夢は儚くもあるけれど

「打つ前に私は失敗を考えない。
片鱗でも考えた場合、脳裏に失敗の設計図が定着する。
出来上がる建物は、設計図通り」
    ----- ミッキー・ライト
        (アメリカ人、プロゴルファー、1935年2月14日生まれ)



おいしい店との付き合い方。 : 食堂のメニュー、レストランのメニュー。

レストランに行く時、特に初めてのお店に行く時、メニューを見るのが、とても楽しみで。
どんな内容なんだろう、と、わくわくしてしまうんですね。
加えて、ウェイトパーソンが説明してくれる、その日のスペシャルなどがあれば、また嬉し。

メニューは勿論、サーブしてくれる人との相性も、そのサービスの内容も。
そのお店がお気に入りになるかどうかという点で、とても大切な要素であることは、私ごときが申し上げるまでもありませぬ。

先日、eatSFOさんのレストラン訪問記を拝読して、そんなごく当たり前のことを、もう一度しみじみ思ったりしたのでございました。

* * * * *

【レストラン】

IMG_6539

ずっと前から憧れていたレストラン、というものがあったりする。
ベジィになってからというもの、憧れるレストランも、随分と色を変えたけど。
そこは、それより何年も前から、だったので、ベジィとは全く方向の違える場所なれど、憧れる気持ちだけは続いてた。

メニューがちょっと特別なことと、Webサイトがない為、どんなお店かイマイチ把握しにくいことがあって、なかなか実現できずにいたけれど。
同時に、それだけ憧れていた店であるが故に、そのまま憧れにとどめておいた方が、と思わされるような出来事も幾つかあったりして。

しかし、友人夫妻2組とご一緒できることになったおかげで、とうとう訪問叶ったその場所は。
サンフランシスコにある、スフレメニュー専門のレストラン、であったのだ。




     IMG_6543

うちの名前で予約しておいたので、現地には20分以上前に到着したんだが。
この日に限って、駐車の神様が降りてこられず、駐車スペースを全然見つけられなくて。
大汗かいて到着した頃には、すでに予約時間を15分ほど過ぎていて。
お待たせしてしまった皆様には、本当に申し訳なく、平謝り。幸先に暗雲が見えたのだ……

ぜーぜー言いながら入った店内は、想像よりずっと、こじんまり。
我々の6人掛けテーブルが、どんと中央にあって、その周りは2人掛けか4人掛けのテーブルが、少数ずつあるだけの、ごくごくアットホームな空間。


IMG_6542

メニューを見て、ようやくこちらの内容がわかったよ。
スープにサラダ、前菜があって、それからEntrée Souffléが並んでる。

メインのスフレは、2人用サイズとなっていて、Leekやカリフラワー、ほうれん草など、いろんな種類が用意されている。
お値段は大体$33ぐらいから、一番高いロブスター(時期による)は$60。
どれにするべきか、大いに迷う。というか、皆さん謙虚で主張されないので、なかなか決まらないのだな。(わはは)
とりあえず、ラインナップから2つを選択。

Dessert Souffléはあとで、と思ったら、ウェイトパーソンのおじさまが、注文を受けてから2時間以上かかるので、今注文しておかないと、とおっしゃって。
これまた、なかなか決まらないタイムを経て、なんとか同時に注文したよ。


     IMG_6544

さて、メインスフレが来るであろうまでの2時間は、まずはワインで乾杯から。
ワインに詳しいご夫妻が、おじさまと相談した上で選んでくださったのが、ボルドーの白ワイン。ワタクシ、ボルドーに白があることすら知らなかったド素人でございます。

そんな「豚に真珠」なヤツでも飲んでみたらば、あら、甘めで美味しい。
なんというか、コクと適度な重さがあるのだけど、後味がすっきりしてて、これは好きだなあ。

このワインを選ばれた理由は、メインスフレで頼んだブリーチーズに良く合うから、ということだったのだけど。
この甘さにあとで助けられることになろうとは、乾杯の時は予想していなかったのだ……


IMG_6548

スープを2種類、皆で分け合って。
こちらは本日のスープで、Cauliflower Purée
塩味はしっかり目だったけど、舌触りが滑らかで美味。


IMG_6547

こちらは、スフレと並んで看板であるらしい、Onion Soup
日本で言うところのオニオングラタンスープで、上にはチーズが贅沢に。
悪くはないけど、玉ねぎ自体の甘味と旨味が足りず、イマイチな感想。


IMG_6550

サラダも同じく、2種類。
カメラマンの腕のせいで(はーい、私でーす)、ボケ写真だけど、こちらはSpinach with Goat Cheese

クセのあるチーズが大好きな私は、山羊チーズも勿論好物なのだけど、これはゴートっぽい味があまりしなかったの。
私が自分のお皿に取り分けた分に、ゴートチーズがあまり入ってなかったのか、そういう種類なのか、それとも削って軽くしてあったからなのか。


IMG_6554

もう一つは、Belgian Endives with Roquefort
エンダイブにロックフォールチーズをのせて、塩・胡椒とドレッシングを効かせたもの。

1枚1枚に沢山のせてくれているおかげで、ロックフォールの味がしっかりと。
この盛り付け方、いつか真似してみたいもの。


     IMG_6559

さて、メインのスフレ2種類が、同時に運ばれて来ましたよ。
Brie & Broccoli、そして、Prosciutto & Mushroom
これが噂の、これが長年知りたかった当の、みたいな感慨にふけったり。(3秒間)


IMG_6562

かなり大柄なおじさまだったので、皆に取り分けてくれる手も大きくて、スフレが可愛らしく見えるよね。
スフレが入った容器は、うーん、直径20cmぐらい?
でも、ふわふわスフレにおじさまがスプーンを入れると、しゅわん、としぼむので、実際のかさはそれほどでもない。
プロシュートの方は、上にどっさり乗せられたプロシュートも、一緒にサーブしてくれたよ。


     IMG_6566

念願のスフレ、どきどきしながら口に運んでみた。

あまりのしょっぱさに、別な意味でのショーゲキを受けました。

待て待て、ちょっと待て、落ち着け自分。
と言い聞かせながら、二口・三口と食べ進もう……とするんだけど、いやはや、これは相当だ。
私だけかと思いきや、向かいのお嬢の顔もこわばってる。

頑張って食べるうちにわかってきたのは、これはプロシュートが元々塩辛いのに、生地にもきちんと味をつけてるせいなのかと。
プロシュートが入ってない、マシュルームとスフレだけの部分は、味が濃いなりになかなかなのに、何とも勿体無い。

おかげで、ブリーチーズとブロッコリーの方まで、かなりの塩辛さに感じられ。
や、勿論、プロシュートよりは、ずっと良かったんだけどね。
ブリーに合うから、と薦めてもらったワイン、別な意味で良く合ってたよ。甘さで、塩味緩和だよ。

しかし、生地はさすがだなあ。
具が入ってるから、デザートスフレよりは重いのだけど、ふんわり空気感が嬉しい仕上がり。
バターの香りも豊かで、フレンチ感いっぱいで、これは立派な主菜だね。


主菜が終わり、残るはデザートのみ、になったところで、ぽっかりと空いた数十分。
話がはずむカップルやグループなら、これもまた楽しい待ち時間であろ。


     IMG_6570

大人数だったおかげか、キャンドル付で運ばれて来たデザートは、White Chocolateのスフレだよ。
ホワイトチョコのペレットが沢山のっていて、一面のパウダーシュガーが美しく。


IMG_6571

スプーンを入れた時のしぼみ方は、メインのスフレの倍近く。
そらそうだ、あちらはもっと具が入ってるもんね。

その分、口当たりの柔らかさと口どけの良さも素晴らしく、airyという言葉がぴったり。
メインから推して覚悟(?)していた通り、しっかりとした甘さの上、ペレットが加わって、全体として、かなり甘いデザート。
強めのブラックコーヒーで、甘さを抑えながらいただいた。


     IMG_6567

長くかかるとは聞いてはいたけれど、トータルで4時間ぐらいはかかったかな。
客数もそれほど多くないのに、どうしてここまで焼くのに時間がかかるのかなー、と思っていたら、厨房をのぞいた時にわかったよ。

このお店、奥がキッチンになっていて、化粧室に行くには、キッチンを通っていかなければならないので、その時に垣間見えた光景は。
ええと、ここは一般家庭のお台所?と思うぐらいにこじんまりしてて、作っているのもシェフが一人と、あと2人ほど。
この広さなら、オーブンが一台ぐらいかもしれないし、それで一つ一つ焼いていくのだとしたら、時間がかかるはずだよなあ。

その、当のシェフのJacqueline Margulisさんは、笑顔が優しいおばあちゃま。
通り過ぎる時に、恐る恐る声をかけてみたら、威厳のあるお声で答えてくれて。
大きいスタンドミキサーの前に立つジャクリーンさんの横には、何十個あるのかわからないほどの、山盛りの卵の殻が入ったボウルがありました。


そして、コースで数時間かかるということは、それだけお客の回転が遅くなるわけで。
我々は5時半スタートの予約だったのだけど、終わったのが9時半過ぎ。
ということは、せっかくテーブルが空いたのに、これから来るお客さんは、コースで頼むのは難しいであろ。
閉店時間が11時と遅めなのは、そういう理由もあるんだろう。

だから、気軽にお客様を入れられない、というのは良くわかったのだけど。
有名店だけあって、頻繁にお客さんがいらっしゃったし、タイミングが良い時は、予約なしでも、にこやかに招き入れていたのだけど。

ただ、残念ながら断る場合。
その断り方が、けんもほろろと言いたくなるようなものであったり、人によって対応に差が見えてしまったりした場合は、たとえ自分に対してでなくても、しかめっ面にならずにはいられないのだな。

そうやって断っても問題ないぐらいに、大勢の人が来るお店ではあるのだろうけれど。
長い間抱いていた憧れが、スプーンを入れたスフレのようにしぼんでしまうのは、決して嬉しいことではなかったよ。


     IMG_6568

訪問前から微かに感じていた、不安めいたもの。
憧れは憧れのままで置いておくのが良い、と思う場合もあるけれど。
それでもやっぱり、こうやって実際に行けて良かった、と思うんだ。
付き合ってくださったご夫妻達に、感謝の気持ちでいっぱいだ。

レストラン情報に疎い、というか、偏った分野しか見ない私には、このエリアでの”憧れ”のお店は、今は特に思いつかないけれど。
大好きな友達や家族と、思いっきり楽しくおしゃべりできて、美味しいご飯がいただける場所。
そんなお店に出会える時を歓迎できるよう、いつでも両手を広げているんだよ。


Cafe Jacqueline
1454 Grant Avenue
San Francisco, CA 94133
[PR]
by senrufan | 2012-02-14 17:47 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/17812547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ノンノン at 2012-02-17 00:43 x
Miyuki さん、こんにちは。

先週末、ランチに行った地元のフレンチベーカリーレストラン、素晴らしかったんですよ! 
キャッシャーでお会計を済ませてテーブルで待つシステムで、お値段もキッシュとサラダとかパニーニで8ドル50セントとカジュアルな感じ。せっかくだからと焼き菓子も買って、メインの後に食べようとしてたとき、ウェイトパーソンのお姉さんがメインのお皿を下げてくださった。そのお皿に乗っていたフォークとナイフを取ろうとしたら、「新しいシルバーウェアお持ちしましょうか?」。
すごーくわかりにくいロケーション、というか、こんなところに本当にレストランあるかしら?と不安になるようなロケーション(笑)なのに、お客さんでいっぱい。その理由、わかる気がしました。
Commented by Miyuki at 2012-02-17 13:32 x
*ノンノンさん
こんにちはー!
おおおお、それですそれ、そおゆうエピソードが嬉しくて心に残るんですよね!
もちろんタイミングあってのことですし、たまたまその時にいたお店の人にも左右されることなので、一回で決めてはいけないとわかっているのですが、どうしても第一印象は大きくて。一期一会、なのだなあ、といつもしみじみしちゃいます。
って、お店ばかりに言ってちゃいけませんね! 自分もその心がけでいなくては。
しかし良いですなあ、フレンチベーカリーですか~。ううう、そういうお店のクロワッサンが食べてみたいです~~。
Commented by Hiroko at 2012-02-17 14:59 x
サカキシンイチロウの秘密ノート凄く面白かったです。(Miyukiさんのブログで、他の人のブログ?を褒める無礼者。)どんなに美味しいものでも、待たされる時間が長いと、テンションが下がりますよね。特に私のような食事とワインペアリングが出来ない、食事中心で、ワインは二の次で良い人間にとって、待たされる時間=苦になってしまうというか。空腹は立腹というか。何はともあれ、Miyukiさんのレストランレポは、実は夫も毎回楽しみにしているので、これからもどーぞ宜しくお願いしまーす!
Commented by coquille at 2012-02-18 03:29 x
パリにもヴァンドーム広場の近くにスフレ専門店があって、憧れを持って出向いた日を思い出しました。
味が濃いのは昔ながらのレシピだからでしょうかね。最後のほうを読んで、自分も行ってみたくなりました。
Commented by Miyuki at 2012-02-18 15:30 x
*Hirokoさん
私も面白かったですー! 前後のエピソードも色々勉強になりました♪
わははは、空腹は立腹、至言です! そうなんですよね、あの待ちの時間の受け取り方は、一緒に行った人との相性にかかっているというか。私はお酒がなくてもおしゃべりで酔えるヤツなので、待ち時間はむしろ歓迎なのですが、それでもこちらのお店は、皆さん、しっとりとされているお客様ばかりだったので、私一人が騒ぐわけにもいかず~(汗) ええええ、旦那様もですか!? そ、そんな時間の無駄はいけません! と言いつつ、尊敬するHirokoさんに言われてしまったら、がんばらねばなりません。これからも遊び歩かねば!(殴)
Commented by Miyuki at 2012-02-18 15:32 x
*coquilleさん
そうですか、さすが本場、やっぱりそういうお店があるのですね~♪
昔ながらのレシピ、その通りだと思います。今ではフランス料理も随分と変わってきているのだと思いますが、異国で忠実に守っているお店というのが、また素敵ですよね~。
Commented by eatSFO at 2012-02-18 16:07
あ、リンク貼って頂きましてありがとうございます。光栄ですわ。
shinaさんの記事で拝見して暫くスフレ食べたい病に取り憑かれまして。同じく取り憑かれちゃった友人が別のお店ですがデザートにスフレをオーダーなさったのを一口頂き満足していたのですがまた食べたくなりました。
こちらは職人気質なお店ですね。本物の寿司よりカリフォルニアロールの方がうける世の中ですから、きっとこちらのは超本番なんでしょうね。
Commented by Miyuki at 2012-02-19 09:41 x
*eatSFOさん
無断リンクで申し訳ありません! とてもタイムリーな記事を、ありがとうございました~vv
スフレってなんというか、永遠欠番のようなメニューですよね。卵の力だけで膨らませる、なんとも贅沢な一品。シフォンやデザートスフレは良く出会えますし、自分でも作れますが、こういう塩味スフレはなかなかねえ。
職人気質、正しくそんな感じでした。プライドが高いのは、そういうところからきているのかもしれません(笑)


<< 良いとこ取りには理由があり 私を聴いて、私と歌って (2) >>