蒔いて、育てて、いただいて

「意識する存在にとって、生存するということは変化することであり、
変化するということは経験を積むことであり、
経験を積むということは無限に己自身を創造していくことである」
   ----- アンリ・ベルクソン
       (フランス人、哲学者、1859年10月18日生まれ)


     IMG_0392

前回の日本行きで、ようやく下北沢という街の面白さに気づいたワタクシ、今回も短時間でしたが、行ってみたのです。
そこで見つけた、こちらのお店、なんと納豆の専門店ですって。

入ってみたら、納豆は勿論ですが、納豆使用のスナック類も色々あって、大喜び。
しかもショーケースの中には、なぜかドーナツが並んでまして。
札には、「納豆ドーナツ」という商品名があって、えええええ(驚愕)

うかがったところ、納豆を生地に練りこんだ焼きドーナツだそうで、でも納豆臭さは全然ないんですよ、とおっしゃる。
恐る恐る、プレーンのを1個買ってみましたが、確かに全く納豆が入っているとはわからず、ふんわりとした生地が良い感じでありました。

他には、こちらではなかなか買えないドライ納豆を買って、ちまちまと大事に食べてます。
なぜか続いた、ドーナツネタでございました。


納豆工房 せんだい屋

* * * * *

【レストラン】

IMG_0351

9月の日本訪問で、最後のレストラン記録。
6月に行った時に連れて行ってもらった下北沢が楽しくて、その時に買ってしまった、下北沢特集の雑誌。
載っていた自然食のお店を選んで、MIHOさんとお嬢と行ったのだ。

自分達で育てた無農薬の野菜とお米を使っていらっしゃる、というレストラン。
このコンセプトに、惚れ込まないわけがないのだな。




IMG_0390

お店の前では、自家製のお野菜を販売されていて。
民家をそのまま使用という店内は、正にアットホームな空間。
それぞれの部屋で、それぞれにくつろげる。


IMG_0354

私達が通されたのは、庭の大きな縁側スペースで。
座卓に座って、風と陽を受けながらのご飯は、更に食が進みそう。

夜は酒場になるそうだけど、昼の食堂には、ランチプレートが提供される。
MIHOさんと私は本日のプレートで、お嬢は本日のカレーを頼んだよ。


     IMG_0358

どのセットも飲み物付で、コーヒー、蓮茶、生ビール、スパークリングワインの中から選べるよ。但しアルコール飲料は、プラス200円。
冷んやり蓮茶を頼んでみたら、麦茶より薄くて、すっきり・さっぱり。


IMG_0359

お嬢の頼んだ、本日の農民カレー。スープに飲み物付。
かぼちゃに人参、芋類がたっぷり入って、スパイシー。

お嬢によれば、野菜は良いんだけど、ルーがイマイチ……もっと野菜の出汁で美味しくできるのに、って。
あの時のカレーを思い出す。あー、美味しいベジカレーを作りたい&食べたいなあ。


IMG_0372

大人組は、本日の農民惣菜プレートで。
5種類のお惣菜に、玄米入りご飯、スープ、飲み物のセットになってるよ。


IMG_0364

農民手作り冷奴
プリンのようなオシャレさで、お出汁がほんのり、美味しいよ。


IMG_0365

無農薬大豆の卯の花は、人参や玉ねぎの歯応えも。
新鮮なねぎの香りも、ご馳走に。


IMG_0366

有精卵と季節野菜の重ね焼き
オープンオムレツのような一切れは、中の野菜を探す楽しみも。


IMG_0367

茄子の鶏肉挟み揚げ
とろっと、でもしっかりとした食感の茄子が、肉以上に主役だよ。


IMG_0369

オクラときのこのナムル
とろとろコンビは、穏やかな味付けが嬉しいね。


IMG_0370

白い野菜のお吸い物で、まったりと。
お惣菜を邪魔せず、引き立てて。


IMG_0380

5種類のおかずということで、お腹がいっぱいになるかと心配していたら、食べ終わったら程良い満足度。
なので、ここはデザートもいっちゃおう。
一人一つずつ、選んでみよう。


     IMG_0379

さつま芋と黒ゴマの焼きプリン、濃厚でとっても、んまかった。
お皿に合った、素朴さ加減。


     IMG_0378

無農薬大豆の豆富プリン。敢えて、豆腐という文字は使わない。
黒蜜ときなこがたっぷりのったこちら、確かに豊かな味わい。


IMG_0387

山ぶどうとクランベリーのパウンドケーキ、これも相当に美味かったー。
正統派のパウンド、といった感じの、しっとり・ほっくりの焼き具合。控え目な甘さに、甘酸っぱいベリー類。
市販品にはない、手作り感溢れる美味しさだ。


     IMG_0356

ミュージシャンがオーナーというこちらのお店、募集するスタッフも、「農業/オーガニックに意識がある人のみ」というからか、店員さんの男性率高し。
食への関心の高まりは、良い方向に向かってる、と思わせてくれるよね。

それにつけても、日本でもこちらでも、おそとごはんをいただくたびに、
この組み合わせ、うちで真似したい、とか、これはどうやったら作れるかな、とか、
そんなことを考える割合が増えている。
野菜をもっと使って、素材自体の組み合わせを楽しんで。
そんな料理を提供してくれるお店が増えているおかげかな、なんて思ってる。


     IMG_0389


農民カフェ(下北沢)
〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目27-8
[PR]
by senrufan | 2012-10-18 12:53 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/19280547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by MIHO at 2012-10-20 12:59 x
わ~、すでに懐かしい!! 暑さも素敵なスパイスになるレストランだったね~! お嬢たまお元気?あの後、会おうと思っていて果たせず…もう忙しくなっちゃったかなあ。
Commented by ノンノン at 2012-10-20 23:29 x
おおお、下北沢好きです。
表参道が「全部おしゃれなんです!」全開モードなのに対して、下北沢はゆっくり歩いてひょっこりのぞいてみると「ん、これなに? えーおいしい(あるいは、「かわいい」「おもしろーい」)」な感じがします。
新しいお店も昔ながらのお店も両方あるところも好きです。 
Commented by Yoshino at 2012-10-21 10:07 x
下北、私も大好きです♪
&vegeというお店もナカナカですよ。素敵な若夫婦がされてまして、農民カフェからもほどちかいです〜^^
http://www.andvege.com/
Commented by Miyuki at 2012-10-21 13:23 x
*MIHOさん
懐かしいよねえ、すでに1ヶ月半前のことだ、とほほ。良いお店だったね♪
お嬢はおかげさまで元気だよー。ぐっと寒くなってきたから、そろそろ王冠くまちゃんの出番だと言ってたよんvv MIHOさんに会う為なら、きっと予備校もサボるよアイツ(笑)
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-10-21 14:24
日本の食も
深いものがあります。
豆腐、納豆好いですね。
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2012-10-21 15:21 x
*ノンノンさん
それそれ、正にそんな感じですね! 敷居が高くなくて、のんびりできて、等身大の面白さが色々散りばめられてて、楽しいですー♪
日本に行くたびにのぞいてみたい気満々です。
Commented by Miyuki at 2012-10-21 15:22 x
*Yoshinoさん
おおっ、そのお店も雑誌にのってました!
農民カフェとすごく迷ったんですよ~。
Yoshinoさんのお薦めなら更に、今度こそ行きたいです!
Commented by Miyuki at 2012-10-21 15:24 x
*Kawazuさん
日本の食文化、ほんとに素晴らしいと思います♪
というか、各国の伝統料理の持つ知恵の素晴らしさ、ということでしょうか。
納豆とご飯があれば、どこでもスマイルの私です♪ あ、あと味噌汁。


<< 貴女に会うまでの時間さえ すでに手の中に在るものを >>