若い葡萄の見る夢は (4)

「自分自身をコントロールすること。それは激情を抑えることではない。
激情を自分に起こさせない能力をいうのだ」
   ----- ジャック・ニクラウス
       (アメリカ人、ゴルファー、1940年1月21日生まれ)


「わずかな睡眠不足でも、飲酒運転と同じぐらい脳の働きを損なうおそれがある。酔いが深まるのと同様、疲労がたまるにつれて、人は進んで危険を冒すようになる」

「隠し場所はふつうでないほうが記憶に残ると一般に信じられているが、それはちがう。珍しさは隠し場所を覚えやすくしない。逆に忘れやすくするのだ」

「人の顔を覚えていたければ、はじめて会ったときに『この人は善良そうだ』とか『くせ者らしい』などと人格判断を下してみるといい」

「人間は、誤りを犯しそうなときは、むしろ『行動を起こさない』という誤りを犯すほうを選ぶ」

「人はなんらかの形で自分が不正をしていないことを証明すると、その後の作業でもっと不正をしやすくなる」

「重度の四肢まひをもつ人の93%は『生きていて良かった』と答え、84%が『自分の生活は平均以上』と考えている。重度の心身障害者も同じぐらいの幸福度だと答えている」

    ----- ジョゼフ・T・ハリナン著 「しまった! 「失敗の心理」を科学する」

Amazonのレビューでも、面白い分析が沢山書かれてて、うわー、読んでみたい、読んでみたい。

で、これを読んだら、少しでも失敗を減らすことができるのでしょうか。(そこが肝心)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_1662

続いて3軒目、Merry Edwards Winery
ちょっとした工場のような建物を周ると、オフィスとテイスティングルームの入り口が。




IMG_1661

前の回のテイスティングが終わるまで待って、それから私達を含めて、10人ぐらいが部屋に入ったよ。
こちらは、テイスティング料がタダ、という太っ腹ぶり。(ぱちぱち)
4本のワインを試飲させてもらったよ。

・2011 Merry Edwards Sauvignon Blanc Russian River Valley
ソーヴィニヨンブランにとって厳しい収穫の年となった為、サンタローザからの葡萄も加えたというこちら、すんなりと飲みやすい。
Red Carの後だったからかなー。(失礼)

・2010 Merry Edwards Pinot Noir Russian River Valley
香りも味も、フルーティ。

・2010 Merry Edwards Pinot Noir Russian River Valley Coopersmith
↑のピノより、やや濃い目。

・2010 Merry Edwards Pinot Noir Russian River Valley Klopp Ranch

すんごく好み、というわけではなくとも、どれも安定して美味しかった。
優等生、とゆみたちさんが表現されていたのが、良くわかる。
お客さんも沢山いらしてて、ケース買いされていく方が多かったな。


IMG_1650

駐車場の前に、どん、と置かれていた機械。
葡萄をしぼるこちらは、このエリアでも台数が限られているんだって。


Merry Edwards Winery
2959 Gravenstein Highway North
Sebastopol, CA 95472

*-*-*-*-*-*-*-*-*

     IMG_1669

最後に訪れたのは、Martinelli Winery
小雨混じりの中を、小走りで建物内に駆け込んだせいか、山小屋風の温かい内装に、ほっとした。


IMG_1674

100年以上も続いているという、家族経営のワイナリー。
テイスティング料$5を、2人分で。このツアーで、初めてテイスティング料を払ったです。


IMG_1673

いただいたのは、計6本。
もう麻痺してて、細かい感想が浮かばなかったので、名前のみ。(負け犬)

・2008 Martinelli Road Chardonnay

・2010 "Bella Vigna" Pinot Noir

・2010 Zio Tony Ranch Pinot Noir

・2008 Terra Felice Syrah

・2009 Vigneto di Evo Zinfandel

・2010 Jackass Hill Muscat Alexandria

     IMG_1671

浮かばないからといって気に入らないわけではなく、むしろ逆。
どれもほのぼのと美味しくて、買っていこうかなー、と迷ったぐらい。
疲れた舌にも優しい味があって、良かったなあ。

でもやっぱり、Joseph Phelpsが一番気に入ったと思うんだ。
けどそれは、味が一番好みだったのか、最初に訪れて、舌も元気だったからなのか、そこが明確にはわからないのが、味覚音痴の悲しいところである。


Martinelli Winery
3360 River Road
Windsor, CA 95492
[PR]
by senrufan | 2013-01-21 04:41 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/19877777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆみたち at 2013-01-23 14:47 x
最後は、力を振り絞って、という感じだったね。
記録しててえらい!
今は思い出すのは、車の中でがははと笑ってばかりいたことであります。
Commented by Miyuki at 2013-01-24 12:46 x
*ゆみたちさん
いんにゃ、もう何がなんだか(笑)
私も、一番覚えているのは、車中での私たちの漫才とか、後部座席から聞こえるがさがさばくばくという音とかばかりだわ~。
Commented by KawazuKiyoshi at 2013-01-24 18:39
ワイナリーは好いですねー。
明日は、何か美味しいものを飲みましょうか。
43年目の二人なのですから。
ふふふ
今度は楽しい曲を書きたいですね。
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2013-01-25 13:08 x
*Kawazuさん
43年、本当に素晴らしいです~~vv
ブログで拝見する先生ご夫妻に憧れてやまない、まだ21年の若輩者でございます。
楽しい曲も切ない曲も、先生の作品をいつもお待ちしております!
Commented by peartree22 at 2013-02-17 18:43
Miyukiさん
私の一番大好きなワイナリーがJoseph Phelpsだったの!(はぐっ)私が住んでいた時はもちろんソノマにはなかったのだけれど。こちらにいたツアーガイドのおじ様がとっても良い方で。けっこうお年を召されていたので、きっともういらっしゃらないとは思うけれど。
パン屋さんも知らないところばかり。もうすっかり浦島太郎でしょう。
私がMartinelliに行った時も似たような小雨日和の日で冷たい日の夕方だったけれど、中の雰囲気が暖かくて、ちょっとアルコールが高めで私たちには濃いめだったけれどつい3本も買っちゃったのよ(笑)。
懐かしい思い出がぐるぐる巡って、ちょっと胸きゅんです。
Commented by Miyuki at 2013-02-19 07:21 x
*ちゃんさま
おおーっ、そうでしたか! と、がしっとハグ返し(羽交い絞め) ナパのJoseph Phelpsもやっぱり素敵なんですねえ。ナパなら要アポイントメントかもしれませんが、いつか行ってみたいです♪
Martinelliって、疲れた旅人を癒す場所、みたいな(笑) やっぱりちゃんさまは良くご存知だわあvv ほかにもお薦めがあったら、ぜひ教えてくださいまし! 自分的には、穏やかで優しい味のワインに会いたいなー、と思ってます。子供味覚なので(おい)


<< 若い葡萄の見る夢は (5) 若い葡萄の見る夢は (3) >>