引き継ぐ知恵は先人と

「現状を認識して把握したら、処理すりゃいいんだ。
その行動を起こせない奴を、俺の基準で馬鹿という」
    ----- 立川談志
        (日本人、落語家、1936年1月2日生まれ)


What Are We Eating? What the Average American Consumes in a Year
 (※諸事情により、リンクを切りました)

185ポンドの肉
31ポンドのチーズ、
600ポンドの乳製品(チーズ以外)、
415ポンドの野菜(内、とうもろこしが56ポンド)、
273ポンドのフルーツ、……

合計 1,996.3ポンド = 905.5kg

平均的アメリカ人1人が、1年に食べる量(重量ベース)、なんですって。
乱暴にくくれば、約1トンですな。

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_6287

例年、冬休みは日本滞在なのだけど、今年はこっちにいたんだよ。
年末年始を家で過ごすということは、お節料理は自分で作らなきゃいけない、という意味でもあり。(お母さーん……)
マクロビお節、3度目の挑戦となる今回は、もう少しまともなものが作りたい、と思ったの。

だから、自分一人じゃ無理、と早々に判断し。(オノレを知っている)
ここはぜひ、マクロビ仲間の皆さんに、色々教えていただきたく、マクロビお節の交換会を、提案させてもらったのだ。

仕切ってくれたのは、我らがリーダー・ゆかさん。
参加してくれたのは、tamachanかんさん、Ikuraちゃん。
総勢5名で取り掛かったのは、その名も「プロジェクトお節」(ゆかさん命名)だよ。
私達の背後にあるのは、筆書きの大垂れ幕と思いねえ。




IMG_6286

ゆかさんが毎年作られているメニューをベースにして、お重にして三段重ねになるように。
tamachan、Ikuraちゃん、私が、それぞれ3~4品を担当し、残りは全て、ゆかさんとかんさんが合同で。
大晦日の午後、我が家に集合して、一気に交換会となったのだ。

といっても、全員予定ありの大晦日なので、割ける時間は長くない。その場で、お重にゆっくり詰めながら、なんてことはできなくて。
嵐のように集合して、持ち帰り用のコンテナに、どんどん分けていく。
そして、かかった費用を申告→清算するまで、所要時間は1時間弱。
終わった時は、思わずハイファイブしそうになったです。


IMG_6289

これだけのご馳走を、どう詰めて、どういただくかは、各ご家庭におまかせ。
みんな、すっごくキレイに出されるんだろうなあ、と憧れつつ、我が家はとりあえず、お重に全種類詰める作戦で。

今まではお重がなかったので、お皿に色々盛り付けてたんだけど、今年は滑り込みで手に入ったので、せっかくだから使おうと。ええ、ダイソー製品でありますが。(そっと目を伏せる)
お嬢が手伝ってくれたので、彼女のセンスを頼りに。
ここでもまたまた、人頼り。私って、ほんとに恵まれていると思うんだ。(しみじみ)
Ikuraちゃんが、お庭の南天を持って来てくれたので、彩りアップで嬉しいね。


IMG_6305

こんな感じの、我が家の元旦の食卓。
お節の詰め方も、調べてみたら何種類もあるんだね。料理の意味は、言わずもがな。
私はゆか師匠の分類に従って、基本に忠実な今年版。

以下、三段それぞれの種類と、作ってくれた人のお名前を。


IMG_6306

一の重 : 祝い膳と口取り
かずのこ、黒豆、えびの旨煮、昆布巻き (ゆかさん・かんさん)
田作り、伊達巻 (tamachan)
ごぼうの養老煮、栗きんとん (私)

かずのこは、1つ1つ薄皮を剥いて。昆布巻きは、ごぼうと鮭の2種類で。
伊達巻は、はんぺんは避けて、白身魚と長芋を使ってくれたそう。


IMG_6309

二の重 : 焼き物・酢の物
松風焼き (tamachan)
紅白なます、花れんこん (Ikuraちゃん)
南蛮漬け、菊花かぶ (ゆかさん・かんさん)
紅白かまぼこ

松風焼きもヴィーガン仕様で、きのことれんこんが材料。
菊花は、かぶの良いのが無かったということで、急遽ラディッシュに変更。


IMG_6314

三の重 : 煮物
里芋、しいたけ、手綱こんにゃく (Ikuraちゃん)
にんじん、たけのこ、絹さや (ゆかさん・かんさん)
高野豆腐の印籠煮 (私)


使われた材料は、手に入る限りオーガニックで。
マクロビオティックなので、こういう祝いの膳では、動物性のものを摂るのも慶びで。
完成したお重を見て、思わずはらりと嬉し涙。皆、みんな、すごいなあ……(うっとり)

去年は日本でお正月だったので、マクロビお節を、オンラインで注文したんだよね。
20品あって、26,000円ぐらい、だったかな。美味しくて、メニューの参考にもなって、楽しい経験だったけど。

金額を言うのは好きではないのだけど、今回かかった材料費は、1人当たり$37という結果。
美味・安全・安心のお節が、これだけでいただけるなんて、と、さすがに全員びっくりだ。

私の場合、それにメンバーへの信頼も大きくて。
去年の個人的収穫の一つが、素晴らしいマクロビ仲間に出会えたことなのだけど。
クラブやゆんたく会を通じて、皆への尊敬の思いが、しっかり作られていたから、その彼女達に作ってもらえたということ、正に至福であるのだな。

清算の時にしみじみと言い合ったんだけど、皆、とにかく仕事が早いのね。
メールでやり取りしても、実際に一緒にいても、誰か任せの人は一人もいないのね。
かといって、自己主張ばかりというわけではなく、ちゃんと他の人が言うことを受け入れる度量も持ってるの。

あとね、「教えて~」ばかりの人もいないのね。
自分が知ってることは、惜しみなく教え合う。そして教わったら、すぐにやってみる。
こういう姿勢こそ、マクロビオィテックなんだ、ということは、何度も書いている通り。
彼女達といられる時は、いつもそれが嬉しくてならないよ。


今ではお節は、あちこちで買ったり注文したりできるし、それを上手く利用していければ、と思うのも本音。
ただ、お節って、それぞれの家の味があるんだなあ、とは、自分で作るたびに思うこと。
でも、それは手を経ていくうちに、少しずつ変わっていくもので。
母の味がベースにあって、私からマクロビ仕様になって。お嬢が自分で作るようになったら、どんな味になることか。

そうしていく為には、形にして残していくことも大切なので。
今回使ったレシピは、Googleのアレコレを使って、皆でシェアする予定になってるよ。
加えて、感想も正直に言い合おう、と。希望やアイディアを入れつつ、自分達のレシピが作れれば。

レシピだけじゃなく、皆さんの盛り付けやプレゼンテーションもシェアしたいところ。
ゆかさんとかんさんのはすでに拝見したけど、ここに載せられないのが悔しいほど、お2人とも素晴らしかったのだーー。
あ、あと今見たら、tamachanが自分のブログにアップしてくれてる!
Ikuraちゃんは、写真は撮ったかな。(わくわく)

来年、じゃない、今年の年末、またこの企画はあるかどうかはわからないけど。
やるとしたら、メンバーはどうなるか、メニューはどういうものになるか。
もしかしたら、かまぼこまで手作りになったりして。


って、今度の冬は日本行きになりそうな自分を、百万光年彼方に置きながら、楽しく考えているのであった。(殴る蹴るの暴行どころじゃありません)
[PR]
by senrufan | 2012-01-02 11:33 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/17532159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かん at 2012-01-04 13:05 x
お重のつめ方がとても可愛くて素敵でした。特に菊花ラディッシュ、こういう飾り方があったなんて! プロジェクトの素敵な紹介もありがとうございます。
そうですね、かまぼこの手作り、いいかも。(笑)
私は今年はちょっと体の調子がよろしくないときと年末が重なってしまったので、皆さんと御節をシェアできて、またそれも極上の数々をいただけて、とてもラッキーでした。本当に丁寧に作ってあるのがわかる品々ばかりで、食べただけでお料理の勉強にもなりました。
この年末は体にも出来る限り都合を考えて自動調整してもらって(笑)今回学んだ知恵を活かした御節にしたいと思います。というか、それより今回美味しかった品々を普段の食卓にも是非取り入れたいわ~!
Commented by ricomame at 2012-01-04 15:38 x
あけましておめでとうございます〜。
マクロビお節すてき! みなさんの知恵と気持ちがつまった素敵お節ですね。私もちょっとマクロビお節が気になるな〜。でもお正月のローストビーフもやめられないのですw
お重、とっても素敵に詰められていて綺麗です!
Commented by tamachan at 2012-01-04 16:32 x
お嬢ちゃんのセンスいいですね〜。もちろんMiyukiさんも。
私なんか大人数だったので詰めれるだけ詰めたって感じですよ(苦笑)
こだわりのみなさんなので、料理本当に美味しかったし安心でした。
本当にみんな手早くって、情報通で、まとまりがよくって尊敬する人達です。そんな人達とシェアできて私は幸せ者だ!と思っておりますよ。
次回のゆんたく何持って行こう?Miyukiさんと一緒で初めてレシピ?(爆)
Commented by nikkeilife at 2012-01-05 04:53
きゃあ~、これでしたか、年末スペシャル企画。羨ましい~!!こんな素敵なアイデアを思いつき、それを話し合いながら実行できるお友達をお持ちのMiyukiさんに脱帽です。ああ、勿論盛り付けセンス抜群のお嬢さんも素敵~。菊花かぶの切り方が美しい~。こんなに沢山の種類を、美味しく安全なマクロビとオーガニックなんて、もう、もう、すぐ飛んで行って押しかけたいです。来年は私ももうちょっとマクロビとベジなお節を目指してみたいです。こんなに素敵なおせち料理で年を迎えられるなんて、2012年の幸先良いですね~。
Commented by Coquille at 2012-01-05 05:59 x
あけましておめでとうございます。
海外でもお節作れるもんだんだな、と皆さんのブログを見てしみじみ思います。
600ポンドの乳製品・・・アイスクリームとフレーバー付き甘ーいミルクが殆どのような・・・
415ポンドの野菜には、ジャガイモや米などの炭水化物は込みになっていないのだろうか・・・(フランスじゃ、芋も米も野菜扱い)
等々、色々疑惑を持ってしまう数字ですね。
Commented by Miyuki at 2012-01-05 10:19 x
*かんさん
うふふ、二の重はお嬢担当だったので、彼女のアイディアです。可愛い菊花を作ってくださったかんさん達のおかげですよ~♪
手作りかまぼこ、「美味しんぼ」で読んで以来、作ってみたいと思ってるんですよ(笑)
本当に、丁寧に作られたことが良くわかる品ばかりでしたよね! かんさんとゆかさんには沢山担当していただいて、感謝カンゲキでございます。私も、とっても勉強になりましたvv 普段の食卓に、それは大事な学びですなあ。
かんさんの、寒天きらきらちらしにも目が釘付けでしたよ~。
Commented by Miyuki at 2012-01-05 10:21 x
*ricomameちゃん
明けましておめでとうございます!
マクロビお節はそうだね、知恵と気持ちの集大成だったねえ。どれも愛しくいただきました。ricomameちゃんの、洋風の元旦食卓も素敵だったよ~。
お重、お嬢が頑張ってくれたから(笑) いつかはもっと良い重箱を買わねばー。
Commented by Miyuki at 2012-01-05 10:23 x
*tamachan
お嬢、親に全く似ないセンスの持ち主なの(笑) 私はただ詰めるしかできなかったよ、たはは。
tamachanの詰め方こそ正統派。お重って、当たり前だけど大きさも選ばなきゃいけないのね、って今頃。
うんうん、その通り! 貴女を含め、すごい人ばかりだよね!
そでした、ゆんたくがあるのでした。今度はどの初めてにする?(殴)
Commented by Miyuki at 2012-01-05 10:27 x
*アヤコさん
そうです、これなのです~vv どーん!とぢまんしてみました。
言いだしっぺのくせして、私はなんの役にも立ってないのですう。ほかの皆さんがすごい方ばかりなので、こんなキレイな形になりました。彼女達と会うと、その知識と洞察力に圧倒されて、いつも知恵熱が出そうになるのです(笑) でもそれがすんごく楽しいんですよ~♪ アヤコさんこそ、お一人であれだけのお節を作られたこと、ちょーマジですごいと尊敬です! 来年はどういうお節を作られるのか、今から楽しみです。お互い、お節で勢いをつけて、空に上る辰年にしたいですねvv
Commented by Miyuki at 2012-01-05 10:32 x
*Coquilleさん
明けましておめでとうございます! 本年もよろしくお願い致します。
海外の場所にもよるでしょうけど、ここは日本の食材も有機野菜も手に入るので、ほんとに恵まれておりまして。なので、作らないと神様に申し訳ないような気になったり(笑)
わははは、その分析、鋭いかもです! 甘味料で142ポンドですもんね。小麦&シリアル(なんという分類)以外の穀物の項目もないしなあ。ポティトゥ? ベジタボー! ヘルスィー! と言う人もいるだろうし。
日本のこおゆう統計も見てみたいですねえ。
Commented by KawazuKiyoshi at 2012-01-05 14:40
あけましておめでとうございます
好い年になりますように。
娘家族がやってきて
家族の数が3倍になりましたが
食べる量は3倍どころではありませんでした。
老夫婦はただただびっくりして眺めるだけ。
平均値は当てはまりません。
ふふふ
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2012-01-06 09:04 x
*Kawazuさん
明けましておめでとうございます!
わはは、若い方々や子供達が沢山食べるのを見るのは、こちらまで嬉しくなりますよね~。
私はこれで1年以上両親に会えていないので、先生のご家族写真を拝見して、ほっこり慰めていただきました、えへ。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
Commented by aroma_tierra at 2012-01-06 21:35
Miyukiさん、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。 

素敵なお仲間がいて、羨ましいです。

こんなふうにみんなで持ち寄っておせちをシェアするっていいアイディアですね。 無駄もなく、しかもみんなで詰め合わせする時間も楽しそう・・・

今回は年末元旦も外出続きだったので、我が家はおせちは作りませんでした。^^; 上の写真を見て、来年のおせちの参考にさせてもらおうと思いました☆

Commented by Miyuki at 2012-01-07 09:47 x
*るしあママさん
新年あけましておめでとうございます!
本年も、引き続きどうぞよろしくお願い致します~。

はい、素敵な仲間です♪
あとは私が見捨てられないように、日々精進せねば。(どきどき)

お節は、やりたい・食べたいと思うものの、手間と食べる量を考えれば、かなり悩ましいですよね。
今回は量や種類の点でも、とても勉強になりました。
来年のるしあママさんのお節、今から楽しみにしておりますvv
Commented at 2013-09-19 13:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 齧って、笑って、進もうよ 一月は、幸福に酔う千鳥の足並みで >>