北の優しい異国から(14)

「常に、自分がなぜそこにいるか、意味を考えなさい」
    ----- マイヤ・プリセツカヤ
        (ロシア人、バレリーナ、1925年11月20日生まれ)


Palo Alto is California's most educated city

我が家の地元市は、スタンフォード大学のお膝元ということもあって、教育レベルの高い市であるとは思っていたのですが。
そもそも住民の学歴が、カリフォルニア州で一番高いのだよ、ということが先日発表されました。

25歳以上の80%が、大学以上の学歴。
修士(院卒)及び、専門職学位を取得している住民は、なんと50%にのぼるそうですよ。

確かになあ、マスターやドクターを持ってる専業主婦のお母さんが、ごろごろいらっしゃるんですよね、このエリア。
肩身の狭さなど飛び越して、ひたすらすごいなあ、と感心するばかりでございます。


日本で会社勤めをしていた頃、いかに出身大学名がアテにならないかということを、日々実感しておりました。
一番仕事ができると思った人は高卒でしたし、一番使えねええぇと思った人は、某有名国立大卒だったりして。
日本の場合、「勉強ができる」ということと、「頭が良い」ということは、必ずしもイコールにはならない、という事実を、身を持って体験したわけです。

それでも中には、両方そろって「できる」人達が、確かにいらっしゃって。
加えて、人間的にも素晴らしい美徳を備えていらっしゃったりした暁には、「さすが○○大卒!」と思ったものでした。

「頭が良い人」って、どういう人だと思う?
この日記を書いた後、いろんな友人と話し合ったことを、つらつらと思い出したのでございました。

* * * * *

【旅行】

IMG_4484

ケベック・シティ旅行記の続きです。
えーと、エリアとしては、新市街(アッパー・タウン)ケベック州議事堂と同じエリアになるんですね。

旧市街と比較して、近代的な建物が並ぶエリアだそうですが、その中でも、歴史を語る場所がちゃんとあるのですね。




1. 戦場公園 (Parc des Champs de Bataille)HP

IMG_4687

旧市街の横に位置する、広大な敷地は、1759年の英仏戦争決戦の場となった国立公園です。
ケベック建設以来、戦いを繰り返してきた英仏両国でしたが、この戦いで仏軍が敗れ、ケベックはついに英国植民地となったのだそうですよ。


IMG_4703

我々は入りませんでしたが、要塞跡など、見学できる施設も幾つか。
この石垣に沿って、大砲が数門設置されていましたよ。


IMG_4708

IMG_4709

展望台から眺められるのは、雄大なセント・ローレンス川。
とにかく広くて広くて、夏の間は、史跡を巡るシャトルバスも出ているのですね。
凄惨な戦いの跡地ではありますが、今では市民の憩いの為の、自然・レジャー・文化・科学の場として、親しまれているようです。


     IMG_4696

この中にこじんまりと在るのが、ジャンヌ・ダルク庭園。オルレアンの乙女です。
小さい頃に伝記を読んで以来、ずっと心に掛かっていて、彼女についての本は何冊か読んでいるのですが、いまだにイメージが固まらない、なんとも不思議な乙女です。


IMG_4681


2. ケベック美術館 (Musée national des beaux-arts du Québec)HP

IMG_4717

少し時間があったので、駆け足で周った美術館。戦場公園から、徒歩で行けます。
それが悔やまれたほど、失礼ながら、予想外に見事な作品の数々に会えました。
ガラス屋根がモダンな建物ですが、左翼の建物は、数年に渡って、政治犯を収容する監獄だったとか。


IMG_4718

収蔵数は、1万2千点あまり。
各フロアごとにテーマが設けられていて、カナダ先住民のイヌイットの伝統芸術の階や、古典や現代アート、カナダを代表する芸術家のコーナーなど、かなり充実した内容となっていました。
中でも、すごく気に入った画家さんがいて、家族一同、大いに気に入ったのですけど、名前を失念してしまいましたです......悔しいいいいいい(涙)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

おっしゃ、旅行記も、無理やりであと2回!
もー、このまま続けて、さっさと終わらせやがれ自分!(ハッパ)
[PR]
by senrufan | 2011-11-20 11:12 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/17035546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まき at 2011-12-01 14:51 x
忘れもしません、戦場広場。
あそこを訪ねた夜に、泊まっていたユースホステルで
金縛りに合いましたから。

ええ、そうです。戦没者の幽霊が現れたのですよ。
「無念じゃ~」の気持ちが胸に迫って来ました。
Commented by Miyuki at 2011-12-02 09:50 x
*まきりんさん
ひええ、こちらでしたか、金縛りは!
先日仲間と話していた時に、セラピストやキネシストなどの方々は、そういう感覚が元々鋭敏な方が多いので、”見えて”しまうこと度々とか、気をつけないと自分が磨耗してしまう怖れがあるとかの話になったんですよ。
まきさあん、どうかくれぐれも気をつけてくださいね~~(懇願)


<< 北の優しい異国から(15) ほっこり、ふっくら、まあるいよ >>