私は私の味がある

「批判する人がいなかったら、たぶん成功はおぼつかないだろう」
   ----- マルコム・フォーブス
        (アメリカ人、出版者、1919年8月19日生まれ)


     IMG_4386

カナダのマクドナルドのマーク、可愛いのです。
Mの字の真ん中に、カナダ国旗などでお馴染みの、メイプルリーフがついてるのです。(ないのもあったけど)

フランス語表記だというだけで、ちょー庶民の味方のマックがオシャレに感じられる、俗物のワタクシです。

* * * * *

【レストラン】

IMG_3963

無事テストを終えて戻ってきたお嬢を乗せて、ランチの為に向かったのは、スリランカ料理のお店だよ。
いまだにセイロンという旧国名も覚えてる私は、一体何歳なのか聞かないで。




IMG_3960

こじんまりとした店内に入ると、すごく素敵な笑顔のれでぃがお迎えしてくれる。
あ、この人、お店のWebで見た人だ。オーナー兼シェフの方、だったかな。

とってもにこやかな彼女から、手渡されたランチメニュー。
飲み物も、スリランカのフルーツを使ったものやラッシーなど、興味深いものが色々だよ。
こちらのお店をインド料理と紹介しているサイトもあったけど、こうやってメニューを見ると、共通項は多くても同じではない、と感じるね。


IMG_3959

お嬢チョイスで選んだドリンクは、Belli JuicePassionfruit Cordial
Belliというのはスリランカのフルーツだそうで、あとで探したら、こんな商品と説明が。
コーディアルといえば、メリー・ポピンズに出てくるライムジュース・コーディアルを思いだす、ってのは遠くに置いといて、薬効のある飲み物らしいよ。

両方とも、すんごく甘いったら。さすが暑い国の飲み物だけある。
辛いカレーと一緒でないと、ちとツラいほどの甘さである。


IMG_3954

ランチスペシャルは、おかずやカレーを2~4品選んで、それに玄米かジンジャーライスを添えて、DhalとPapadam、にんじんサラダがついてくる。
お嬢が選んだのは、Mushroom SoyaSri Lankan Mango Curryの2品。

Soya(多分Soy meat)、トマト、そしてマシュルームを、スリランカのスパイスと一緒に炒めたものだそうだけど、全然辛くなくて、マイルドなおかず。
マンゴーと玉ねぎを、スイートチリソースで和えたマンゴーカレーは、予想以上に甘めでこってり。


IMG_3957

私が頼んだのは、Cauliflower Cashew CurryGarbanzo Curry
カリフラワーとカシューナッツは、ココナッツクリームソースだったので、これもしっかりコクがある。
ごろごろと転がったカリフラワーの食べ応えが嬉しいね。
ひよこ豆のカレーもココナッツミルク入りだったけど、これは辛さと上手くバランスがとれてて、甘すぎず辛すぎずで良かったよ。

お嬢も私も、とても気に入ったランチ。
ダールにつけて食べるパパダムも、かりかりと軽くて美味しかったし、ちょこんと添えられたチャツネも、少量あればありがたい。
お腹満足な2品ランチは、オーガニック材料使用で$8.50なんだから、これは嬉しいメニューだね。


オーナーのお姉さま(おばさまとは呼べない)、「どこでこのお店を知ったの?」と話しかけてきてくれて。
ネットでこのエリアのベジタリアンレストランを検索したら、このお店がトップに出てきたの、と答えたら、すごく嬉しそうになって、うちはほとんどオーガニックの材料を使ってるし、大勢のお客様にいらしていただいているのよ、と語ってくれたのだ。
ディナーはもっとメニューがあるから、今度はぜひ夜に来てね、と言われて、大きく頷いてしまったよ。だって、ほんとに来てみたいと思ったもん。


IMG_3953

お店は小さいけれど、おもてなしの温かさと、インドとは違った菜食メニューが嬉しい場所。
近くだったらリピートして、顔なじみになれるお店、だっただろう。
我が家から遠いのが残念だけど、何かの機会に再訪できたらいいなあ、と思ってるよ。


Pearl of the Ocean
736 Water Street
Santa Cruz, CA 95060
[PR]
by senrufan | 2011-08-19 09:04 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/16147625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 世界が美しくあるように 限りある中に埋めるもの >>