合わせたのは、互いの瞳 (2・後編)

「”長嶋茂雄”」(ホテルでチェックインする時、職業欄に)
   ----- 長嶋茂雄
       (日本人、プロ野球選手・監督、1936年2月20日生まれ)


迷言が多すぎて、選ぶのに一苦労でした。もー、大好きですミスター。

【長嶋茂雄】の強烈名言集☆

* * * * *

【雑事】

        IMG_2642frame

前記事からの続きです)

我が家の旦那@喫煙者はちょー忙しく、午前2時3時帰りが通常なんですが。
アメリカに来て以来、運動量も減ったのに、元々食べることが大好きな人ですから、当然ぐんぐんと丸くなり。コレステロールや中性脂肪値が上がって、でも激務は変わらないので、私のハラハラ度は増すばかり。
それでも激務だからこそ、ダイエットや禁煙なんて考えられなくて、健康管理を訴える私の言葉を流すばかり。

子育ての一番辛い点は、黙って見ているだけしかできない、ということで。
ああすればいいのに、こうすればいいのに。そういう思いばかりが溜まっていって、でも吐き出しては後悔することの繰り返し。
距離を置きたくとも自分の日常は、娘という枠にがっちりと囲まれていて。

そして、私自身へのコンプレックス。
外見も中身も、どれ一つとっても自信がなくて、努力したところで、と端から諦めてばかり。
もしくは、人と会っても、後でああ言えば良かった、あんなことしなければよかった、と悔やんだり悩んだりの繰り返し。

そんな、あれやこれやを抱えた自分にとって、食事で身体を変えられること、そしてその成果(?)が日々実感できること。
続けられている自分を、初めてほめてやってもいいかも、と思えたこと。
結局私は、何か完全に自分だけでコントロールできるもの自分がやったという達成感を得られるもの、が欲しかったのですね。
旦那にもお嬢にも、それはできないから。せめて自分を変えることで、家族にやってほしいことを自分にさせることで、その気持ちを消化したかったのです。




食養生の世界は、本当に奥深く、知らなかった知識に溢れていて。
頭でっかちの私は、まずその知的な刺激を得られることが、非常に快かったのですが、これも結局、一種の依存症。
知識という刺激ばかりを追い求め、頭の中で常に「食べ物」について考えていて、現実の「身体」から離れ始めていたのです。
と同時に、自分で何でも決めなきゃ、という気持ちが焦りを生んで、結局何かの”規範”に寄りかかっていたかった。これも、一種の依存症。

お嬢の一言に気づかされて、お嬢の気持ちをもっとわかりたくて。
そうやって探っていったことについては、先シリーズで残した通りなのですが。
そのためにとった”策”の一つが、あえて過食・暴食に走ったこと、だったのでございます。

なんて脈絡の無い、と食養生を真面目にやってらっしゃる方々からは、まっこと意味のないように思われるでしょうけれど。(恥)
太ってる人を軽蔑している、と言われたことの意味は、
自分の体型を気にしていたお嬢のそばに、ガリガリに痩せた私がいたこと。
自覚はなくとも、太っている=自己管理ができない人、という驕った気持ちが、自分のどこかにあったこと。
それらへの強烈な指摘であったので。
そして、拒食と言ってもおかしくない状況を、なんとか打破して、本当の意味で食を楽しめる自分になりたかったので。

それから、ががーっ、と始めましたよ、ジャンクメインの食べまくり。
それはもう、相当な反応が出ましたとも。耳下や腋のリンパが腫れる、口中は腫れて唇はボロボロ、肌が粉をふいて、歩くそばから下に落ちたり、アトピーのような湿疹がでたり。
爪が割れたり剥がれたりしただけでなく、食生活の荒れを示して、表面がガタガタに波打って。

そして、やめたいと思うのに、中毒のようになってやめられない。身体が悲鳴を上げてるのに、やめられない。
のりピーの麻薬報道を見ながら、やめられなかったんだよねえ、わかるよお、なんて呼びかけてみたり。(大変危険です)
砂糖や化学調味料、粉物、乳製品……肉や魚こそ家では食べませんでしたが、いかにこれらのものが身体に強烈か、つくづく思い知りました。

なんでジャンクか、というのは、変な話ですが、とにかく強制的に、”身体に悪いもの”を入れたかった、というのがありました。
”良いもの”や”まともな食事”は、きちんと少量ですませられて、過食にはなかなかならないんですね。食べ物への感謝が、勿体無さ・ありがたさに繋がるので。

でも本来、食べ物に善悪はないのであって。それを食べる側との相性があるだけで。
どんなに”ジャンク”と見なされる食べ物であっても、それが広まっているのには、それなりの意味があると思います。
私はそれを”悪い”として食べなかったし、実際食べたら、相性も”悪い”反応のオンパレードであったんですが。

それでも、そういう食べ物も、自分の気持ち次第で受け入れられるはずだから。
「食べ物」全般に対して、偏見なしに受け入れて、考えて、選んでいくことができたなら。

ほんとに、馬鹿みたいなんですけど。つか、ほんとーーにただの馬鹿なんですけど。(……)
家族や友達に対して、避けていた「食べ物」に対して、贖罪、みたいな気持ちもあった、と思います。

中途半端に始めるのではなく、一気に一番悪いところまで落ちて、じゃない、堕ちてみて。
そういう「食べ物」がやめられない気持ち、そして必要と思う気持ち、それが有効である時の見極め、心身の反応と対処など。
最後には、その手の「食べ物」によって、自分の一番悪いところが引き出された時、それでも認めて受け入れていけるように。

なので、過食といえば、嘔吐などの排出行為が付いてきがちですが、私は決してしませんでした。
それこそ食べ物への、そして関わった人達への感謝の気持ちを、どんなジャンクに対しても捨てることはできなかったので。これこそ、マクロビオティックで教わった、大事な財産でしたから。
どんな悪いものでも、全部身のうちに取り込もう。それでも「消化」できる自分になれたなら。

中庸を良しとする食養生界では、到底考えられない荒療治。
と言えば聞こえはいいですが、要はただの馬鹿の暴走です。やっぱり私はB型でしたよお母さん……


それから2年ほど経ちますが、この間、本当にいろんなアップ&ダウンを経験致しました。
この間の経験については、折を見てぽちぽち書くかもしれません。ただのお笑い話なんですけど、ええ。(開き直り)
ちなみに、トランス脂肪酸の摂り過ぎと鬱病は関係がある、という研究報告もあるそうですね。

そして、いまだに時折襲ってくる過食の波と闘っております。
でも厳密には、「闘ってる」わけではなく、「おお、また来たか、んじゃどうしよっかなー」という感じで、その時に食べたいものを食べながら、今回の反応はどうかな、とお気楽に人体実験を楽しんでおります。
外食しても、今では持ち帰りBOXを手にすることは滅多にありません。お腹をいっぱいにして、心は友達と過ごす楽しさでいっぱいにして、愉快な時間をいただいております。
おかげで、お嬢へのお土産が減って、彼女からの恨めし光線が痛いです。(アタタタ)

マクロビオティックにしろ、甲田療法にしろ、最終目的は「何でも食べて幸せになること」だと私は思ってます。
その為に、まずは丈夫な心身を作ろうとする過程において、どういう生活を送ったらいいか、その方法を色々提示してくれているのが、食養生だと思うのです。
それらのうち、どれを選んで、どう試していくかは、本当に自分にかかっているわけで。

自分は自分、人は人。こんなに言い古された言葉であるのに、実行するのがいまだにこれほど難しいこと。
偏見なしに人を見ること。自分の価値観だけで人を判断しないこと。
それは公けに対してだけでなく、家族に対しても同様で。
ずっと昔から、ずっと自分に言い聞かせていて、少しずつできるようになっていると思っていたのに、まだまだ全然、であったこと。

人に受け入れて欲しいのなら、まずは自分が人を受け入れなくてはいけなくて。
そして、そうやって人を受け入れようとする為には、自分自身を受け入れるところから始めなければなりません。

食に限らず、何かにしがみつかずにいられないという状態は、理由の一つに、「自己評価の低さ」があるように思います。
本来の自分に自信がないから、既存の価値や考え方に拠り所を見つけようとしてしまう。
その拠り所が、痩せられたという達成感であったり、食べている間の安心感であったり、
もしくはカロリーや栄養情報であったりするのが、摂食障害の一つの形であるのかなあ、と。

自信がないなら、自信をつければいい、じゃあ何か打ち込めることを探して、というのも勿論アリですが。
その前に、その「自信のない自分」であることを受け入れて、真正面からさらしていけたなら。

受け入れる、ということは、良いところも悪いところも全部ひっくるめて、ということを。
お嬢の思春期を通じて、いろんな場面で教わったことでした。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

補足その1

尊敬するぺんぎんさんのブログで、とてもタイムリーな記事を拝読することができました。
ご了承を得て、リンクさせていただきます。

 摂食障害の自助グループ
 「魂の監獄」という考え

自助グループの情報も勿論ですが、何よりぺんぎんさんの語られる言葉が、これこれ!これなの! と手を叩きたくなるぐらいに秀逸です。
ぺんぎんさん、いつも本当にありがとうございます。心からの感謝を込めて。

米国内の摂食障害の自助グループについては、
Eating disorder, anonymous, support groupなどで検索していただくと、色々出てきますので、興味のある方はぜひ、最寄の場所を探してみてくださいませ。


補足その2

私の記事内で、食べ物ではなく、「食べ物」と書いている場合は、
食材に限らず、衣食住全般、家庭や職場など、取り巻く環境全てをひっくるめたもの、
とお考えいただければ幸いです。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

Sarahさん記事 : 1 2
まきりん♪さん記事 : 1 番外
Miyuki記事 : 1 2(
[PR]
by senrufan | 2011-02-20 15:59 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/14937221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Hit Me at 2011-02-22 16:11 x
安全な食べ物をバランスよく適量に摂る・・ということほど、難しいことはありませんねぇ。「ハラハチブンメ」の効果を英語で説明した雑誌の記事か何かをどこかで見たことがあるけれど・・。日本人なら「ハラハチブンメ」は知ってるけれど、それでも止められない~♪ いつも満腹までいっちゃいます(笑。
Commented by マミィ at 2011-02-22 18:12 x
ミスターの強烈名言集に大笑いして元気倍増、ありがとう!

お会いしたことはありませんが、数年来ブログを楽しみに読ませていただいていて、Miyukiさんがいかに素晴らしい女性であるかを知らされるばかりです。「自己評価」を下げなくてはいけない人は他にいくらでも世の中に溢れているというのに、なぜMiyukiさんがっ!謙遜なMiyukiさんの自己評価が低くても、私たちファンや、なにより一番に、傍にいらっしゃるご家族たちが心の中では高得点をつけていることは間違いなく!
Commented by 初音 at 2011-02-22 19:48 x
こんばんは~♪

自己否定代表”初音で~す!!” ^^;
「あーーもう私はダメだわ!!」と思うたびにMiyukiさんにどれだけ助けて頂いてるか♪
泣きたい時にここに来て「よっしゃ!!」と元気をもらってるって知ってますか?!
この1年は、色々あって(ご存じだわね~^^;)介護のせいにしてバクバクと!!
私も吐けない・・・当然、横幅が・・・(-"-)もちろんストレスでバカ食いが
信じられない例の人達には非難ごうごう・・・・笑うしかな~い(泣)

マミィーさん(はじめまして<(_ _)>)の意見と私も同じです♪
Miyukiさんのご家族は、絶対に高得点をつけてると私も思います!!
ファンの1人として「いつもありがとう~」(^◇^)
あ!私はようやく家事(料理だけですが^^:)ができるようになってますよぉ~
本当にサンキュー(え?英語で書きなさい?無理!(*^^)v)
Commented by こっぺ at 2011-02-23 02:29 x
贖罪の気持ち。なんだかわかる気がします。
トレンド、といいきってしまうと失礼かもしれませんが、健康てきな食べ物はWholeFood、refinedの食べ物は悪、といった傾向があるとおもうのですが、私がどうしても「悪」をやめられないのは、ぐりとぐらに唾することになるからだ、と自分が思っていると気がついたからなんです。
子供の頃大好きだった、ぐりとぐら。大きなフライパンでパンケーキを焼くときのあのワクワク感。甘いはちみつとバターの美味しそうなこと。私の記憶にあのシーンが刻み込まれている限り、悪者扱いできないなあと思ったのです。息子にも読んであげているので息子もそうなるのかしら。でも食べると後でなんとなくブルーになります。
いい食べ物、悪い食べ物と自分でわけていいものだけを食べたら気持ちがいい、「悪い物」を食べると気に病む。私は今これをやめたいと思っているんです。そのへんの心のバランスをどうとるか、どんな視点に立てばクリアできるのか。このシリーズ、とっても参考になります。それにしても、Miyukiさんがご自分をここまで分析できる力、それを表現できる力を持っていらっしゃるのがほんとに素晴らしいです。
Commented by 初音 at 2011-02-23 07:06 x
おはようございます。
とっても良い朝ですよ♪
昨日書いたコメントが気になって・・・
どうも真剣な話しなのに、ふざけたようなコメントになってしまって・・・
特に最後の分はいらないわよね・・・気分を悪くしたら許して下さいね。

自分と向き合うって難しいわね~これからも楽しみに(?)しています!!(^O^)/
Commented by Miyuki at 2011-02-23 10:14 x
*Hit Meさん
そうそう、「ハラハチブンメ」、私もどこかで読みました! モッタイナイに続くか?と思ったんでした(笑) 満腹になった時の”どっしり感”、あれが欲しい時がありますよねえ。少食でいられる時はいいのですけど、あの感覚が欲しい時は逆らわないようにしております、えへへ。
Commented by Miyuki at 2011-02-23 10:19 x
*マミィさん
長島さん、サイコーですよねー!私も真似したいものですが、なんせ彼は天才ですからねえ、うんうん。

うわあああ、だめですだめです、いけません。お会いしたことがないのに、すでに大ファンになってしまっている姉さまが、そんな間違ったことを思ってはいけません。だっていつか必ず!リアルでお会いするつもりでございますので、その時に「…え?」というショーゲキを受けられてしまうではありませんか。(真剣) 家族からですか……この前旦那に「ごめんね、悪妻で」と言ったら、あははと笑われた上に否定されませんでした。ちくしょおおおお
Commented by Miyuki at 2011-02-23 10:27 x
*初音さん
なななな、なんという。初音さんまで、いけませーん!!
というか私、恥さらし&笑い話のつもりで書いたんですが、ううむ、文才の無さのせいで狙いがはずれてしまいましたな(汗)
私こそ、初音さんのコメントにどれだけ勇気をいただいていることかっ!
健康のことを考えれば確かに心配にはなりますが、心の健康の為に食べることが必要な時が沢山あるんだ、ということを、この2年で学びました。ましてや初音さんの環境では、それが救いになることがどれだけ多いことか。
拒食にしろ過食にしろ、根っこの問題が解決されることが最重要なのに、初音さんの義家族はもう……っっ!!(怒怒)
なので、初音さんのせいではないんですよ~。どうかそれはわかっていて下さいね~。

そうですか、料理は。ああ、でもどうかどうか、そのままゆっくり良くなってくださいねー。決してご無理はされませんように!
Commented by Miyuki at 2011-02-23 10:42 x
*こっぺさん
「ぐりとぐら」とは! おおお、そおゆう発想が!
お母さんが作るふわふわパンケーキ、お子さんには何よりだと思うのですが、こっぺさんがブルーになってしまう理由は何でしょう。例えば出来合いの粉を使った時とか?
的外れだったら申し訳ないのですが、私がジャンクと見なされる食べ物も否定できないのは、それが普及したおかげで食べられなかった人達も口にできるようになったから、なのです。確かに口にしない方がいい材料もあるのかもしれませんが、飢餓に悩む国などは勿論、私達も口にできるものがあれこれ増えた。それが絵本で見たパンケーキであったとしたら、心の健康にはこの上ないですよね。それがきっと身体の反応も変えていく。それが分かってなかったというのが、この私の赤っ恥記録なのでございます、とほほ。
聡明なこっぺさんなら、きっとこんな失敗はなさらないはず。(信頼)こっぺさんが下される結論が、今から楽しみでございますvv
Commented by Miyuki at 2011-02-23 10:46 x
*初音さん
こちらも、雨の1週間が過ぎて、ぐんと春らしい日でしたよ~♪
でもまた冷え込むらしいんですけど、あーあ。

いえいえ、とーんでもないっ! すみません、私のレスが遅れたので心配させてしまいましたね~。
ほんとに私、こーんなバカやったんだよー、というつもりで書いたのに、優しい皆様がポジティブに考えてくださって、思わず嬉し涙がこぼれました。
でも基本のバカが変わったわけじゃない(爆)ので、初音さんらしい明るいコメントがとてもとても嬉しかったです~♪
Commented by ricoron at 2011-02-23 15:45
こんにちは。
久しぶりのコメントです。
↓のお嬢さんの言葉、結構きます。自分も絶対に太る事を下にみてるなって。ありのままが一番と言いつつ、絶対に思ってない自分がいます。だから四六時中ダイエットなんですよね。
自分が食べたものが自分を作る事は百も承知なのですが、なんていうか最近はただ美味しいと思うから食べたいって思います。
体に良いとか悪いとかそういう事の為に食べるのに疲れるとなんとなく思うのですよ。大変なテーマですけれどMiyukiさんの連載、楽しみにしています。
Commented at 2011-02-23 22:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by senrufan at 2011-02-24 12:04
*ricoronさん(mameさん)
そうそう、そうなんですよ、別に太ってる人をどうこう思わないと言いつつ、自分の体型は気にしてるって、やっぱりそうなりたくない気持ちがあるからだよね、と自分ツッコミも。
ricoさんの言うこと、全くその通りだと思いますよ~。身体の声がきちんと聞けたら、頭で食べる必要なく、美味しいものを食べていけるはずなんですよね。情報が溢れていてありがたい分、それに振り回されがちな頭をなんとかしていきたいなー、と。要はもっと馬鹿になればいいんだ自分(爆)
自分でもこれからどうすべ?と思うほどのテーマを選んでしまいましたが、心強いお2人の味方のおかげで、勇気だけは凛々です。がんばりますっ!
Commented by senrufan at 2011-02-24 12:13
*非公開コメントさん
そなんですよ、新入社員の時から週に2日は徹夜してて、50歳を超えた今でもそんな生活してます。でもご主人様の「休みなし」というのには絶句しました……それはさぞかしお辛かったことでしょう。逆に、早めに身体がアラームを出してくれて本当に良かったですねえ(涙) 実は私も渡米して数年後にプチ鬱になりまして。ええ、まだ恥があるんですよこの人生。傍からはどうして、と叱りつけたくなる状態に見えるのは良くわかるのですが、本人的には本当にどうしようもないんですよ。冗談でもなんでもなく、本当に何をする気力もわかないのです……そして周囲の人にそういう態度がどう映るか、どういう影響があるかも良く知ってますので、さぞかし今は大変な時期をお過ごしのことと、心から同情致します。きっと、ほんのわずかな何かのきっかけで、ふっ、とふっきれる時が必ず来ますから。どうか一日でも早く、その日が来ますように、と陰ながら祈らせてくださいませ。
えええ、お姉さま、すごいですーっ! ってことは蟹腹なんですね! そういう生活が励みになる方であれば、自己管理が厳しいことは良いことですよね~。今度水着写真をぜひ送ってください(変態)
Commented at 2011-02-25 10:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by senrufan at 2011-02-25 11:47
*非公開コメントさん
わあい、お久しぶりですー! 私も時々のぞかせていただいてるのですが、いつも読み逃げですみません~。

そういえば、と容量のないノーミソ内部を探ってみる。
おっしゃる通り、身体と心を変えるだけの力が「食」にある以上、そのままでとどまっていることはありえないし、その一つ一つ、無駄なことは決してないと思うんですよね。
将来振り返った時、回り道や無駄に思えるようなことでも、大事に積み重ねていけたら、と思います♪

ええっ、本当に連絡してもよろしいですか!? ちょっと先になってしまうのですけど、3月末ぐらいにそちらでのプランがあるのです。お言葉に甘えてお声をかけさせていただこうかなあ、あの方経由で。(うずうず)


<< その東西は、時代と共に 合わせたのは、互いの瞳 (2・前編) >>