「ほっ」と。キャンペーン

北の優しい異国から(9)

「これはいける、という知恵は、ある天気のいい日に、何の前触れもなく空から降ってわくものだと思っておけば間違いない」
   ----- スティーブン・キング
        (アメリカ人、作家、1947年9月21日生まれ)


茶みせ (=ティールーム)
いぶし肉 (=燻製ハム)
菊倍判の帳面 (=ノート
ニクズク (=ナツメグ)
ハタンキョウ (=ビターアーモンド)
がいとう (=コート)

その他、ヘビイチゴ、かのこまだらのヒレ牛肉、乾板など。

エーリッヒ・ケストナー著、「ふたりのロッテ」から。我が家にあるのは、1975年発行の岩波少年文庫版。
原書が書かれたのは1949年、蒸気機関車の時代です。

兄と私が子供の頃に愛読していた本は、母がほとんどとっておいてくれたので、今では我が家の本棚に並んでます。
お嬢に与えたい本、お嬢が喜んだ本は、結局これらの本が大多数。
訳こそ時代に合わなくなっても、またこれもお嬢の子供に受け継がれていくといいなあ、と思ってます。

(だから手放せないの)(だから本だらけでも許して)

* * * * *

【旅行】

IMG_4416

さて、クロワッサンについて冒頭に書いておきながら、続けたのはベーグル屋の記録だったという前回。(殴)
今度こそ、クロワッサンを食べたベーカリー。つか、カフェですな。

今回泊まったホテルは、そらあ我々ですから、そんな高級な場所ではないわけで。
出てくる朝食は、飲み物類とトースト、ベーグル、ペストリー。フルーツやヨーグルトがあったら、二重丸。
でも、その中にクロワッサンもあったのが、アメリカとは一味違うところ。それが、とってもCOSTCOなクロワッサン、であってもね。

なので、そおゆう朝食はそそくさと済ませて、評判の良い街中のカフェに行ってみたわけです。




IMG_4395

いつ行ってもすごく混んでる、という評判に違わず、ぎっしり埋まったテーブルと、ひっきりなしに訪れるお客さん。


     IMG_4408

幸いタイミング良く、1つ空いたテーブルを確保できまして。
お姉さんにお薦めを聞いた後、更にショーケースまで行って、欲しいパンを物色したのです。


IMG_4396

どれも美味しそうで大変悩んだのですが、クロワッサン3種ははずせない。
それと、Maple pecan brioche。実は、ブリオッシュも大好きなワタクシです。


IMG_4411

どーんと自らを主張しているのが、Almond Croissant。それから、ButterChocolatine
”Poached egg on your face”という可愛い名前のモーニングサンドは、ポーチドエッグサラダ・チーズ・プロシュート・焼きトマトを挟んだパニーニです。

クロワッサン、とっても美味しかったです。外側パリパリ、中はしっとり、生地が快くちぎれます。
バターの香りも豊かで、かといって油っこくはなく。パイ系はどうしても油分の質がモノを言いますが、こちらのはちゃんと良いものをつかっているなあ、というお味。
アーモンドのもチョコのも、べりぐっど。


IMG_4413

そして、豆乳カフェオレがすんごく美味しくて、驚きました。いやあこれ、一体どんな材料&淹れ方なんだろうなあ。
頼んだのは私だったのですが、お嬢が、こんなに美味しいのは飲んだことない、と大感激して、半分以上シェアする羽目になりましたよ。

パニーニも、山盛りの具がどれも、新鮮な材料を調理してあるね、とはっきりわかる美味しさで。パンも固すぎず柔らかすぎずの、良い歯応え。
朝からすごいご馳走を食べてしまって、大満足でありました。


IMG_4397

それにしても、絵になる店内というか、なんというか。
フランス語が書いてあるだけで舞い上がるという田舎モンですが、その限定目くらまし効果を除いても、色合いから黒板文字に至るまで、見ていて飽きません。

あー、フランス行きたいなー。パリも良いけど、田舎に行きたい。
数日でもいいから滞在して、朝市とパン屋に通って、自炊&読書がしたいのです。(夢)(所詮食い気)
でもフランス語できないから、やっぱりイギリスにしておこう。(何様)


IMG_4393

カウンター内のお姉さんにお願いして、更にパンを買い足しました。チーズスコーンやマフィンなど。
この後、ケベック・シティまで車で行くので、道中のオヤツにしましたが、どれもなかなか美味しゅうございましたです。

そういえばケベックで、レストランなどのお勘定の時が面白かったのですよ。
テーブルに小さな端末を持ってこられて、そこでカードを通して、ピコピコとお店の人が入力してから、こちらに手渡されると、チップ入力の画面になってるんですね。
そこで希望額を入力してもいいし、もしくは希望パーセンテージを入れれば、勝手に計算してくれて、総額表示&サイン入力の画面へと移る仕組み。
時にはキャッシャーのレジの画面に、自分で入力したりも。
これは、私の周りではまだ見ないやり方だったので、ちょっとわくわく体験でございました。


Olive et Gourmando
351 Rue Saint-Paul O
Montreal, QC H2Y 2A7
[PR]
by senrufan | 2011-09-21 11:03 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/16329165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まきりん♪ at 2011-09-23 12:43 x
とうとうアップされました、クロワッサン記事(笑)

私の好みはカロリーを度外視して、チョコレート・クロワッサン。画像のもおいそしう!スコーンってジャム塗って食べるのすきなのですが、もそもそするので飲み物必須ですよね、うん。

ケベックのcafeは雰囲気が小粋なのですよね~ベーキングの質が高くて、北米にいることを忘れてしまいそうになりますね。

豆乳カフェオレは私も毎朝淹れています。コーヒー1フィンガー(カフェインに弱いので)をココア茶さじすり切り1杯で溶かして、加工豆乳を注いでチンしております。自分的には絶品。お試しを!
Commented by マミィ at 2011-09-23 16:28 x
うわー、「ふたりのロッテ」懐かしい(涙)すっかり忘れてしまったのでもう一度読んでみたいな。うちの場合は兄妹が読んだ本は甥っこの所へ行っているようですが、読んでいるんだか何だか。

フランスの田舎で自炊&読書…おいでませ、おいでませ!…とはいえ、ノルマンディじゃつまらないかな。やっぱり南仏の方が果物や野菜が美味しいし楽しいかしらんらんらん。
Commented by kako_usa at 2011-09-23 22:38
Miyukiさん、こんにちは~
ベーグルのお店も良かったですが、このお店も良い感じですね♪
私が行ったお店と違ったので、また次回のお楽しみとなりそうです^^
すんごく美味しい豆乳カフェオレってどんな味なのかな~って、
想像がつかないのですが^^;
濃いのでしょうか?トロリとしているのかな?ココアペーストを溶かした感じ?
私なりに想像してみました(笑)
次のお店も楽しみにしています!
Commented by 初音 at 2011-09-23 23:07 x
こんばんは~♪
下のベーグルといい、今回のクロワッサンといい
なんとも美味しそうな!!
ベーグルのモッチリ感がたまらない!最後のサーモンの入った
ベーグルは今すぐにでも食べたいですぅ~^^;

フランス、イギリス♪行ってみたいところです!!
しずかに流れる時間の中でゆっくりと読書!もう最高ですよね~(^O^)/
Commented by すれっぢ at 2011-09-24 00:37 x
あれ~、クレジットカード(セキュリティチップ付きのみですが)の端末、アメリカにはないんですか?なんと・・・珍しい、カナダの方が進んでるのか??
Commented by sivasiva21 at 2011-09-24 08:56
Miyukiさん!
モントリオールレポート楽しませていただいております。
義弟夫婦がいるので、次回はモントリオールでストップオーバーして
ゆっくり散策してみたくなってきました。
でも行くのが大概クリスマス時期なので、寒くて動けなさそうですが。

次はいよいよケベックですね!
旦那の実家詣出が少しでも楽しみになる情報期待してます!

Miyukiさんの記事をみて、ベーグルが食べたくなり、買って来たところですが今度はクロワッサンを買いに行かなければ!!食欲の秋!
Commented by Miyuki at 2011-09-24 13:41 x
*まきりんさん
えへ、ようやくです。後日、ケベックシティでのクロワッサン体験も書きますよ~。

チョコクロワッサンもんまかったです! カロリー? それは元気の素。スコーンもお店によって色々ですが、私もジャムを塗って美味しい、プレーンな甘くないスコーンが好きですねえ♪

おおっ、コーヒーにココアですか、それは良い感じ! モカっぽい風味が楽しめそう。というかまきさん、このレシピは割合的にはカフェオレではなく、コーヒー豆乳ではないかと(笑)
Commented by Miyuki at 2011-09-24 13:45 x
*マミィさん
わーい、「ふたりのロッテ」、ご存知でしたか! お母様、やはり本をとっておいてくださったのですね。日本は特に翻訳本が豊富で素晴らしいので、そのまま受け継いでいってくれればいいですね~。

あ、ノルマンディはすでにデフォルトですから。つか、フランスに行くとしたら、マミィさんやさまんたさんに会うのが旅の第一目的ですから(どきっぱり) 南仏、憧れますね~♪ マミィさんと旅行できたら最高なんだけどな~~。
Commented by Miyuki at 2011-09-24 13:52 x
*kakoさん
こんにちはー!
いやあ、このお店、良かったです。トータルで気に入りましたね~♪
カフェオレはね、なんというか、バランスがとっても良かったんですよ。
ほのかな苦味、丁度良い甘味、濃すぎないコク、程好い口当たり。とにかく美味しかったのです~vv
ケベックシティでもクロワッサンが評判のお店に行ったのですが、こちらのお店の方に軍配でした。
Commented by Miyuki at 2011-09-24 13:58 x
*初音さん
ベーグル、日本でもすっかり普通になりましたね~。
日本のパンのレベルは本当に高いし、種類はこちらの何倍もありますからね。美味しいベーグル、召し上がってくださいまし♪

もう年ですから、忙しい観光より、その土地で”生活する”体験を楽しみたいなあ、と思うんですよね。
南の島とかのリゾートも良いですけど、石造りの建物を見ながら散歩できるようなところに行きたいですvv
Commented by Miyuki at 2011-09-24 13:59 x
*すれっぢさん
アメリカのどこかにはあるのかもしれませんが、私の周りではまだ見てないのですよ。そうです、そちらの方が進んでいるのです(笑) あれは便利でいいですね~。
Commented by Miyuki at 2011-09-24 14:02 x
*Yumiさん
全くの素人名所観光でお恥ずかしいです、もじもじ。
クリスマス時期は移動が大変そうですが、街のデコレーションやイベントがすごそうな気も♪

ケベックはやはり、世界遺産のあそこが面白かったですね~(笑)
ご実家とはどのぐらいの近さなのかしら。というか、冬だったらあそこの観光はどうなるのだろう……

食欲の秋、そうでした! だから最近、ますます良く食べてるんだワタシ。って、年中そうでした(爆)
Commented by KawazuKiyoshi at 2011-09-24 15:23
これはいける、っというのは、天恵ですね。
きょうは、くろわっさん!
ふふふ
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2011-09-25 09:31 x
*Kawazuさん
ほんとに、特に美味しいものの場合ほど、天恵と拝みたくなります(笑)
Kawazuさんも美味しいものを召し上がって、スマイルがこぼれていらっしゃいますようにvv
Commented by lazytok at 2011-10-04 10:49
こんにちは!お久しぶりです~!
引越しでばたばたしてて、ここのところゆっくりお伺いできていなかったのですが
ようやく未読だった分をがっつり読み終えました~。
で、ケストナーとあったので、この記事にコメント♪
「ふたりのロッテ」はまだ読んだことないのですが
息子共々「点子ちゃんとアントン」が大好きです。
わたしは断然高橋健二さん訳のほうが好きですね。
音読するならなおさら、です~~。
親子2代(3代?)にわたって読み継がれる本があるってほんとうに素敵ですね!
Miyukiさんも、Miyukiさんのお母さまも素晴らしいです~~!

「朝市とパン屋に通って、自炊&読書がしたい」ってすごくわかります。
わたしも、ただそれでいいんです。
で、いま、福岡のスーパーもコンビニもない村の山の中で、それに
近い生活をしています。あ、パン屋さんもない・・・(^_^;

あ~やっぱりMiyukiさんブログは素敵でした。
久々にゆっくりおじゃまできてほんとうに幸せです・・・☆ありがとうございました!
Commented by Miyuki at 2011-10-04 11:58 x
*lazytokさん
こんにち、はーー!! (という声と共に抱きつき攻撃)
Twitterでブログで繋がらせていただいておりますが、やっぱりtokさんからのコメントは嬉しいなあ~vv
「点子ちゃんとアントン」、私も大好きです♪
音読するには、なるほどー! その視点はありませんでした。大事だわ。
いえいえ、それだけ長く続く本を書いてくれた方々が素晴らしいのでございますよ~。そして復刊を繰り返してくれる出版社も。
こちらでは翻訳本が早く絶版になってしまうので……ケストナーは、ぼろぼろになった昔の本が図書館で読めたらラッキー、みたいな(涙)

tokさんの徒歩生活、大変でしょうけれど、同時にまた気づかされるものがありました。
車ばかりで、それをありがたいと思っているのですが、見過ごしているものもきっと沢山あるんですよね。

こちらこそ、tokさんの記事がアップされて、本当に喜んでおりますvv
あの優しい言葉使いに癒されるばかりで、何もできない自分が不甲斐無い限りですが(涙)、応援だけは人一倍。
落ち着いてゆっくりやりとりできる日が、一日も早く来ますように。


<< 回り続ける輪の中で(前) 北の優しい異国から(8) >>