その温かな手のひらを

「自分が先手なら引き分けだ」(神様とあなたがチェスをしたらどうなるか、と聞かれて)
   ----- ボビー・フィッシャー
       (アメリカ人、チェスの世界チャンピオン、1943年3月9日生まれ)


お嬢が先週末にクラブの大会で、バークレーに2泊3日で行ってきたんですよ。

カリフォルニアのあちこちから高校生が集まる大きな大会で、お嬢の高校はとあるホテルに宿泊。
顧問の先生が引率だったのですが、前々からヒステリックな(げほごほ)熱心な先生であるとは聞いてました。

その先生、二晩とも夜の10時と12時の2回、各部屋を見回り、
他の子が隠れてないか、バスルーム・カーテンの裏・クローゼットまでチェックし、
就寝時間の12時を過ぎたら、ダクトテープでドアを外側から目張りしたんだそうです。

……ホルモン過剰な高校生対策でしょうかね。
年頃の娘を持つ母としては、お礼を言うべき、なのか、なー。


でも食事時間に他校生とご飯を食べちゃいけないとか、他の高校は就寝時間自体なかったとか、就寝時間を過ぎたら強制送還と脅迫されるとか、お嬢としては色々言いたいこともあったようですな。(なはは~)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_2018

ブログを通じてお知り合いになれた、アロマセラピストのるしあママさん(Yokoさん)。
一昨年は日本で、去年はこちらで、リアルにもお会いでき。
夏にこちらでお会いした時に、アロマテラピーのフリーセッションが1回受けられる、というカードをくださって。
しっかり真に受けた自分、この冬の日本滞在の折、そのチケットを忘れず持参して。
お宅にまで押しかけて、癒しの時間を過ごさせていただいたのだ。




5ヶ月ぶりにお会いしたるしあママさんは、変わらずたおやかで、優しくて。
セラピーを受ける前から、美味しいお茶とおしゃべりで、すでに身体と心がゆっくりほどけてね。
香り系は苦手で、デパートのコスメコーナーは息を詰めて走り抜ける、というワタシが、るしあママさんを経由してもたらされる香りだけは、いつまでもほのかにそばにあってほしい、と思っちゃうんだな。

ご自宅でレッスン&トリートメントを行っていらっしゃって、そのメニューも色々と盛り沢山。
フリーチケットでどれをお願いするか悩んだのだけど、冬はしもやけに悩む私の為に薦めてくださったのが、クリスタルを使ったホットストーンクリスタルセラピー
全身の血行を良くしていきましょう、というお言葉に、一も二もなくお願いしたんだよ。


IMG_2016

エステサロンのように、服を脱いで、タオルをかけての施術。
お友達であるからこそ、こんなカラダをお見せするのは、大変に恥ずかしい気持ちもあるのだけど。(みっともねええ)
そこはぐっとこらえて、じたばたしない。まな板の上の鯉の心境です。

温めたクリスタルを、身体の要所(チャクラ)に幾つか置かれたら、うーん、前回同様、快い。
残念ながら、クリスタルのパワーを感じとれるほど繊細じゃないので(しくしく)、ただそのほっこり・なめらかな心地良さを、素直に喜ぶよ。

そして、るしあママさんの手が一段と心地良く。
オイルをつけて、力を入れて、力を抜いて、少しずつ進んでいくんだよ。


一昨年、初めて受けた時、リフレクソロジーでダメダメだった私。
元々まだまだ内臓が荒れていた上に、日本滞在で更にダメージを受けてたらしく、どこを触られても「イダダダダ!」と涙目になったというテイタラク。

足の裏って、反射区というのがあって。(こおゆうの
要は、足の裏に全身の地図があり、押すと痛いところは、その部分の内臓が弱ってる、と思っていいんだよね。
前の私は、青竹踏みも痛くてできなかったし、数箇所にタコのようなものもできてたし。
一昨年にお願いした時は、菜食にはなっていたものの、まだローフードを知り始めて、それほど経ってない頃だった。

それが今年は、リフレクを受けている間に、
あまりの心地良さに、しばらく意識を失ったです。(天国)

はっと気づいた時には、すでに足は終わっていて。
え、これってもしかして、私が健康になってきたってこと? と驚く私に、優しく微笑んでくださったるしあママさん。後光がさしてみえました。(真剣)


ローフードから生菜食へ、グリーンスムージーが毎日のメインとして定着して。甲田療法を知って、西式健康法を教わって。
でも、見事に体系化された療法のうち、わずかな一部を、楽しく取り入れただけだったのだけど。
それで数ヶ月過ごしていくうち、数値では見えない変化が、確実に訪れていた模様。

甲田先生の著書に、
「爪の三日月は、その人の胃腸の吸収能力と密接な関係があり、砂糖やアルコール類など、胃腸があまり働かなくても、栄養を吸収できるような生活を続けている人は、爪の三日月が段々小さくなり、ついに消失する。
また、絶えず食物を口に入れたり、大食の習慣で胃腸に空腹感を与えない人も、胃腸の消化吸収能力が低下して、三日月のない体質になっていく」
といったことが書かれているのだけど。
以前は、両手の親指~中指までは三日月があっても、薬指と小指にはほとんど見た覚えがなかったのが、生菜食を増やして数ヶ月で、左手の小指以外の9本まで出現してくれたんだよ。

これに気づいた時は、むちゃくちゃ喜んだ。
だって、青泥とか生玄米ヨーグルトとか、私には美味しくても、決して人様には薦められんと思うようなものを食べていて。
別に特に病気なわけでもないのに、なにやってんだかな、むしろ病気で真剣にやってる方に失礼じゃないかな、とたまに思うのだけど。少し離れてみたところで、やっぱり身体が欲しがってるのがわかるだけ。
美味しくて楽しいからこそ続けていることなれど、100%開き直ってる、とは言えない状態でいたんだよ。

それが、こうやって目に見える結果を得られたもんで、素直にすごく嬉しかったってば。
一昨年のリフレクの際に、胃腸や腎臓、肝臓が弱ってると教わったのに、そのどれもが丈夫になってきた様子に、嬉しくないわけがないんだな。
胃腸の健康が全ての鍵、と唱えられた甲田先生の療法は、確かに胃腸を元気にしてくれるんだなあ。(しみじみ)

今年以降の目標は、療法を通じて、血行を良くすることナリ。
少しずつマシにはなっているものの、今年も軽く患ってしまった手のしもやけと、なんとかおさらばしたいのだ。


下半身から上半身へと少しずつ上がっていって、全身にマッサージを施していただいて。
いやもう、どこをどうマッサージされても、気持ちいいったらありゃしません。
リラックスしきった私の口は、弛緩しすぎてヨダレが垂れていたかも。(やめろおお)

背中をマッサージされた時に、「きれいな背中ですね~」とほめていただいたの。
そうか、じゃあこれからは顔を隠して、背中を丸出しにして外出するというのはどうだろう。(ただの変態)


     IMG_2856

トリートメントだけでも感謝感激雨あられだったのに、更にいただいた素敵なお土産。
るしあママさんが調合してくださった、アロマペンダントなのだ。

ストレスを受けた時に、ふわっ、と香って癒してくれる、というペンダント。
以来、首にかけたりカバンに入れたりと、いつもお供してもらってる。
Wさんにも、と2ついただいたので、2人でお揃いなのも嬉しくて。あ、るしあママさんもつけていらっしゃるから、3人でお揃いかな。(照)

癒しの手、魔法の手。
人を幸せに、とか、元気に、とか。色々願って、でもなかなかできないことを、るしあママさんの手はやってのけてしまわれる。
オンラインで繋がれてから、2年以上。その間、日々いろんな気づきを拾い集めて、着実にご自分の力に替えて蓄えていかれている彼女は、ほんとに素敵です。


るしあママさん、改めて、幸せな一時に心から感謝です!
秋にひどく捻挫して、正座ができなくなっていた足首が、セッションの後はできるようになっていたことで、ますますパワーを実感致しました。近くだったら、定期的に通わせていただきたいのになあ、とため息です。

またアメリカで、日本で、お会いできる日を心待ちにしております。
本当にありがとうございました!(深々)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

正月の実家で、兄が最近はまっているという器具を使っての体操をやらされた。
Wave Stretch Ringというもので、詳しくはこちらの動画など。

兄と私、1個ずつ持って、兄が指示する通りにやっていったんだけどね。えらかろ、素直な妹だろ。
途中で、リングを足裏にあててぐりぐりするとか、リングを床に置いて、その上に立つとかがあったんだけど、顔を歪める兄に対して、私の方はかなり平気。足裏、痛くない。
これでますます自信をつけた私、次に目指すはマクロビ仲間から教わった、恐怖の台湾式足裏マッサージだな。(野望)

母は相当痛がったらしく、「なんで平気なの?」と聞いてこられて。
でも甲田療法とかゆうと、ひかれそうだなー、と思ったので、とりあえず
「食生活を変えていったら、内臓が丈夫になったみたい」
とだけゆっておいた。えらかろ、親孝行な娘だろ。

や、ほんとは薦めたいところだが、菜食を始めた頃に色々言われたことを思い出すとなあ。やっぱり無理だよなあ、と最初から諦めてます。
どちらが親孝行なのか、ちと迷うところでもあるんだけどね。

でも心配なのは母だけで、父には一切心配してません。
焼肉大好き・ラーメン大好きですが、101歳で亡くなった祖母の遺伝子のおかげで、100歳まで元気でいてくれそうな気配ですなあれは。
[PR]
by senrufan | 2011-03-09 11:37 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/15037011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Sarah at 2011-03-11 15:40 x
ダクトテープって...そんなことなら、お嬢さま、うちから通ってくれればよかったのにぃー。(え、ますます強制送還させられる?)
歳を重ねるごとに健康になっていくって理想ですね。っていうか、以前はそんなに内蔵が弱ってたんですか?
わたくし、あまりにも筋肉質で「立派な男の背中ですね」とほめられたことが数回ありますのー(爆)一度でいいから「女性らしい背中」と言われてみたーい(笑)リフレクソロジー夫は大好きみたいで、私と知り合う前から本を何冊も持っていました。ななめ45度を見上げながらマッサージしてたりして...(笑)
Commented by Miyuki at 2011-03-11 16:34 x
*Sarahさん
彼女もそうさせてもらえればどれだけ嬉しかったか! ほんとにその節はお世話になりました~。もう東に足を向けて寝られません。ちなみに翌朝、同室の子がドアを開けようとしたら、バリバリバリーッ!とすさまじい音が響いたそうです。警報装置も兼ねてたらしい(笑)
私もリフレクで初めて知ったのよ。>内臓 健康診断では毎年エクセレントと言われてたのに、やっぱり数値じゃわからないものがあるんだねえ。
あ、筋肉質の背中は私の憧れよ! こう、くっきりと肩甲骨が浮き出る背中(うっとり) どわははは、そうそう、45度でアルファ波出しながら! じゃあ台湾式マッサージに行く時は声をかけさせていただきます。誰もが痛くて大泣きするんだって~(脅)
Commented by Azky at 2011-03-14 02:18 x
Chiblitsさんのところからお邪魔しました。 放射線対策、大変ためになります! 早速フェイスブックの日本のお友達に教えてあげたいと思います! 有難うございました。
Commented by Miyuki at 2011-03-14 11:12 x
*Azkyさん
コメントありがとうございます! 皆さんからいただく情報を集めているだけという情けなさですが、そう言っていただいて嬉しく思います。Azkyさんのお友達の皆様も、どうか元気にお過ごしくださいますように、陰ながらお祈りさせていただきます。
Commented by mifamilia at 2011-03-27 22:04
Miyukiさん

震災以来、なかなかゆっくり読むことができず・・・
過去の記事を今、さかのぼって読ませていただいたら、

わたしのことが・・・・^^; 

読みながら、照れちゃいましたが、
書いてくださってどうもありがとうございました☆

こんな風に感じられていらっしゃったのか~と読みながら
参考になりました。

変化しているMiyukiさんの身体、すばらしいです。^^

台湾式はわたしも体験したことがないので、
どんな感じなのかな~と気になるところです。

ps:お味噌、おいしくできるといいですね。

Commented by Miyuki at 2011-03-28 11:00 x
*るしあママさん
えへへ、書いちゃいました。ひっそりラブレターです(笑)

私は生まれてこの方、ちゃんとしたマッサージというものを受けたのは、るしあママさんからだけなんですけど、とにかくなんでしょうね、あの自分の弛緩具合が信じられないほど心地よくて。
ほんとに、近くにいられたら、絶対定期的に通いたいのになあ、と残念です~。
貴重な時間と素晴らしい癒し、本当にありがとうございました!
次回日本に行った時には、また予約させていただきたいですvv

お味噌、祈っててやってくださいまし♪


<< 東北地方太平洋沖地震(その2) 風が呼ぶもの、運ぶもの >>