北の優しい異国から(16)

「すべてがうまくゆかなくなった時、しかも何かを決めようとしている時は、高みを見なさい。
そこには、紛糾の要因は一つもないからだ」
    ----- シャルル・ド・ゴール
        (フランス人、政治家、1890年11月22日生まれ)


フランス語には、
「おいしいパンのように善良である」
という表現があるそうです。(本当ですか、マミィさん)
確かに、ほかほか焼き立てパンの温かさは、心までほっこりと温められるようですね。

日本だったら、炊き立てご飯?
左右の手を使って、陰陽それぞれの気が合わさった、心温まるバランス食。
おむすびをむすぶたび、佐藤初女さんのお名前を思い出してしまいますね。

佐藤初女さんをお迎えしての、おむすびの祈りワークショップ

* * * * *

【旅行】

     IMG_4656

長かった旅行記録も、いよいよ最後です。(ぜーぜー)
ケベック・シティで食べたクロワッサンは、以下の2軒からでございました。




1. Chez Marie (Yellow Page

IMG_4532

サンタンヌ・ド・ボープレ大聖堂に行く道、ハイウェイ#360は、別名・王の道(Avenue Royale)というそうです。
北米最古の公道と言われるこの道沿いには、ケベック様式の民家が残っているのですが。
ここに、北米各地から観光客が集まる、有名なパン屋さんがあるというので、クロワッサンを求めて行ってみたのですよ。


IMG_4531

昔ながらのパン焼き窯で焼くパン屋さんだそうですが、中は懐かしの雑貨屋さんといった模様。
優しいおばあちゃまに、クロワッサンを始め、シナモンロールやドーナツ、お薦めのブルーベリージャムのペストリーなどを頼んで、袋に詰めてもらいました。
1個あたりが$2.25カナダドルと、まあまあ納得のお値段。


IMG_4528

私達が行った時は、幸い他のお客さんはほとんどいなかったのですが、買い終わった時にちょうど観光バスが乗りつけて、わらわらと買いにやって来られました。
観光コースに入ってるなんて、改めて有名なお店なんだなあ。


IMG_4563

ドライブしながら食べたクロワッサンは、やはり表面は適度に固く、中は適度にもっちりと、なかなかのお味。
そして、シナモンロールが美味しくて。アイシングなどは相当甘かったのですけど、生地の密度と焼き具合が良かったんですよね、これが。

遠くから訪れるべきとまでは思わないものの(暴言)、それこそ北米レベルで考えるなら、十分なレベルの美味しさでした。


2. Paillard (HP

     IMG_4669

旧市街の中にある、こちらのベーカリー&カフェ。
2010年の、ケベックでのベスト・クロワッサンに選ばれたというのですから、これは試していかねばなりません。


IMG_4654

お店の中はかなり広く、入り口からベーカリーコーナー、スープ&ドリンクコーナー、サンドイッチコーナーと、それぞれ欲しいものを注文する形になってます。


IMG_4657

勿論、クロワッサン以外のパンも豊富。
あれこれ何種類も注文して、両手いっぱいの袋を抱えて帰られるお客さんも。


IMG_4659

うちが注文したのは、プレーンクロワッサン、チョコクロワッサン、オレンジブリオッシュ。
うん、これもなかなか良いクロワッサン。
なのですが、うーん、やっぱりバターかなあ......私がパリ以来、ずっと探しているあの香りと味わいは、今まであのお店でしか見つかってないのです。
といっても、あのお店のクロワッサンも、もう数年味わってないので、今はどうなっているやら、なのですが。

ケベック内で食べた3軒では、モントリオールのあのカフェが、一番好みでありましたね。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

こんなに長く引きずる予定ではなかったのに、な旅行記録、せめて感謝祭前に終わって良かったよ......

分離独立運動の火種は、まだ鎮火されることのない、カナダはケベック州。
その運動の後押しをしたと言われる、フランスのド・ゴール大統領の誕生日に終えることができたのは、ただのたまさかなる僥倖です。(おい)

楽しかったなあ、楽しかったです。
会った人達、行った場所。滅多にない家族旅行の貴重な思い出に、感謝・感謝でございました。
[PR]
by senrufan | 2011-11-22 09:51 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/17066920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2011-11-24 14:30 x
すみません、そのような表現は聞いたことがありませんねぇ。誰かに聞いてみますわ。なにしろいい表現ですね!で、日本だったら炊きたてご飯~に同感!

充実の旅でしたねぇ。読んでいるこちらまで行った気になれて幸せでした。
Commented by kako_usa at 2011-11-24 21:14
Miyukiさん、こんにちは~
大トリでクロワッサン♪ なるほどぉ~でした^^
機会があれば、もう一度モントリオールで行ったお店を探したいと思いました。
何て名前だったんだろ・・・クロワッサンもペストリーもケーキも素晴らしく美味しかったんです。
私は天然酵母で作ったクロワッサンに興味津々なので、ホシノが届いたら
挑戦しようと思っています。あっ、その前に肉まん作らなくっちゃ♪
前回のお店、私もご近所だったら一緒に注文したかったです(泣)
・:*・:・ Happy Thanksgiving ・:*・:・
Commented by coquille at 2011-11-25 03:00 x
はじめまして。いつも読み逃げしていました・・・。
パリに住んでいるのですが、パンは太ってしまうのでここ1年程全然買ってませんでした。読んでいたら、せっかくなんだから買うべきか、と思ってしまいました。フランスでも、美味しいお店とそうでない所とでは雲泥の差がありますもんね。
見た目だけだと2番目のクロワッサンの方が美味しそうに見えますね。
私は、こちらではあまり見かけないシナモンロールが時々無性に食べたくなります。スタバに行けばありますが・・・。
Commented by Miyuki at 2011-11-25 04:59 x
*マミィさん
そうですか~。でもそう、なんかフランスらしい感じがして、もしあったら、なるほどと思う表現ですよね♪ でもお箸の国の住民は、炊き立てご飯でございますぜ。

ありがとうございます、久しぶりの旅行だったので楽しかったです~vv
Commented by Miyuki at 2011-11-25 05:02 x
*kakoさん
その後、停電などは起こってませんか?(はらはら)
ほんとに、もっと時間があったら、もっと色々開拓したかったですねえ。
でもこおゆうのって、住まないとわからない話ですもんね。
ホシノのクロワッサン、それは美味しそうです!
私もホシノは冷凍庫に眠っているのですが、もうパン焼きはすっかりやめてしまったので、宝の持ち腐れですわ~(涙) 勿体無いから、誰かにもらってもらおうかしら。
kakoさんがご近所だったら、と思うことは、すでに百回は超えてます。
kakoさんも、どうぞ良い感謝祭をお過ごしくださいね!
Commented by Miyuki at 2011-11-25 05:10 x
*coquilleさん
初めまして! コメントありがとうございますvv
パリにお住まいとはうらやましいです~♪ そうですね、私だったらあれこれ食べまくって、アメリカーンな体型になっていたこと間違いなしです。(くらっ)
でも本当に、以前数日行っただけで、そちらのパンの美味しさには感動しまくりだったので、さすが!という街であることは疑いなし。その中でも美味しいお店といったら、どれだけなんだろうとわくわくします。
シナモンロール、なるほど~。発祥が北欧でも、ポピュラーなのが北米ですものね。スタバはそういう意味では良い外交をしてくれているのかも(笑)
またいらしてくださいね~!
Commented by まきりん♪ at 2011-12-01 14:58 x
ケベック旅行全16話、完読して堪能させて頂きました。
執筆お疲れ様でした。

ケベックで一番印象的な味はやっぱりクロワッサンかな~
デカイのですよね、フランスものと比べると。

チョコ入りを初めて食したのがケベックだったので、
特に思い出深かったのでした。
Commented by Miyuki at 2011-12-02 09:54 x
*まきりんさん
いえいえ、まきさんこそ、こんな駄日記にお付き合いくださってありがとうございました~vv

大きいですかねえ、クロワッサン。パリのも大きかったように思っていたのですが、もう随分と前の記憶だからなあ。
今ではまきさんを虜にしてしまったチョコクロワッサン、出会いの思い出の地であったのですね、うふふ。


<< 一番大事な一言を 北の優しい異国から(15) >>