導く光を見失わないように

Martin Luther King Jr. Day.祝日で公共機関はお休み。

こういう日でないとできないこと。料理の師の一人として仰ぐ友人に頼み込み、初めてのパン作りに挑戦してみた。
材料や道具すら何を用意したらいいかわからない私を、買い物に連れて行き、必要な道具を持参してくれた先生。ありがたすぎて、もういっそのことおうちの犬になってもいい(そうすればいつもおいしい餌にありつけ以下削除)

b0059565_223170.jpg彼女が持っているパンのレシピ@フードプロセッサー使用と、私が日本で買ってきた本でのレシピ@手ごねと、二種類試すことにする。チーズ入りの食パンを作るのさ~。

まずは持参してくれたフードプロセッサーで。いきなり理科の実験で使うような温度計まで登場し、ビビらせたかと思うと、それでがががっとこねる時間は2分程度という手軽さで、またもや引きつけて。ああ弄ばれてる私…!
フードプロセッサーの中でそのまま一次発酵させている間、今度は手ごね生地の方を。これがなぜだか上手くいかん。こねてもこねても固いままで、水を数回足しても変化なし。
無理矢理丸めてレンジの発酵にかけたものの、この時点でこっちは半分諦め。

うまくいった方の生地を、やり方を教わりながら丸めたり成形させたりして二次発酵に。
もう一方は発酵を終えたが、叩こうがのばそうが柔らかさとは程遠く、残念ながらギブアップ。涙ながらに子供達のおもちゃとして提供。せめて君達でりっぱな形を作ってくれ。
あ、固くてくっつきませんか、そうですか。

b0059565_232563.jpg二次発酵を終えた生地をオーブンに入れ、じりじりと待つこと35分。見事にほかほかの食パンができあがり~!キッチン中に万歳が響きわたったのは言うまでもなく。
とろりと溶けたチーズいっぱいのパンを、みんなであっという間に平らげた。

師匠から色々と細かい注意事項もしっかり教わって、あとはあれとあれとあれが揃えば、きっと我が家でもできる!……はず。多分。(弱気)
日本で買ってきたパン少年のマンガで、すっかりパン通になった気分で盛り上がるお嬢を背後に控え、今はただ、焼きたてのあのおいしさの余韻にひたるのみ。
b0059565_23372.jpg


今日で阪神大震災から10年。お嬢が生まれて数ヶ月、当時尼崎に単身赴任していた父が、大きな被害はなかったものの、あの揺れを体験している。
7年間神戸に住んでいた私も、映像から受けた衝撃は大きく。実際に被害に遭われた人達の苦しみは、ましてや大きすぎてはかることもできない。
犠牲者の皆様のご冥福を、改めてお祈り申し上げます。
[PR]
by senrufan | 2005-01-17 03:52 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/1765511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぱんな at 2005-01-19 14:28 x
わあ、すごい、すごい。本当にフードプロセッサーでできちゃうのねっ。感動だわあ。世に希望と導きの光がさしたり~。
Commented by senrufan at 2005-01-20 01:54
世の中、ほんとに便利になってきてるんだなあと、田舎者は改めて思ったですよー。


<< 日進月歩 運命の輪があるとしても >>