そこに山が在ることで (1)

「エスキモーは雪をあらわす52の言葉をもっている。それは雪が彼らにとって大切なものだから。
愛についても、同じくらいのたくさんの言葉が必要ではないだろうか」
   ----- マーガレット・アトウッド
       (カナダ人、作家、1939年11月18日生まれ)


先日の11月10日(土)に行われました震災復興支援チャリティーセールでございますが、
最終集計結果がまとまりました。

皆様からの義援金の合計は、
$5,033.59

となりました。
先日一旦ご報告させていただいた、セールでの売上の$4,293.89に加えて、
その後も多くの方々から、温かいご寄付をいただいたおかげで、この合計額となりましたことを、改めてご報告申し上げます。

スタッフの予想を遥かに上回る結果に、思わずにじんだのは、感謝の嬉し涙でございます。
それもこれも、出品してくださった、ボランティアしてくださった、そしてお買い物をしてくださった皆様全員の、温かいお心のおかげ以外の何者でもありません。
心から御礼申し上げます。本当にありがとうございました!

その中の一つが、サンノゼにあります日本語補習校からいただいたご寄付。
オリンピック日本代表の室伏広治選手が、夏に補習校に表敬訪問された際に、
補習校オリジナルTシャツにサインをされて、そのTシャツを保護者に販売し、
収益金を東日本大震災復興支援に寄付して欲しい、とおっしゃってくださったそうなのです。

そのお気持ちをしっかり受けとめ、販売された上、私共にご寄付くださった補習校の皆様に、またまたにじむ涙です。
そして元々ファンだった室伏選手を、これからは兄貴と呼ばせていただきます。(大迷惑)

ドルを円に替えることになりますので、多少時間はかかっても、換金や振込手数料を最小限に抑える方法で、2団体に寄付させていただきたいと思います。
こちらも、また追って、Facebookでご報告させていただきます。


今後の我々Bay Area HEARTの活動につきまして、現在スタッフ内で、様々に意見を交わし始めたところでございます。
次回をいつ、どういう形で開催するか、全く未定の状態でありますが、
一つだけ、これからも被災地復興支援のチャリティ活動を続けていきたい、ということだけは決まっております。
すでにあの日から1年半が経過し、次回開催にこぎつけられた時には、すでに2年半ほどが経過しているかもしれません。

それでも、支援を必要とされる方々がいらっしゃる限り、志を同じくされる方々がいらっしゃる限り、
「自分達にできること」を模索し続けていきたいと思います。

その機会が訪れた時には、また皆様に温かく迎えていただけますよう、これからも精進して参ります。
ご意見やご希望などの皆様からのお声は、年中無休・24時間態勢で歓迎させていただきます。
BAHのメール(bahelpjapan@gmail.com)、もしくは、Facebookページのメッセージにてお寄せいただければ幸いです。

どうか、これからもよろしくお願い致します。(三つ指ついて)

Bay Area HEART

* * * * *

【旅行】

IMG_0767

ようやく始める、シャスタ山旅行記でございます。

世界七大霊山の一つであり、パワースポットとして名高い、Mt. Shasta
すぴりちゅある志向の方々からは、アリゾナのセドナと並んで絶大な人気を誇る場所ですが、
日本の皆様も同様であるらしく、多くのツアーが組まれている模様。

その手のものにとんと縁遠いワタクシですが、ここから車で5~6時間で行けて、しかも、手頃なペースで自然と触れ合える場所である、シャスタ山。
以前にふらっと立ち寄ったきりだったので、またいつかゆっくり行けたらなあ、と思っておりました。




     IMG_0769

そんな私の周りにいてくれたのが、tamachanとlizzycoさん。
特にtamachanは、年に数回訪問しているという、シャスタ上級者。
お嬢がいなくなったら、きっとどっぷり落ち込んで、ひきこもってしまうであろう私に、その後に行こう、という言葉をかけてくれまして。
それを真に受けたお調子モンは、8月のツアーをお願いしたのでございます。

これが3回目となるlizzycoさんが加わって、やはり初心者のMikaさんと私を、彼の地に温かく導いてくれたのでありました。(大感謝)

まったりペースで滞在できたその旅が、しみじみと楽しかったので。
帰った後で、もう一度行きたい気持ちがうずうずと。年内にもう一度、雪が降る前に行きたいと。

そんなことを、やはりシャスタ好きなerinちゃんに話したら、んじゃ行っちゃえー、となりまして。
再びMikaさんをお誘いして、更に初心者のえなちゃんをお誘いして、10月初旬に再訪問。
今度は大層にぎやかに、わいわい・がやがやと行ってきたですよ。

そんな2回の旅行で、歩いたところ、行ったところ、食べたもの、泊まった場所。
取り混ぜながら、少しずつ記録していくですよ。
で、メンドクサイから、日記タイトルは統一で。(またかよ)


IMG_0817

サウスベイエリアからの行き方は、US-101から入ってI-5を使う行き方や、I-880から入ってI-680などを進む行き方など、色々ルートはありますが、目安は到着まで5~6時間、といったところです。
I-5に入れば、途中で数箇所、Rest Areaがありますので、往きも帰りも、どこかで一旦休憩がてら、ランチのお弁当を食べたのでありました。
勿論、沿道沿いに沢山ファストフード店がありますので、そういうところで済ますのも合理的。

2回の旅行とも、我が家のTOYOTAカムリ君に出動してもらったのですけど、彼の燃費の良さに惚れ惚れでしたよ。
1回目は28マイル/ガロン、2回目は31マイル/ガロン。
軽自動車やハイブリッド車と比べたらまだまだでしょうけれど、休憩を挟んでも5時間そこそこで到着できたというスピードで、この燃費の良さ。
ありがたや、ありがたや。10年選手なのにエラいぞー、と自車自賛。(え)

荷物は、通常の旅行荷物に加えて、水を入れる大きめの容器を持参致しました。
というのは、Sacrament River Headwaters というところで、お水が汲めるから、なんですね。
シャスタ山の雪解け水が、Sacrament Riverとなって、サンフランシスコ湾に流れこんでいるのですが、
その源泉がシャスタにあり、そこでは誰もが自由に水を汲むことができるのでございますよ。
こちらについては、また後で。

持ち帰ったお水を、そのまま飲むなり、煮炊きに使うなり。
あれ、Cristal Geyserってシャスタのお水だっけ?と思って、サイトを見てみましたら、
シャスタ山&シエラネバダだけでなく、テネシーやサウスカロライナなど、色々あるんですね。へー。

とりあえず、汲み立て・無料のクリスタルガイザー水。なんてゆったら、元も子も。

ええと、ほかになんかなかったかな。まあ、いっか。
通常日記を挟みつつ、シャスタ記録をぼちぼち続けていくですよ。
[PR]
by senrufan | 2012-11-18 11:48 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/19528429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ノンノン at 2012-11-22 01:07 x
室伏さんって、ちょっと前にMiyuki さんがベンチプレスの記録のことを書いていらっしゃいましたよね。何キロだったか忘れちゃいましたが、あれを読んだとき、「すごすぎ~! 私だったら、(あのジムでよく見かけるトレーニング用の)長いすとベンチプレスの間にただ挟まったまま身動きもとれない困った人にしかならない重さだわ。」と思った記憶があります。
ベンチプレスもすごければ、ものすごいハンサム、しかも太っ腹(あ、お腹は出てない、ここがまたすばらしい)。まるでスーパーマンのような。
Commented by Miyuki at 2012-11-22 06:18 x
*ノンノンさん
わははは、そうそう、170kgの! 私も挑戦しようとふんばったら、一瞬で手首の骨を折ること間違いなしの重さです。
あの首の太さ、肩幅の厚さ、はっきり言ってうっとりですよね~~。欠点といえば長距離走が遅めだそうですが、それは速筋にすぐれているからとのことで、ますますスーパーマン化に拍車がかかってますね。アニキーーッッ!!


<< そこに山が在ることで (2) 波に乗る力をくれるもの >>