くぐる暖簾を掲げたら (8)

「知らなくてはならないことを、知らないで過ごしてしまうような、
勇気のない人間になりたくない」
   ----- 灰谷健次郎
       (日本人、児童文学作家、1934年10月31日生まれ)


Bay Area HEART 震災復興支援チャリティセールのお知らせ

セールまで、このお知らせを、日記の冒頭に上げてみるテストー。
皆様、どうかよろしくお願い致します。(深々)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

   IMG_0992

先日、Hirokoさん主催のワークショップに参加してまいりました。
Anat Baniel MethodとEnergy Kinesiologyを使った、ストレス軽減法のワークショップです。

様々な動きのレッスンも、とてもためになったのですが、昼食の時間を利用して行われた、ヘルシーで簡単な料理のデモとレクチャーも面白く。
Hirokoさんが作ってくださったのが、Vita-mixを使ってのグリーンスムージーと、オクラとナッツのオーブン焼き。
実はこのWSの前に、こちらのメニューをご馳走になっていた私は、内心で大喜び。

Hirokoさんには、このキネシオロジーのセッションでも、大変にお世話になっております。
そしてお世話になるたび、Hirokoさんの有能さや優しさへの感動が積み重なり、今ではすでにマッキンリー級。エベレストを越えたら、どうしよう。
キネシオロジーのことも、いつかまとめて書きたいのですが、ううむ、無能な私に、どこまで書けるのであろうか。(山のような不安)

* * * * *

【料理】

IMG_0036

ひっっっさびさに、「みぎや」の記録。えーと、第8弾?
なんでこんなに記憶がオボロ、と思いきや、そらそうだよ、8月下旬の記録だよ……(ああああ)

でもでも、大好きなわくわくさん&Hirokoさんが来てくれたのだから、この日もやっぱり「みぎや」記念日。(by 俵万智)
ランチということで、軽めのお食事を用意したのだが、またまたお料理上手なお客様に助けられ、なかなか華やかになったのだ。人様の情けで生きてます。(いばる)




     IMG_0025

お酒がないなら、酵素ジュース。梅の酵素ジュースは大活躍。
そういえば、先日仕込んだぶどうの酵素ジュースは、大変発酵力があったです。(余談)


IMG_0030

まずは、味・外見共にすんばらしい、お2人のお料理から。
わくわくさんのキヌアのサラダは、野菜たっぷりで嬉しいよ。
キヌア大好きな私は、尻尾を振って飛びつくよ。


IMG_0026

そしてこちらが、Hirokoさんが持ってきてくださった、オクラとナッツのオーブン焼き
ターメリックとココナッツオイルを使っているので、マイルドなカレー風味が、また良いの。
ナッツもオクラも好物な私は、くんくん鳴いて飛びつくよ。


IMG_0035

んでもって、肝心のみぎやメニュー。
この日の前に行った旅行でいただいた献立2つを、真似して作ってみたのだよ。
こおゆう組み合わせがあるんだー、と感激したのだな。

きゅうりとネクタリンの浅漬けは、シンプルに塩揉みして漬けただけなのだけど、
甘味と塩味、しゃきしゃき歯応えで、色合いも優しい感じでね。


IMG_0032

こちらも、真似っこ作。かぼちゃの種入りのきんぴら
と言いつつ、私のはマクロビ流のきんぴらなので、甘味料は一切使わず、素材の甘味だけだから、いただいた味とは違うけど。
こういう基本料理は、あまりアレンジしないので、一工夫を教わったことに感謝、であったのだ。


IMG_0038

んで、一応メインなんだけど……あまりにアレな外見で、大変申し訳なく。(さめざめ)
月森紀子さんのレシピで、豆腐のオムライスを作ったの。

卵を使わず、豆腐と長芋、スイートコーンで作るオムレツは、オーブンでこんがり焼くんだよ。
玄米ご飯と玉ねぎ、にんじん、ベルペッパーなどで作ったケチャップライスは、自家製トマトケチャップで味付けを。


IMG_0039

やや薄めに味付けしたので、ご自分で調整していただく為に、そのケチャップをテーブルに。
ええと、この時はどうしたんだったけな、トマトと麦味噌、白味噌、ローレル、ガーリックあたりで作ったような。
いつも適当なんで、わからない……


IMG_0042

締めのデザートは、わくわくさんが日本から持って帰ってくださった、貴重なくず餅
黒蜜ときなこがついていたけど、くず餅そのものに甘味がついているので、きなこだけで十分美味しいよ。


IMG_0044

そして、Stone Fruitsのクランブルをお出ししてみたよ。
桃とネクタリン、プラムの上に、オーツやアーモンドミールで作ったクランブルをのせて、オーブンで。
クランブル自体は、どの季節でも作れるのだけど、ストーンフルーツの時期が、また好きなのだ。

またまたしゃべって、笑って、ほんとに楽しい時間を、ありがとうございました!>れでぃーす
つくづく私って、話し上手と聞き上手を兼ね備えたお友達が多いなあ、としみじみ感動です。


さて、この時、真似っこさせていただいたメニューは、小旅行で滞在したB&Bで出していただいたものなのだ。
行った場所は、シャスタ山。カリフォルニアの、ぐんと北方におわす山。

次回からは、いよいよその旅行記録を始めるよー。
[PR]
by senrufan | 2012-10-31 14:11 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/19409052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Hiroko at 2012-11-03 10:45 x
マママママママッッキンリー級? 褒めすぎですよ、美由紀さん。 穴があったら隠れたいくらいです。 それにしても、みぎやのお食事美味しすぎて、今でもうっとりです。更なる「みぎや」繁盛を応援しております。
Commented by ノンノン at 2012-11-03 22:34 x
私のリラックス法は(というほど大したものでもない 笑)、お向かいにいる羊さんを眺めることです。「今日は本腰を入れて眺めよう!」という日には、窓際にお茶を持っていきます。「羊カフェ」と呼んでいます。
Commented by Miyuki at 2012-11-04 10:24 x
*Hirokoさん
どうしましょう、昨日受けたセッションのおかげで、マッキンリーを超えてしまいました……エベレストは目前です。
「みぎや」はHome warming期間を終えて、今ではまったり営業となっております(笑) なので、いつでもいらしてくださいね~♪
Commented by Miyuki at 2012-11-04 10:25 x
*ノンノンさん
えーっ、お向かいに羊さんがいらっさるですか!? ももも、もしかしてユキちゃんとかいませんか!?(あれはヤギだ) いいなあ、いいなあ、羊カフェ……どっかにないか探してみよう。


<< 十一月は、孔雀と共に祝宴へ Bay Area HEART ... >>