あの場所、その土地、この風土

「例えば、友達が転ぶ。
ああ痛かったろうな、と感じる気持ちを、そのつど自分の中で作りあげていきさえすればよい」
   ----- 司馬遼太郎
       (日本人、作家、1923年8月7日生まれ)


ロンドン・オリンピック、盛り上がってますね~!
いつも通り、こちらのTVではアメリカの選手中心なので、日本の母に、いずれ放映されるであろう総集編の録画を頼み、あとはネットで追っかけております。

だってだって、悔しいんですよ。
例えば競泳男子のメドレーリレー、日本が2位だったのに、大喜びするアメリカチームしか映さないし。
そのカメラの手前に、日本がいるのに! 日本がいるのに!(ぎりぎり)(まあ当然だろう)

あ、でも開会式は、抜粋版ですが見たですよ。
ナンチャッテ英国好きなワタシ、マジで感動の涙が溢れたですよ。

産業革命から始まって、ジェームズ・ボンド、メリー・ポピンズ、ハリー・ポッター、サイモン・ラトル、Mr. ビーンにビートルズ、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド……
大好きなモノ&ヒトばかりの洪水に、大はしゃぎ。これで最後を、モンティ・パイソンの足で締めてくれたら、ゆうことなかったのに。(オマエだけだ)


日本の選手は、名前を知っている方も知らない方も、余すところ無く応援中。
ただ個人的に、室伏選手への応援は、リキ入れました。銅メダル、本当におめでとうございます。
元々私は、「鉄人」と言われたお父様、室伏重信選手のファンだったんですよ。
息子さんの素晴らしい活躍ぶりに、そのまま二世代続けてのファンになったわけで。

なぜ室伏選手が、TV「筋肉番付」に出ないか? それは、圧倒的に勝利してしまうから。
というのを、以前聞いたことがあります。
100mは10秒台、握力は120kg以上(それ以上は計測不能)、
ベンチプレス170kg、スポーツマンNo1決定戦で圧勝優勝 、
高校生の時、何となく槍投げに出たら日本2位、
プロ野球の始球式で131km、英語に堪能、博士号取得

海外での練習場所が、こちらシリコンバレーであるということで、日本語補習校で講演してくださったりして、その温かいお人柄に触れて、ファンになられる方も多いかと。
ほんとに、ゆみたちさんじゃないですが、これ以上、どう頑張れとゆうのだ、と思いつつ、
思い浮かぶ言葉は、「頑張って!」だけだったりするのですな。

鬱病の人に、災害に遭った方々に、「がんばれ」は言ってはいけない、ということなどから、
昨今、ややネガティブな扱いをされるようになってしまった、この言葉。
でも、欧米語に完全には訳せないこの言葉を、母国語として持っていられることを、しみじみ嬉しく思うのです。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_9104

日本滞在中にお出かけしたレストラン、第2弾。
Rogiさん&お嬢様と一緒に、下北沢にあるカレー屋さんに行ったんだ。

娘同士、母同士、もしくは4人入り乱れても、話と笑いが尽きない私達。
わいわいと入った店内を、いきなりにぎやかにしちゃったよ。




     IMG_9108

5人座れるカウンターに、テーブルが3~4つ。
髪を結い上げた、エスニック風の装いのお店のお姉さんは、寡黙で笑顔があったかい。


IMG_9106

メニューを拝見すれば、チキンカレーやキーマカレー、特別な豚肉を使ったカツカレーなど、品数は多くなくても、魅力的な献立が並んでる。
飲み物&カレーを、各自順繰りに頼んだら、お姉さんは一つ一つに頷きながら、こんなコインでオーダーをとっていた。


     IMG_9109

ラッシーとチャイを飲みながら、お姉さんのお仕事を拝見する。
小鍋にカレーを入れて温めながら、具を調理。丁寧な手つきに、好感だ。


IMG_9111

こちらは、キーマカレー
ライスの上には、ザワークラウトとトマトのチャツネ(チャトニ)がのっている。
お嬢は更に、半熟カレー煮玉子をトッピング。


IMG_9113

Rogiさんは、チキンとキーマのハーフ&ハーフ
別皿に、どん、と手羽が入ったカレーがついてくる。


IMG_9118

私は、ほうれん草とカッテージチーズのカレーだよ。
ベジタリアン向けかと思いきや、実はこの中に、やはり手羽が隠れてるというサプライズ。

カレーは辛すぎず、キツすぎず。まろやかでさらり、と美味しいの。
もったりしてないので、日本風カレーとは違うようなんだけど、醤油っぽい風味があって、これがご飯と合うんだな。
それに柔らかチキンが加わって、満足感溢れる一皿だ。


     IMG_9116

Rogiさんが選んでくれた、こちらのお店、実はタレントの松尾貴史さんがオーナーで。
なので、こちらの折り紙の般若面は、彼の手によるもの、なのかなあ。
昔から結構好きな方なので、応援の気持ちも沸いてくる。(単純)


     IMG_9114

お店を出てから、下北沢の町を4人でぶらぶらと。
良さそうなお店が沢山あって、思わず本屋で、ちょうど店頭に並んでた、「下北沢特集」の雑誌を買っちゃった。
見てみたら、菜食のお店も数軒。しかも、先ほどのカレー屋さんのお隣のベーカリーで、マクロビ仕様のラスクを売っているとか。
次回の日本滞在時に、探検する時間が欲しいなあ。


cafe 般゜若(パンニャ) 
東京都世田谷区北沢 3-23-23
下北沢シティハウスⅡ 1F
[PR]
by senrufan | 2012-08-07 01:46 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/18791407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2012-08-09 16:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-08-10 15:21
4年前は、台湾にいましたから
やっぱりオリンピック放送はあまり見ることが出来なくて
今度の大会の放送ぶりに、妻と驚いています。
なでしこ戦はアメリカが相手でしたから
そちらでも放送が盛り上がったことでしょう。
なでしこは残念でしたが、両方ともよく戦ったとお思います。
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2012-08-11 03:27 x
*非公開コメントさん
そうか、そうか、うんうん。やっぱり良い言葉だよねえ。
本当にがんばっていらっしゃる方の口から出ると、余計に背筋が伸びる。しゃきん。
Commented by Miyuki at 2012-08-11 03:30 x
*Kawazuさん
そうですか!(笑)
私も日本にいたかったです。日本はそれでも他国選手も結構映してくれますが、こちらはなかなか難しく(涙)
なでしこの試合、本当に感動でしたね~~。
アメリカでもなでしこの勝利を予想して応援する方々もいらっしゃって、すごく嬉しく思うと同時に、自国と戦う時でも、相手国を応援できるっていいなあ、としみじみしちゃいました。


<< くぐる暖簾を掲げたら (3) 誇るべき文化の在り方は >>