出会う前から愛してた

「ためこんで頑なになるより、多少弱音を吐いて消化した方がいい」
   ----- クルム伊達公子
       (日本人、テニスプレーヤー、1970年9月28日生まれ)


周囲が、おめでたラッシュです。(嬉)
10月~来年1月の間に、4人のお友達が出産予定。
すでに孫の誕生を待つ祖母の心境で、楽しみに待っているところです。

その中で唯一の初産は、ありすちゃん。日本からいらしたお母様と3人で、出産前ぎりぎりランチを楽しんで参りましたです。
訪れたのは、こちらのイタリアン。3回目の訪問だったのですが、2回目に行った時に出会ったウェイター@ホスト出身疑惑のお兄さんは、今回も健在でした。

おめでた姿のありすちゃんは、もーー、輝くばかりの美しさ。
大きなお腹でしんどい、と笑って言うので、そおゆうのは、赤ちゃんが生まれたら忘れちゃうんだよ~、とお母様と私ではやし立て。
私も臨月の頃は、さすがに重くて辛くて、もー早く出てきてくれーっ!と思ってたはずなんですが。
今思い出すのは、お腹の中の赤ちゃんと一体化していた、あの幸せ感だけ、なのでございます。

胎動が始まって、嬉しくて。
大きくなってくると蹴られて、ぐえっ!ということも多々ありましたが。
いるんだなあ、ということを少しずつ。母になるんだなあ、ということを少しずつ。
そうやって、互いの絆を作っていった日々。
父親はこれが味わえないのかー、と考えると、かわいそうに思ったりしたものです。
でも、どうせならそれより、出産の辛さをシェアすべきだよね。(鬼)

生まれて、産湯をつかわせてもらって、看護婦さんがそっと、私の枕元にお嬢を置いてくれた時。
ほぎゃほぎゃと泣いていたのに、私が、がんばったね、良く出てきたね、と話しかけた途端、
ぴたっと泣き止んで、私の目をじーっ、と見たんですよ
それから、またぴゃあぴゃあと泣き始めたので、また話しかけたら、再びこっちをじーっ、と見るんですよね。

お腹の中に私の声が届いていて、覚えていたのかなあ、と思うと、それまでのあれこれ痛辛涙死うぎゃああああ、な”産みの苦しみ”が、文字通り吹っ飛んだ瞬間でございました。


出産も子育ても、死んでも無理、つか、またやったら絶対死ぬ、と思う年寄りになりましたが。
恥ずかしながら、ありすちゃんを見ていて、妊娠だけはまたしたいなー、なんて思ったり。
といっても、私が欲しいのはお嬢だけなので、彼女に縮んでもらって、またお腹に入ってもらうしかないんですけどね。(超自然願望)

余談ですが、赤ちゃんのお嬢がぐずって大変だった時は、
「いっそ、里に帰れーーっっ!!」
と言って、お腹に押しつけていたこともありました。いや、ほんとにどーでもいい。

* * * * *

【家庭内事情】

     IMG_0286

9月も、もうすぐ終わりですね。
お嬢のハイスクールの友人達も、大学生活が始まっていますが、親元を離れての寮暮らしは、どんな感じなのかなあ。

高校で相当に鍛えられてきた子達ですが、大学は更に厳しい勉強が待っているわけで。
家族がそばにいないということに、じわじわと慣れていきつつ、同時にじわじわと寂しさが溜まっていくような、そんな感じなのかもしれず。
考えてみれば、ハロウィンから始まるホリディシーズンが目前にあり、感謝祭やクリスマスで家族に会える日が予定されている、秋からの新学年開始は、なかなかに良いことなのかもしれません。




我が家の方は、6月に別れたものの、9月にまた会えて、12月にもまた会えることになっていて。
信頼できる祖父母に世話してもらいながら、毎日のように私とスカイプで話しているという環境は、とても恵まれている、とお嬢もしっかりわかっているのです。

それでもやはり、10数年と離れていた祖父母と孫が、家族として共に暮らす、という状況は。
どうしたって、軋轢が生じないないわけがないのでありまして。
年寄り2人で静かに暮らしていた両親は、何十年ぶりかのティーンとの生活に、戸惑い、心配し、疲労して。
基本、自分で決めて動きたいお嬢は、その心配が重荷にしかならず、さりとて怒るわけにもいかず。

どちらが悪いわけではなく、どちらも相手のことを思ってのことなので、あとはそれぞれで、互いとの在り方を見つけていくしかないのですが。
母やお嬢の、わかっていても溜まっていく辛さや不満を、せめて私に向かって吐き出してもらうことしかできない、という時期が続きました。

知り合いの方では、やはり祖父母とお嬢さんがうまくいかなくて、途中でアパートを借りて一人暮らしに移った、というご家族や、
同居が終わってから、預かっていた先のお母さんが入院されたご家庭など、
大なり小なり、どこでもある苦労なのですよね。

大学の寮に入り、相部屋暮らしになった子達も、様々な葛藤や摩擦を経て、学んでいくことが沢山あるのでしょう。
願うは、どうか吐き出し場所が彼女達のそばにあること、ただそれだけなのでございます。


志望校に受かったお嬢ですが、予備校は3月まで続きますので、まだまだ勉強の日々。
それでも、ほとんどの私立文系の帰国子女受験が終了した今週は、授業がほとんど休みとなって、ほっと一息つけそうです。
そうやって、気が抜けたところで出てきたのは、今まで積もっていたあれこれでありまして。
具体的に何が起こったわけではなく、ただ、ああ、疲れてたんだなあ、と実感したということを、スカイプで話してくれました。

ほんとに、一つ一つは些細なことなのです。
尊敬する友人達と共に、自分で選択し、その責任も自分で負うことが当たり前だった毎日。
それが日本に移り、帰国子女クラスといっても、やはり日本人の集団なのだと思い知らされる、あれやこれやの出来事達。
仲の良いクラスで、仲の良いお友達と一緒に、楽しく過ごしつつ、やはり背後にいつも存在する意識や価値観の差が、
たとえわずかなことであっても、降って積もって、重さを増していくのです。

なんで私の点数や志望校を、皆が知ってるの?
どうして、そんなに他人が気になるの?

なんであの先生は、生徒を叱る時、学力やレベルを引き合いに出して叱るわけ?
そんなの、その人の本質と関係ないことなのに。

○○ちゃんはすごいよね、ううん、△△ちゃんの方がすごいよ、とか、
あの褒め合いは、一体どうしたらいいんだろう。
上手な謙遜の仕方がわからなくて、疲れるばかりだよ……

思いっきり日本旧人類の私としては、あるあるあるある、ってなことばかりでありますが。
十分日本人と思っていたお嬢でも、やはりアメリカで育ったからこそ、身についたものがあるのでしょう。
それらを好ましく思う母ちゃんとしては、失うことなく、でも柔軟に、上手く付き合う術をも得ていってほしい。
少なくとも4年間は日本で暮らす予定である以上、そう願うしかありませんので。

これについても、ひたすらに私を吐き出し場所としてもらえるよう、物理的な距離はあっても、言葉の届く範囲にいられるよう。
お嬢のスケジュールに合わせて、PCの前で待機していたりするのです。
なんつって、私が彼女と話したい、というのが一番なんですけどね。(てへぺろ)(ストーカー)


そんな風に話していたところ、お嬢がぽつん、と言ったんですよ。
ハグが欲しいなあ、って言ったのです。

思い出したのは、ずっと以前に読んだ記事か何かで。
日本のとあるご家庭で、アメリカからの留学生の女の子を預かって。
とても良い子で、毎日がんばっていたのですが、ある日、彼女が部屋で泣いていたそうなのです。
そのご家族のお母さんが慌てて、どうしたの?と聞いたら、
「Please give me a hug ……」

ハグ? ハグって、あのハグ? どうしよう、ただ抱きしめればいいのかしら。
困惑しながら、でもかわいそうで見てられなくて、恐る恐る抱きしめたところ。
堰を切ったように、女の子が激しく泣き出して。
そんな彼女を抱きしめながら、お母さんもどんどん涙が溢れて、2人で泣きに泣いたんだそうですよ。


私がアメリカで好きなものは、色々ありまして。それは例えば、「Have a nice day!」の挨拶、とかなのですが。
ハグは、↑のお母さんと同様、最初は照れくさくて、かなりぎこちないハグを繰り返していたような気がします。

ですがやっぱり、お嬢へのハグは特別で。
大好き、と思う気持ちをどうしようもなく、彼女をぎゅっと抱きしめることで満たされるものが、とても大きくて。
ハグを与えながら、与えられているのは、実は私の方なのです。

ハグが欲しいよ。ハグをちょうだい。
何も言わないで、黙って抱きしめてくれれば、それでいい。

それこそ、お腹の中にいた頃のように、包んで、守って、守られて。
そう願う気持ちの元は、あの十月十日の間に、芽生えて育まれたのかもしれませんけれど。

お嬢達だけでなく、最近転職した彼女や彼女、新しいチャレンジを始めた彼女など。
ハグをし合える人が、いつも彼女達のそばにいてくれますように、と祈っているのです。
[PR]
by senrufan | 2012-09-28 05:29 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/19062695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by さく at 2012-10-01 12:36 x
わかるわかる。私もハグ大好き。人と抱き合うことがあんなに気持ちのいいものだとは知りませんでした。だけど、日本人同士だとなかなかできないよね。うちの息子たちはあまりにも大きくなりすぎて、ハグというよりは私がしがみつく、という図になってしまいましたが、それでもふれあうことはたいへん気持ちがいいです。ティーンの息子たちと、ここまで堂々とスキンシップができるのはアメリカならではかな、と思う次第です。
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-10-01 14:32
遠く娘さんを留学(?)。
気がもめますね。
長女がアメリカに行ったときは
妻だけが心配していました。
母親って、本当に頭が下がります。
子供には、日本にいるだけの人間になるな
なんて、発破をかけていたのは私ですが。
ふふふ
今日もスマイル
Commented by kana at 2012-10-01 17:15 x
記事を読んでひとり涙が止まらなくなりました。
娘もうすぐ3歳。
長いと思える子育ても、きっと過ぎてしまえばあっという間の日々。
かけがえの無い時間達を大切に過ごしていきたいなと改めて思わされました。

それにしても深い愛情で娘を包む素敵なお母さん。
お嬢ちゃんは幸せ者だなぁ。

私もそんな深い絆で繋がっている素敵な親子でいられるよう日々努力だなぁ。
Commented at 2012-10-02 09:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Miyuki at 2012-10-02 13:42 x
*さくさん
そうだよね、そうだよね~♪ いまだに日本の人とは照れちゃったりするんだけど、ほんとにハグは大好き。ヘンタイじゃありません。あはは、大きなご子息にハグするさくお母さんの図、目に浮かぶ~。そのアメリカならでは、ってその通りだよね。日本の友達が、一人息子が家を出たのが寂しいと言うと、周囲から危ないんじゃないかという目で見られる、という話を聞いたのよ。大事な子供がいなくなって寂しくない親なんていないっつーの。
Commented by Miyuki at 2012-10-02 13:44 x
*Kawazuさん
確かに逆留学のようですね(笑)
常に子供が頭の一部を占めている母親と、割り切って見られる父親と、両方揃うことが子供の為になるんだろうなあ、と思います。
うふふ、私も日本で子育てしてたら、そうけしかけていたかもしれません。
Commented by Miyuki at 2012-10-02 13:49 x
*Kanaちゃん
なんと、大事なKanaちゃんを泣かせるとは!
どこのどいつか知らないけれど、私が叱ってあげるからね!(真顔)

そうそう、子育てのあんなこともこんなことも、あっという間に過去になっていきますね。
というより、次々と新しいことで上書きされていく感じかな。
子供の成長の早さの成せるワザですね~。

Kanaお母さんをあれだけ慕うお嬢ちゃまを見るたび、将来は理想の親子になるんだろうなー、って思います♪
色々あるであろう辛いことは、どんどん独居老人(私だ)に吐き出して、いつも笑顔の素敵なKanaちゃんでいてくださいねvv
Commented by Miyuki at 2012-10-02 13:54 x
*非公開コメントさん
うわわわ、すみません、すみません!! 泣かせるつもりではなかったんですが~~(大汗)

ほんとに子供の成長は早いですよね~。だから、悲しいことや辛いことも、すぐに過ぎてくれますから。
どうぞ楽しいこと・感動したことだけが、ご家族のお心に積もっていかれますように(祈)
Commented by sivasiva21 at 2012-10-03 15:20
Miyukiさん!
お久しぶりです。
お嬢さま、海の向こうで頑張ってらっしゃるのですね。
このエントリーを読んで、18歳で実家を出て、海じゃなくて湖の向こうで寮生活を始めた自分自身のことを思い出しましたわ~。
1ヵ月後の週末に実家へ里帰りしてまた戻るとき、駅の改札で心配そうに見送ってくれた母の姿を思い出しました。
私は覚えてないのですが「もう(湖の向こう側へは)帰りたくない。」って泣き言を言ったらしいんです。(この夏の帰省でうん十年ぶりに発覚!)

周りには吐き出せない思いをお母さんには言えて、それですっきりしてまた自分の行くべき道をしっかり歩いていける…そんな感じだったのかもしれません。

お嬢様はきっと大丈夫ですね。PC前で待機してくれてるお母様がいてくれるのですもの!
Commented by peartree22 at 2012-10-04 10:13
あぁ、Miyukiさーーん。ぎゅうううううです。
お互い思いやりがあればこその祖父母とお嬢様との軋轢。その間にたたれるMiyukiさんが、穏やかにお互いに寄り添っていらっしゃる姿、見習わなくては。我が家も今似たような状況で(妹&甥っ子と父が)。
私もMiyukiさんのように冷静に、双方のよきはけ口になれたらなぁと思うのですが。
ハグって大事ですよね。そして、それは子供のためでなく私のため・・というのも同感です。私も娘をハグしながら、それは自分も愛をもらっている感じがしています。ハグを求められなくなったらどうしよう!なんて、思わず言っちゃって、「えー、そんなことないよー」と今はまだ素直な娘の返事にほっとして(なんて、親だ!)。
そうそう、英語のクラスでも幼稚園の男の子が「Good Job!」のたびにハグを求めて来ます。男の子もかわいいなぁなんて思う瞬間です。
Commented by Miyuki at 2012-10-04 12:00 x
*Yumiさん
こんにちはー!
えへへ、いつもYumiさんブログは拝見しているのですが、読み逃げばかりですみません。キッチン、大変でしたね……(ここでゆーな)

おおお、Yumiさんも経験がおありでしたか!
うわーん、泣かれたお気持ち、わかりますわ~~(うるうる)
そして、お母様のお気持ちも。きっと手放したくないと強く思われたことでしょう。想像しただけで胸が痛いですう……

お母様には言える、それは本当に素敵な関係! 理想です~。
家族って、そういう吐き出し場所というか、自分の地盤というか。

私も、Yumiさんのお母様のような存在になりたいです~。
ますますストーカー度を上げて、がんばりますっ!(ち・がーう!)
Commented by Miyuki at 2012-10-04 12:11 x
*ちゃん・りーさま
わーん、むぎゅううううう!!!
ちゃんさまも同じご苦労を……いえいえ、私も何回か声を荒げてしまったりしてるんですよ~(涙) で、そのたびに自己嫌悪。
ほんとに、ずっと私が一緒にいられれば、まだ盾になれるんですが……
ハグは大切ですよね~。あはは、そう素直に言ってくれるうちに、いっぱいむぎゅむぎゅしてください♪ でもうちの娘の場合、昔より今の方が、更にハグが好きになりましたねえ。もしお嬢さまが一時期嫌がるようになっても、またそういう時が来ますよ、きっと。
えー、その男の子、かわいいーー! 彼こそ今のうちかもしれませんから、いっぱい抱きしめて~(笑)
Commented by ノンノン at 2012-10-04 23:21 x
私のお友達の中で一番年上の方は88歳ですが、その方のハグが好き!
あったかくて、ふわふわで、にこにこなんです。
なので見かけるとハグしに行っちゃいます。
(ちなみにその方は、去年の夏、ひとりでニューヨーク、カリフォルニアをドライブして往復してました。その前の夏には2週間ぐらいパリに滞在してらして。文章がお上手でウィットに富んでいて頭がよく、気遣いも抜群。服装のセンスも素晴らしい。修行すればこんな88歳になれるかしら。)
Commented by Miyuki at 2012-10-05 11:48 x
*ノンノンさん
うわー、おばあちゃまでしょうか、おじいちゃまでしょうか。
しかもお一人でどんどん行動されて、かっこいいです~、憧れます!
私もそんなおばあちゃんになりたいっ! ノンノンさん、一緒に修行しましょう。まずは滝に打たれるところから(違)
Commented by かん at 2012-10-06 00:30 x
>私が欲しいのはお嬢だけなので、彼女に縮んでもらって、またお腹に入ってもらうしかないんですけどね。(超自然願望)

いいですね。(笑) ラブラブ。。。

私は妊娠中が大変だったので、出産なら何回でもいいのですが、妊娠はやっぱり嫌かも。(笑) で、産めるのなら、まだ何人でも新しい個性(笑)が欲しかったり。(というか、どんな子供が出てくるか楽しみ。。。(笑))

お嬢さんのしがらみ?というか状況、わかる気がします。
Hugという言葉、私は全然こちらに来る迄知らなかったのですが、我と親の間では「ギューして」という言葉で存在していて、結婚しても私は父に「ギュー」をしてもらってました。(母が居たときは当然母にも) 今は息子達や主人に「ギュー」してもらっています。大好きです。

だから、「ギュー」がないと心にぽっかりという穴が空いた気がするし。スカイプ経由でもとにかく、たくさんのギューをお嬢さんにあげてください。

ストーカー、上等です。いいんです、どんどんお嬢さんにべったり、双子母子道を邁進して下さい。私、真剣に応援します〜。

Commented by Miyuki at 2012-10-06 14:43 x
*かんさん
ラブラブだと思いたいですが、実は片思いだったらどうしましょう(小心者)

私は出産は二度と嫌ですねー(笑) 考えて、自然出産を選択して、良い病院を選んだのに、いざその時になったら、「誰か麻酔してええええ」と内心絶叫してましたから。何より、もうこれ以上責任が持てませんわ、とほほ。

そうですね、エア・ハグということで(笑) リアルハグが再びできるまで、いっぱいいっぱい送りたいと思います~。というか、私にくれ。>お嬢

応援ありがとうございます! でも、双子母子は絶対嫌(笑)なので、ただの変人同士として応援してやってくださいまし~。


<< 十月は、衣替えの為のお直しで そんな私の行きつけは >>