言葉が結ぶ縁があり

「正しく強く生きるとは、銀河系を自らの中に意識してこれに応じていくことである」
   ----- 宮沢賢治
       (日本人、詩人、1896年8月27日生まれ)


Sheena Iyengar: The art of choosing


日本でも少しずつメジャーになりつつある、TED(Conference)
できるだけ見たいと思ってるのですが、全然果たせておりません。はあ。

しかし、↑のSheenaさんの講演は、本当に面白うございました。
「選ぶ」ということを一つのキーワードとして考えている自分にとって、というのは勿論ですが、
最初の、日本での「緑茶オーダー体験」はどぅーですか。
海外在住の方が日本に行った時、一度は体験される類のものではないでしょうか。
コーヒーのカスタマイズができなかったことを思い出して、ちょっとにんまりしたりして。

この講演については、ものすごく色々思うことがあって、一度きちんと書いてみたかったのですが、もう諦め……
とりあえず日本とは、すごく良い国で、すごく良い人達で、いろんな意味で特別な。
そんな風に思ってます、ということで。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_9075

6月の日本滞在記も、これで最後です。
そして来週は、また日本に行ってきます……よし、間に合った。(激違)

今まで何回も里帰りしておりますが、実は今回初めて、美術展に行ってまいりました。
国立新美術館で開催されていた、大エルミタージュ美術館展でございます。
看板や広告には「エルミタージュ展」となっているのに、パンフレットには「大エルミタージュ展」となっている。
果たして、その真相はいかに!? (ええ、気分です)




     IMG_9073

結論から言えば、有名どころの小品を集めた感のある展覧会でございました。
あ、これはあくまで、お嬢と私の個人好みに基づいての話。
なので、感激こそなかったものの、さらさらと鑑賞できて、居心地の良い空間でありましたよ。

国立新美術館は初めての訪問だったのですけど、いいですねえ。
地下鉄の駅の出口に直結、という利便性が、雨の日だったので、特にありがたく。
中に入れば、高い天井と広々空間、モダンな造りが美しく。
展覧会の後の、カフェでのまったりタイムも良かったなあ。


IMG_9071

いつも通り、展示会の概要、あんど、個人的に印象に残った絵画名など。
展示名の日本語表記に、なぜかカンドーなど。

Ⅰ 16世紀 ルネサンス:人間の世紀

  バルトロメオ・スケドーニ 「風景の中のクピド」
  ジュリオ・カンピ 「男の肖像」


Ⅱ 17世紀 バロック:黄金の世紀

  ペーテル・パウル・ルーベンス 「虹のある風景」
  ヤン・ファン・ケッセル(1世) 「ウルカヌスの鍛冶場を訪ねるウェヌス」
  ダニエル・ファン・ヘイル 「冬景色」
  アブラハム・ブルーマールト 「トビアスと天使のいる風景」
  ヤン・ステーン 「結婚の契約」


Ⅲ 18世紀 ロココと新古典派:革命の世紀

  クロード=ジョゼフ・ヴェルネ 「パレルモ港の入り口、月夜」
  ユベール・ロベール 「古代ローマの公衆浴場跡」
  ジョージ・ロムニー 「ハリエット・グリーア夫人の肖像」


Ⅳ 19世紀 ロマン派からポスト印象派まで:進化する世紀

  ウジェーヌ・ドラクロワ 「馬に鞍をおくアラブ人」
  レオン・ボナ 「アカバの族長たち(アラビア・ペトラエア)」
  ジョゼフ・ベイル 「少年料理人」


Ⅴ 20世紀 マティスとその周辺:アヴァンギャルドの世紀

  アンリ・マティス 「赤い部屋(赤のハーモニー)」
  パブロ・ピカソ 「マンドリンを弾く女」
  ウル・デュフィ 「ドーヴィル港のヨット」

どーでもいいことなんですけど、なぜ”キューピッド”じゃなくて、”クピド”なの。
言語の進化ですか、もしくは、美術界の高尚な言い回しですか。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

IMG_9076

さて、今回の展覧会ですが、実は絵画以上に、強く印象に残った思い出が。
しかも、入場した直後の出来事だったんですけどね。

入り口をくぐってから、気に入った絵画をメモしようと、ボールペンと手帳を取り出したのですが。
警備員の若いお兄さんが、瞬速で飛んでこられて、おっしゃったんですよ。
「あのー、お客様、大変申し訳ありませんが、こちらをお使いいただけませんでしょうか

差し出されたのは、先端に鉛筆の芯がついた、しおりのようなアレ
目を点にしながら、お兄さんに、
「ええと、このボールペン、別に武器でも何でもないんですけど」
と言ったんですが、
「いえ、そういうわけではなく、できましたらお願いしたいんですが」
とおっしゃいます。

「はあ、別に構いませんが、理由が全然わからないので、教えていただけますか?」
「いやあ、万が一ということがありますので、ええ、無理は申しませんが、できましたらどうか……」
「万が一、って、どういう場合なんでしょう? あの、別に嫌なわけじゃなくて、勿論そちらを使わせていただきますが、ただその理由を知りたいだけなんですけど」
「ええ、まあ、そのう、色々とございまして……ご迷惑でなければ、どうかご協力をお願いしたいのですが」

なんで、こんなに、言葉が、通じないの 。
私の日本語、間違ってる?と、大いに感じた、アイデンティティ・クライシス。


お嬢と散々首をひねりましたが、どうしても理由がわからなかった、この出来事。
この後に会った友人に話したら、それは恐らく、
万一、絵などに落書きされた場合、ボールペンより鉛筆の方が、被害が少ないからではないか
と解析してくれたのですよ。

だったら、落書きするな、とゆってくれればいいんじゃ、
でも、そんなことを言ったり、疑う素振りを見せれば、侮辱ととられかねないし、と考えたんだろうなあ、とか。
まあ、とにかく、どっと疲れた出来事でございました。

そして日本に行くたび、強く感じるのが、この類のことであったりします。
冒頭のSheenaさんの体験は、こちら在住の友人間では、「あるあるーっ!」ってなものなんですよこれが。


     IMG_9087

異国に住んで、「言葉にしなければわからない」ということを、何度も何度も、繰り返し思い知らされておりますが。
それは日本であっても、家族や友人、他人様に対しても、実は同様のことが言えるのですよね。

私の常識は、誰かの非常識。
寄って立つ前提条件は、大なり小なり異なるのが当然ですから、やっぱり言葉を並べるのが筋かと思います。
が、それがまた人によって、その補足を余計だと思ったり、足りないと眉をしかめたり。
そういう意味では、少なくとも同国人であるということは、初期段階を飛ばせて楽、というのが、日本の人といたい理由の一つであるものの。

すみませんが、申し訳ありませんが、恐縮ですが。
いっぱい、いっぱい、この枕詞を使うわりに、実際の「謝罪」を意味しなかったり。
一時期、日本語チューターをやっていた時は、この手の日本語&日本文化を説明するのが、一番難しかったんですよね。

直接ではない、間接の良さ。遠回しな言葉の柔らかさ。
それは良くわかっているつもりでありますけれど、同時に、質問に対して、的確に答えを返す重要性も、決して忘れてはいけない、と思います。

申し訳ありませんが、と言いつつ、要望は拒絶する。
その矛盾を、好ましく感じる時と、あーあ、と肩を落とす時の割合が、日本を訪れる度ごと、年々逆転しつつあるような。
そんなことを思いつつ、でも、これが関西だったら違うのかなー、なんて考えたら、ついつい笑ってしまうんですけどね。


     IMG_9099

カスタマイズについてについてもそうですが、電車に乗る時に体験する諸々。
「黄色い線の内側にお下がりください」等のアナウンス。
駅の切符の自動販売機に貼ってある、「終電の時間を予めご確認ください」という札。
これらは、Sheenaさんのおっしゃるように、無知な我々を守ってくれようとするものなのか、
それとも、責任を負いたくないという気持ちの表れなのか。
ン十年と日本人をやってきている自分にさえ、明確な判断は下せません。

残る手としては、そういった前提が違うので、せめて言葉を使って問いかけて、互いの考えを確かめて、摺り合わせをはかること、なのですが。
そうした時に、「いやあ、まあ、色々ありまして」と言われるだけでは、八方塞もいいところ。

絵画を観に行って、思わぬ学びをいただいた一時でありました。


IMG_9072


大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年
2012年4月25日~7月16日


国立新美術館
[PR]
by senrufan | 2012-08-27 10:39 | Trackback | Comments(27)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/18904141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-08-30 11:45
何かを、言葉で、伝えるというのは
ものすごく難しいことですね。
そんなことを言ったつもりはないということがとても多いのですよ。
講義していると、えっ、そんなことを聴いていたの
なんて、びっくりすることがあるんですよ。
言葉を吟味しているつもりでもその調子ですから
普段の会話なんかでは、真意が伝わらないことは
ありうることだと、思っていた方が好いかもしれません。
特に、日本では、直接的な言葉使いを嫌う傾向があります。
言いすぎだとか、思いやりがないなんて、よく言われたものです。
国によって違いが多いのは、分かってみると面白いものです。
今日もスマイル
Commented by まきりん♪ at 2012-08-30 13:17 x
TEDに関して全くしらなかったので調べてみました。この講演会に出席するには年会費7,500ドルを支払ってTEDの会員になる必要があるんだそうで、びっくり~それだけ内容の濃い講演会なのでしょうね。

日本は選択権を他者に与えない文化ではないかと感じております。人との関係は欧米の横並びではなく、主従の縦関係が重視され、そこには個人のチョイスという概念は入り込めない。自分たちの都合を通そうと、ごちゃごちゃ言い訳を並べはするが、そこに事実の説明はない。北米暮らしの長い私にはそんなふうに感じられます。

ランチをご一緒した後でMiyukiさんたちがお訪ねになった美術展鑑賞、とても見応えがあるもので満喫されたのですね~◎
Commented by ノンノン at 2012-08-31 01:06 x
そうそう、日本と言えば、こないだアメリカ人の友達からまわってきた「日本で見た面白い看板」。なかなかイケテルと思うのですが、Miyuki さんの「面白い看板コレクション」に入るぐらいの出来でしょうか?

もとの日本語「危ないですから、入ってはいけません」
その下に添えてある英訳 “Because you are dangerous, you must not enter.”
Commented by Chiblits at 2012-08-31 07:06 x
私はそんな事を感じることもないくらいに長いこと帰国していませんね~。 鹿児島に帰っても周囲はお年寄りばかりでこういう日本の変化を感じないのですが首都圏は変化が早いのでしょうね。 ノンノンさんの英語サインに爆笑!! 
Commented by Miyuki at 2012-08-31 10:33 x
*Kawazuさん
本当に、本当に。
口頭でも文章でも、これほど人によって解釈が違うのか、と驚くほどですね。
実際に会って話せば、表情や身振り手振りも加わるので、伝わりやすいかと思いきや、これもまたなかなか。
でもって、自分も果たして相手の言うことをどこまで理解しているのか、と悩んでしまったりも。
国が違えばますます、であったり、国が違ってもこれだけわかりあえるのか、と喜んだり。
本当に人との触れ合いは、スマイルが必須だと思います!
Commented by Miyuki at 2012-08-31 10:41 x
*まきりんさん
TEDの講演会に実際に参加するにはそうですが、動画の無料配信がありますので、本当にありがたいことです。TEDxという名で、学校や企業などで、TEDのコンセプトを受けついだ形で行われたりしてますから、実は身近で行われているかもしれませんね。

個人の選択を認めない、と言ってしまえば確かにそういう面もあるのですが、それが為に生み出された良さや文化もあると思うんですよ。私はたまたま離れているので、久しぶりだと違和感を感じてしまったのですが、そのまま否定することなく、何か自分なりに両方の良さを考えていきたいなあ、と思うのです。

いやいや、書きました通り、見応えはそこそこだったんですけど(失礼な)、日本もいいものを招びよせているんだなー、と感心しましたです。
Commented by Miyuki at 2012-08-31 10:43 x
*ノンノンさん
そ、その看板、オオウケーーーーっっっ!!!
久しぶりに、「床転げ周り」段に達した逸品ですっっ!!

昔ならいざしらず、今なら大勢のネイティブスピーカーの方々も住んでいらっしゃるし、帰国子女も溢れているのに、なんで公にする前にチェックしないんですかね~(まだ笑ってます)
Commented by Miyuki at 2012-08-31 10:45 x
*Chiblitsさん
なるほど! 地域性もあるのですね、確かに、確かに。
それ以外にも今回の旅では、女性の話し方の変化が面白かったです。ファッションで”ゆるふわ”というのが流行ったと思ったら、話し方までそんな感じになってる人が多かったんですよ~。
来週の日本行きでは、ノンノンさん看板以上のものに会えますかねえ(わくわく)
Commented at 2012-09-01 06:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Miyuki at 2012-09-01 06:47 x
*非公開コメントさん
勿論、私などでお役に立てるなら、喜んで!
長くなってしまいますので、申し訳ありませんが、非公開コメントの形でメルアドを教えていただけませんでしょうか? こちらからご連絡させていただきますので。
Commented by さく at 2012-09-01 09:20 x
遠回しって言えば私も比較的得意です。だから遠回しに相手の気分を害さないように回りくどく、回りくどく、きっぱりと拒絶。これをやると身も心もアメリカン100%なおやぢが非常に混乱するので、面白いっちゃ面白いんですけど、まあ軋轢を生みますね。

それから横ですけど、ノンノンさんの“Because you are dangerous, you must not enter.”に座布団500枚。いやあ、しばらく余韻を楽しめそうです。

で?そのハーゲンダッツのストロベリーアイスは?私にごちそうしてくださるんでしょうか。私がそのアイスを世界で一番愛している事はご存知でしょうか。
Commented at 2012-09-01 11:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-09-01 12:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Miyuki at 2012-09-01 12:14 x
*さくさん
回りくどくとも、きっぱり拒絶。そ、その秘訣をぜひご教授ください! つか、おやぢ様にそれをやる時に、そばでその職人芸を拝見したい(笑)

ねーっ、これ、ちょーー大ヒット作だよね! ほんとに、少しずつコレクションしたいので、みんな教えてくれないかな。

へー、そうなんだ、これが好きなんだー(ぱくぱく) そうだよねえ、いちごの香りが豊かでね(おお、冷たい) 乳製品アイスは得意じゃないけど、たまに食べると旨いよねえ(ざくざく) あ、もう残ってないや、ご馳走さま。さて、逃げるっっ!!(脱兎)
Commented by Miyuki at 2012-09-01 12:15 x
*非公開コメントさん
あーりがとうございまーす! これから早速メール致します♪
Commented by さく at 2012-09-01 16:21 x
みゆきさんのいぢわるぅ、アイスの祟りは末代までだよ。たたるよぅ、ごちそうしてくれないと。

・・・それでは秘訣の一部を教えてあげます。「これをやってくれ」と言われたら、「ノー」の代わりに、どれだけ自分がそれが得意ではないか、あなたの迷惑になるかもしれない、やりたいとは思うんだけど、どうもあなたのためを思うと気が進まない、とかぐちぐち言いながら「I don't think you want me to do it」と行く訳ですね。ま、とにかく言い訳を並べ立てる。面倒くさいですが、このぐちぐちにより、相手が混乱して行く過程を見届けるのもまた楽しいものです。(実はドS)
Commented by Miyuki at 2012-09-02 21:18 x
*さくさん
え、アイスで末代まで祟るなら、さくさんの目の前で銀シャリ・大トロ寿司などを食べたら、どこまで報復されるのであろうか。……知りたいからやってみようかな。Because I'm dangerous。

きゃー、勉強になります、そのドSっぷり! それはアレですね、囲い込み運動の応用というか、遠くから円を描きつつ、渦巻状で中心に向かって進んでいくという。面白いから、今度私に何かの件でやってみてください。(実はドM)(いやあああ)
Commented by peartree22 at 2012-09-04 23:17
TED、私もつい最近知って、最初はTEDのHPから直接英語でがんばって聞いていたのですが、今は日本でもEテレでピックアップして放送してくれるので、そちらを見てます。字幕付き。
先日拝聴したので、興味深かったのがSusan Cain のThe power of introvertsでした。内向的だからこその良さ(彼女が内向的で苦労したようです)などのスピーチでした。
とにかく、それぞれのスピーチが短くてわかりやすいし、発想の豊かさに毎回驚かされます。

さて、美術館でのボールペンのエピソード。私は以前、娘がメモをしようとして(ミッフィー展でした)、係の人が「ボールペンはもしも展示品にうっかり書いてしまった場合が大変なので・・・」と説明受けたことがあります。子供だったから直接はっきり教えてくださったのか?もちろん、少しも失礼ではなく、むしろ「なるほど~」と感動すらありました。Miyukiさんに対応した男性、もしかしてバイト生?(笑)。マニュアル通りだったのかもしれませんね・・・。おっしゃるように、失礼のないように遠回しだったり、回りくどい説明はかえって意味不明で???と不愉快な思いをすることが多いですね。でも、自分も気をつけなくてはと考えさせられました。
Commented by Miyuki at 2012-09-05 19:58 x
*ちゃんさま
TED、ほんとに素晴らしいですよね! 他分野の人でも、そして私のようなド素人でもわかるように、噛み砕いた説明をしてくれるので、興味をかき立てられますし。ああいうプレゼンの上手さが、またTEDに出るだけのことはある方々なのだなあ、と思います。Susanさんの講演、私も見てみたいです~。

あー、やっぱりそういう意味なのですね、ボールペン禁止。そうなんですよ、勿論語調や態度にもよりますが、言ってくれればわかるものを、なんで言わないのかなーと思っちゃうんですよね。こちらを気遣ってくれているのはわかる分、もったいないような気にもなっちゃって。私も気をつけなきゃいけません……というより私の場合、加齢のせいで、言われた質問に対して、斜め45度の答えをすることが多くてげほごほ。
Commented by かん at 2012-09-06 15:16 x
面白い!。。。ってごめんなさい、Miyukiさんには全然面白くないでしょうが、私がいかに日本を引きずっているか、よくわかりました。

私がMiyukiさんみたいに美術館でそういわれたら、「あら、ごめんなさい」とそのまま受け入れちゃいますもん。(笑)
そう言うからには何か理由があるのだろう、と暗に相手の状況を察してそれを鵜呑みにすることになんら違和感を感じない日本人でございます。(笑)


「無知な我々を守ってくれようとするものなのか、
それとも、責任を負いたくないという気持ちの表れなのか。」
これもまた、私は「単なる親切」以外の何者でもなく。「気遣い」であって、「相手を無知」とさげすみわけでも「責任を負いたくない」という責任転嫁でもないわけで。

ああ、私、日本人を美化しすぎ?(笑)
Commented by かん at 2012-09-06 15:21 x
看板コレクション、たしかあったはず。。。と2004年夏に金閣寺で主人が見つけた写真を引っ張り出してみました。

英語:Thank you very much.
日本語:本日はご参拝をいただきまして有難うございました。お気をつけておかえりください。

主人が「どうして英語はこんなに短いのに、日本語は長いんだ???」と非常にいぶかしんで、写真まで撮っておりました。
私は「日本語と英語はここまで表現や言うべき内容が違うんだなぁ」と漠然に思いながらも違和感はなかったという。。。(笑)

日本語は、はい、たしかに回りくどい表現ばかりです。(笑)
Commented by Miyuki at 2012-09-07 19:50 x
*かんさん
ええ、かんさんがとっても「日本」ということは、いただいたコメントで十分わかります(ニガワライ)

その日本的視点でいきますと、私は「相手の状況を察しない面倒な客」だったんでしょうねえ。
この警備員さんはお仕事で注意されたので、「親切」「気遣い」という言葉はあてはまるのかどうか、ですが、いやいや、申し訳ないことを致しました。
ただの好奇心だったんだけどなあ、別に「落書きするかも」と言われたところで、訴えたりしないのに。

ただ、それほど互いの察しを前提とするなら、なぜあれだけ数多くのアナウンスや注意が必要なんでしょうね。
それから離れた先方の要望は受け入れないのを、「親切」と受け取るのが日本人としての常識なら、はい、私は確かに非常識なヤロウです(笑)
Commented by Miyuki at 2012-09-07 19:51 x
*かんさん
なるほど、確かに。
英語レッスンのサイトなどを見ると、寄せられる質問はたとえば「ただいま・おかえりなさいは英語でどう言うんですか?」とか、「ご苦労様は?」とか、日本ならではの言葉についてのものが多いですよね。
私も、日本語だとこれだけの意味が込められるのに、英語だとどうして、と思うことが。
でも同時に、英語だとこんなにシンプルで素敵な表現ができるんだー、と感心することも多いので、お互い様ですね。
Commented by かん at 2012-09-10 06:18 x
いえいえ(笑)、先のコメントに反するようですが、昔の教育であれば、Miyukiさんのようなお客様の場合は、お客様の要望に対して適切な回答ができるように指導してあるはずで、逆にそこまでお客様(Miyukiさん)を困らせる対応もなかったはず、とは思いました。

ようは、顧客サービス教育の堕落、ですね。

でね、最近の日本人は一昔前の日本人とかなり違っているのも事実です。つまり、昔の日本人は「察する」ことができましたが、いわゆる(笑)最近の若い方々はそれもできないそうで、自分の意見の一点張り。(特にゆとり教育世代以降それが激しいとか。あくまで私の周囲の日本在住の友人談ですが) 相手の気持ちや立場を察して、お手伝いしよう、という気はさらさらないそうです。

「常識」も「非常識」も親の世代と本人がどこでどのように暮らしてきたかに寄って微妙に異なり、後は各個人の処世術に寄る、としか言えなくなっている気がします。

そういう点で、私は中国に留学した頃から、私の常識が周囲の常識ではない、というのを学びましたし、周囲に迷惑をかけず、悪い思いをさせなければ一応OK?かしらと思っています。
Commented by かん at 2012-09-10 06:21 x
<蛇足>
先のコメントを以って解釈するならば、その警備員さんは、何でMiyukiさんが理由を知りたがるかを察することができず、また、きっと上から「こう言うように」と言われたままの対応をする余地しかなかったので、お客様の要望にそって臨機応変に対応することが全く思い付かず、できなかった、ということですねぇ。(笑)

とりあえず。私は人の振り見て我が振り直せ、です。私の至らぬ点は平にご容赦もとい、ご指導くださいませ〜。
Commented at 2012-09-12 17:34
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Miyuki at 2012-09-13 10:15 x
*非公開コメントさん
わあ、ご無沙汰しております! その後、また素敵な作品を作られていらっしゃるのでしょうかvv
なんと、そうでしたか~! 現場の声を聞かせてくださって、本当にありがとうございます。
やはり、そういう指導をされているのですね。前回・今回と日本に行って、改めて若い店員さんが(特に女性)すごくしっかりしていると感じたんですよ。話し方は現代風に舌足らずの人が増えていましたが(おい)、内容や礼儀はしっかりしていて、話していても気持ち良かったのです。なのでこの彼にとっては、よほど私の説明がわかりにくかったのかなー、たはは。

なるほど、確かに美術展に行くと、看視員の皆さんの”質”のようなものを感じることがあります。それはおっしゃる通り、看視しつつ、気配をさとらせないような立ち振る舞いをどこまでされているかによるんでしょうね、きっと。絵がお好きな方がこういうお仕事をされていたら、ハラハラしてしまう場面も多いことと。ああ、改めて反省します……
今回、日本で行った美術展には、しっかり鉛筆を持参いたしました。えらい、自分(殴)


<< 上昇空気を含ませて そこは手本となる処 >>