そこに山が在ることで (9)

「近頃、民主主義をはきちがえて、自分の、または少数団体の欲望を満たすために、他の多数の迷惑を顧みず、わがまま勝手を振る舞う心得違いのものがだいぶ増えたようだ。
こうゆう不心得ものに、正邪善悪の物差しを教え込むことが、民主主義教育の一大使命である」
   ----- 尾崎行雄
       (日本人、政治家、1858年12月24日生まれ)


今年の日記は、今年のうちに。
一昨年も昨年も果たせなかった目標は、今年は更に無理でした……(敗北宣言)

せめて、8月と10月のシャスタ旅行記録だけは終わらせる。
絶対、終わらせる。(血走った目で)

* * * * *

【旅行】

(Mt. Shasta 旅行記録)

8. 神楽(Kagura)

     IMG_9948

旅行の楽しみは、食にもあり。
環境意識の高いシャスタエリアで、どんなご飯が食べられるのかなー。
と、わくわくしていたのですけど、実は少しずつレストランが減っているそうで。

でも、こちらのお店があれば、大満足。
tamachanに教わった、民家でのお食事処です。




IMG_9949

沖縄出身のご主人が奥様と始められたレストランは、昼と夜、それぞれお客様は2組まで。
完全予約制でございます。

最初はフレンチのコース料理を提供されていたそうですが、蕎麦打ちに目覚められて(?)、
この夏は、おろし蕎麦と沖縄ソーキソバの2種類のメニューを提供していらっしゃいました。
電話で予約する時に、どちらにするかも決めてお願いしたのでございます。


IMG_9950

IMG_9957

tamachanに連れられて、初めて訪れた時は、正に蕎麦打ちの真っ最中。
打ちたて・新鮮なお蕎麦が食べられる、と思っただけで、喉が鳴りましたよ。

わくわくとお料理を待つ間、看板犬のシナモンちゃんのご接待。
というより、膝にのせれ、撫でれ、のご命令に、はいはいと従う僕達の図。(……)
撫でる手が止まると、鼻で押して催促されるんですよ、これが。


IMG_9960

IMG_9965

8月に行った時にお願いした、おろし蕎麦定食
沖縄風の炊き込みご飯に掻き揚げ、ひじき煮にサラダと、ボリュームたっぷりの定食です。
沖縄ソーキソバは、普通は角煮がのるのですけど、お肉抜きで、とお願いしたら、わざわざ野菜バージョンで作ってくださったんですよ。(感動)

この時いただいたお蕎麦は、新鮮さはとても良かったのですが、麺の切り方のばらつきや、香りの薄さが気になった、と贅沢を言ってしまいます……
何せ、蕎麦花さんのお蕎麦をいただいてますからねえ。
うかがったところ、カナダ産の蕎麦粉を使った二八蕎麦、ということでしたよ。

しかし、麺つゆのお味が濃すぎず美味だったこと、かき揚げがさくさくだったこと。
ご飯も美味しくて、このボリュームに関わらず、全員完食致しました。いやー、んまかったー。


IMG_0896

味をしめた私達、10月にもやはり行ったのですけど、この時は4人全員、おろし蕎麦。
でもって、たった2ヶ月でお蕎麦がグレードアップされていて、驚いたんですよ。


IMG_0902 IMG_0903

IMG_0898 IMG_0897

カナダ産の蕎麦粉だと、どうしても香りが足りないので、ベーキング用の粗い蕎麦粉を水で練って加えるなど、様々に試行錯誤されている最中だとか。
今回は冷やし蕎麦だったこともあって、喉越しも歯応えもぐんと良かったし、お蕎麦もきれいに揃ってきてたしで、更に満足の一品でございましたよ。

特に今回は、にんじんと玉ねぎのかき揚げが大ヒット。
青海苔が入ったジャンクな風味で、止まらない美味しさでございました。
ひよこ豆やわかめ、ケールなどの豆サラダも、胡麻ドレッシングが引き立てる美味な一品。

大満足ランチは、現在、お一人様$20。
高いと思うかどうかは、召し上がってからのご判断、ということで。


IMG_0952

IMG_0002 IMG_0001

更に神楽さんでは、お弁当の注文も承ってくださいます。
シャスタを発つ日の前日にオーダーし、当日の午前中に引き取り、ということで、2回ともお願いしたのです。
帰り道の途中、フリーウェイの休憩所でのランチにいただきました。

メニューは色々で、唐揚げやトンカツ、コロッケなどに加えて、おにぎり+副菜、サンドイッチなど。
お弁当類は$10、私が頼んだサンドイッチは$7でした。
ベジタリアン仕様でお願いしたサンドイッチは、ひよこ豆のコロッケや厚揚げ卵を入れてくださって、これまたうまうまでございましたです。


さて、ビストロ神楽さんは、10月から、B&Bも始められたのですよ。
10月におじゃました時にお聞きして、知っていたら予約したのにー、と皆で地団駄踏みました。

というのは、珍しい陶板浴が体験できるから。ちょっと、こちらの説明をお借りします。
室温40~42℃、湿度10~20%の低温低湿サウナは、普通のサウナと違い、岩盤浴のように、さらさらの汗が体内からじんわりとにじんで、デトックスを促進してくれるんですって。

オーベルジュ神楽さんは、この陶板浴を無料で利用でき、ビストロ神楽さんの朝食が楽しめる宿泊所。
ビストロ神楽さんの離れ、2ベッドルーム+リビング・ダイニングを独占使用。
2人で1泊$160、あとは1人増えるごとに、$35のプラスだそうですよ。

つまりこちらに泊まれば、ランチのお弁当もお願いできちゃうし、ディナーもこちらでいただける、ということですよね。
三食昼寝、じゃない、陶板浴付の滞在にもできる、ってことですよね。
全員から、来たああああいいいいい!! という声が上がったのは、言うまでもありません。

ちなみに陶板浴は、もちろん外部の方でも、ご利用可能。
貸しタオル付で、お一人様$20/1時間の料金、とうかがいました。

冬はオフシーズンのシャスタですが、陶板浴なら、むしろ寒い時期に行ってみたい気もいたします。
吹雪かない週末に、スキーがてら、とかできたらいいですねえ。


神楽(KAGURA)
611 South Mount Shasta Blvd.
Mount Shasta, CA 96067
Tel:(530)926-1102, (530)925-9161
[PR]
by senrufan | 2012-12-24 14:37 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/19728762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-12-26 16:56
陶板浴とは良さそうですね。
私は温泉が大好きですが、妻は
岩盤欲の方が好いそうです。
いつも外で待っている妻です。
ふふふ
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2012-12-27 15:46 x
*Kawazuさん
私は温泉も岩盤浴も捨てがたい!
ですが、熱いお湯やサウナは苦手なので、岩盤浴の気持ち良さは忘れられません。
奥様派ですね、私(笑)


<< そこに山が在ることで (10) 君の世界は愛に満ち >>