北の優しい異国から(12)

「一歩一歩です。今、無いものを生み出すのは、着実に日々の作業を積み重ねることから始まります。今日は、明日は、といくわけですから、光はいつも見えません」
   ----- 川久保玲
        (日本人、ファッションデザイナー、1942年10月11日生まれ)


先日Twitterで、こういうのを読ませていただいたのですよ。
「手を繋ぐって凄い行為だって知って愕然とした。
手と手を繋いだ部分の粒子を最大限拡大して見ると、お互いの手と手の粒子が混ざって二人の手の粒子の境目が無くなるんだって。つまり手を繋ぐっていう行為は細胞レベルで交わっているということなんだって。
…これは、あまりにも凄過ぎるし感動的」

科学的な根拠とかは、全然わかりませんけれど。
スキンシップがもたらす癒し効果は、頭で考えるより、身体が知っていることなのだ、と思います。

ケベック旅行の写真を見返すたび、家族で手を繋ぎながら、あちこち歩いて回ったことを、楽しく思い出すのでございます。

* * * * *

【旅行】

前回からの続きです)

5. フェアモント・シャトー・フロントナック (Fairmont Le Château Frontenac)HP

IMG_4501

旧市街内のアッパータウンに行けば、まず目に入るのが、どこの宮殿ですか、というこちら。ケベックの旧市街の象徴的建物で、その正体はホテルなり。
塔の上などが修繕中でありましたが、その堂々とした佇まいには影響なし。
しかも、修繕中であることを少しでもやわらげる為か、その部分に写真の垂れ幕をつけてくれているところが、また微笑ましゅうございました。

1893年に造られたこちら、名前は二期に渡ってヌーベル・フランスの総督を務めた、フロントナック伯爵の名にちなんでいるそうです。
アメリカ人建築家、ブルース・プライスが設計を担当し、市民の要望であるフランスの古城を模したデザインに仕立てたとか。




IMG_4637

私共が泊まれるようなお安いホテルではないのですが、見学ぐらいは許してください。(誰に)
外観にうっとり見とれながら、ロビーにおじゃまして参りました。


IMG_4507

中も、いかにも由緒ある、といった感じで、また嬉し。
いろんなお店が並んでいた中、チョコレートショップに入ってみたら、お店のおばさまがまた良い方で。
お土産品を買ったら、「アリガトウ」と日本語で言ってくれたんですよ! 「謝々」じゃなかったんですよ!(こんなことで喜んでる…)


IMG_4641

IMG_4640

再び外に出てみればホテルの横が、テラス・デュフランという名の、ちょっとした広場になっていて、ちょうど大道芸の真っ最中。
小高い丘の上にあるアッパータウンでありますからして、ここからロウアータウン、セント・ローレンス川、その向こうにはオルレアン島と、素晴らしい眺望が楽しめましたですよ。


     IMG_4524

夜になればライトアップされて、この通り。修繕中の写真でも、この通り。
再び訪れる機会があれば、一泊ぐらいしてみたいもの……ですけど、まあ我が家では無理だろう。(あっさり)


6. ノートルダム大聖堂 (Basilique-cathédrale Notre-Dame de Québec)HP

     IMG_4624

今度は、ケベック・シティのノートルダム大聖堂。旧市街内に建ってます。
モントリオールが豪勢だったので、一瞬やや小ぶりな感じがしてしまいましたが、なんの、こちらも十分荘厳なお姿。


     IMG_4491

ケベックの基礎を築いたと言われるサミュエル・シャンプランによって、17世紀半ばに建立されたこちらは、幾たびかの火災や改築により、少しずつ姿を変えてきて、現在の姿になったのは、1925年のことだそう。


7. 交通手段

IMG_4680

旧市街は本当に面白く、色々書いているときりがないので、この辺で。
とりあえず、旧市街内の交通手段ですが、こちらの無料電気バスが提供されていましたよ。


IMG_4629

そして観光街ではお馴染みの、観光馬車。
カレーシュ(Calèches)の乗り場は数箇所あって、ガイド付の名所ツアーも可能です。
[PR]
by senrufan | 2011-10-11 10:36 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/16431509
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 初音 at 2011-10-13 18:02 x
こんばんは~♪
観光馬車!乗ってみたいぃ~~~~^^
私は海外に行ったことはなくほとんどテレビでしか知らない人間ですが~
旧市街って好きですねぇ~ロマンかきたてるというか~
世界の旅番組はほとんどみております^^

スキンシップ!いいですよねぇ~心が暖かくなる(*^^)v
Commented by kako_usa at 2011-10-13 19:37
Miyukiさん、こんにちは~
RSSで見逃したのでしょうか?リンクから来て良かったです^^

*お土産品を買ったら、「アリガトウ」と日本語で言ってくれたんですよ! 「謝々」じゃなかったんですよ!

スミマセン、早朝に大爆笑してしまいました^^
たまーにいるんですよね。ちゃんと区別をつけられる人。
在住が長くなるにつれて、「慣れ」「諦め」は知ってても、ちょっとした事に
嬉しかったりしますよね~(しみじみ)
ノートルダム大聖堂、私も行きました~お寺めぐりのような感覚ですけどね。
馬車もいいですね~この秋は、私も乗る計画をしているのですが。。。
もちろん、近場でですけどね^^;
Commented by Miyuki at 2011-10-14 10:21 x
*初音さん
私も一度乗ってみたいです~。
傍から見ている分には、かなり匂う馬車でありましたが(笑)
日本は日本で素敵な場所が沢山ありますからね。
初音さんには、これからゆっくり旅行も楽しんでいただきたいですvv
お嬢さまと手を繋ぎながらの旅行はいかがでしょうか?
Commented by Miyuki at 2011-10-14 10:27 x
*kakoさん
こんにちはー!
そなんですよね、リーダーにリアルタイムで反映されないことが多くて。なんでだろう。嫌われてるのかしら……(そっとうつむく)

いやもう、嬉しかったですよー! 大抵まずはチャイニーズと思われて、NOと言えば、次はコリアンですからね。
ちょうどこの旅行中に、オバマを批判している人達が街中にいて、私達に声をかけてきたのを無視したら、「チャイニーズなんだから英語がわかんないのよ」と言ったのを耳にして、お嬢が英語で「チャイニーズじゃないし英語もわかる、ただその意見に賛成する気がないだけだ」と言い返した、という一幕が。
kakoさんのおっしゃる通り、仕方がないと普段は思ってるんですけど、でもわかってくれた時にはやっぱり嬉しいんですよね~♪
そう、お寺巡りは当分いいやーと思ってしまいました(笑)
えっ、秋に馬車!? なんだろう、なんだろう!(わくわく)
Commented by kako_usa at 2011-10-14 18:53
再び^^
お嬢さま、カッコイイ~!!!
同じアジア人なんだけど、日本人としてのプライドはありますよね。
在住が長くなればなるほど、そんな気持ちが強くなっているのは事実。
でも、区別がつかない人も多いし、何も考えずにクチにする人も
いっぱいいますからね~(←やっぱり、諦めてる?^^)
馬車は、以前ブログにアップした場所です。白馬なんですよ~
Commented by Miyuki at 2011-10-15 09:44 x
*kakoさん
わはは、そなんです、彼女が言うからかっこええのですね。これで私が言ったら、「はあ?なにゆってんの?」と恥っかきもいいところ。
私も普段はそれほど気にしてないんですよ。だって加州のアジア系人口の中で中国人が一番多くて、それから韓国、ベトナムでしょ。日本人はすごく少ないので、そう思われるのも無理ないですし。
でも、自分は決めつけちゃいけないなー、とは思ってはおりますが。(あくまで理想)
白馬にまたがるkakoさんとランちゃん! そーれはぜひとも、たなびくガウンと輝くティアラをまとっていただきたい!(夢)
Commented by まきりん♪ at 2011-10-29 00:26 x
フェアモント・シャトー・フロントナックはこのあたりのランドマークとして観光客の写真スポット!でした。中もすごいけど、外観がおとぎの国のお城のようでかわいいですよね。ノートルダム大聖堂も見所ですね。入った時に身体に受けたセンセーションは重いものだったけど。いろいろあった教会なのでしょう・・・
Commented by Miyuki at 2011-10-29 08:49 x
*まきりんさん
確かに、一番人が集まっていた場所かも! 外観が街並にぴったりで、正にランドマークですよね。え、ノートルダム、そうだったんですか~。そおゆうのを全然感じられない身体でよかったのかも(汗)


<< 君が、君のままであることを 北の優しい異国から(11) >>