四本足、二本足、三本足

「真の文明は 山を荒らさず 川を荒らさず 村を破らず 人を殺さざるべし」
   ----- 田中正造
       (日本人、政治家、1841年12月15日生まれ)


日本での選挙結果が出ましたね。
これほど苦しく思った選挙は、初めてです。

それに、投票締め切り時間の繰上げ、ってどおゆうことですか。
全国の投票所で、最大で3時間の繰り上げが行われたそうで、
例えば福島1,312カ所(100%)、秋田774カ所(85.05%)、岩手726カ所(64.57%)、宮城557カ所(57.18%)、山形114カ所(13.39%)、青森62カ所(6.15%)……

場所が場所だけに、天候やご高齢の方々の事情などもあったのかもしれませんが、
これを民主主義と呼ぶのかなあ、と呆然としたというのが、正直なところでございました。

色々がっくりしているところに、唯一の笑いネタを、Twitterで教わりましたです。
あー、この番組、全部見たかったー!

【選挙】攻めすぎているテレビ東京まとめ【池上彰さん】

* * * * *

【時事】

あまりにグダーリとしてしまったので、いっそ更にグダグダ考えよう。

再生JALの心意気/さかもと未明(漫画家)

さかもとさんのこのコラムについては、一時期随分とネット上で話題になったので、ご存知の方も多いかと。
赤ちゃんは泣くものなのに、なんて理解のない、という意見と、気持ちはわかる、という意見が多数寄せられて、正に”炎上”したコラムでございますね。

それに対して、とある方が書かれたmixiでの日記が、オンライン上に掲載され、これもまた一部で話題をよびました。
そうそう、私もこういうことが言いたかったの! という賛同意見を多く目にした、素敵なお話です。

さかもと未明さんの乗り物マナー騒動に思う。「乗り物で、赤ちゃんが泣かない国もある」

こちらを拝読して、以前読んだツイートを思い出しました。
「電車で泣いちゃった赤ちゃん。『ちょっと、子ども黙らせなさいよ!』とキレるおばはん。
そのおばはんに『じゃああなたは場をわきまえて泣く赤ちゃんだったんですか。誰にも迷惑かけず自分の子ども育てたんですか』って言った男子高校生。高校生かっこよかった。」

赤ちゃんは泣くのが仕事、と昔から言う通り、赤ちゃんは、泣く以外に辛さを表現する手段を持たないのです。ただ、それだけのことなのです。
それ以外の方法をとろうとしても無理、ということと、誰もが通ってきた道なのだ、ということだけは、ある程度の年齢になったら、わかってしかるべき事で。
それに対しての好き嫌いは勿論あるでしょうし、それについての議論ではないのです。

理屈や理論で片付けるものではない、ならぬものはならぬ、ということが。
沢山、たくさんあるのだ、という、たったこれだけのことが、どうしてこうも難しくなってしまうのか。

この事件(?)に直接関係はないのですが、こちらをきっかけに、いろんなことを考えてしまったので。
それが、今回の日本での選挙に、自分的にぼんやりと繋がるように思ったので。
ぐちゃぐちゃ拡散の頭を、少し整理するべく、戯言を並べ立ててみたいと思います。
ので、どうぞこの下は、あくまでそれをご承知の方だけご覧くださいますように。(願)(や、ほんとにタワゴトですから!)




まずは、さかもとさんがJALにクレームした、ということから、つらつらと。
以前に書いたのですが、給食費を払っているのだから、「いただきます」を言わせないでほしい、という親がいる、という話。
これに対して、見事に答えてくれたツイートがありました。

先生に対して、「ひらがなを覚えたら、どんな得があるの?」と聞く小学生。
友人が話してくれた、「結婚って、どんなメリットがあるんですか?」と若い女性から聞かれたというエピソード。
ほかの客の粗相で迷惑したとして、店にクレームをつける客。

払ったものに値すると自分が考える分について、声高に主張する。
自分の範疇だと思ったことに対しては動いても、少しだけそれからはみだすことは、他の人の為であっても、絶対動かない。むしろ、人の為だからこそ、動かない。
ましてや、自分にとって「何の得にもならない」赤ちゃんとお母さんへの気遣いなど、するはずがないのでしょう。

給料が高すぎるから要検討、とか、人を集められない芸術なら切り捨てる、とか。
理論・理屈でおした時に正当に見える事は、実は一面からしか判断していない、自分の狭量さと無知を暴露しているだけかもしれない、ということに気づかずに。

「役に立たない」と見える事、イコール、「価値のない」事、ではないのです。
しかも、役に立つか立たないかの判断基準が、「自分にとって」、または「目先の状態に対して」であるのに、
それを、さも周囲全体がそう考えているかのように理論を展開し、自分ではなく、他をそのレベルに引き下げようとする。
その論理に則って行うことは、「自分にとって役に立たない」ものへの攻撃です。

揚げ足取りや弱いものいじめが、これだけ大人世界で蔓延しているのに、子供社会で広がらないわけがないのです。

実際、論理・理屈で統制しようとする社会において、一番持て余されるのが「子供」です。
自然そのもので、理屈が通じない存在が、どれほど邪魔であることか。


しばらく前にお嬢と、日本とアメリカの自己中の違いについて、話したことがあるのです。
というより、お嬢のおかげで、自分を含めた日本型自己中に気づかされたのですけど。

お嬢が見たところ、日本型では、自分が思うことについて、他人もそれに合わせて変えようとする。
実は個人的な主張に過ぎないのに、「それが普通でしょ?」という言葉で、自分一人の意見ではないように見せようとする。
自分が思うこと、自分にとって都合の良いことを、一般論にしようとする、という印象があるそうです。

日本で良く使われる、「常識」という言葉。
英語だと「Common sense」と訳されることになってますが、お嬢の周囲では、滅多に使われない言葉である上、せいぜい「怒ってる動物に手を出すのは危険」といったような、かなりの人が賛同するような事例に対して、だそうで。
確かに、これだけの多民族国家で、誰もが思う「常識」なんて、それほどあるわけがないのですよね。

何か悲しいことがあった時、傷ついているのは自分なのに、勝手にそれを世間の「常識」にしてしまおうとするならば。
そうでない側のせいにしたり、攻撃したりといったことに対して、抵抗感や罪悪感がなくなります。
日本人は無宗教と言われつつ、実は「世間」が宗教のようなものですから、
その「世間」のお墨付きということにしてしまえば、どれだけ心理的な箍がはずれることでしょう。


ところで、日本に行って、電車通学になったお嬢ですが、その電車の中での色々を話してくれるんですよ。
「イマドキの若者は」と良く言われますけど、お嬢が一番眉をしかめるのは、50~60代の方々、特に男性、というのです。

先日も、座っていた若い男の子が、目の前に妊婦さんが立ったので、すかさず席を立ったら、
横からおじさんが、その妊婦さんを押しのけるようにして、横取りして座って、目をつぶって寝たふりに入ったんだそうです。(死んだふり)
このこと以外でも、若い女の子にえらそうに絡んでたり、説教モードだったりと、「呆れるのは大体おじさん族」と断言しておりました。

高度成長時代に、企業戦士として働いて、日本を世界有数の先進国に押し上げてくれた世代の方々を、尊敬しないわけがありません。
右上がりで豊かになっていく、あのカーブ。努力すれば前に進める、という信仰。
年功序列を当然として、年月を経れば、自分も許されるものがある、と信じていた。

戦中世代で、本当にご苦労されたことに対して、なんら異論があるわけではありません。
その果てに、今まで拠って立っていた足場が崩れ落ちていく悲哀を味わって。
だからこそ、自分が良いと信じていた価値観、自分が心地良かった場所に、しがみつきたい思いもあるでしょう。

疲れて、悲しくて、でも、泣いて訴えることはできない自分。
だから、無条件に泣いて甘える赤ちゃんや子供に、自分より下だと自分が信じたい存在に、捌け口を見出してしまう人もいる、のかもしれません。
それが、どれほど自己中な行為か気づかずに。
もしくは、気づく前に、「乗り物でのマナー」「年功序列」という”常識”の形にすりかえて。

老害、という言葉を、しみじみ噛み締めることになった選挙でもありました。


グダグダが絶好調にグダーリとしたところで、最後に、タワゴト中のタワゴトを。

美しい日本の領土領海を守りたい。(……)
それを、軍事力をもって行おうとするのは、少なくとも私の思う「美しい日本」ではありません。
日本国憲法が、アメリカに押しつけられた内容も多分に含んでいるであろうことは、知っています。
それでも私は、第9条を持つ国にいられることを、幸せに思います。

国際社会において、日本がふるまうべき姿。
それは、東日本大震災の時、被災地の方々に見られたものでもあったはず。

政治学者のサミュエル・ハンティントンが、著書「文明の衝突」において、世界八大文明の中の一つに、「日本文明」を挙げています。
西欧、中華、イスラムなどと並ぶ、世界の中の一国のみで成り立つ文明。
それは決して、「孤立」を意味するものではない、と思うのです。


また、勉強すべきことばかりが増えました。
何かを知ったと思えば、その10倍もの量の無知さを思い知らされることの連続です。

自分がああなる前に、変われなくなってしまう前に、もっともっと。
そんな反教師的な見本を沢山目にできた、という意味でも、学ぶことの多い選挙でありました。
[PR]
by senrufan | 2012-12-15 17:02 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/19682501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2012-12-18 00:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Hiroko at 2012-12-18 02:28 x
アインシュタインも「常識」について、こんな名言を残していますからねー。「常識とは18歳までに培った偏見のコレクションである」
Commented by Miyuki at 2012-12-18 04:32 x
*非公開コメントさん
あん、何をおっしゃいますか。全っっ然!そんなことはなくってよ~。長くなるから、この後メールさせてくださいまし。
でもそうそう、その美学という言葉に激しく同意。どんな言い訳をしようと、どんな理屈をつけられようと、私の価値観とは相容れませぬわ。
Commented by Miyuki at 2012-12-18 04:33 x
*Hirokoさん
うわー、さすがアインシュタイン様! けだし名言ですわ。
ということは、18歳までに矯正しなきゃいけないとゆうことかしら……どうしましょう、私、すでに10年も過ぎてしまいました……(死んでこい)
Commented by yoko at 2012-12-18 14:16 x
Miyukiさん、お久しぶりです。^^
選挙、ほんとに残念な結果となりました。(がっくり)

話は変わって、このクレームの件を知ったときは心底驚きましたが、赤ちゃんが泣かない国もあるという記事を読んで心温かくなりました。^^
シェアをありがとうございます。素敵です。 こんなふうにみんなが暖かい目で見てくれたら、子育ても楽でしょうにね。誰もがみんなに寄り添う気持ち、優しく受け止めれたら、どんなにいいだろうって思いました。 
Commented by Miyuki at 2012-12-18 15:29 x
*Yokoさん
ああ、Yokoさんもやはりがっかりされましたか……
消去法にもほどがある、という結果になりましたねえ。

私も娘が赤ちゃんの時は、お出かけが苦痛だったんですよね。周囲に迷惑をかけないかとハラハラし通しで。外で出会うほかのお母さん&赤ちゃんには、そういう思いをしてほしくありませぬ。
江戸時代の日本では、外国から来た人が、子供天国だと驚いたそうです。またそういうのが当たり前になってくれたらいいですね♪
Commented by Ayako at 2012-12-19 12:20 x
Miyukiさん、いつも楽しく拝読しております。

お嬢様が眉をしかめる50~60代の男性・・・・ふと思ったのですが、その昔、まだ私が現役OLだった頃^^;にもおりました、おりました。 そういう方達。 多分私が出会った頃の50~60代の男性は戦中世代だったかもしれませんが、お嬢様が出会っている現在の50~60代の男性は団塊の世代以降じゃないでしょうかね~。 ということは、生まれた年代に限らず、男性はこのへんの年代になると人間が折れてしまうのか・・・・。 まぁ、そういうおじさん達が目立ってしまうので、多くの普通のおじさん達も同じように括られてしまうのかもしれませんが。

そうか・・・赤ちゃん連れのお母さんみかけたら、思い切って手を貸した方がいいんですね。 (って、気づくの遅すぎ-.-#)
Commented by Miyuki at 2012-12-19 12:41 x
*Ayakoさん
こんにちはー!
そうですよね、実は私もOLの頃(つまり恐竜時代)、やっぱりオジサン族に色々思うところがあったのを覚えてます。
子供が小さい頃は、仕事も家庭もあっという間に過ぎていくのに、50あたりから、仕事は先が見えてしまい、でも子供の為に働き続けなくてはいけなかったり、家庭では父親の存在が薄くなっていたりして、折れたくもなる、という年代だったりするのかなあ、なんて思っちゃいますね~。
年をとるにつれて、人間としての魅力を増していくのが理想ですけど、それには40代までにどう生きてきたかが大きくモノを言い。そう考えると、ますます焦ってしまいます。

赤ちゃん連れで大変そうなお母さんがいらっしゃったら、ぜひAyakoさんの温かい愛の手を! 私は赤ちゃんを見るだけで、すぐににこにこしちゃうんですよ。娘が巣立って、すでにどの子も孫感覚ですからねー(そこか)
Commented by さく at 2012-12-20 02:54 x
日本との往復の飛行機で(ハワイ経由だったので4回も乗った)後左右で3方向から泣いている赤ちゃんのステレオ放送が聞こえて来た時に思わずさかもと未明さんを思い出しました。そもそも赤ちゃんの泣き声が嫌なら、iPodでも何でも持っていって、自分の好きな音楽でも聞いてりゃ気にならないと思うんだけどね。そういう工夫もしないで爆発して「飛び降りる」というのはなんとも救いがたいおばかさんだな、と思いました。ただね、一つ言わせてもらえば、2−3歳の子が座席を蹴るの、あれはちょっと勘弁してほしいです。多少ぶつかるのは仕方ないにしても、蹴り続けるのをやめさせない親がいますが、あれはキレられても多少致し方ないかな、と。やはり避けられるものは避けないとね、お互いに。
Commented by さく at 2012-12-20 05:37 x
追記ですが、私もテレ東見たかったな。山梨にいたから見れなかった。
Commented by Miyuki at 2012-12-20 10:45 x
*さくさん
お帰りなさい! お疲れ様だったね、ほんとに。
私も、ずっと続く子供の泣き声は平気といえば嘘になるけど、それでも親御さんが一生懸命であればあるほど、がんばれ!の気持ちが大きくなるし、自分で経験した分、気を紛らわすのにも慣れたしねえ。
さくさんの言う通り、蹴るのはいかん。でもって、それもやっぱり、親の態度次第でこちらの受けとめ方も変わってくるよね。
Commented by Miyuki at 2012-12-20 10:47 x
*さくさん再び
ねー、DVDとかにならないかなー。原発問題に関しても、テレ東って他の局と違った報道が多いし、がんばってるよね。
Commented by Ayako at 2012-12-20 16:24 x
そっか、やっぱり思い切って手を貸していいんですね。 私は子供がいないので、躊躇していたのですが、昔から子供受けと年寄り受けはいいので、ママさんも緊張しないでくれるかも、ですね。

私の知る、今50~60代の方達は、とても素敵な人達ばかりで、それは特定の友人に対してだけでなく、周りの人全体に素敵な人達なのですよ。 でも、Jerkは多分いつでも、どこにでもいるんですよ。 年代に限らず。。。はふ~。

Commented by Miyuki at 2012-12-21 10:52 x
*Ayakoさん
これは全くの個人的な印象なのですけど、アメリカのお母さん方はそういう手助けをにっこり笑って受けてくれるし、自分でも自然にやられるのに対して、日本のお母さんは警戒されたりする場合があることも……環境の差、と言っていいのかなあ。でも私だったら、Ayakoさんのような方に笑顔を向けられるだけで嬉しいと思うので!

そうでしたか、すみません、それがAyakoさんのひっかかったところだったんですね。私の書き方が拙いせいで、ご気分を悪くさせてしまったこと、どうかお許しくださいませ~(土下座) 勿論、素敵な50~60代の方々は沢山いらっしゃいますし、娘も私も、皆がそうだなんて全く思っておりませんので! いつまでたっても文も人間も未熟で申し訳ありませんーーー。
Commented by かん at 2012-12-21 12:41 x
乗り物で赤ちゃんが泣かない国のお話、心がほっこりとしました。昔の日本もそんな感じだったと思うのですが、どこでどう違ってしまったんでしょうね。。。
正直、私が子供の頃の日本と今の日本(と行っても東京あたりしか知らないのですけれど)との乖離が大きすぎて、「(私に取っては)昔(の日本)は良かったな」とついぼやいてしまいます。(苦笑)

選挙結果、私も残念でした。
Commented by Miyuki at 2012-12-22 10:41 x
*かんさん
今の日本、というより、都心部の話なのかもしれませんけどね。住んでないので、そこがわからないのですが。「昔は良かった」というのは、それこそ何千年前から言われていたことなんでしょうねー(笑)

ほんとに残念でしたね。この落胆を、良い意味で裏切ってくれるといいのですけど。


<< 食べて、巡って、安らいで (前) そこに山が在ることで (8) >>