「ほっ」と。キャンペーン

探るは商いの境界線

「私は盲目を悪い部分と考えていない。
むしろ、それは人生の本質みたいなものと考えている。
考え方、使い方で人生を良くも悪くもする」
   ----- スティービー・ワンダー
       (アメリカ人、歌手、1950年5月13日生まれ)

* * * * *

【レストラン】

IMG_7780

お嬢が学校が休みの日に、ゆみたちさんとサンフランシスコにお出かけしたんだよ。
大好きなゆみたちさんとお出かけできて、ご機嫌な母娘だよ。

目当ては雑貨屋さん2軒なのだけど、開店はお昼の12時だったので。
その前にランチしよう、ってなって、Hayes Streetのカフェに行ったのだ。




IMG_7783

開店と同時に、パラパラとお客さんが入ってきて、固定客をつかんでいるのだな、なんて思ったり。
水色と黄色の内装も、爽やかで居心地良し。

ローカルな農家を応援するこちら、メニューは当日張り出される仕組み。
だからなのか、スープにサラダ、サンドイッチ、バーガーなど、7~8種類のランチに、デザートは2種類、というメニュー数。
なのに、どれも食べてみたくて、なかなか決められない私達。


IMG_7790

ゆみたちさんが頼んだのは、Marin Sun Farms Burger
グリーンサラダがついてるよ。
どーん!とバンズに挟まれたバーガーは、ジューシーですごく美味しい、ってお喜び。


IMG_7794

お嬢と私には、まずはサラダははずせない。ウサギ体質が1人おるもんな。(私だ)
Little gem lettuces saladは、BeetsとSpring onions、そして、パルメザンチーズをぱらぱらと。

春らしく柔らかいレタスに、クセの少ないビーツがごろごろと。
とてもシンプルだけど、その分、素材の良さがわかるサラダ。


IMG_7797

もう一品は、White polenta with duck sugo
Sugoってなに?と思ったら、鴨やがちょうで作る、イタリアのトマトソースらしい。

白のポレンタは初めてだけど、ふわふわしてて美味しいね。
ポレンタ自体には特に味をつけてないので、鴨ソースと絡めて丁度良い。
玉ねぎやにんじんも甘味を加えて、これもシンプルなれど、良い感じ。


IMG_7798

甘いもの好きが3人揃えば、デザートはやっぱり頼むでしょう。
この時の2種類両方お願いして、まずはChocolate Nemesisから。復讐の女神の名前がついているのは、何ゆえですか。

これがもう、ぐわーん、と甘かった。私らに復讐しなくても良いものを。
添えてあるホイップクリームをつけた方が、まだ甘さがやわらぐぐらい。
食感などは悪くなかったけれど、ちょっと我々には辛かった。

帰宅してから調べたら、こんなレシピが出てきてね。
このRiver Cafeというお店、以前かのジェイミー・オリヴァーがシェフを勤めていたというレストランなのだけど、こちらのお店のシェフも、River Cafeで働いていらっしゃったらしい、という余談。

次のパイで挽回したい、つか、舌を復活させたい。


IMG_7801

と思いきや、すんごく予想をはずされたのは、Huckleberry Tartだよ。
ベリーのタルトということで、さくさくタルト生地に、ぎっしりと甘酸っぱいベリーが敷き詰められたものを想像していたのに、これじゃコブラーに近いじゃん。

すっかり頭の中がタルトになっていた私らは、生地が違う! フィリングも違う! と文句を垂れ流し。いやもう、申し訳なかったです。
うーん、でもなあ、せっかくのハックルベリー、もうちょっとフレッシュさを残した形で欲しかった。
なんかバナナも入ってるような、結構重いコブラータルトなり。


IMG_7803

と、ヒジョーに自分勝手なデザート批評は置いといて。
ランチ自体には満足、満足。奇をてらわず、真っ直ぐに作られていて、好印象。
思ったより量が少なかったので、もう一品頼んでおけば良かったなあ。

が、お値段が結構なものであるのは、やはり土地柄か。
サラダとスープ以外は、一品$14~15。
量が大盛りというわけではなくて、この値段というのは、かなりリッチな方々向け。(あくまで当社比)
まあ、エリア的にそうではあるからね。そして、これだけお客さんが入っているのは、それに値すると思われているからであろ。
庶民の私が再訪できたら、今度はサンドイッチとスープを試してみたいなあ。


この後、HayesのRitual Coffeeでまったりした後、雑貨屋さんに向かった話は、次の日記にて。
ほんとは、その横のSmitten Ice Creamを食べたかったのだが、Nemesisが重過ぎて無理だった……(負)


     IMG_7786


Bar Jules
609 Hayes St
San Francisco, CA 94102
[PR]
by senrufan | 2012-05-13 10:07 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/18292391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-05-15 16:35
好い親子。
好いですねー。
今日はたった4分の曲を書きました。
出てくるままの書きっぱなし。
チェロは好きですか。
ふふふ
今日もスマイル
Commented by ゆみたち at 2012-05-16 00:13 x
タルトがきたときはびっくりしたね。
アイスコーヒーと思ってのんだら麺つゆだった、というくらいのディープインパクト。
いやーまたいこうね。
Commented by Miyuki at 2012-05-16 10:01 x
*Kawazuさん
えへへ、はい、とっても仲が良いのです。
おおお、先生の新しい曲!!
チェロ、大好きです!弦楽器の中で一番のお気に入りです。
わーい、ぜひぜひ聴かせてくださいね~vv
Commented by Miyuki at 2012-05-16 10:03 x
*ゆみたちさん
うん、あのショーゲキは、すでにトラウマレベル。
麺つゆなら吹いて忘れられるのに。
また行きましょう、行きましょう。
Commented by peartree22 at 2012-05-17 07:40
あぁ、もうMiyukiさん、これは私への拷問でしょうか?
SFで雑貨めぐり?その前にCafeでランチ?そしてお連れは御嬢さんとゆみたちさん!!!!
ほらほら、だからデザートでちょっぴり神様もいたずらしちゃったんですよぉ・・・。でも、それもかえって思い出深くするためのいたずらかもしれませんね。デザート、私も甘いのがただでさえ苦手なので、ここのはだめかもです。見た目はとってもおいしそうなのに。ビーツの色が薄いのはピクルスみたいに酢漬けになっているのでしょうか?
雑貨編、お待ちしてまーす(と、プレッシャーでちょいいじわるしてみました)
Commented by 初音 at 2012-05-17 09:36 x
おはようございま~す!!
帰って来ましたぁ~~~~とっくに!^^;

う~ん、どれも美味しそうだぁーーー
入院食のせいか、今の私”うさぎ体質”に近いかも!^^
デザートもいいなぁ~ヨダレが。。。。(^O^)/
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-05-17 11:30
チェロが好きだとは、好いですねー。
あなたの記事に触発されて記事を更新。
ふふふ
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2012-05-18 11:14 x
*ちゃん・りーさま
とおんでもない、別にあてつけてなんていませんよ、いませんったら。(満面の笑顔)
って、こんなことゆってるから罰が当たったのですな……もー、運を良くする為には、ちゃんさまが一緒に周ってくださらなくてはいけません。あ、ビーツは、こういう色の種類なんですよ。なんていう名前だったかなー。渦巻きピンクのヤツ。
雑貨編、↑にアップするですよ~。ご期待に添えなかったらどうしよう(どきどき)
Commented by Miyuki at 2012-05-18 11:16 x
*初音さん
はーい、退院おめでとうございまーすvv
リハビリは順調ですか?

うさぎ体質、ぜひ仲間になってくださいっ!
生野菜、身体が軽くて楽になりますよ~♪
でもこのデザートは、ちょっとお薦めしないかも……日本の方には、特に甘さがツライかと。
Commented by Miyuki at 2012-05-18 11:17 x
*Kawazuさん
そうなんですよ、低音楽器が特に好きなので、チェロは昔から大のお気に入りなのでございます。
先生の曲、胸にずんときました。あれから数回聴かせていただきましたです。
あああ、生で聴けたらなあああああ


<< ひっくり返ったおもちゃ箱 蔵の中から日の下へ >>