背負う荷物は誰ゆえに

「軽い荷物にしてほしいと願ってはいけない。強い背中にしてほしいと願わなくてはならない」
    ----- フランクリン・ルーズベルト
        (アメリカ人、政治家・第32代大統領、1882年1月30日生まれ)


「自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、後ろめたく思う必要はありませんよ。サボテンは水の中に生える必要はないし、蓮の花は空中で咲かない。シロクマがハワイより北極で生きるほうを選んだからといって、誰がシロクマを責めますか」
          梨木香歩著「西の魔女が死んだ」より

いじめを受けて苦しんでいた主人公のまいに、おばあちゃまが言ってくれるこの言葉は、本当に胸に染みました。

ですが、この言葉を、素直に自分に言ってあげられない時があるのです。
逃げてない? 本当の問題から、目をそらしているだけじゃないと言い切れる?
楽になりたい、と思いながら、自分に問いかけてしまう時があるのです。

問題を直視せず、掘り下げることもせず。
それは、その時は楽になっても、結局先延ばししているだけで。
たとえば心の病の場合、治癒する為には、罹っていた時間の、倍の年数が必要なように。
先送りになればなるほど、問題は大きくなるばかり。

かと言って、それが本当に必要なことなのか。避けずに受けるべきものなのか。
まず考えるべきなのは、”避難”と”逃避”の間の線引き、だとしたら。

それは果たして、自分一人で判断できるものなのか、とも思い。
こういう時に相談できる友人がいることに、目を瞑って感謝して。
彼女達のことも背負えるだけの背中になりたい、と願うのです。


話は変わって、お嬢にルーズベルト(FDR)の言葉について話したところ。
彼女が忘れられないFDRの言葉とは、以下のものだそうですよ。
中学の修学旅行で行った、ワシントンD.C.にあるFranklin Delano Roosevelt Memorialに飾られた言葉です。

“I have seen war. I have seen war on land and sea. I have seen blood running from the wounded. I have seen men coughing out their gassed lungs. I have seen the dead in the mud. I have seen cities destroyed. I have seen 200 limping, exhausted men come out of line—the survivors of a regiment of 1,000 that went forward 48 hours before. I have seen children starving. I have seen the agony of mothers and wives. I hate war.”
          ― Franklin D. Roosevelt

* * * * *

【買い物】

IMG_6386

サンフランシスコで、「今、Missionエリアが熱い!」みたいに言われて、続々と新しいお店が建っているのは、エリア全体が再開発されているから、らしいのだな。
あのベーカリーあのカフェなど、好きなお店が何軒もミッションにあって、確かに何回も行きたくなるエリアであるのだな。

で、どうせなら、良い雑貨屋さんに会えればなあ、と思ったので。
Four Barrel Coffeeに行った時、ゆみたちさんにお付き合いいただいて、しばらくお散歩してみたよ。
一人でぶらぶらするのも好きだけど、大好きな人と一緒だと、もっと世界が輝いて見えるよね。(ぽっ)

以前のFilmoreHayesに引き続き、Valencia Streetの、ほんの一部(ここ重要)のお店の記録だよ。




1. Alternative Design Studio - ADS Hats (HP

IMG_6374

あいにくお休みだったので、店内には入れなかったのだけど、ウィンドウに並んだ帽子や服が可愛かったの。
ローカルなデザイナーの作品を置いている、というこのお店、今度は中まで入りたい。


     IMG_6375


2. The Voyager Shop (HP

     IMG_6384

個人的に、すごく気に入ったお店。
洋服やバッグも良かったけど、ワインやコーヒーグッズが色々あって、楽しかったのだ。


IMG_6383

中でも、なぜかこのヤカンに一目惚れ。
欲すぃいいぃぃ、と身悶えしたけど、$140じゃあダメダメです……
そしたらお店の人が、「これは日本製なのよ」ですって。だったら、日本でもっと安く買えるかなあ。(一筋の希望)
こんな風に写真を撮らせてくれて、とても優しいお姉さんでありました。


3. NO Shop (yelp

     IMG_6385

洋服がいっぱいあるー、と思って入っていったら、古着屋さん。
天井までぎっしり並んだヴィンテージ服と、アングラっぽい店内が、良く合ってたよ。


4. Taylor Stitch (HP

     IMG_6387

NO Shopはレディース用だけど、こちらは紳士服。
ハンドメイドのオックスフォードシャツにジーンズと、質の良いメンズトラッドは好きだなあ。
たまにメンズやボーイズの服を買ってしまう私には、なかなか魅力的なお店……だったんだけど、シャツ1枚が$120以上な時点で、サヨウナラ。(涙をふきながら)


5. Painted Bird (HP

     IMG_6388

ウィンドウの過激なマネキンに惹かれて(えっ!?)、いそいそと入ってしまったよ。
いろんなブランドの服が並んでる古着屋さんで、お手頃価格のものも色々あって、迷うことしばし。


6. Gypsy Honeymoon (HP

     IMG_6390

看板らしい看板が出てなくて、一瞬わからなかったのだけど、入ってみたら、すごく良い感じの雑貨屋さん。
アクセサリーから大型家具まで揃えている上、高い天井の店内が素敵なの。


IMG_6389

アンティークのものが沢山あって、ヨーロッパ由来のものも多くてね。
古いティーセットやオーナメントなど、家に置けたら嬉しいなあ、と思うものが色々と。

店内奥には大きな鳥かごがあって、インコが2羽いたんだよ。(歓喜)
でも私が近づいたら、思いっきり警戒→のけぞり→飛んで逃げる、のフルコースをやらかしてくれたので、あえなく退散したですよ。(ハートぶれいく)


7. Arizmendi Bakery (HP

     IMG_6391

えーっ、あのベーカリーのミッション店、ここにあったのか!
って、2~3度前を通ったこともあるのに、ほんとに方向感覚がないワタシ。(恥)
大好きなベーカリーとの再会に、大喜びで入店したよ。


IMG_6392

そうそう、オークランドバークレーも、こういう並べ方なんだよね。
お気に入りだったEnglish MuffinとChocolate Brioche、そしてWolverineを購入。
こちらのパンは、全部がもちもち系生地。ブリオッシュでさえもちもち生地で、これがまた好みなんだよねえ。


     IMG_6393

店内で売ってた、こちらのジャムが気になって。
オーガニックで、ちょっと珍しい組み合わせで、しかも余計な添加物は無し。
今度来る時には買ってみたい、と思ったり。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

Four Barrelは、Valenciaと16thの交差点の近くなので、16th Streetもちょっとだけ。

1. Candystore Collective (HP

IMG_6379

洋服とアクセサリーが並んだ、モダンなブティック。
なのだけど、店名の通り、レジの後ろにキャンディの瓶が並んでて、可愛いの。


IMG_6377

こちらのお姉さんもとても良い方で、店内撮影もOK。
ストールもジーンズもジャケットも、良い物が沢山あって、見ているだけでも楽しいよ。

なんとローチョコレートが売っていたので、思わず購入。
その隣にSFのガイドブックがあったので、そちらまで思わず購入。


IMG_6378


2. BellJar (HP

     IMG_6380

こちらのお店も良かったよー。
ちょっとゴシック調で、黒白・オカルト風味の雑貨があれこれと。
内装がまた面白くて、アンティークなバスタブを使ったコーナーがあったりね。

良い感じのロングスカートがあって、うううむ、と悩んだけれど、この場は泣く泣く諦めた。
で、いまだに、うううむ、と思ってる。(もう売り切れだよきっと…)


3. The Monk's Kettle (HP

     IMG_6381

ゆみたちさんと、すごくすごく気になったレストラン。つか、パブなのか?
外に貼ってあったメニューを見たところ、ビールやエールとのセットメニューが並んでいたんだよね。

窓からのぞきこめば(危)、テーブルの上には山盛りお料理のお皿が。
行きたいね、気になるよね、行きたいよね、を連発しつつ、時間がないので諦めた。
ここはぜひとも来てみたい。今度の女子会は、ここでどうだろう。

(追記:後日訪問した記録は、こちらです)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

ところでミッションといえば、以前は「暗くなってからは歩かない方が良い」と言われていた場所で。
それがこんな風に、すっかりオシャレになったことに、まずびっくり。
これなら安全になったのかな、だったら、住んでる人達も嬉しかろう、なんて思ったのが、素人=ワタシのアサハカさ。

開発が進んで、高級なお店が並んだせいで、土地代はぐんぐん上昇の一途。
おかげで、昔から住んでいる人達で、家賃を払えず、立ち退かざるをえない人も増えているんだとか。

そしてまた広がる、米国のEnvironmental Racism、という過程を、今目撃しているのかもしれません。
[PR]
by senrufan | 2012-01-30 10:04 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/17709594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by lizzyco at 2012-02-01 15:12 x
>彼女達のことも背負えるだけの背中になりたい、と願うのです。
みゆきちゃん、これ、なんだか泣けたわ。ぶわーって涙があふれて来た。あなたの愛がね、こぼれているお言葉だと思ったわ。

本当に本当に。線引きが難しいよね。でも、取りあえず、非難してから考えてもいいんだよね。その方がゆっくり良い答えを導きだせる時があるもん。で、「逃避」だったな、と思えば、また戻ればいいのかもしれないよね。・・・と、自分に言ってます。はい。おばあちゃまの言葉のままに。・・・を合い言葉に。
Commented by ノンノン at 2012-02-02 01:54 x
Miyuki さん、こんにちは。

「西の魔女が死んだ」私も読みました。最後の1ページで感動して泣きました。

最近思うんですけど、人って楽器みたいだなって。バイオリンはどんなに頑張ってもチェロにはなれないし、チェロもどんなに高音がきれいだなって思ってもバイオリンにはなれない。自分がどんな楽器なのかを知って、その楽器で奏でられる最高の音を出せるように考えていくことが大切なんじゃないかしら、と。さらには、同じバイオリン奏者でもクラシックで素晴らしい人と、ジャズで聞かせられる人がいるけれど、ジャンルにもその人ごとに一番生き生きとできる領域があって、自分にとってそれは何なんだろうと、ああかな、こうかなと、やってみることなのかなぁって。
Commented by かん at 2012-02-02 03:55 x
人生色々、人それぞれです。だから、逃げない人生もいい。でも、逃げれるのなら、それもいい、と思います。「三十六計逃げるに如かず」です。(笑)
ただね、自分の限界を知ってそれを超えようとすることで、自分にひずみがでたり、自分の大事な人たちに悪影響がでるとき、果たしてそれが逃げていないからいい、かどうかはやはり?であるわけで。
逃げる、諦める、認める勇気も人生には必要です。結局、自分が納得して、それを認めてくれる人間が居れば、それでいいのです。

人は人でしか癒されない。だから、Miyukiさんのような姿勢は凄いと思うし、そういう人とお友達であることに感謝します。どうもありがとう。
Commented by Miyuki at 2012-02-02 11:50 x
*lizzycoさん
願うだけならいくらでも、なのに、いつまでたってもとほほですう~~(涙だーだー) 愛してるよー、と伝えることはできるようになったんだけどねえ。

そだね、答えを出せなくてそこで立ち止まるよりは、まずは避難という形でも、その場を動かしてみる、という見方ができるよね。そして、間違いだったと思ったら、認めて戻れる勇気。なんて、おばあちゃまの言葉を聞いていると、そんな堅苦しく考えなくてもいいのかなあ、なんて思えるね~(笑)
Commented by Miyuki at 2012-02-02 11:55 x
*ノンノンさん
読まれましたか~。本当に良い本ですよねえ、これ。私も何度もほろっときてしまいました。

そしてそして、素晴らしい例えをありがとうございますー! そうそう、そうなのそうなの、とぶんぶん頷きまくってしまいました。オケに所属していた私には、この上ない例えでございますよ~vv オケの良いところって、自分でも試行錯誤するのですけど、他からも色々批評がもらえるところですよね。きちんと聞く耳を持っていれば、空回りせずに自分の道が見つけられる可能性が大きくて。自分本位でなく、他人任せでなく、「選んだ」と言えるものを見つけていきたいですね~。
Commented by Miyuki at 2012-02-02 12:00 x
*かんさん
かんさんも、やっぱりさすがだなあvv そうですよね、頑張ろうとすること自体は良くでも、それがトラブルの種になるなら、本末転倒かもしれないし。
おっしゃる通り、どんなことでも「勇気」なんだなー、と思います。突き進む勇気、だめだと認める勇気、知らない世界に入っていく勇気。そして、自分はこれでいいんだと胸を張れるのも勇気ですね。

いやいやいやいや、願ってるだけで叶えてないから~~(泣) でもかんさんのようなお友達が見本になってくれるから(マジ)、へっぴり腰でも進めるのだ。ありがとうー!
Commented by まきりん♪ at 2012-02-02 13:53 x
お帽子やヤカン!(むしょうヤカンに惹かれる私です)アンティーク・ショップなど立ち並ぶベイアリアは、さすがおしゃれな雰囲気ですね~カナダの田舎とは古着屋の質が違いますもの。

それにしても、Miyukiさんのこのレポ、ブログだけで公開ではもったいない!ネット用の取材記者、どですか?
Commented by tamachan at 2012-02-02 16:41 x
みゆきちゃん、あなたの背中が大きく見えましたよ。
私が読んだ本に「自分を愛してあげないと、人を愛することはできない」とか書かれたものがあったのです。要するに自分がハッピーであれば自然と周りにハッピーのお裾分けが押しつけでなくできる余裕ができるのですね。
その都度自分が心地よいと思う選択をしたらいいのですよ。
(そうは言っても悩むけどね)
私はしっかりみゆきちゃんから幸せのお裾分けしてもらっていますからね。もらいっぱなしでごめんよ〜。今の私はケセラセラ。
Commented by kako_usa at 2012-02-02 21:40
Miyukiさん、こんにちは~私の住む街は道一本で天国と地獄(ダウンタウン寄り)に分かれます。Environmental Racismによって地獄がSFの高級住宅街のようになって欲しいです。だって、開発次第では可能な佇みなんです。本当にもったいない。。
冒頭のお話は難しいですね~ちょっと話がズレますが、お金持ちの人や企業経営者の人は聞き上手な方が多く、公演・講義など色んなところに顔を出すというコラムを読んだ事があります。そういう人になれとは言いませんが、人一人の言葉を一つの情報・考え方として客観的に受け入れられるような子になって欲しいな~と思うのですが。。。やはり親次第ですよね。私ががんばらないといけないですよね。最近かなり娘が私をガン観してマネするんです(苦笑)いつも貴重な話題を提供してくれてありがとうございます。立ち止まって皆さんのコメントを読むと勉強になります。
Commented by ノンノン at 2012-02-02 22:37 x
>自分でも試行錯誤するのですけど、他からも色々批評がもらえるところですよね

そうそう、音楽ってそうですよね。あんな音が出したい、こんな音かも、とかいろいろ考えて、テクニックを磨き、練習方法を考え、っていう「個人練習、個人試行錯誤」の部分がまずある。それを人前で演奏してみると、いろいろコメントがもらえる。アドバイスももらえるし、「こんなところいいね~」って自分で思いもしなかったところが実はよかったことに気づいたりもする。なるほど~と思いながら、またああかな、こうかなをやってみる。そしてそして、自分とは違う楽器と合奏してみると! ハーモニーっていう単体では出せないものが生み出されて、わぁぁぁなんてきれいって。
Commented by ricomame at 2012-02-03 09:01 x
いや~、Miyukiさん偉い。私なんて人に背をわせてばかりで、、。
せめて手を差し出して、ちょっとでも支えることができたらよいですよね。あ~、このミッション地区レポみてたら行きたいお店だらけ!超行きたい~。チーズ食べに行こう!(笑)
Commented by Miyuki at 2012-02-03 09:56 x
*まきりんさん
ね、ね、このヤカン、可愛いでしょう? シンプルなのに、妙に心が惹かれてやまないのでございます。サンフランシスコのお店はさすがですよね~。同じベイエリアでも、やっぱり別格です。

わははは、こんな程度で取材なんて言われたら、本物の記者さん達が激怒されますわ。文章力がもっとあればいいのになー。
Commented by Miyuki at 2012-02-03 10:04 x
*tamachan
え、私の背中、大きくなった? 肉がついたかな?(殴)
うんうん、その言葉、本当に至言よね~。自分を愛するって、甘やかしそうで怖くなるんだけど、そういう意味ではないのよね。周りをネガティブな気持ちにしてしまう人も、自尊心が低いのにプライドが高い人が多いような気がするの。ほんとに難しいことだけど。
私こそ、tamachanからどれだけ幸せをもらっていることか! いつもいつもありがとね~~。昨日も貴女からの愛を噛み締めたわ。べったら漬けという名の(爆)
Commented by Miyuki at 2012-02-03 10:09 x
*kakoさん
そうそう、道一本で分かれるのが米国流ですよね。で、環境差別というのは、その地獄のエリアが開発されて高級になって、そこに住んでいた人達が更に遠方に押されて、境界線が動くだけ、ということかもしれませんね……
kakoさんのその理想、すごくすごく良くわかります! 客観的というのは大人でも難しいことですから、子供のうちに求めるのは酷ですが、それでも周囲の大人を観察して、そういう姿勢を吸収していってほしいですよね~。その前に、天動説人間=世界は私を中心に、の子供のうちに(笑)、その間にしっかり自尊心を育ててほしいなあ、ランちゃん♪
皆さんのコメントは、一言一言が正に宝です。
Commented by Miyuki at 2012-02-03 10:13 x
*ノンノンさん
そです、そです、ハーモニーが生まれた時のあの感動! その中で、ソロでも伴奏でも、自分の位置があるという充実感や、自分がピースとしてはまっているという実感が、正に醍醐味ですよね~~vv 今は音楽から離れてしまったので、そういう風に互いに切磋琢磨していくようなことがなくて。なので、周囲の友人達とのやりとりは、本当に貴重なものになってます。おっしゃる通り、ああかな、こうかな、という過程の一つ一つがとても大事に思えますね!
Commented by Miyuki at 2012-02-03 10:43 x
*ricomameちゃん
なーにをおっしゃる、貴女に支えてもらってる人間がここにおりますがな。ずっとオバサンのくせして(爆) そよね、大事な時にそっと手を出せることのできる人になりたいね~。
私も、もっともっとお散歩したいの! まだまだ良いお店がいっぱいあったのよー。チーズのお店も行きたいねえ♪
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-02-03 17:49
どんな戦争も許容してはいけません。
言葉だけでなく
本当にそう働かなくてはいけませんね。
そして
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2012-02-04 07:04 x
*Kawazuさん
本当に、本当に。
心からそう思います。
今日のこのスマイルを、明日からもずっと続けていけるように。


<< 二月は、春を待ち望む白鳥の足並で 悪魔の黒さと、天使の清さ >>