引き算にて、足るを知る (前)

「謙虚というものは、人の前で、己を無にするとか低く見せることでは絶対にない。
むしろ自分の責任において、己を主張することだ。
つまり、謙虚は権力とか他人に対してではなくて、自分自身に対してこそ、そうあらねばならないんだね」
    ----- 岡本太郎
        (日本人、洋画家・彫刻家、1911年2月26日生まれ)


ヨシダシャノンちゃん 癌治療の為の寄付のお願い

*-*-*-*-*-*-*-*-*

     IMG_7114

みんな大好き、Trader Joe's
新製品の、Japanese Style Fried Rice with Edamame, Tofu & Hijiki Seaweedです。

甘めだけど、なかなか美味しいですよー。
昔好きだった、味の素の「鶏ごぼうチャーハン」あたりを思い出しました。
Fried Riceはチャーハンなので、それはそうだろう。

最初に知ったのは、ラジオでの広告でした。
「日本では、このスタイルのご飯を、”Takikomi Gohan (炊き込みご飯)”と呼びます。
”Vegetable Rice (野菜ご飯)”という意味です」

ち・がーーーう!! (ちゃぶ台ひっくりがえーし!)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_6576

師匠と仰ぐtamachanが、去年の感謝祭の頃に日本に行って、半断食セミナーなるものに参加されたのだ。

食の煩悩にまみれた私なんぞとは違って、tamachanはきちんと引くべきラインを持っていて、そんなところもまた尊敬しきり。
私の2倍は食べるのに、すごく細い彼女は、筋肉もしっかりついて、見るからに健康そう。
「tamachanは、どうしてそんなに細いの?」
「ちゃんと沢山食べるから(にっこり)」
そんな貴女が、半断食。一体どんな経験をされるのか。

マクロビ仲間は皆、興味津々で、行く前からリーダーのゆかさんが、「帰ったら報告会」という約束をとりつけていて。(グッジョブ)
マクロビクラブでのワークショップの一つとして、「tamachanの半断食セミナー報告会」が開かれたのだよ。




今回参加されたのは、マクロビアンというところのセミナー。
本当は福島に施設があるのだけど、震災以降使えなくなってしまったので、今回は四国は愛媛の松山にて開催されたんだって。
瀬戸アグリトピアという施設に集まったのは、男性8人・女性4人、計12人の方々。うち、リピーターの方が3人。

男性率高しと聞いて、驚いた。だって女性の方が、こういう健康的なことには熱心かと思ってしまうから。
でも考えてみたら、女性は自分でその手の食事を用意することもできるけど、男性にはなかなか難しいかも。
こういう施設に行って、全て用意してもらう方が楽ではあるのだろうね。


IMG_6584

さて、完全断食ではなく、”半”断食。
本来、断食というのは、摂るのは水だけというものなのだが、色々と弱ってしまった雑食現代人は、これではもたないのだそうで。(反省)
なので、夜には玄米と味噌汁、少量のおかずといったお膳が用意される、”半”断食であるのだね。

期間は1週間で、スタートから断食、実際の生活に戻るまでの”復食”まで網羅されている。
この期間の決まりは、以下の通り。


1. 少飲・少食
日々細かく体調をチェックし、個人の持病や体質に合わせて、
先生が内容を決められる。

2. 良く噛む
親指の第一関節部を一口のサイズとして、一口につき、200回噛む
水状になっても、飲み込まないようにして、玄米ご飯一杯分を食べるのに、1時間かかったそう。
噛むことで唾液をしっかり出し、体調を整え、身体の変化を促す。

3. 良く運動する
毎日、8kmのロードワークあり。
身体の燃焼を上げ、血液や細胞の入れ替え、そして排毒を促す。


     IMG_6578


一日のスケジュールは、というと。

・ 朝7時半に、体操 
      フットマッサージ、ヨガのリラクゼーション、西式体操

・ 10時に、一日の最初のお茶
         梅醤番茶、ごま塩を足したお茶、番茶+レモン、
         薄めた玄米コーヒーなど

・ 各自、カルテの記入
     出された食事、尿や排便の色・回数

・ グループ・カウンセリング

・ 講義

・ ロードワーク (1時間半~2時間)
  
・ スープ (玉ねぎ、にんじん、大根などの具入り、少量の塩)

・ 休憩

・ 午後3時に、料理の講義

・ 呼吸法・瞑想

・ 飲み物一杯
 
・ 午後5時半から、食事

・ 自由時間、カルテ書き

・ 就寝

こんな感じで過ごしたtamachanは、さすが沢山たくさん、いろんなことを学んでこられたの。
それを、惜しみなくシェアしてくださったの。(愛)

貴重な学びは、次回にて。
[PR]
by senrufan | 2012-02-26 13:05 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/17869925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2012-02-28 14:43 x
ひょー味の素の鶏ごぼうチャーハン懐かしい!私も好きでした!そしてこのアメリカ製品も美味しそうではないですか!

お友達の貴重で興味深い体験記、楽しみにしています。
Commented by 初音 at 2012-02-28 15:20 x
こんにちは♪
雪が降る予定の^^東京でーーす!
私は、ドジって駅の階段から落ちちゃってぇ~^^;
あ!骨は大丈夫でした!!痛さで動けないので、miyukiさんの
小説?論文?のような素敵な文章の世界を思いっきり堪能できまする♪(*^^)v
Commented by ノンノン at 2012-02-29 02:35 x
うう、「ヤサイご飯」って訳されてしまいましたか。
日本が誇る「炊き込みご飯」様に、なんという大雑把な所業(泣)
それを訳したアメリカ人君、ちょっとそこへ座りなさい 笑。
Commented by Miyuki at 2012-02-29 10:23 x
*マミィさん
なんと、マミィさんもお好きでしたか! 同士、同士! これもなかなか侮れない味で、嬉しいんですよ~♪

良いこと、沢山教わりました。でも実行はとても無・理ーー……
Commented by Miyuki at 2012-02-29 10:24 x
*初音さん
先ほど初音さんブログにおじゃましてきたところです~。
なんとまあ、お辛いことに……! ケガだけでなく……!(あ、怒りが)
ううう、せめて慰めになるような面白い日記を書くようにがんばらねばーー
Commented by Miyuki at 2012-02-29 10:27 x
*ノンノンさん
そおなんですよ、ヤサイご飯って、どこがやねんっ!
なのに、なぜ英訳がFried Rice。そして中身もFried Rice。
まあ、今日のところは、これぐらいにしてやろう。(思いっきり上から目線)(私が英語にケチをつけられるなんて、こんな時ぐらいしか)
Commented by ノンノン at 2012-02-29 11:05 x
あ、そうか!
「ヤサイご飯」ってコマーシャルで言っておいて、その上で商品名で「焼き飯」って言ってるんですね。
「ヤサイご飯焼き飯」なわけですね。
えーっと、ヤサイご飯焼き飯ってなんだろ??? ん?
もとの日本語にリバース翻訳不可能なぐらい変わってる 笑。
あー、「炊き込みご飯」様、ごめんなさい。でも、面白すぎる!
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-02-29 14:30
私も時々断食をしますが半断食の部類に近いですね。
物を好く噛むのは正しいです。
200回はやりすぎかな?
ふふふ
50回噛めばすごいですね。
結構早く飲み込んでしまいますから
やってみてはいかがですか。
ふふふふ
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2012-03-01 09:49 x
*ノンノンさん
わははは、そです、そんな感じで、日本の方には「???」
でも日本は日本で、欧米の方が「???」な和製英語を沢山生み出してますからね~(笑)
いやいや、ほんとに面白いです。でもって、お手軽でなかなか侮れない味。
やっぱりいいですよね、トレジョ♪ あ、また和製略語が。
Commented by Miyuki at 2012-03-01 09:50 x
*Kawazuさん
時々実行されているとは、さすが先生です!
これ以来、時々チャレンジしているのですが、どうがんばっても、せいぜい100回……修行が足りませぬ(くちびるを噛む)
せめてスマイルでごまかそう……って、無理だろう。


<< 引き算にて、足るを知る (後) ヨシダシャノンちゃん 癌治療の... >>