「ほっ」と。キャンペーン

清貧と充足の交差点

「私は、人体が自然にそなえている抵抗力の大切な事を、決して忘れることはできません」
   ----- アレクサンダー・フレミング
        (イギリス人、医学者・細菌学者、1881年8月6日生まれ)


アトピーに悩むお嬢、西洋医学のドクター、お2人にお世話になったのですが。
どちらも、「原因はわからず、対策も特に言及できず、とりあえずステロイドを処方」となったのは、まあ予想通りでありました。

ですが、1年半ぐらい前から急に悪化したのは、絶対何か理由があるはずなので。
マクロビ仲間のpyonさんからご紹介いただいて、この夏休みの間、鍼治療の先生にお世話になることにしたのですね。

柔らかな優しさに溢れた女医先生は、脈診を行われて、お嬢と私が同じ性質である、とおっしゃられ。(はい、同じB型です……)
一通り問診と治療を行われた後で、お嬢の場合、肝臓が熱を持っていることが原因で……と、至極わかりやすく、今の症状と原因を説明してくださって。
それがまた、私が子供の頃に悩んだ症状と同じであったことに、強く感銘を受けたのでございます。

理由がわかれば、せめて見当がつけば、対処の仕様があるのです。
年頃の女の子が、顔や首、肘の内側が痒くて痒くて、切れたり爛れたり、皮がぼろぼろ剥けているのが、辛くないはずはないでしょうに。
「私よりもっと辛い人はいっぱいいるから」と、ほとんど弱音を吐くことのないお嬢なので。
せめて、前に進む確信がないままステロイドに頼って、後悔することだけはしてほしくなかったのです。

通い始めて、徐々にではありますが、良くなっていくきざしが確かに見えてきて。
ですが根っこにあるのは、生活面のことだけでなく、彼女の性質・性格によるものも大きいので。
ゆっくりゆっくり、先生の助けを借りながら、抜け出していけたらいいなあ、と心から願います。
せっかく身体が出してくれたサイン、しっかり受けとめて、良い結果に繋げたいものでございますね。


先日の治療の後、改めて先生に、肝臓に良い食べ物などをお聞きしたところ。
苦いものが解毒にいいんですよ。
逆に辛いものや揚げ物は、肝臓はとても喜ぶんですが、実は火に油を注ぐようなもので、かえって悪化させてしまうのですね。
だから、スパイスや油物は、あまり摂らないようにしてくださいね


その後、お嬢お気に入りのインド料理のお店に行く予定だとは、到底言えませんでしたとも。

* * * * *

【レストラン】

     IMG_3933

ところで、先生のオフィスはサンフランシスコにあるので、この夏休み中、週1回ペースでSFに通っているわけで。
せっかくだから、と治療の後は、2人であちこち探検もして、楽しく通っているんだな。

その中で、面白かったお店を2~3軒。
まずは、先日ディスカウントクーポンが出たので知った、オーガニックティーのお店だよ。




IMG_3897

入ってみて、うぉ、こおゆうお店だったか、とちょっと引く。
アレだな、ZENだなZEN、とお嬢とこそこそと。アメリカで頻繁に出会うZENのアレコレ、いまだに概念が良くわかりません。


IMG_3894

それでも、こんな雑多なアジア風は嫌いじゃない。日本語がついてる食器やお茶も。
お茶もだけど、シンプルな食事メニューまで、オーガニック&ヴィーガン。

ティーポット単位で注文するお茶は、大きく分けて8種類。といっても、普通のティーハウスほど品数は多くなく。
BlackやWhite、Greenなどは良くあるけど、こちらのウリはどうやら、プーアール茶っぽい。
Ripe PuerhRaw Puerhというのがあって、それぞれラインナップが並んでる。後で調べたら、熟茶(じゅくちゃ)と生茶(なまちゃ)ということらしい、とこちらで教わりました。
名前に惹かれて、熟茶からPrince Cake、生茶からPrincess Cakeを頼んだよ。


IMG_3902 IMG_3903

運ばれてきた2種類の急須には、当然茶葉が入ってて。
お店のお姉さんが、まずは大きな保温ポットから、急須にお湯を注いだよ。


IMG_3900 IMG_3926

そして数秒待って、一旦ガラスのポットにお茶を入れたと思ったら、なんとそのまま、急須にじゃじゃーっ!とかけるとは。
まずはこうやって、急須を良く温めるのよ、とお姉さん。


     IMG_3908

机の下を見たら、なるほど、バケツが置いてある。
格子のように穴が開いている机から、ここに流れるわけなのだな。


     IMG_3925

改めてもう一度お湯を入れて、茶葉がきちんと開いたら、こんな風に茶器をガラスのポットに入れて、最後の一滴まできちんと出すように、だって。
いやはや、面白いもんだなあ。


IMG_3906

熟した王子様のお茶は、渋く程好い苦味あり。
生の王女様のお茶は、軽やかで独特の酸味あり。
どちらも美味しくて、何度もポットと湯呑みの儀式を繰り返す。


さて、お腹もすいてるし、ランチもとろう。
Monk Food Menuと銘打った内容は、オーガニック&ヴィーガン、そして可能な限り地元産。
それらに加えて、揚げ物・砂糖・大豆・グルテン・ピーナッツ・カシューナッツ・ナス科の野菜・にんにく・玉ねぎを使ってない、んだって。
名前からして、仏教のお坊さんの食事らしく思われるが、精進料理とはイコールではないのだな。
スープ、サラダ、丼ものなどの中から、お嬢はスープ、私は丼を。


IMG_3919

Adzuki Beans, Brown Rice & Veggies Soup
小豆と玄米、根菜入りで、具はほっこり・スープはさらさら、ほっとする美味しさの食べるスープ。


IMG_3920

こちらはその名も、Ninja Bowl。オーダーする時、ちみっと恥ずかしかったです……
これは、キヌアやかぼちゃ、ビーツなどのサイドメニュー($3)から3つ、そして海苔やトルティーヤなどのサイド($2)から1つ選んで、$10の丼仕立てにしてくれるというもの。

選んだのは、Tricolor QuinoaとSteamed Greens、Steamed Beetsと、アボカドのスライス。
蒸しコラードとビーツがのっかった、キヌア丼となりました。


IMG_3922

どれも味付けは特にしておらず、自分で好みに合わせて使ってね、ということで、ヒマラヤンソルトにカイエンペッパー、オリーブオイルが添えられた。
正直、これはちとフクザツな感じを持たないでもない。
外食の濃い味付けに閉口しがちな私としては、自分で調整できるのはありがたい反面、せっかくお金を払うレストランなのだから、そこならではの味が食べたいと思ったり。

お嬢に、もっと頼まなくていいの?と聞いたら、
「どれもうちで作れるものばかりでしょ」と言われて、母ちゃんショーゲキ。
確かに、蒸し野菜にグリーン、生にんじんの千切りなど、うちのいつものご飯と言われてしまえばそれまでか。
おまけに味付けも自分で、となれば、不満に思う人もいるのかな。

ううむ、でも個人的に、ありがたさに軍配を上げるかな。
なんたってお坊さんのお食事だもんなー、というのは半分冗談としても、お値段はそれを反映してか、素材の良さのわりに十分リーズナブル。
お茶をじっくり楽しむことを考慮すれば、食べ物はむしろこのぐらいシンプルでも良いと思うんだ。素材も調味料も良いものを揃えてて、それが何よりと思うんだ。
実際、お野菜の味が濃くて美味しくて、結局塩もオイルも、ほんの少しで十分満足したよ。


IMG_3931

大好物のRaw Chocolatesがあるとなれば、オーダーせずにいられようか。
Superberry Cupと、Almond Coconut Dreamを1つずつ。
ローチョコレートって、初めて食べた時はそこそこの感激だったのに、今ではヘタな市販のチョコより、ずっと好きかもだ。鮮やかなカカオの味にはまるのだよな。


     IMG_3896

独特の雰囲気と内容なので、決して万人受けするお店ではないけれど。
好みに合うなら、近くにあったら時々足を運びたく思わせる、そんな”静かな日常性”が良い感じ。

面白い仕掛け(?)のテーブルが低く、丸椅子も背もたれがないので、そんなとこを不満に思う人もいるのかなあ。
でもお坊さんなら、贅沢に寄っかかって座っちゃいけないだろう。(まだこだわる)

イベントも色々やってるみたいなので、一種、コミュニティの仲間を得るつもりで来るのも良いかもね。


Om Shan Tea
233 14th Street
San Francisco, CA 94103
[PR]
by senrufan | 2011-08-06 13:04 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/16076404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mikamika at 2011-08-08 13:36 x
苦いもの=ゴーヤが溢れるほど収穫できたら、Miyukiさんに届けるから待っててねぇ〜。
えぇ、まだ花も咲いてませんけど…。
Commented at 2011-08-08 14:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by senrufan at 2011-08-09 02:13
*みかしゃん
うわあん、ありがとーー!! 前に苗を、と言ってくれていた時、すごく迷ったのよねえ……でもみかしゃんの緑の指にまかせるのが一番ですわ、絶対。
Commented by senrufan at 2011-08-09 02:14
*非公開コメント様
初めまして~!
そしてそして、どうしましょう、嬉しさと感激で涙が止まりません~~(だーだー)
お言葉に甘えて、後ほどメールさせていただきますね! ああ嬉しい~、ありがとうございます~~~~。
Commented by 初音 at 2011-08-09 14:01 x
こんにちは~♪
お嬢さん、アトピーですか?うちのメンバーもアトピーと喘息で^^;
アトピーは見てるほうが辛いわよね?!

レストランの行って「お母さんの作る料理じゃない」って言われるなんて
徹底してるのね♪♪
私も約一月精進料理(笑)を食べてたせいか、ニクニクしいのは遠慮がちかなぁ~^^
このまま精進料理を続けられたらバッチリなんだけどぉ~^^;

日本はあっついですよぉ~(*^^)v
Commented by Miyuki at 2011-08-10 12:16 x
*初音さん
こんにちはー!
そなんですよね、初音さんのお嬢さまも。
ほんとに、見ているだけで何もできないのが辛いです~(涙)

いやいや、そういうわけではなく、家でも作れるものを注文することはないでしょ、というケチ根性ですね(笑)
動物性絶ちって、実は結構早くに身体が変わるのですよね。もし戻していかれたいなら、ゆっくりと、ですよ~。

はい、日本に3週間滞在していた旦那から、色々聞いてます。
どうかご自愛くださいねー!


<< 足を休める場所となり 自分の居場所を決めるもの >>