滋養を込めた応援歌 (後)

「近頃の日本人ときたらいつもいつも金持ちで、簡単に幸福でないと、すぐにも他人とか社会が悪いような気になってしまう。そこを『みのもんた』につけ込まれる」
    ----- 野田秀樹
        (日本人、劇作家・演出家、1955年12月20日生まれ)


金正日、7つの爆笑エピソード

金正日総書記が亡くなられましたね。
ニュースで北朝鮮の国民が号泣している姿が何度も放映されているようですが、あれは直視するのが苦しいです。
なんというか、「知らない」ということを知らない人々が、確実に何割かはいるのだろうと思ったら、非常に胸が痛むのですね。こんな言い方で通じるのかどうか。

で、そんな気持ちを吹っ飛ばしてくれる記事が、↑。

……大真面目にこういうことを画策して流す国家が、本当に存在しているということが、どうしても信じきれないのですけど。(眩暈)

* * * * *

【アクティビティ】

前回からの続きです)

IMG_6017

いよいよ実技編(?)に入り、ゆかさんが見事な手際で、次々とお手当てメニューを作っていかれたよ。

悪寒がしたら、梅醤番茶
のどが痛くなったら、黒豆茶
だるさを感じたら、第一大根湯の2番。
”ひき始め”のあれこれに用いて、8時間以内で治せれば。




IMG_6015

症状にまで至ったら、発熱にはやっぱり、第一大根湯
痰や咳には、大根蜂蜜れんこん湯
鼻水や鼻づまり、下痢、頭痛にも、ちゃんと処方があるのだよ。


IMG_6020

そして、これが噂の里芋パスターかあ。初めて実物を拝見しました。
患部にあてて、毒素を吸い出してくれるこのパスターは、これでガンを治した実例もあったりね。

ただ、これらの材料がケミカルなものだったら、やっぱり効果は変わってくるわけで。
特に塩は、できるだけミネラル分が豊富なものを使いたい。


IMG_6007

市販薬とも、上手にお付き合い。ホメオパシーの薬の紹介も。
集まったメンバーは、小さいお子さんがいらっしゃるお母様方が多かったので、特に小児用の薬には興味津々。お嬢にも、そんな幼い頃があったよね……(遠い目)


IMG_6032

最後は、身体のツボも幾つか。
背中の風邪の門のマッサージ、免疫力を高めるツボの刺激など、古来からの知恵はすごいもの。
ずっと迷って手を出してないけど、やっぱり欲しいなあ、身体のツボがわかる本。


IMG_6025

充実この上ないワークショップの最後に、ゆかさんが優しくおっしゃったこと。
人一倍頻繁に風邪症状に悩まされている人達の中には、原因は身体ではなく、メンタルなものである場合もあるのだな。
たとえば子供がお腹が痛いのは、学校に行きたくないからであるように。
心が寂しい時に、自己嫌悪に悩んでいる時などに、表面に出てくる症状があるのだ。

完璧主義で、いろんなことに期待過剰気味で、もっと頑張れる、頑張らなきゃ、と思う人は。
病気が言い訳になることを知っているから、無意識のうちに、そういう症状をよんでしまっているのかもしれなくて。
子供であれば、それは余計に顕著であるのだろうけれど。

そういう人は、大人の場合、本当に健康になりたいと思っているか、本当に幸福になりたいと思っているか、よくよく自分に問いかけて。
風邪は、身体の自浄作用だから。症状は、身体と心が訴える声だから。
ウイルスであれ、疲労であれ、きちんと直視して対処しない限り、治癒できないものだから。
これは心が疲れているのだと思ったら、セラピストなり親しい友人なり家族なり、癒しを求める場所を考えよう、ということだ。

そして、子供の場合には。
大事に労わってあげるのは、健康な時ほど強くしよう。
病気の時は、むしろ特別扱いせず、ゆっくりと休ませてあげること。
元気な時にちゃんと絆が作れていれば、病気になってアテンションを引こうとする必要は感じなくなるから。
普段から背伸びさせることなく、できるだけありのままに、温かく育ててあげれば良いのです、と教えてくださった。


IMG_6013

菜食になる以前の自分は、季節の変わり目になると、誰よりも先に風邪をひき、周りがゲホゴホやり始めた時には、免疫ができていて平気、ということを繰り返していたもんだった。
きちんと風邪をひいて、季節ごとにリセットしていたのだと考えれば、今の風邪をひかない自分の身体は、かえって良くないの?と、不安になったりもするんだが。
まあ、毎日人混みに出ていたあの頃とは、環境が全然違うので、一概には比較できないか。

菜食になって、お手当てについてもわずかな知識を得たおかげで、ここ数年は、「あれ?」と思ったら即実行していたので、症状になる前に抑えていられたのかも。
それと、やばいと思ったら、食べずに寝る。これができていたのが大きいね。
うちはお嬢がもう高校生なので、それができるけど、お仕事があったり、小さいお子さんがいらっしゃるお母様方は、なかなかそうもいかないよね……本当に頭が下がります。


前述の本でも書かれているようだけど、薬って、プラシーボ効果の要素もあるんだよね。
風邪はウイルスだから、菌に対抗する抗生物質は意味がないのは、言うまでもないけれど。
本来が「身体の自然の浄化作用」であるならば、その間に頑張る身体を労わるものが、薬としてふさわしいと思うから。
それが、いつも自分の周りに普通にあるもので、材料も由来も明らかなものであるほど、弱った時にも安心して頼れるように感じるよ。
そういう気持ちがプラシーボ効果を増して、風邪を乗り切る力をくれるなら、大歓迎ってもんだよね。

自浄作用だと思った途端に、風邪は怖くないどころか、良く来たね!と言いたい気持ちになっちゃうって、どんだけ単純なの自分。よって、プラシーボ増大ならまかせとけ。
西洋医学を頼りにしつつ、家でできることはやっていこう、の気持ちに、強い後押しをいただいた時間でありました。
[PR]
by senrufan | 2011-12-20 10:34 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/17411555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まきりん♪ at 2011-12-22 14:57 x
前期、そして後期を通して風邪への対応を興味深く拝見しました~
食品や寝て治すなど、すぐにできそうなものがたくさんで嬉しくなりました。

里芋パスターは聴いたことがありましたが、ガン治療までできるとは・・・
Commented by こっぺ at 2011-12-22 22:31 x
我が家にタイムリーな話題をありがとうございます。原因はメンタルなもの、かー。。。。私の場合はそれと筋肉の量かな〜。
こういうお手当ってね、私もやったととあるんですけど、菜食してないときかないのじゃないでしょうか?肉食べてからだが鈍感になってると効果ないってことないですか?どうでしょ?
Commented by さく at 2011-12-23 00:29 x
風邪を引いたら食べずに寝る。
ここ数年は知らずに実行していました。
というかこれだけ大食漢の私が、
調子が悪くなると食欲ゼロになり睡眠よく100倍に。
カラダの知恵、ありがとう。

で、里芋パスターに非常に興味があり、
以前自分で作ってみたんですけど、
貼った患部も(ちゃんと油も塗ったんですけど)
里芋を扱った手もかゆくて腫れて大変でした。
里芋アレルギーなのかなあ。
個人的にはショウガ湿布が威力大、でした。

これからもいろいろ教えてください。
Commented by マミィ at 2011-12-23 01:43 x
前回の「風邪をひいたら食べずに寝る」って知りませんでした(目からうろこ)無理してでも食べよう(あるいは食べさせよう)としていましたが、いけなかったんですねぇ。「食後すぐ歯磨きしてはいけない」に次ぐ大間違いでありました。

メンタルなものってあるでしょうね、本当に。
Commented by nikkeilife at 2011-12-23 05:46
わ~い、この時期に為になる課題につき詳しく書いて頂いてありがとうございます。ワークショップ、うらやましいばかりです。そして、知らないことばかり。寝るのが大事なのはなんとなく私の体で分かっていて、症状が出次第実行していましたが、「食べない」のが大事なんて!栄養をちゃんと取らなきゃ、とおもっていたので、私も目から鱗状態です。あと第一大根湯や里芋バスターにも興味津々。いつか勉強してみます。私も、動物性蛋白を控えめにしてからは、風邪という風邪を引かないようになりました。でも、風邪は体をリセットする役目があるなら、う~ん、やはりダメなのかな。

先日の記事にあった、ソーシャルネットワークが広い人は風邪を引かない、ってこと。似たような話を聞いたことあるような気がします。要は広いソーシャルネットワークを持つ人は、人に頼ったり頼られたりすることで「我」がしっかりしたり、生き甲斐を強く感じ、メンタルな面が強くなり病気にかかりにくい、とかいうものだったと思います。でもソーシャルネットワークの広さより、一つ一つの関係の強さや深さも大事な気がしますね。っていうか、引っ込み思案でネットーワークが小さい私はそう思いたいです。(笑)
Commented by nikkeilife at 2011-12-23 05:47
字数が多すぎで、↑に入りきりませんでした。忙しい時期ですが、Miyukiさんご一家が素敵なクリスマスを過ごせますように~。次回は年始年末の美味しい料理の記事を期待してます!(プレッシャー。笑)
Commented by KawazuKiyoshi at 2011-12-23 12:05
小さいころ、風邪を引くと
母がそばにいました。
病弱だった私は手がかかったようです。
布団の隙間が出来ないように
そっと抱いてくれたぬくもり。
今日はイヴ・イヴ。
お元気で。
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2011-12-23 13:40 x
*まきりんさん
いつもお忙しいまきさん、体調はいかがですか?
まきさんは感覚がシャープなので、身体の声が良く聞こえるんだろうなあ♪

里芋、やるなオヌシ、って感じですよね。煮っころがしだけじゃないんだぞ、という(聞いてねえよ)
Commented by Miyuki at 2011-12-23 13:45 x
*こっぺさん
メンタルなものと思ってしまうことで、またそちらに誘導されかねない危険もあり。本当に身体って色々正直ですよね~。
今回書いたことで一番言いたかったのは、たかが風邪と侮ることはできないですが、それでも歓迎できる理由があるんだよ、ということでした。きっと、それでまた違ってくると思うのです。お子さんの風邪も、成長過程で必要なことと見ることもできるのではないかなあ、と。
ううむ、どうなんでしょうね。ただ風邪を排毒と見なすなら、そういう乱れを正すことは、普段から穏やかな食生活を送っている人より、もっと効くのでは、という感じも持っておりまする。
Commented by Miyuki at 2011-12-23 13:48 x
*さくさん
なんて素晴らしいのだ、貴女の身体!
うちの旦那は、病気になっても食欲だけは衰えないので、いつも苦労してるのだよ......(ちょっと涙)

そ、そうか、里芋は合わない人もいるのであったああぁ(衝撃)
生姜湿布は、私も大好きよ~。
里芋パスターも、生姜湿布の後にやれば、更に効果大と聞いたのだけど、体質的に合わないのではできないなあ、悲しいなあ。

お手当ての本、あるよ~! いつでも見に来てちょうだいな♪
Commented by Miyuki at 2011-12-23 13:51 x
*マミィさん
そうそう、私も最初はびっくりしたんですよ~。病気の時こそ、卵おじやあだろう!とか。でも少なくとも、こちらの病院で入院中にハンバーガーとか出されるより、おかゆの知恵がある日本人で良かったとは思います(笑)

メンタル面も無視できないですよね。かといって、気持ちがしっかりしてないから病気になるんだ、という言い方もイヤですが。
Commented by Miyuki at 2011-12-23 13:59 x
*アヤコさん
ね、素敵なワークショップでしょう? ほんとにマクロビクラブには感謝ばかりなんですよ~。お手当て、興味がおありでしたら、作り方などメールしますので、いつでもおっしゃってくださいね!
風邪は排毒作用があるので、普段から身体に負担になるものを沢山食べていれば、それだけ風邪がひどくなる、とも言えるんですよね。だから風邪が減ったことは、また一段健康になられた証でもあると思うのです。ですから、風邪という強い形でなくとも、季節の変わり目ごとにきちんと自分でリセット(排毒を促す食品をとるなど)しなければ、と思ってるんですよ~。

おおお、ネットワーク、そうか、そういうことなんですねー! ありがとうございます、知りたかったのです! おっしゃる通り、心の安定感がまた大事なので、それが広さ由来であっても、深さ由来であっても、その人にふさわしい形の繋がりを築けていればいいわけですよね~。じゃあ私がここ数年風邪をひかないでこられたのは、アヤコさんのような方々とブログ経由でお付き合いができるようになったからかもvv
Commented by Miyuki at 2011-12-23 14:02 x
*アヤコさん再び
ありがとうございます! アヤコさんも、どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしくださいね♪ 年末年始は私ではなくて、友達の素敵なディナーを紹介させていただきます、ふっふっふ。ぷれっしゃーを自慢に変えてみせるっ!(鼻息) こんな私に、アヤコさんのクッキー写真を見せて、悔しがらせるといいと思います。
Commented by Miyuki at 2011-12-23 14:04 x
*Kawazuさん
なんて温かい、優しい思い出をお持ちなのでしょう......(じ~~ん)
そういう母になりたいと思いつつ、すでに時は流れてしまいました......
今日は、ほんのり温かい涙がにじむスマイルをいただきました。嬉しいです。


<< 心身に染み渡る幸福を 滋養を込めた応援歌 (前) >>