旅立ちの前に

ずっといい天気だったのに、今日からまた雨続きの予報。わーい、花に水をやらなくても大丈夫だ(しょっぱなからそれか)

カレッジの日本語チューターの方が1人、ボストンに引っ越されることになり、今日はその送別ランチ。
先生がお寿司を山盛り提供して下さって、さらに皆さんの持ち寄りが色々で、あふれんばかりのテーブルを前に皆で歓談。
お腹がはちきれんばかりに食べたけど、心はぽっかりと寂しいまま。
ここに来て以来、数え切れないぐらい送別会に参加した。その度いつも、これが最後であってほしいと願うのに。

朝、お嬢が鼻水と痰。「寒い」と訴えて、洋服を厚めのに変える。

ところで、今日聞いたロシア流の風邪の治し方。

 (1)生にんにくを大量に食べる
 (2)生たまねぎを大量に食べる
 (3)ミルクティーを大量に飲む
 (4)レモンティーを大量に飲む
 (5)寝る前にハチミツを大量に食べる等々。

要はにんにくとたまねぎを食べ、朝から晩まで紅茶を飲んでいれば治ると。生にんにくなんて、かえって胃が荒れそうな気もするが。
ポイントとしては、薬に頼らず、体の免疫力そのものを強めていこうということらしいね。

今日見かけた車のステッカー。

「BEEF --- What's for dinner」

今そう言われても。
[PR]
by senrufan | 2005-02-07 01:27 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/1966157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぱんな at 2005-02-09 14:51 x
ボストン熟女ツアーを是非成功させよう。ロシアの人って、豪快ねえ♪早くよくなれ、おじょー。
Commented by Miyuki at 2005-02-10 02:24 x
おうっ、ぜひ!>ツアー 風邪を引いているロシアの人には近づけないかもと思った。だって匂いが。お嬢、漢方のお茶が気に入って、毎日飲んでるの。でもこの時期、風邪か花粉症かわかんないー。


<< しばし非現実の中へ 儚い間であっても >>