選んで結んだ糸だから

「気を抜かず、手も抜かず、力だけを上手に抜く」
   ----- ねじめ正一
       (日本人、作家、1948年6月16日生まれ)


1年半ぶりに、日本に来ました。現在、実家に滞在中です。
日本を離れて以来、何年ぶりの梅雨体験。
どころか、明日台風上陸って、一体どおゆうことなの。

数日後には、お嬢は予備校の帰国子女受験コースが始まるので、それまでにあれこれ、諸々の手続きを済まさねばなりませぬ。
あー、日本のお役所かー。言葉は通じるからいいんだけどなー。(想像だけで疲労)

* * * * *

【アクティビティ】

     IMG_8823

お久しぶりです、第七回のゆんたく会の記録です。

前回の記録は第五回だったのに、どうしてか。
それは、実は第六回が行われていたのだけど、皆の都合が色々と合わず、あまりに少人数だった為、ちょっと記録は控えたの。
ええ、決して、とうとう数が数えられなくなったとか、日記を溜めすぎて割愛せざるをえなかったとかではありません。でも、目が見られないのは何故。

第五回では、兼・Ikuraちゃんの送別会となったけど。
第七回でも、兼・ゆかさんの送別会となってしまったのは、本当に、本当に悲しい限り。
しかし、思い出し涙にくれる前に、まずは美味しいお料理の記録にいってみよーっ!




IMG_8821

IMG_8814

Natsukoさんが、3品持参。お忙しいのに、本当にありがとう。
自家製の豆腐の味噌漬けは、固さも味も、とても良く。皆に大好評で迎えられ。

もやしのナムルも、辛党の人にも甘党の人にも喜ばれる、程好いピリ辛加減が良くってねー。
もう一品のルッコラのお浸しも、鮮やかな緑とほろ苦さがウケて、すぐになくなってしまったのだけど、写真を撮り忘れたバカがいる……


IMG_8807

Yukieさんのじゃがいものペストソース和えは、アスパラやマシュルームも加わって、和洋の出会いの美味しさ。
バジルも紫蘇も、ほんとにお役立ちの野菜だね。


IMG_8808

今回、また会場を提供してくださったかんさんも、和のお惣菜を2品。
厚揚げと糸こんにゃくの煮物、これをおふくろの味と呼ばずに何と呼ぶ。


IMG_8818

IMG_8817

白さがまばゆいふろふき大根は、複雑な美味の味噌をつけて。
うまーい、美味しー、そんな言葉しか出てこない。


IMG_8816

クミさんのひよこ豆の煮込み、これもまた皆に大好評。
一見和風に見えるのだけど、実はイタリアンな具と味付け。


IMG_8810

Mikaさんローパスタは、いつでもどこでも大歓迎。
久しぶりにいただいたけど、あー、どうしてこう美味しいんでしょ、ロー・マリネラソースって。


IMG_8812

ゆかさんのごぼうの梅煮、丸ごとじゃなくて細切りなのが、またグッド。
食べやすい上に、胡麻の風味が効いていて、しみじみと美味なのだ。


IMG_8822

私は今回、汁物担当とさせてもらって、アスパラのポタージュを持参した。すみません、引越しで時間が、すみません。(ただの言い訳)
リークと玉ねぎ、アスパラガス。豆乳も加えてる。
穀物か何かを入れた?と、ゆかさんがさすがのコメント。はい、Red Lentilがひとつかみ入ってます。


IMG_8835

皆で舌鼓を打ちながら、いつも通りの楽しい歓談。
子育て話に日本の話、引越しから美容院にいたるまで、わんさと話すことがある。

なので、デザートに移って、話の続きといきましょう。
時間制限がある会なので。


IMG_8806

Yukieさんの米粉の蒸しパンは、レーズン入り。
もっちり・むっちりの蒸しパンは、私はとってもお気に入り。
ふんわりパンも良いけれど、なんというか、お米を食べてる満足感があるのが良いのだ。


IMG_8856

Mikaさんの、いちごのロークランブル
私なら単にどかっ、と盛るだけのところ、美しく型取りされているところがすんばらしい。
そして味も秀逸なのは、いつものこと。甘過ぎないナッツのクランブルは、少量でも身体が喜ぶよ。


早めに帰らなくてはいけないメンバーもいるので、ここでゆかさんに、サプライズ。
皆からカードとギフトの贈呈と、Ikuraちゃんの時と同様に、Mikaさんのお手製スクラップブックをね。
おまけにカードは、デトロイトから送られてきた、Ikuraちゃんの手作りで。
日本滞在中のMiwaさんも、代筆で参加してくださったのだ。


IMG_8869

手元にあったゆかさんの写真を全部Mikaさんに送ったのだけど、改めて沢山のアクティビティを共にしていたことに気づいて、またほろり。
マクロビクラブでも、クラブの外でも、本当にお世話になりっぱなしだったなあ。

ゆかさんは旦那様の転職に伴って、ワシントン州のシアトルに行かれます。
長年過ごされたカリフォルニアを、初めて出られることになるのです。

ゆかさんのお知らせを聞いたクラブメンバーが、どれほどショックを受けたことか。
クラブはこれからどうなってしまうんだろう、と何人ものメンバーから、不安の声を聞いたよ。

でもね、ご安心ください。
ゆかさんのお料理教室こそなくなってしまうけれど、毎月のニュースレターは継続されます。
メンバーが主催する、もしくは関連するアクティビティやワークショップは、これからもゆかさん経由で発信されるのです。

ゆかさんに感謝すればするほど、せっかくのこの縁を失くしちゃいけない、と思うので。
クラブで、ゆんたくで繋がった皆さんには、これからもよろしくお願いします、なのだ。

そして不思議なほどに、ゆかさんとは全然お別れの気がしない。
だって、シアトルに行く気満々だし。シアトルコーヒーについて、ゆかさん旦那様に教わりたいし。
その時は、カリフォルニアの野菜や果物を、いっぱい抱えて行ければ良いのだが。

ネットがある時代に生まれて良かった、とは、海外に来てから、何万回も思ったこと。
Ikuraちゃんともゆかさんとも、ゆんたくの糸の結び目はほどけない。

新天地でも、ゆかさんらしいご活躍を祈ってます。
そして、これからもどうぞよろしく、なのでございます。
[PR]
by senrufan | 2012-06-16 22:10 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/18460408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ノンノン at 2012-06-18 22:35 x
あ、シアトルいいですよ~。
人は親切だし礼儀正しいし、食べ物おいしいし、穏やかだけど進歩的だし、冬は雪はあまり降らないけど寒くはなるからクリスマス気分高まるし。
私は都会はあまり得意じゃないけど、シアトルかポートランドなら住んでもいいかもと思いますもん。
アメリカは広いけど、お隣のお隣の州だから、行く気になればひょいっと行けちゃう。
シアトル行き、きっと楽しいと思います。
Commented by ゆか at 2012-06-19 03:22 x
うっしっし。着いたよー、レドモンド。いきなり13度だよ今日は。早くアパートに住んで、ファーマーズマーケットに行くのが楽しみです。
Commented by Miyuki at 2012-06-20 21:25 x
*ノンノンさん
なるほど、聞けば聞くほど良い街ではないですか、シアトル。私が引越したくなってきました(おい)
そうなんですよね、同じ西海岸というところも、お別れする気ゼロの手原因の一つかも。行こうと思えば行けるぜ、みたいな。
一度だけ、2泊3日で行ったことがあるんですが、その時も友達のおかげで楽しかったんですよ~♪ ノンノンさんにそう言っていただけて、ますますシアトル行きが待ち遠しくなりました!
Commented by Miyuki at 2012-06-20 21:26 x
*ゆかさん
おー、お疲れさま! ご無事で何よりです。
13度とは、うらやましいというかなんというか。こちらは体温越えのベイエリアから、台風の日本ですよ(遠い目)
うんうん、早く日常の基盤ができるといいねえ♪
Commented by ノンノン at 2012-06-20 22:39 x
「引っ越したい」で思い出しました。このクイズ面白いです。質問に答えていくと、「あなたが住んだら気に入る街は、ズバリここでしょう!」と言ってくれます。
http://www.findyourspot.com/
Commented by Miyuki at 2012-06-21 20:23 x
*ノンノンさん
やってみました、やってみました! トップはメリーランドの市でしたよ~。うほほ、いつか絶対行ってみなければ。面白い情報、いつもありがとうございます!!
Commented by ノンノン at 2012-06-22 01:45 x
すみません、何度も。
なんか、そっかぁ、って深く納得しちゃって。
メリーランド、なるほどぉ、Miyuki さんは、正統派、クラシカル・シティーガールですもんね。
うーん、クイズ、そちなかなかやるのぉ。Miyuki さんのこと、わかっておるのぉ。
Commented by Miyuki at 2012-06-25 06:46 x
*ノンノンさん
遅くなってしまって申し訳ありません~~
えええ、メリーランドってそういうイメージなんですか! なんというか、あまり印象がない州だったんですが(爆)(しっつれいな)
いやいや、単に私が「西か東」を希望したからだと思いますよ。んでもって、NYやSFなどの都会は似合わねえコイツ、と判断されたからではないかと……


<< その木の下に集う日は 両手を合わせる価値がある >>