回り続ける輪の中で(前)

「物事をやり遂げるには、物事を続ける能力と同時に、物事を初めからやり直す能力が必要とされる」
   ----- F・スコット・フィッツジェラルド
        (アメリカ人、作家、1896年9月24日生まれ)


     IMG_5041

大変遅くなってしまったのですが、先日の陶芸チャリティーセール、本当に素晴らしかったです!
焼き物がお好きなfrogfreakさんと一緒に、オープン数分前に行ったのですが、すでに何人ものお客様が待たれていて。
中に入れば、ずらりと並んだ美しい器に大感動。
どれも欲しいものばかりで、悩んで悩んで、悩みまくりましたとも。

何客かセットで使える器が欲しかったので、そういうチョイスになりましたが、結局全て同じ方の手による作品、だったのかな?
好みド真ん中のテイストに惚れ惚れしながら、大事に使わせていただいております。

この世の中は、なんて才能ある人ばかりなんだろう、と震災以来、同じことに感激し続けているような。
開催してくださった皆様に、心からの御礼を。本当にありがとうございました!


素敵なセールのご報告は、Samanthaさんのブログで拝見できますぞ。

陶芸チャリティセールのご報告 

* * * * *

【アクティビティ】

     IMG_4855

さて、また戻って、現在日記。と言いつつ、今から2ヶ月ほど前にさかのぼる。(遠い目)

るんさんがFacebookに、陶芸教室体験をしてきたと載せられたのは、確か7月ぐらいだったと思うのだけど。
体験教室が1人$30のところ$15、というクーポンを利用されたとのことで、次にまたそのクーポンが発売された時、FBで皆に知らせてくれたのだ。
ちょうどお嬢の夏休み中。子供の頃は陶芸家に憧れていた彼女と、一緒に受けてみよう、と購入したのだよ。

送られてきたクーポンを元に、HPからクラスの予約。
指定日にスタジオに行ったのだ。




IMG_3980

ファンキーな外装のお店に入ると、おお、正に陶芸教室といった様子だね。
売り物の作品も少々置いてあるけれど、山積みされているのは、生徒さんが作った陶器だろう。


IMG_3978

ろくろが4台設置してあって、まずはここで、先生がやり方を説明してくれたよ。


IMG_3982

最初に、三角錐にした粘土を、ろくろにしっかり据える。
そして、スポンジでたっぷり水をかけてからスタートだ。


IMG_3984

IMG_3987

最初に、Centeringと言うのかな、そのまま高さを出したり、低くしたりというやり方を。


IMG_3990

IMG_3991

その粘土の山に、今度は穴をあけていこう。
親指を入れて穴を作って、深さに気をつけながら少しずつ。


IMG_3993

その穴を、今度はきれいに広げよう。底もなめらかにしていこう。
何度もスポンジで水を足さないと、粘土はすぐに乾いちゃう。


IMG_3994

IMG_3998

そうやってできた形を、今度は上に高くして。
先生の手にかかると、見る見るうちに上がっていって、しかもなめらかなままの粘土の壁。
模様のつけ方や上部の切り方など、付随するテクニックも見せてくださった。


IMG_3977

いよいよ自分達の番になったら、まずは靴を脱いで裸足になって、ズボンの裾をめくり上げるところから。でないと、粘土混じりの水滴が飛んで、かなり汚れてしまうので。
かがみこんで作るから、上のシャツも汚れちゃう場合があるので、それでも大丈夫な服にするか、エプロンを着けた方が安全だね。

全然イメージがないままに、とりあえずろくろを回し始めたけど、ヒンヤリ手触りがまず楽しい。
だけど、喜んでばかりはいられないド素人。先生のデモではいとも簡単に見えたところで、実際はそんなモンじゃないのだな。

ある程度の形にして、いやいややっぱり、と潰して、もう一度高くしようとしたら、先生に止められて。
そうすると粘土の密度が低くなって、もろい器ができちゃうのだな。
もう一度やるぐらいなら、新しい粘土を使わなくてはいけないの。
イメージができてないままに始めると、こおゆうことになる、という見本です。い・かーん。
改めて、こんな難しくもあーてぃすてぃっくなことをやっている、あつゆきちゃんや皆さんを尊敬だ。

お嬢はクラスを取ったり、家で作ってたりしただけあって、私よりずっとスムーズに作ってたよ。
だけど、2作目をわざと潰したような形にしようとしたら、失敗だと誤解した先生が助けてくれたおかげで(?)、全然違うものができてしまったと、ちとがっかり。いや、そもそもその意図って、どうなんだ。


IMG_3981

クーポンは3時間レッスン券だったので、時間内であれば幾つか作っても良かったのだけど、お嬢も私も2個ずつで終了。
前衛的な(……)お嬢の作品と、年寄りらしい私のアレ。(目をふせる)


IMG_4000

        IMG_4003

これにて、「$15で$30分」の体験レッスンは終了。
ところが、これで出来上がりではないのは、一目瞭然。
この後、「素焼き→色付け→焼成」という工程を希望するなら、1人$20の料金がプラスとなるのだな。

そこまでやったら、どんな仕上がりでも捨てるわけにはいかないかも、とオノレへの強迫観念としばし戦うも、2人分をお願いした。捨てたいことが前提になってる時点で、泣けるのだ。
2週間後には焼き上がるとうかがったので、その頃に再び予約することになったよ。

色付けはどうだったか、最終的にどんなシロモノになったか、は、次回にて。
ああ、恐ろしい、恥ずかしい。(ぶるぶる)


Create in Clay School of Ceramics
5512 San Pablo Avenue
Emeryville, CA 94608
[PR]
by senrufan | 2011-09-24 09:03 | 東日本大震災 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/16339864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by samantha-ca at 2011-09-27 14:35
先日は来て下さって本当にありがとうございました〜。

すごい、Miyukiさんもいよいよ陶芸デビューですね!これを機会にどんどんハマってしまわれるかも、ですね。焼成、出来上がりが楽しみです!
Commented by 初音(hatune) at 2011-09-27 15:52 x
こんにちは~♪
ご心配おかけしてる初音で~す!!^^;
いつも、ごめんなさいねぇ~怖いものからはとっとと逃げる!!
それで新天地に逃げたのですぅ~これで飛べますから~^^
これからも、ヨロシクお願いします♪

陶芸をなすったの?!すごい!!なんにでも興味があって向上心があって
素晴らしいわぁ~!!!!本気です!
下の2つ作品でしょ?可愛らしくシンプルで素敵!!
これからも色々と作ってねぇ~ヽ(=^-^=)ノ
Commented by B-coupe at 2011-09-27 16:22
うわ〜〜!!綺麗にできてますね、、、、。
私も出産前に1年半ほどNYで陶芸教室に通っていました。
土を触っている間は無心になれるので、大好きでした〜。
ゆがけして、焼成するとぐっと変わりますよ〜!!
楽しみですね〜。
Commented by Miyuki at 2011-09-28 08:53 x
*samanthaさん
こちらこそ、開催してくださってありがとうございましたー!

焼き物は好きで良く見るので、余計に自分の拙さに胸が痛みます……焼成後、トンデモナイものが出来上がりました。ここまでいくとすごいな自分。
Commented by Miyuki at 2011-09-28 08:56 x
*初音さん
おおっ、新天地におじゃまできるのですね!
嬉しい~~、ありがとうございます~~~。
こちらこそ、これからもお付き合いの程、よろしくお願い申し上げまする。

好奇心はあるのですけど、腕とセンスが伴わないのはどうしようもありません、しくしく。
葉っぱのような皿は娘の作品で、親バカはこれが気に入っております(笑)
また作る機会があればいいですね~。ろくろ自体はとても面白かったです♪
Commented by Miyuki at 2011-09-28 08:58 x
*Tomoさん
わー、お久しぶりです!
Tomoさんもご経験がおありなのですね。ほんと、皆さんすごいなあ。
確かに、ろくろをやってる時間が一番好きでした♪
そして、この時点が一番マシでした……(涙)
Commented by B-coupe at 2011-10-01 11:47
ははは〜、確かにそう言う事もありますね。でもまたその逆もありますよ。だから陶芸は面白いんでしょうね、、、。
Commented by Miyuki at 2011-10-02 12:30 x
*Tomoさん
最後の窯出しまでわからない、というのがまた醍醐味なのかもしれませんね~。
もし次回があれば、今度こそ、いや今度こそ、と思いながらずっと続けてしまいそうな気がします(笑)


<< 回り続ける輪の中で(後) 北の優しい異国から(9) >>