消え去ることのない価値を

「どんな大きな流れも、きっかけは一人の小さな行動から生まれます。
もしあなたが『自分には大したことなど出来ない』と思ってしまったら、それは世界にとって大きな損失となるのです」
   ----- 第14代ダライ・ラマ
        (チベット人、チベット仏教最高指導者、1935年7月6日生まれ)


The Bilingual Advantage

タイトル通り、「バイリンガルは能力的に有利である」という内容の、NYタイムズの記事です。

ざっと見ると、
脳の中には、脳のマネージャーのような働きをする、Executive control systemというものがあるが、
2言語が常に脳内に存在するバイリンガルの場合、何が重要であるかを判断する時、このシステムをより頻繁に使用しながら、その時に合った言語に即座に切り替えながら行う為、効率的な判断が可能となる。

その結果、バイリンガルはモノリンガルに比べて、
アルツハイマーの症状が出るのが5~6年遅い、
マルチタスクをこなすことに長けている、
というメリットがあるのだそうです。

我が家のバイリンガル=お嬢に、こおゆうことに自覚があるかどうか聞いたところ、
「ありえなーい!」と大笑いして終わりになりました。ちっ。
そんなお嬢のバイリンガルへの道のりは、以下の日記にて。
見つからないとゆってたSさん、わかりにくくてすみません~。右側の「雑事インデックス」の中に隠れてます。

小さな足の、大きな一歩 (バイリンガルな子育て@あくまで我流)
   (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9) (10) (11) (12) 
   サンタ編 スキー編


ところで私、今からでも遅くはないかしら。(すでにプチアルツ)

* * * * *

【雑事】

IMG_3814

アニメ音楽中心だったコンサートに関連して、ちょっと閑話休題的な雑談を。

この独立記念日のコンサートのスポンサーは、Radio Disney
ディズニーという”企業”に対しては、もやもやごにょごにょと色々思うところはありますが、そういうものを離れたところで、お話や歌には、素直に好きなものが沢山あるのです。
特にお嬢が幼かった頃は、プリンセス系は全然でしたが(だってお嬢だから)、こちらに来た年に公開された「Hercules(ヘラクレス)」が大層気に入ったのに始まって、翌年の「Mulan(ムーラン)」は3回も映画館に行ってしまったほど、親子揃って大ハマり。




それから、ビデオを色々買いましたとも。
まだその頃はDVDはなかったのと(…)、ディズニーは初回限定生産という、上から目線のトンデモナイ戦略をしいていた為、買わざるをえなかったんですな。
まあ実際、買って損したと思うものはなかったので、後で許してやりましたけど。(もっと上から目線)

アラジン」、「美女と野獣」、「ライオンキング」、「リトルマーメイド」、「ノートルダムの鐘」、「ポカホンタス」などなど、上の2作品には及ばないものの、楽しんで見ておりましたね。
ただ、好きだったのはオリジナル版で、柳の下のドジョウ狙いの「2」にはブーイングでしたな。

ターザン」が歌以外はイマイチで、以降のディズニー映画は、観に行っても気に入らなかったり、端から興味が沸かなかったりで、そこで”ディズニーは卒業”っぽくなったのですけれど。
お嬢に教わったところでは、なんでも世間でも同様な評価があったようで、上記作品の頃がディズニーの黄金期と見なされているんだそうですね。
”Disney Renaissance”と呼ばれるその黄金期、なんとWikiにも説明があるぐらい有名とは、全く知りませんでした。
良い時に子供時代を過ごしたねお嬢、というより、私もその時代に小さい子の母でいられて、幸せでございましたな。


お嬢も大きくなって(そっと目頭を押さえながら)、ほとんどのビデオを手放してしまいましたが、なんと先月、お嬢がとってたMythologyのクラスで、「ヘラクレス」のビデオを見たというではないですか。
ディズニーが一番好きな頃に、ヘラクレスを見た世代の子達ですから、上映中の教室は大盛り上がりだったそうで。
お嬢が帰ってから、2人で名セリフやジョークを言い合って、Youtubeで歌を探して、なんてことをやったら、どんどん懐かしくなってしまって。
残していたディズニー音楽のCDを聴きながら、思わずAmazonでぽちっ、としてしまったのは、2枚の中古CDだったのでございます。

買ったのは、「Disney's Greatest Pop Hits: A Decade Of Radio Singles」と、「Disney's Superstar Hits」
両方とも以前はテープで持ってたのですが、聴きすぎてヘロヘロ→廃棄、という道筋を辿らせてしまったという過去が。(悔)

どちらも、映画内でキャラが歌う挿入歌ではなく、最後のタイトルロールの時などに流れる、歌手が歌ったバージョンを集めているのですが、これがなかなか良いものが揃っているのですよ。
早速MP3におとして、運転中に楽しんでおります。

過去にはディズニーランドも何回か訪れて、園内を歩くキャラとお嬢の写真を、何枚も撮ったのですけれど。
他の子が、「きゃーっ、シンデレラ!」と叫んではしゃぐところ、そんなそぶりは全く見せず、まあ仕方がないか、みたいな生温い笑いでカメラに収まっていたお嬢。
大きくなってから聞いてみたところ、実はディズニーのあのテの事柄は嫌いだったと告った上、その理由が、
「こういう風にすれば小さい子は喜ぶものだ、と決めてかかっているのがミエミエな態度が、とても嫌だったから」
ときた日には、一体どんだけ可愛くない幼児だったんだねキミは……(くらっ)

そのストーリーが好き、あの歌が好き。このストーリーの中で、あのキャラが好き。
まあ確かに、それがシンプルでいいんですけどね。

*-*-*-*-*-*-*-*-*


IMG_3819

蛇足になりますが、たまたま今日観たので、ちみっとナウシカ話も。

アニメ会社のブランドでいうなら、ディズニーよりもジブリ派のお嬢。
何本かはビデオで持っているのですが、見てないものも幾つかあるので、ただ今frogfreakさんから、ジブリ作品DVD13枚セットを借りているところです。(感謝!)
夏休みの課題の一つ・「ジブリ全作品制覇」は目前です。(大嘘)

そして今日見たのは、中でも家族そろって一番のお気に入りの、「風の谷のナウシカ」なんですが。
実はこれまた家族そろって、「映画も大好きだけど、原作が更に好き」派なんですな。

1982年2月に、雑誌「アニメージュ」で連載が開始された、宮崎駿氏の手による漫画・「風の谷のナウシカ」。
映画は連載途中の1984年に公開されましたが、その後も度々の中断期間があり、完結までに12年という年月をかけた作品です。
概要は、こちらのWikiでどうぞ、です。

7巻に渡る原作を読んでいただければわかるのですが、映画は実は、1巻と2巻の半分までのストーリーなのですね。
その部分だけを照らし合わせれば、映画は8割がたは原作に忠実に作られているのですが、大本の基本設定が何層にもなっていて、映画はその一番表面の層を、上手くまとめる為に変更を加えて制作されたもの、という感を抱きます。
なので、原作のラストは全く違う世界・違う設定となっており、これについては、かなり賛否両論入り乱れている模様。

それはそれぞれの好みなので、どちらでも良いことなのですが、私達は原作にとても感銘を受けたクチなので。
そして、宮崎氏の思う世界と作品の原点はこれだ、というものが豊富に描かれていますので。
未読の方は、機会があったら、ぜひ一度お手にとって読んでいただきたいなあ、と思うわけでございます。
といっても、絵が劇画調だし、残酷な描写もあるので、これも相当好みが分かれそうなんですけどね。


アメリカでも人気の高いジブリ作品ですが、なぜかナウシカは、あまり人気がありませぬ。
お嬢の周りでは、「良くわからなくてつまらない」という意見が大多数だそうで。

お嬢も、あれを訳すのは難しいよー、と言ってます。
抽象的だし、腐海の意味や王蟲の行動がわかりにくい、明確な悪役がいない、印象的なセリフがない、あたりが主な原因であるのに加えて、こちらの吹き替え版の出来が大層悪いとか。

そうか、そんなものか。
確かになあ、
「そぉのぉもぉのぉ、あぁおぉきぃこぉろぉもぉを……」
とか、訳せないだろうしなあ。(激違)
[PR]
by senrufan | 2011-07-06 10:46 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/15900995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kako_usa at 2011-07-09 01:33
Miyukiさん、こんにちは~
ディズニープリンセスが大大大好きな我が娘ですが、ムーラン、ヘラクレスなどには目もくれないのです。ちょっと4歳児には難しいのかしら???日本語の勉強にと思い、日本語吹き替えビデオを中古で買いました^^;DVDは本当に上から目線な価格ですよねー最新のは買ってしまいましたが、そろそろ飽きてくれないかな・・・って思ったり。最近は定額料金のオンラインでDVDが見放題なんていうのもありますから、DVDも買わなくなりますよね。
スタジオジブリも実はDVD32枚セットを買って(90ドルくらいです)家族で楽しんでいます♪私は「平成狸合戦ポンポコ」が大好きだったんですけど、改めて見るとやはり「ナウシカ」「ラピュタ」は素晴らしい作品ですよね。ちなみにこの32枚セットは「太陽の王子ホルスの大冒険」から「ポニョ」まで収録されていて、その他はMiyukiさんが好きそうな内容のものがあるような。。もし気になるようでしたらebayで「Hayao Miyazaki Studio Ghibli Collection 32 DVDs Box Set」を検索して下さい。同じものを持っています!
Commented by Aya at 2011-07-09 06:00 x
こんにちは!いつもブログは拝読させて頂いていますが、ご無沙汰しておりさみしいです。また何かの集まりで必ずやご一緒できますことを心待ちにしていまーす。
7月4日のイベントは、我が家も初めて行きました。おそらく近くの芝生に座っていたと思われます。お会いできなくて残念~。我が家は日本人家族2組で、girlsがキャッキャッとはしゃいでおりましたが、お互い気付かずだったようですね。帰りはそそくさと会場を出ましたが、駐車場で約1時間、動けずにはまってましたです。次回は戦略をご伝授頂けたら嬉いです。ではまた~。お元気で!!
Commented by Miyuki at 2011-07-09 10:10 x
*kakoさん
こんにちはー! そちらの暑さはいかがでしょうか?
うちの娘がヘラクレスにはまったのは3歳、ムーランは4歳でしたから、もうこれは好みの差でしょうな(笑) 英語か日本語か、与える原語も考えますよね! うちはヘラクレスを日本語と英語と見たのですが、日本語の歌の下手さに呆れて、英語に走りました、わはは。オンラインでの様々なDVDのサービス、消費者としては嬉しいところでありますね♪
えーっ、32枚セットとは豪勢な! 借りているセットにはポニョは入ってないので、どこかで見たいなあと思っていたのですよ。いつもkakoさんには良いことばかり教わっております、ありがとうございますぅvv(愛) 実はいまだにeBayで買い物したことがない田舎モンですが、ジブリへの愛で新しい世界に踏み出してしまうかもしれません。どきどき。
Commented by Miyuki at 2011-07-09 10:15 x
*Ayaさん
わあ、お久しぶりです~! 私こそ、お会いできなくて寂しいですう(涙) また学習会でお目にかかれると良いのですが。
なんと、いらっしゃったのですか! ええええ、だったらその時にいいい。きーっ、悔しいいいい。あの帰りの渋滞は毎年の問題ですよね。見ていたところ、交通整理の人達のヘタさも原因であるようで。来年も行かれるようでしたら、うちが今回停めた場所をお伝えしますよ~。
またお目にかかれる日を心待ちにしておりますvv
Commented by kako_usa at 2011-07-09 20:27
Miyukiさん、再び~^^
こちらは、暑いですよーと言っても、まだ100Fにはいっていないです。80F台後半から90F前後の日が続いています。湿気があるところなので、日本のようですよ~
幼児の歌は独特の音程がありますよね。娘の唄も最初はかなりひどかったです^^;最近はなんとなくまともになり、ハミングのような歌い方をしたり本人も工夫しているように感じます。
収録DVDの中に久石譲さんのコンサートがあるのですが、とても素敵なので見てもらいたいなぁ~と思います♪他にもジブリの裏側がたっぷり収録されたDVDがあるので是非!私のお友達も数人、私の力説に負け購入済みです。トラブルもなく(あっ、32枚目のDVDが見れないかも・・)手元に届いていますので是非是非(笑)ちなみに娘は、ジブリ美術館のDVDを見て「ジャパンに行くからー飛行機に乗って、トトロに会いに行くの!」って言っています。私もジャパンに行きたいわ~本屋さんに行きたいのー(笑)
Commented by Miyuki at 2011-07-10 16:22 x
*kakoさん
温度からしたら、こちらと同じぐらいのように思えますが、そちらの湿気はねえ~(涙)
あ、ヘラクレスの歌は、主人公の吹き替えをやったジャニーズの子の歌が下手すぎたというヤツでして。ジャニーズで歌が上手い子って、数えるほどしか知りませんな(暴言) うちの娘は音程以上に、リズム感がアタタでした……でも楽しんで歌ってくれるうちが一番ですよね~。
おーっ、久石さんのコンサートとは! それはほんとにお得ですね! ううむ、すでに持ってるDVDもあるので、好きな組み合わせを選べたらいいのになあ~、欲しいなあ~~~(じたばた) ジブリ美術館、私も行きたいですう♪ こちらの日系文具屋さんで売ってるトトロのぬいぐるみも欲しくて、いつもじーっと見てしまうんですよ、えへ。だってむぎゅーってしたいんだもんっ。日本の本屋は桃源郷だと思いますがどうですか。(真顔)


<< ねじり鉢巻の心意気 集めて束ねた精神を >>