北の優しい異国から(11)

「思い違いしないでくれ。
ぼくたちは自分の未来を築いてるんだから、必要なものは自分で用意しなくっちゃ」
   ----- ジョン・レノン
        (イギリス人、ミュージシャン、1940年10月9日生まれ)


超人気ブログが本になった、「中国嫁日記」
この中で、中国からやってきたお嫁さんの月ちゃんが、日本に来て一番ビックリしたことは、
「全てのトイレに紙がある!」
ということだったそう。
なぜ日本人はトイレの紙を盗っていかないか!? と驚愕する月ちゃんが、可愛いのなんのって。

なんてことを思い出したのは、昨日行ったスタバで、
中国系のおじいちゃまが、置いてあるナプキンをぐわしっ!と大量に取ったと思ったら、
そのままトイレに行ったのを目撃したから、でありました。


それとも、トイレットペーパーでは肌触りが柔らかすぎて物足りないとか。

* * * * *

【旅行】

IMG_4485

ケベック・シティと言えば、旧市街
ユネスコの世界遺産に指定されている、北米唯一の城塞都市であります。

街の四方をぐるりと囲んだ城壁には、西側に3つの門があり。
そのうちの1つ、州議事堂からほど近いサン・ルイ門を通って、城壁内に入ります。




1. 街中の風景

IMG_4486

中に入ると、一気にヨーロッパ。
石造りの建物の成せるワザ、なんでしょうかね。


IMG_4677

城塞都市で中世風、と言っても、しっかり現代の車は通ってます。(当たり前)
土産物から洋服屋、レストランやカフェがずらりと並んでます。


     IMG_4499

こちら、トレゾール通り(Rue du Trésor)は、画家達が自作を売る小路。
似顔絵描きさんも沢山いましたよ。


IMG_4509

IMG_4601

それでもヨーロッパとは違うなーと思うのは、やっぱりどこか新しい感じ、なのですよね。
17世紀ぐらいからじゃ、まだ青い。(何様)


2. ロウワータウンの壁画

     IMG_4512

旧市街は、小高い崖の上にあるアッパータウンと、崖下のセント・ローレンス川に面したロウワータウンに分けられます。
崖下の港から、ロワイヤル広場に向かう坂道(Rue du Sault-au-Matelot)を上っていくと、こんな巨大な壁画が。

四季の風景やケベックゆかりの偉人達、職人や現代人の生活が大きく描かれているのですが、地元民からは賛否両論だとか。


3. フニキュラー (Funiculaire)

     IMG_4518

崖下との行き来が辛いという方には、こんなケーブルカーが用意されています。
その名をフニキュラーというこちら、45度の急傾斜を、2基のエレベーターが往復しているのですね。

上の駅は、有名ホテル脇の観光ブースの横にあり、下の駅は、プチ・シャンプラン通りの首折り階段(…)下に位置してます。
ちなみにこの下の駅、ミシシッピ川を発見したLouis Jollietの家を改装したもの、だとか。


4. プチ・シャンプラン地区 (Quartier Petit Champlain)

IMG_4511

首折り階段を下りて、城壁の外に出たところ広がるのが、プチ・シャンプラン地区。
17世紀後半には、すでに街として開けていたという、北米で最も古い繁華街だそうです。


IMG_4517

夜になるとライトアップされて、また違った美しさを見せてくれる旧市街。
特にこの地区は、セント・ローレンス川に面しているので、夕方からのフェリーに乗って眺める街の姿が、また格別だそうですよ。(見れなかったけどな)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

旧市街、次回も続きます。
[PR]
by senrufan | 2011-10-09 09:10 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/16420475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by KawazuKiyoshi at 2011-10-11 15:52
また、楽しく見せて頂きました。
Rue du Treor
いいですね。
私は似顔絵を書いてもらうことあるので、楽しいのは大好きです。
お元気で。
今日もスマイル
Commented by sivasiva21 at 2011-10-12 08:38
おおっ、見慣れた場所が出てきました!
でも雪がないっ!(大抵行くのがクリスマス時期なので)
セントローレンス川も凍ってませんよねぇ、当然。

美しい写真の数々、かっちゃんと楽しませていただきました。
フニキュラー、「エレベーターに乗るだけなのにお金いるんだよねぇ。」と
横でつぶやいております。ホント、そうだ。

次回も楽しみにしております♪
Commented at 2011-10-12 12:46
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Miyuki at 2011-10-12 13:52 x
*Kawazuさん
似顔絵、描いてもらったことがおありですか、いいですね~♪
私も一度ぐらい体験してみたいものです。
その時はにっこりスマイルで!
Commented by Miyuki at 2011-10-12 13:55 x
*Yumiさん
もう何回も行かれていらっしゃいますよね、きっと。素人日記がお恥ずかしゅうございます、もじもじ。
そ、そうか、冬だとあの川が凍るんですか! そううかがうと余計にインパクトがありますなあ。でもクリスマス仕様のこちらは、一段ときれいでしょうね~♪

あはは、かっちゃん、その通りです! だから私達も乗りませんでした。
あの距離で金とるんかい、と思ったケチな一家です(笑)
Commented by Miyuki at 2011-10-12 13:57 x
*非公開コメントさん
おおお、ご指摘に大感謝ですーー!!(愛)
早速訂正させていただきました。旦那様にどうかくれぐれもよろしくお伝えくださいませvv

次回もしょぼしょぼ記録で申し訳ないです。むしろ私の方が今更ですが色々見所をおうかがいしたいですわ~。
Commented by まきりん♪ at 2011-10-29 00:23 x
遅ればせながら、ケベックのハイライトの写真にうっとり。絵になるお土地柄なんですよね、ここって。私は夜はいなかったので、夜景の写真に萌~でした。
Commented by Miyuki at 2011-10-29 08:47 x
*まきりんさん
ケベック旧市街、もっと滞在したかったです~。夜景も素敵でしたよ。きっと鑑賞スポットがもっとあったんじゃないかなあ。


<< 北の優しい異国から(12) 目指すは太陽の当たる場所 >>