少しずつ違った繰り返し

「多くの場合、人生は、哀しいものだ。
だから人生を、愛すべき愉しいものとして表現しなければならない。
そのためにこそ、青やばら色の色鉛筆があるのだ」
   ----- アンリ・ド・トゥルーズ=ロートレック
       (フランス人、画家、1864年11月24日生まれ)


IMG_1758

IMG_1726 IMG_1723

Happy Thanksgiving! の連休でございました。

今年の感謝祭当日は、Lisaさんの御宅でのパーティに、おじゃまして参りましたですよ。
Smoker(燻製器)で7時間かけて燻製したターキーを、更にオーブンで焼くこと、1時間。
切り分けてくださったターキーは、口に入れると、ふんわりとスモーキーな風味がして、そのままで十分な美味しさ。
特に皮がパリパリで大人気でしたが、胸肉もジューシーで柔らかな味わいでございました。絶品。(親指立て)

大きな腿肉は、皆で回してかぶりつき。
それぞれのポーズでの食べっぷり、しっかりカメラに収めましたとも。あ、私の以外。

持ち寄りのお料理も美味しいものばかりで、はあぁぁ、満足・満腹です。
毎年ゆってますが、やっぱり今年も、感謝・感謝の感謝祭。

* * * * *

【個人的事情】

IMG_1904

楽しい感謝祭の2日後には、夫婦揃って、Dr. Hoshiのディナーにお招きいただいたの。
一緒に参加されたTさんに、以前お邪魔した時の素晴らしいメニューの数々を熱く語りながら、
今回のメニューを、わくわくしながら待ってたよ。




IMG_1906 IMG_1896

シャンパンで乾杯してから、たちまち怒涛のおしゃべりに突入した私達。
キッチンで奮闘中のDr.も、合間合間に参加だよ。

とりあえずのおつまみとして、私が持参した生玄米トリュフと、オリーブとディルのケークサレ
普通に期待されるトリュフとはやっぱり違うので、一抹の不安があったのだけど、Guilty freeのチョコレートとして、皆さんに温かい声をいただいて、ちょっとほっとした。


     IMG_1890

そして、Dr.の華麗な第1弾。
2段トレイに並んだオードブルに、皆で一斉に歓声だ。
私達、3つ星レストランにいるんだよ。(断言)


IMG_1897

カナッペ3種類の詳細は、
フラットブレッド・ブルーチーズ・キャラメライズした柿・自家製ブルーベリージャム。
ライスクラッカー・サーモンの炙り焼き・梅醤生姜。
フラットブレッド・ソテーしたズッキーニ・サーモンのレモンソテー・ディル。

美味すぃいいぃぃぃ、の声は、実は皆の心の中。
だって絶品の味わいに、目をまん丸にしながら、全員無言でいただいていたもんね。
とろとろのサーモンとか、チーズは甘いのと合うよねえ、とか、ソテーの具合がばっちり、とか。
そういう感想が言えたのは、しばらく経ってからだった。


IMG_1899

続きましての、第2弾。
これが唯一のベジタリアンメニューです、という言葉と共に供されたのは、茄子のパルメザンチーズ焼き

米茄子の大きな一切れに、パルメザンチーズをのせて揚げ焼きしてあるので、身はふんわりと、皮はぱりっと。
茄子の下には、ジューシーなマシュルームが隠れてる。

茄子とトマト、チーズの重ね焼きは良くあるけど、こってりとなりがちなメニューを、
こうやって一つ一つ、別々に調理することで、軽さも食感のバラエティも楽しめる一品になるんだねえ。(うっとり)


IMG_1914

続く第3弾は、シーフード
エビとホタテのペアを、2種類のメニューでいただきます。

ピリッと辛いチリソースは、玉ねぎのとろ~りとした甘味が絶妙。
エビもホタテも、ぷりっぷり。


IMG_1916

ジェノベーゼとクリームのソースは、クドくならずにまろやかで。
焼いたパルメザンチーズのクラッカーと一緒にいただけば、香ばしさがぐっと加わるね。


IMG_1931

ここまででも大・大・満足なのに、えええ、もう一品あるですか。
最後を締めるご飯ものとして、ロコモコ風ビビンバだ。

分搗きご飯にキムチ、ビーフ、ポーチドエッグのビビンバは、まずは崩していただこう。
穏やかな味付けに、キムチの辛味が丁度良いアクセントで、卵が絡んでうまうまーっ。


IMG_1936

だけど、一気に食べてはいけません。
この後なんと、中華スープをかけての、お茶(スープ)漬けバージョンがあるからね。

ふえええん、美味すぃいよおおぉぉ、と、すでに涙混じりの感想。
お袋の味、という言葉が浮かんだのは、なぜであろ。
ご飯ものが大好物の旦那は、特に感激の一品だった模様。


IMG_1937

お招きいただいたお礼としてせめて、とお持ちした、Raw Wine Mousse
デザートで出してくださったラズベリーを、Tさんがのせてくれて、おめかしを。

ぶどうの酵素ジュースを作ったので、そのジュースを甘味料にして、発酵したぶどうを生地に混ぜ込んだのだけど、発酵パワーが強くて、発泡ワインの味わいになっててね。
絶対アルコールが入ってるよねー、な大人向けデザートになってしまったよ。
……果たして、お礼になったんだか。


IMG_1932

ワインから食生活から教育から、話の種は尽きなくて。
楽しい夕べが終わった後には、あっという間の連休だったなあ、と、ちょっぴり寂しくなったりも。

初めてのお嬢がいない感謝祭は、お友達の温かさに囲まれて、こんな感じで過ぎていったのだ。
[PR]
by senrufan | 2012-11-24 13:12 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/19562693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kako_usa at 2012-11-26 22:48
Miyukiさん、こんにちは~ちょっとお久しぶりです^^;
素晴らしいお料理に囲まれた感謝祭でしたねー!!! 羨ましいです。本当に!
我が家はターキーが苦手で食べないのですが、Smokerを使ったターキーなら食べてみたいです。また一つ、欲しいクッキングツールが増えましたよ(笑)ここに来ると、本当に色々勉強になって嬉しいのですが、確実にあれこれ欲しい物が増えます^^
生玄米トリュフ、オリーブとディルのケークサレ、Raw Wine Mousseどれも美味しそう♪ 遅ればせながら、酵素ジュースにちょっと興味が出てきたので、レシピを検索中です。Miyukiさんオススメのレシピ是非是非教えて頂きたいです☆ これからDM送ります♪
Commented by さく at 2012-11-27 02:33 x
これは、ほんとうにレストランですね。このパルメザン煎餅(と呼ばせていただきます)、けっこういろいろに使えるかもしれません。
このケークサレ、おいしそうです。今度教えてください。

うちのターキーディナーとは大違いだ。(ためいき)

Commented by Miyuki at 2012-11-27 11:52 x
*kakoさん
ハリケーンの間は本当にお疲れさまでございましたーーー!
感謝祭は楽しまれましたでしょうか。kakoさんならきっと、すんばらしいお料理とセッティングの日だったのはないかと(確信)
スモーカー、いいみたいですよ~。ベジな身には必要ないかもと思っていたら、かぼちゃを丸ごとスモークして、それでスープを作ると絶品よ、と教わってしまったのです。
それだけの為に買ってしまいそうな自分を、必死で止めているところです。
酵素ジュースは、私はレシピもないままいい加減に作っておりますが、それでもちゃんと出来上がるという素晴らしい一品です(笑)
後ほどメールを送りますね~、お待ちくださいませvv
Commented by Miyuki at 2012-11-27 11:55 x
*さくさん
ねー、最後は無意識に財布を取り出しちゃいましたよ。
パルメザン煎餅、うまいっす! ベークした香ばしさがたまらんです。
ケークサレ、喜んで~。他にも色々あるから、今度本を見せるね。

なんの、さくさんなら美味しいターキーに決まってるじゃないか。
貴女の料理の腕をなめちゃいけませんぜ。
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-11-27 12:29
素晴らしい人の囲まれているのですね。
人生では人との出会いがいかに大切かは書くまでもないですね。
人を大事に、自分も大事に。
今回、ハーピストの方が、わざわざ山口まで来てくださることも
人生での大きな奇跡のひとつかもしれません。
30年も前、京都大学に来ていたHarryKestenという世界的な数学者が、山口に来てくれて、Ithacaに行くことになって、
それまでの私の数学を一遍に変えてしまったことを思い出します。
人生は、不思議に満ち満ちているものです。
日々を大切に。
人は愛するために生まれてきたのですから。
今日もスマイル
Commented by ricomame at 2012-11-28 03:39 x
どれも全部美味しそう~。
先日購入したカレー美味しかったもの。
酵素とか発酵物に興味があるけどめんどくさがりなのでトライできず><
Commented by Miyuki at 2012-11-28 13:20 x
*Kawazuさん
はい、本当に恵まれていると、年中無休で感謝しております。(真顔)
でも私の場合は、ひたすら運が良かったからですが、
先生の場合は、素晴らしい曲を書かれたからでございますよ~。
数学者の方との出会いも、先生が本来持っていらっしゃったお力が引き寄せられたものではないでしょうか。
不思議に満ちた人生ですが、それでも引き寄せる核は自分で作っていくもの、なんですね。
愛するものばかりが多くなっていくつれ、年をとるのは嬉しいことだと、スマイルしながらしみじみ感じます。
Commented by Miyuki at 2012-11-28 13:21 x
*ricomameちゃん
どのメニューも、ちょー美味しかったよーー!
今度セールをやる時も、絶対Dr.に出品をお願いしたいスタッフです。
酵素や発酵モノって、一見大変そうだけど、実は仕込んでほっておくだけなので、料理より手間はかからなかったりするですよ♪


<< そこに山が在ることで (4) そこに山が在ることで (3) >>