消費の価値の計り方

「マナーというものは、ソースをテーブルクロスにこぼさないことではなく、誰か別の人がこぼしても気づかぬふりをしているところにある」
   ----- アントン・チェーホフ
       (ロシア人、作家、1860年1月29日生まれ)


Footprint Calculator

お友達のこっぺさんが、学校で習った貴重なサイトを教えてくださったですよ。

出てくる質問に順に答えていけば、
「世界中の人が、今の自分と同じレベル・内容の生活をしたとすれば、地球が何個分必要か?」
の答えが出てくるようになってます。

こっぺさんに教わったのですが、
世界がアメリカの一般家庭と同じ消費生活をしようとすると、地球が5個必要、なんだそう。

私の答えは、地球3.9個分
最初の質問が、「どのぐらいの頻度で動物性食品を食べるか?」というもので、ほぼヴィーガンを選んだりしたのですけど、それでもやっぱり、地球4個分。

最後に出た内訳によれば、私の消費生活の半分を占めたのが、Service
車の使用頻度やガソリンの消費量などの質問があり、それに順当に答えた結果が、これでございます。
車なしでは生きていけない(と勝手に思い込んでる)この生活が、どれだけ大きな消費を行っているか、ということを、改めて認識致しました。
逆に言えば、食生活やリサイクル、消費電力など、ちまちまと頑張っても、限界がある、ということでございますなあ……

こっぺさん、本当にありがとうございました!
色々、沢山考えさせられましたです。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_2122

数ヶ月前に転職して、サンフランシスコの職場に通うようになった阿梨ちゃん。
なので前のように、ランチ時に会おう!と気軽にはいかなくなって、なかなか会えなくなってたの。

だったら暇人の私が、SFまで行けばいいじゃない。
ということで、彼女お薦めのお店で、久しぶりに会おう、となったのだ。




IMG_2066

選んでくれたお店は、SFはFinancial Districtにあるイタリアン。
ミシュランの星を獲得しているイタリアンのQuinceと、隣り合わせで繋がっていて、シェフのMichael Tusk氏が兼業する形で開いたお店、なんだって。
ディナーだけのQuinceと違って、こちらはランチを提供してくれていて。
Quinceにはとても行けないけど、という私のような人間には、とてもありがたいお店ができた、ということだよね。


     IMG_2068

人気に違いないこちらのお店、阿梨ちゃんが予約してくれていたおかげで、すんなりとテーブルにつけ。
Heath Ceramicsの食器が、お店の雰囲気と合って、良い感じ。
また、お店の人が良いんだなあ。
担当してくれたお姉さんも、説明も明快だし、さりげなく気の利いたサービスが良かったよ。

前に来たことのある阿梨ちゃんに、色々お薦めも聞きながら、なんとかかんとか選んだよ。
こちらのお店も良さそうなメニューばかりで、本当に悩んだよ。
Prefixのメニュー($24)もあって、それも魅力的だったんだけど、今回は単品をシェアする形で。


IMG_2072

最初に出されるパンから、こんなお洒落なスタートで。
自家製のフォカッチャなんだけど、まずこれから気に入った。
もっちり・ふんわり生地で、良い香りのオリーブオイルを使ってて、旨いのだ。


IMG_2086

前菜メニューから、Ricotta della casa
Little Farmというところの菊芋(Sunchoke)と、ヘーゼルナッツを使ってるんだって。

焼いたリコッタチーズの上に、菊芋とヘーゼルナッツがぱらぱらとのせられていて。
こってりチーズかと思いきや、ホワイトソースのような感じでさらりとしてて、塩味も控えめで、美味しいよ。
そしてナッツと菊芋のこりっ、かりっ、の歯ごたえも面白く、パンにのせて食べれば止まらない。


IMG_2087

こちらも前菜から、Crespelle alla Valdostana
蕎麦粉のガレットの中には、プロシュートとパルメザンチーズが入ってる。

これも、味が落ち着いてる。見かけは十分カジュアルなのに、さりげなく洗練されている。
プロシュートは結構味が濃いのに当たって、辟易することもあるんだけど、これは、入ってることはしっかりわかっても、しっとりしたクレープに包まれて、ちょうど良いアクセントになるぐらい。


IMG_2095

Primiメニューから、Chestnut tagliatelle with porcini mushroom
なんと、栗を練りこんだ自家製パスタだって。

これが、一番感動した一品。
タリアテッレって、パスタの中でも好きな種類だけど、アルデンテで滑らかで、するするといくらでも入ってしまいそうな絶妙さ。
それにポルチーニ茸が、クセが一切なく、茸の旨さだけを出しているような味わいで、混ざり合っていて。
滲み出ているスープが、これまた穏やかな旨味をたたえていたんだよ。


IMG_2099

IMG_2101

ここなら、デザートも絶対試したい。
ということでお願いしたのは、Apple-quince crostata with rum-raisin ice cream
りんごと花梨のクロスタータに、ラムレーズンアイスをのっけてる。
阿梨ちゃんによれば、クロスタータは定番メニューで、フルーツとアイスの組み合わせが、季節によって変わるらしい。

こちらもまたまた、んまかったー。
甘いんだけど、フルーツが適度に歯応えが残ってて、素材の甘さも残してて。
バターがたっぷり使われている生地は、なんというか、カジュアルをはみ出さない程度に素朴さを残した、みたいな。


IMG_2121

量は、アメリカサイズよりは少な目で、でもお値段はそれなりで。
なので、チップを入れれば、かなり贅沢なランチ(当人比)であることは、否めない。
おまけに、お店のそばの路上駐車のメーターったら、コインしか入れられない古いタイプで、しかも1時間$3ときたもんだ……
だから、何回も通うことは、とてもかなわないのだけど。

サービスと味と、居心地と。
高級なレストランディナーには尻込みしてしまう私でも、ゆったりと心地良く居られた上、本当に美味しい品ばかり。
阿梨ちゃんと一緒にいられたことも加わって、しみじみと良いお店、と思ったよ。
ランチでこれだけカンドーしたのは、結構久しぶりのことかもなあ。

近くで働く方々なのか、どんどん席が埋まってきて、やっぱり人気のお店だね。
素敵なお店を教えてくれて、本当にありがとう!>阿梨ちゃん
いつでもSFまで遠征するから、時間のある時に、のんびりおしゃべりできると嬉しいな。


IMG_2119


COTOGNA
490 Pacific Avenue
San Francisco, CA 94133
[PR]
by senrufan | 2013-01-29 10:50 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/19919634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かん at 2013-02-01 10:54 x
フットプリント、ご紹介ありがとうございます。息子を越境させていなければ車が不要で地球3.8個、越境で必須=使うと4.1個でした。(涙)ちりつもで、やはり少しでも歩いて車を使わないようにしないと、と思いました。
Commented by 阿梨 at 2013-02-01 13:41 x
Miyukiさん、SFまで来てくださってありがとう!とても楽しかったです。なんか、濃い味の物ばかりでごめんね。菊芋のメニューがあんな風にチーズ一杯と私がちゃんと理解していればガレットではなくてサラダにしたのに!これに懲りずにまた遊んでくださいね。
Commented by さく at 2013-02-01 15:45 x
わたしは3.5個。それでも多いと思うけど、何か答えを間違えたのかもしれないっす。菊芋ってけっこう普通にあるものなんだね。
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-02-01 16:01
このデザートまで食べると
肥ってしまった体形が・・・
ははは
facebookも早いおいでで、ビックリしてしまいました。
ノンビリ続けていきましょう。
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2013-02-02 11:12 x
*かんさん
アメリカの平均家庭より光熱費はずっと少ないし、贅沢していないつもりなんですが、ガスや電気があるというだけで、地球規模では大変な贅沢だという現実を、改めて目の前につきつけられましたねえ。私も、行ける場所は歩いて行くようにしないといかんです。ボケ防止も兼ねて(本音)
Commented by Miyuki at 2013-02-02 11:14 x
*阿梨ちゃん
会えて嬉しかったよー! そして素敵なお店を教えてくれてありがとうvv 私こそわがまま言って、阿梨ちゃんが前に食べたものをオーダーさせてもらってごめんね~。また時間がありそうな時に声をかけてね♪
Commented by Miyuki at 2013-02-02 11:16 x
*さくさん
おお、その秘訣を教えてほしい~。こっぺさんが受けたクラスでは、40%近くの人が4個台だったんだって。菊芋、今では丸ごと食品スーパーで普通に売ってるしね。ありがたい、ありがたい。
Commented by Miyuki at 2013-02-02 11:18 x
*Kawazuさん
先生の場合、体重が増えても、貫禄という衣をまとわれるだけですから、無問題です。(きっぱり)
あはは、FBは時差のおかげで、日本の方が夜にアップされる時、朝PCを開いた私が見ていたりして、タイミングが合うことが多いのですよ。
蝋梅の写真を拝見しながらの曲は、更に春らしい息吹を感じましたvv
Commented by さく at 2013-02-03 14:03 x
たぶんびんぼー人の集合住宅ってやつと、あと私、今かなりの割合でカープールなんで(自分の子供だけじゃなく)、それかなあ?でもなんか間違っているのかも。
Commented by 阿梨 at 2013-02-03 14:34 x
なんと、私は地球4.6個分でした、、、。これってMiyukiさんのお友達のさくさんより地球1個多く使ってる、、。なんかそんな風に身近な所で示されると凄いズシンと来ます。
Commented by Miyuki at 2013-02-04 02:39 x
*さくさん
確かにちょっとわかりにくいというか、答えにくい質問もあったりしたけど、いやいや、ご立派よ~。私なんか、子供がいなくなって、車の運転距離ががくっと減ってもいいのに、結局あちこち遠出しちゃってるからなあ……ダメだな。ああ、全然ダメだ。
Commented by Miyuki at 2013-02-04 02:45 x
*阿梨ちゃん
え、でも一軒家じゃないし、電車を使ってるのに? そうかあ。
真面目な話をすると、個人消費の節約は残念ながら大したインパクトじゃないんだよね。風呂があって、電車があって、警察や消防署、病院があって、という生活を送ってるという段階で、すでにすさまじい消費量なんだよね~。かといって、それらを捨てることはもうできない。このカリキュレーターが投げかける問いは、ものすごく根源のところをついてるのよね。ふう。


<< 溢れる思いを届けよう、甘さに託... その空気が含むもの >>