Say goodbye to soggy days

お嬢のてるてる坊主が少しはきいたのか。土曜に補修校でソーラーバルーンを予定している為、日々天気をにらむ彼女である。

旦那が日本出張に。パスポート持った? パスポート持った? パスポート(もういい)
あんなことは2度とあっちゃいけないんだ。(11/30日記)

b0059565_364986.jpg本日、年に1回のマモグラム(乳房X線写真)定期健診。日本だとまだあまりメジャーじゃないらしいが、要は胸をぐぐっとひっぱってばんっとはさんでべちゃっとつぶして断面のX線写真を撮るもの。(身もふたもない)
等高線を胸部に照らしてでこぼこをチェックするより、はるかにクリアに問題箇所が発見できるので、ある年齢以上になったら定期的に受けるのが望ましいわけです。

機械の全身はこんなもの(←)。ここの前に上半身裸でぴったりと寄り添って立ち、技師さんに胸を預ける(…)ので、技師さんにはぜひ女性の方をと願ってしまうは当然のことと。

b0059565_334172.jpg→の下の台に胸を乗せた後、上の透明な板がウィ~ンと降りてきて、これでもかこれでもかとばかりにぎゅうぎゅうとつぶしてぺっちゃんこなせんべい状態にしてから、一瞬息を止めてパシャッとレントゲンを。下の板部分にネガ(?)を入れているわけ。
で、当然その場合、胸はキレーにつぶされて板状になっていないとちゃんとした断面写真が撮れない為、技師さんは懸命に患者さんの胸をこねて、隙間無く板で挟まれるように努力される。
胸の大きな人の方がやりやすいのだろうけど、中には私のような大層慎ましやかな人間もいるわけで、作業中の技師さんには心の中で必死に謝っちゃったり。

数日後に結果の連絡が来る予定。もしそれで疑わしい箇所が見つかれば、もう一度撮り直しだの、胸部の超音波検診だのが待っている。
これはかなり特殊な技術のようで、マモグラム写真を読み取る専門の医者がいるぐらいだとか。で、一番大事なのは写真の履歴で、例えば引っ越すことになった時は、必ず今まで撮った写真を全て新しい主治医に持っていかないと意味がないらしい。
日本に帰国が決まったら、ちゃんと忘れずにケアしないとなあ、などと帰りの車の中で考えながら、とりあえず伸ばされた胸を元に戻すべく、お手軽バストアップ体操=口をイーッと横に引っ張って胸部の筋を鍛える運動をしながら、運転していた私である。
すれ違いざま目にしてしまった車は、さぞかしぎょっとしていたかもしれん。
[PR]
by senrufan | 2005-01-12 02:56 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/1716508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ぱんな at 2005-01-14 11:50 x
痛そうですう、、、。やったことない。怖いですう、、。
Commented by ぷりりん at 2005-01-14 20:33 x
わー、最近私もときどき胸がピクピク痛くて、気になってたから検査しようと思ってたとこなの~!
胸がせんべいにされるのか……。痛そうだなー……。(汗)
Commented by Miyuki at 2005-01-15 02:08 x
わはは脅かしすぎてごめん! 実際、せんべいになってるのはほんの10秒ずつぐらいだし、技師さんも痛いかどうか気にしてくれるから大丈夫だよ。左右それぞれ横断面・縦断面を撮るの。計4回ね。私は母がガンになったことがあるので、家系的にも受けろと言われてるのだ。
Commented by ぱんな at 2005-01-15 02:16 x
10秒づつもせんべいに?か、可愛そうすぎる、、、(何が?)。
Commented by senrufan at 2005-01-15 03:00
や、これで肌が伸びて脂肪がこっちに動いて胸が大きくなってくれるなら私としては念願の(妄想中)
Commented by みかみか at 2005-01-15 03:57 x
あー、昨夏の健康診断の時、これをエルカミノホスピタルに行って受けるようにと言われて予約を入れたのだけど、保険屋がファミリードクターへの支払いでごたついて、このお金が下りなかったらどうしよーとキャンセルしてしまって以来、面倒で予約せず。。。年がかわっちゃったから、だめだろうなぁ。。。夏まで待たないと。
念願の何だかが気になります(笑)。
Commented by Miyuki at 2005-01-15 10:06 x
あ、これエルカミだよん。今まで2回受けたけど、ナイスな人ばかりで居心地良かったよー。夏になったらどぞ!念願は○カップ…授乳中だけ実現した幻のサイズです…(涙)


<< 一致することのない知識と実際 目から口から味わって >>