心身に染み渡る幸福を

「被災した人々が決して希望を捨てることなく、身体を大切に明日からの日々を生きぬいてくれるよう、また、国民一人びとりが、被災した各地域のうえにこれからも長く心を寄せ、被災者とともにそれぞれの地域の復興の道のりをみまもりつづけていくことを心より願っています」
    ----- 今上天皇
        (日本人、皇族、1933年12月23日生まれ)


Christmas present from Daichi




歌ではなく、パーカッションの音を出すボイスパーカッションは、いつ見ても&聴いても、おおぉぉ、となってしまうんですが。
更にレコードのスクラッチ音やベースの音まで出してしまうのが、Human beat boxですね。

で、これの演奏者であるヒューマンビートボクサーで、世界でも有名な日本人が一人。
現在21歳のDaichi君が、2009年、19歳の時に流したクリスマスソングメドレーの動画は、今では180万回近い再生回数を誇ります。

いろんな場所で、国境を越えて活躍していらっしゃる日本人の方々が、本当に沢山たくさん、いらっしゃって。
嬉しくて、励まされて、目を見張って、心を温められているのですが。
何よりも、お言葉の中で述べられた通り、「この深い悲しみの中で、取り乱すことなく助け合い、秩序ある対応を示して」いらっしゃる被災地の皆様に、最も励まされた年でありました。

* * * * *

【個人的事情】

     IMG_6101

マクロビオティック・クラブで知り合えた方々は、皆お料理は上手、教養深く、お人柄も素敵な方ばかりで、いやはや全くどうしよう。(にやけっぱなし)
中でもtamachanは、調理師免許皆伝の腕前に加え、海のように広く深い知識でもって、私を始め、何人もの人から、師匠と仰がれるお人であるのだな。

そこで、お友達のlizzycoさんは考えた。
こんなにすごい腕を持っているのに、皆に広めない手はないでしょう。

ということで立てられた企画が、「tamachan's underground restaurant」
lizzycoさんとricomameちゃん、そして私が、栄えあるお客様第一号として、おじゃますることになったのだよ。
折しも、世間はクリスマス。背後に聴こえるのは、ハレルヤさ。




     IMG_6102

洋食、という予告をいただいて、わくわくしながらおじゃましてみれば、なんとヴィーガンのフルコースだというではないですか。
ここですでに嬉し涙にくれた私、いかんいかん、心をしっかり持って、きちんと味わわなければいけません。

まず乾杯は、ゆみたちさんのワインで。tamachanも、あのマーケットで購入したんだよ。
うん、やっぱり美味しい、飲みやすい。ワインで勢いをつけて、さあ、いよいよ始まるよ。


IMG_6091

この愛らしい姿を見てください。
青紫蘇にのったグレープフルーツは、オリーブオイルと岩塩、胡麻をまとってる。
一口サイズなのに、美味しくて勿体無くて、無理矢理分けて食べる私達。


IMG_6100

この愛らしい姿を見てください、第二段。
ころん、ころんと丸いのは、天然酵母のライ麦パン
ふんわりしてて、ほっこり温かくて、でも噛むともっちりなパン、うまうまだーっ。


IMG_6095

ビーツのカルパッチョは、ビーツの泥臭さが皆無で、皆で驚いた一品。
下ごしらえでオレンジジュースとは、さすが過ぎますtamachanってば。
ベルペッパーのソースが、彩りも味も、更に一段上に引き上げる。


IMG_6088

豆腐を使ったChickenless Saladは、Hodoの人気のお惣菜。
だけどtamachanもricomameちゃんも、実は私も、買わないで(爆)材料だけ聞いて、家で作ってるんだけど。
tamachanのはなんと、塩豆腐(塩糀じゃないよ)を使って、ぐっと深い味わいに仕立ててる。
Arugulaの苦味とざくろの甘酸っぱさが、また良いアクセントじゃないですか。


IMG_6103

こちらは、ゆかさんのお料理教室のレシピで、Butternut squashとクランベリー、Milletのキャセロール
色合いも美しく、私の大好きなパンプキンシードがいっぱいだ。


IMG_6111

中身は、こんな風。
下にぎっしり敷かれたミレットが、ふんわり優しいお味つけ。


IMG_6106

コースだからして、ちゃんとスープも用意されてるよ。
おおぉ、と歓声を上げてしまった色は、紫芋のポタージュならでは。

素材の味をしっかり引き出せば、それだけで上等の一品になるのだけど。
tamachanが加えた一味は、身体を温める生姜だよ。
ジンジャー風味もまろやかに、激ウマのスープでありました。


IMG_6108

メインとして、どーん!と供されたのは、ミラノ風ヴィーガン・シュニッツェル
中身はセイタンなのだけど、これまた下ごしらえの手間をかけてある分、そんじょそこらのセイタン料理とは、とても一緒にできないレベル。
ハーブ風味の衣はさくさくと、うまーっ! うまーっ! と連発しながらいただいた。いや、ほんとにうまいんだってばさ。

カツの下にあるのは、きのこの塩糀炒め。
私の作る塩糀より、甘味があってんまいのだ。
そうだね、使う塩でまた味が違うよね。私も、次の塩をそろそろ考えねば。


IMG_6117

締めのデザートは、ピスタッチオのクレームブリュレに、チョコとデーツのもっふる添え。
これがまたもう、とろとろの、うまうまの、甘さぐっと控え目の、要は私の好みド真ん中。
これで終わっちゃうのね、この天国……と、最後にはちょっと涙まで。


IMG_6119

でもダイジョブだった、その後は天国第二段。
lizzycoさんがカレッジの今期を終えられて、時間ができるのを待っていた私達、待望の怒涛のおしゃべりに興じたよ。

話すタネは尽きなくて、わはは、うははと笑いっぱなしで、どんどん時間が過ぎてゆく。
特に、大阪ネタにはオオウケです。はよ食べて、さっさと出てけ、みたいな!

そして、ricomameちゃんが語るヴィーガン論に、皆も大納得の大賛成。
そうなんだよ、肉食の代替と考えるから、美味しくなくなっちゃう。
野菜が好きだから、野菜を美味しく食べる方法を考える、素材を選ぶ、食材の相性を考える。
そして好きなのは自分であって、人に強制するものでは絶対ないのだな。

そういう点から考えても、tamachanレストランは最高です。シェフ自身の心構えがそうだから。
Best Vegan food ever。ricomameちゃんの言葉に頷くよ。


IMG_6120

lizzycoさんとricomameちゃんから、素敵なクリスマスプレゼントも。お手製ですよ、お手製。
レストランのお会計もさせてもらったけど、あれだけの素晴らしいコースに、ほんとにこれでいいの?と思ってしまったよ……謙虚なんだから、tamachanったら。(感涙)

地下レストランの初回は、大成功。私達、むちゃくちゃハッピーでした。
マジで、例えばお惣菜の販売やデリバリーあたりから、始めてもらえないものか。遠方であっても通います。

tamachanレストランで食事された方には、もれなく幸せがついてきます。
そうして幸せの輪を広げることが、lizzycoさんのライフワークだそうなので、ricomameちゃんも私も、目一杯応援するのだな。
それは、tamachanのご飯がちょー美味なのは勿論として、tamachanという人が大好きだから、は言う必要もない話。


次回は懐石風で、という噂が届いた今日のこの時、舞い上がる心でクリスマスを迎えます。
大好きな家族と、大好きな友人達と、一緒にいられる幸せを。
皆々様が、どうか温かい一日をお過ごしになられますように、カリフォルニアの片隅で、心より祈ってやみません。



IMG_6114 IMG_6115

追記 : tamachanとricomameちゃんが、それぞれ記事をアップしてくれたので、
     大喜びでリンクです。ええ、無断ですけど何か(殴)

 tamachan : ビストロ タマ
 ricomameちゃん : 素敵なヴィーガンランチ

[PR]
by senrufan | 2011-12-23 15:56 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/17435488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ricomame at 2011-12-24 18:06 x
Miyukiさん、
この日は本当に楽しかったです。そしてMiyukiさんとlizzycoさん、Tama-chanに会わせてくれてありがとう!みなさんのおかげで本当に美味しくって楽しい時間を過ごしました。あ〜、幸せだった!会席、、いいな。私も食べたいです〜。
Commented by こっぺ at 2011-12-24 23:41 x
はああ、羨ましくてため息。美しいですね。
そうなのですよね、好きでなければ。理屈はあとからで、自分が気持ち良くないとね。人にご馳走してもらうヴィーガンは心から美味しいと思うのだけど、自分では作れないんです。
このブログで羨ましい、いいな〜と何度も思いますけど、自分がやってみるとまずううい。涙。
Commented by Miyuki at 2011-12-25 11:43 x
*ricomameちゃん
本当に楽しかったねー! 私こそ、企画してくれたlizzycoさんに感謝しきりです♪ こらこら、何をおっしゃる。次なる会席も、貴女なくして成り立ちませんのよ。次回の日も相談しようね!
Commented by Miyuki at 2011-12-25 11:46 x
*こっぺさん
tamachan、さすがでしょう? こっぺさんも良くご存知の通り♪
ああ、そのお気持ち、わかりますわ~。私も、自分で作る料理が一番食欲が沸きません(爆) でも、作れないと思ってしまったら、本当に作れないままなので、一応日々の努力はしてみなくてはいかん、と日々自分に言い聞かせ……はあぁ~~(ため息)
Commented by KawazuKiyoshi at 2011-12-25 12:18
すごい、素晴らしい。
楽しい一人演奏でした。
Merry Christmas
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2011-12-26 03:47 x
*Kawazuさん
そう、近来まれに見る、見事なソロ演奏に出会えました。
特大スマイルが、まだ消えませんvv
Commented by yuka at 2011-12-27 14:53 x
いやー美しい写真入りでご紹介くださり、目は満足致しましたし、会の様子を知って心も満足致しました。機会があればお腹も満足させたいです。
Commented by Miyuki at 2011-12-28 03:49 x
*yukaさん
あはは、tamachan、更なるリクエストですよ! 絶対開店してもらわねば。
yukaさんのキャセロール、美味でしたあvv クランベリーとかぼちゃという組み合わせにカンドーよぉ。
Commented by クミ at 2011-12-31 15:35 x
やっと拝見できました~。
どれも素晴らしく美しいですねぇ。
私もtama様を師と崇めておりますひとりであります。ビーツにオレンジジュースで下味をつけるのも、お話をきいてからすぐにやってみて、なんてお洒落!と感動しました。私もいつか子どもを夫に預けてtamachanレストランで幸せメニューをいただきたいです。

Commented by Miyuki at 2012-01-01 05:16 x
*クミさん
先日はお忙しい中、ありがとうございました!
うふふ、そでしょ、美しいでしょ~♪
ゆんたくの皆さん、そろってtamachanファンですよね。そして、そうやってすぐ実行されるところが、さすがクミさんです! tamachanが聞いたら喜びますよ~。聞くばかりで実行しない人が多い中、ゆんたくの皆さんは全くそういうことに無縁ですよね。そんなところも大好きな会です♪
クミさんにも来ていただけるように、今年は開店祈願をしなくては。(勝手に)
Commented by かん at 2012-01-01 16:34 x
おお、やはり実践される方はいらっしゃいましたね!! 
いいですね、素敵、素敵♪ 今後も開店&レポートを楽しみにお待ちしています。
(実は、裏庭の小屋を建て直したら、月一で不定期に隠れ家的和食屋さんを開催するのが私のひそかな老後(笑)の楽しみのひとつだったりします。(笑))
Commented by Miyuki at 2012-01-02 07:21 x
*かんさん
そです、マクロビクラブの方々は、どなたがやられてもおかしくないですよね。
すでに第二回目のオープン日が徐々に決まりつつあります、ふっふっふ。
えええ、そんな素敵なプランをお聞きしたら、老後までかんさんにはりついて生きていこうと思いを新たにしました! あー、ボケ防止策が必須だわ私(切実)
Commented by かん at 2012-01-03 06:31 x
本当にマクロビクラブの皆さんは誰もがスタープレイヤー料理人なので、全てが美味しすぎます。参加できて幸せですね。
わぁ、もう2回目が決定ですか!? しかも、和食(会席)なんて、うらやましい~。(笑)
ふふふ。まずは小屋の建て直しからですが、いいアイデアがあったらぜひ。畳で、縁側つきの小屋にしたいのですよ~。
Commented by Miyuki at 2012-01-03 09:42 x
*かんさん
はいぃ、幸せですうぅぅ♪♪(にんまり・にやにや) スタープレイヤー、正しくそれですね!
洋食から和食へ、tamachanのレパートリーは尽きることなく。初めてレシピがほとんどだと言ってますが、それでも必ずどこかに彼女のアイディアが光ってるように思います。
畳と縁側ですと!? そんな魅惑の場所に、かんさんの手料理ですか……ああどうしよう、楽しみすぎて動悸が。(どっくんどっくん)


<< 私が愛する土地だから 滋養を込めた応援歌 (後) >>