
超広い舞台上を、所狭しと走り回るキャラのおかげで、大層迫力のある舞台となっている。7人に合わせたのか、敵方もキャラが増えて、対決シーンが一層内容の濃いものに。

古田新太、体格と共に風格も増し、軽めのヒーローから考える主人公に。2枚目の格好良さを脱し、時代劇俳優の迫力に。
水野美紀、女性ながらも殺陣の動きがかっこよく、決めのシーンでの線の細さはあったものの、りっぱに蘭丸をこなしたね。
佐藤仁美、ハスキーボイスで感情豊か。何回か、ほんとに涙を流してた。
坂井真紀、元々個人的に好きな人なので嬉しかったなー。ついつい前の高田さんと比べちゃうので、ちょっと物足りない気も。
橋本じゅん、今回はあまりギャグなしだったが、それでもシリアス色の強い舞台で、彼が登場するとほっとした。スピード感とテンポの良さで、舞台になくなてはならない人。
佐藤正宏、前半モロたぬき親父だったけど、後半はとても家康らしかったね。
山本亨、この人はすごい! 前回いなかったキャラで、異色を放つ力強さ。メイクとあわせたのか、歌舞伎役者っぽくギャグを言うところに爆笑。
梶原善、いい味出してるなー。真面目なんだかふざけてるんだか、の境目辺りにいるので、どんなシーンでも自分の味になってるよ。

ああもう、他の人もいっぱいいっぱい見所があって、語ってるとキリがない。すんごくすんごく面白かった!! ひきこまれすぎて、時間があっという間にたっちゃった。
7年の進化、目の前で見せてもらいました。貸してくれた友人に大感謝。

ところで、古田さんの影武者っつーか天魔王の代わりをやってる人。
二人が縦に並んだ時に、首の太さが違いすぎて、すぐに別人だとわかります。

b0059565_2361473.jpg旦那が明日から日本出張でいなくなるので、ちょっと早いけど、今日バレンタイン用にブラウニーを焼く。
いつもはBetty Crockerさんのお世話になっているのだが、今回はちゃんとチョコレートを削って作ってみた。
実はうちの旦那にバレンタインチョコをあげたことはほとんどない。しかも手作りゼロ。日本にいた頃は、お菓子は全然作らなかったし。
なのに今年は作ってみたのは、日本出張でまた色々頼み事があるからね。荷物とか荷物とか荷物とか。
媚が7割、脅しが2割、愛情1割のブラウニーなり。

でも実はこの前の友人の一言で、目からウロコが落ちた。

「バレンタインはもらう日なのよ」

本来はそうあるべきなんだよなあ。
[PR]
by senrufan | 2005-02-11 02:28 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/2002444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by みほ at 2005-02-14 10:54 x
私も山本亨さんと梶原善さんすっごくいいと思った!梶原さんのカーテンコール、アラレちゃんみたいに「キーン」って両腕ひろげて走ってきながら「めんどくせーな」の無表情だったよ、今でも楽しく思い出すのだ!
Commented by Miyuki at 2005-02-14 11:21 x
わー、それ梶原さんっぽい! この役でしか知らないのに、なんかすごくそれっぽい! 実は密かにニ○ラス・ケ○ジに似てると思った…あの面長への字口が。


<< その手が生み出すもの 今しばらくの辛抱を >>