北の優しい異国から(5)

「お金っていうのは貯めたお金の量より、使ったお金の量の方が人間の幅を広くするんだと思う」
   ----- 鈴木亜久里
        (日本人、レーシングドライバー、1960年9月8日生まれ)


講演会のお知らせをいただきました。
ベストセラー・「ツキを呼ぶ魔法の言葉」の著者、五日市剛氏の講演会が、サンフランシスコとサンノゼで開かれるそうですよ。

「言葉のチカラ」
 ~ そして ツキを呼ぶ魔法の言葉をあなたに!

  ・9月17日(土) 
    サンフランシスコ 午前10時半開場、午前11時開演
    サンノゼ     午後5時半開場、午後6時開演
  ・詳細及びチケット購入は、こちらのHPから

* * * * *

【旅行】

IMG_4223

オリンピック公園の向かい側にあるのが、Montreal Botanical Garden。モントリオール植物園です。
植物園としては、ロンドン、ベルリンに次いで、世界3番目の規模だとか。

10の温室と、30の屋外庭園。
これを、2時間そこそこで回ろうなんて、そんな無謀な家族がいるわけないですよねー、ってここにいた。(驚愕)
果たして、彼らの辿る道筋は!?




IMG_4163

なんてドラマが、あるわけないですね。(あっさり)
まずは大きな温室、The Exhibition Greenhousesにゴー、でございます。


   IMG_4167

        IMG_4171

いやあ、この中、本当に面白うございました。
地域とテーマによって、幾つかに区分されているのですが、そのどれもが珍しい植物でいっぱい。


     IMG_4178

こちらは、スパイスとして使われている植物と、その加工された姿の展示。
シナモンやクローブ、カカオ、カルダモンなどがありましたぞ。


     IMG_4182

初めて実物を見た、パイナップル。あ、実じゃなくて、木(?)に生っているところ、です。
すごく可愛らしくて、かえって手を出せませんでしたわ。(出すつもりがあったのか)


IMG_4184

     IMG_4188

ここだけで2時間経ってしまいそうな勢いだったのを、必死にとどめて、外に出ます。
30という屋外ガーデンのうち、さて、どこに行くべきか。
お嬢の希望により、Alpine gardenを最終目的地として、その途中は歩きながら流し見物をば。


IMG_4194

といっても、早々流し見物なんてできましぇん……だって、どれも見事なんですもん。
夏の植物をメインとした、Perennial Garden


IMG_4203

ミレットに飛びついて啄ばむ、小鳥達。(かーわーいーーー)
望遠レンズでも、この距離の撮影が精一杯。


IMG_4204

Economic Plant Gardenでは、野菜畑もあり。


IMG_4206

IMG_4208

ようやく着いたAlpine gardenは、高山植物が育つ庭園です。
険しい岩場などで、ケナゲに育つ植物達。なので、それなりに強いのかと思いきや、とてもデリケートなので、足を踏み入れないでください、という札が立ってます。
たまーに砂漠に行きたくなるワタクシですが、そういう場所で目にする緑というのは、また格別なものでございますね。


IMG_4214

IMG_4216

やっぱりちらっと見ていこう、とJapanese gardenも。
池の中には、ちゃんと錦鯉もいるですよ。


     IMG_4220

他にも、Chinese gardenやFirst nation gardenなど、もう「半分走ってます」状態で流し見学。
なんでこんなに慌てなきゃいけないか、というと、駐車場の時間制限があったから。
時間を決めてチケットを買い、車に置いていくのですけど、駐車場でパトロールが延々と周っているのを見ていたので、絶対時間内に戻らなきゃ!と必死だったんですな。(ぜえはあ)


IMG_4221

10分ほど遅れてしまったのですが、ちょうどパトロールがうちの車に着く手前で戻ることができて、ぎりぎりセーフ。
カナダで罰金はカンベンしてください。


IMG_4166

向こう側には、オリンピック公園のMontreal Towerの雄姿。
可能であれば、一日かけてゆっくり周りたかった、見事な植物園でございました。


Montréal Botanical Garden
4101, rue Sherbrooke Est
Montréal, Québec
H1X 2B2
[PR]
by senrufan | 2011-09-08 08:20 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/16255149
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by まきりん♪ at 2011-09-10 14:53 x
おお、植物園にいらっしゃったのですね!

1993年に訪れた時から変わっていないです~懐かしかったです。
ここの植物は自然界の豊かさを実感できる品揃え(笑)ですよね。
Commented by Miyuki at 2011-09-11 13:09 x
*まきりんさん
はい、行きました! お薦めくださってありがとうございましたvv
実はうちの母も行ったことがあって、すごく気に入ってた場所なんですよ。

変わらないですか~。ということは、その当時からこの立派な内容だったわけですなあ、えらいなあ。
Commented at 2011-09-11 13:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by senrufan at 2011-09-11 14:12
*非公開コメントさん
早速のコメント、本当にありがとうございます!! 私こそ、お会いできて本当に嬉しゅうございました~~(うるうる)
後ほどメールさせていただきますので、どうぞよろしくお願い致します!

Commented by KawazuKiyoshi at 2011-09-11 14:16
面白かった。
有難う御座いました。
今日もスマイル
Commented by Miyuki at 2011-09-12 06:08 x
*Kawazuさん
お久しぶりです~!
こちらこそ、ご訪問ありがとうございました。おかげさまで、今日はスマイルでいられそうです♪


<< そして暮れゆく今日の日を 北の優しい異国から(4) >>