彼らの両目を塞ぐもの

「重要なのは負けるたびに教訓を学ぶことだ。人生は学びの過程であり、自分に最も合ったものを見つけなければならない。いつも見込みのないことをしていたら人生は面白くない」
   ----- ジョン・マッケンロー
        (アメリカ人、テニスプレーヤー、1959年2月16日生まれ)


お嬢が友達と連れ立って、探検しに行ったところ。
なんと、チビたい焼きのお店でございます。

12時半オープンとなっていたので、その時間に行ってみたら開いてなくて。
周囲をうろうろして、5分後に戻ったら、まだ開いてなくて。
ということを、2回繰り返して、12時45分にようやくお店の人が出てきたのに、
「まだ鉄板が温まっていないから、10分後に来て
と言われて、ようやく入店できたのは、12時55分だったそうですよ。(あらあら)


     IMG_2669

お土産に買ってきてくれたたい焼きを見たら、んまっ、噂通りちっちゃっ!
これ6個で$3.25、1ダースだと$5.50だそうですが、それを高いと思うか、安いとするか、ビミョーなところ。

但しこれ、いろんなクリームが楽しめるのがいいですなあ。
小豆あん、チョコレート、バニラ、ヌテラに加えて、その週のメニューやシークレットメニューもある模様。
甘いですが、やっぱり嬉しい駄菓子系です。

詳しくは、いつも頼りになるshinaさんレポにて。(ありがとう!)


Sweet Breams
20 2nd Avenue
San Mateo, CA 94401

* * * * *

【学校】

        frameIMG_2461

昨日のフィリピン料理のレストランについて書いていた時、そういえばフィリピンでもう一軒行ったところがあったなー、と思って、エリア別のレストランインデックスを開いたんですよ。
そして、当のレストランをクリックしようとして、間違ってその下にある店を開いてしまったら、こんな昔の戯言が出てきたんですね。

 怖いお母さん@中国人の話

先日書いたAmy Chuaさんのことに加えて、ちょうどお嬢から、学校のとある中国人の子の話を聞いたところであったので。
これもまたまた引き寄せの法則か、なんてしみじみと思いながら、なんとなく緑茶をずずーっ。(関係ねえです)

で、お嬢から聞いたというのは、こんなことだったのですよ。




アメリカ史の時間で、今は第二次世界大戦について習っているのですが。
その中で、日本の原爆についてのドキュメンタリー、「White Light/Black Rain」という映画を観ることになったんだそうです。
お嬢のクラスでは来週の予定なんですが、彼女が先生のアシスタントとして手伝っている歴史のクラスで、まずは冒頭部分だけを流したんですね。

この冒頭部というのが、日本の渋谷にいる若者達に、
「1945年の8月6日って、何があった日か知ってますか?」
と聞いたシーンだったんですが。
これがもう、お嬢が腰を抜かすほど、どの子も、
「知らなーい、何があったの?」とか、「や、知らねっす」とかばかりで、
誰も答えられなかったように作られてたそうですよ……

まあこれは盛り上げというか、様式美というか、わざとそういう答えばかりを選んだ、というのもあるんでしょうけれど。
ここまで流した後で、先生が皆に意見を求めたところ、中国人の男の子が手を挙げて、こんなことを言ったんだそうです。

「日本の政府は、色々と教科書に小細工をして、正しい歴史が伝わらないようにさせているのだ。だから日本人は、過去の罪を知らない馬鹿なのだ」


なんでもこの男の子、中国本土から来て間もない子らしく、台湾出身の子がヘルプについているんですけど。
この時、わざわざ紙に意見を書き出して、スピーチをするかのように読み上げたんだそうです。
お嬢が最初に思ったのは、「オマエらの国と一緒にすんな」だったらしいんですが、まあそれは置いといて。

そこで先生が、お嬢に意見を求めたので、アシスタントのくせして発言したのは、
「政府は小細工などしてないし、日本の教科書には正しく書かれている上、皆もちゃんと習っている。
ただ日本では、数学や英語などの方が重視されていて、文系科目の歴史は軽視されがちであるということと、何よりここに出ているのは、渋谷系でファッションにしか興味がないような子達だから、習っても忘れているんだと思う」

自分は日本人なのに日本のことを知らない、と常々悲しがっている彼女の、その不安を隠しての言葉だったり。

これに対して、まずは先生が、
「確かにここでは、わざと頭の悪そうな子達に聞いているんだと思うわよ」
という、心温まるフォロー(…)を入れてくださった上に、ヘルプをしている台湾の子も、
「私の周りの日本人の子は、皆ちゃんと歴史を知ってるし、アメリカを責めたりもしてない」
と言ってくれたんだそうです。いい子だな~。ありがとな~。


国外に出たばかりで、英語もまだまだわからなくて、でも負けるもんか、と気を張って。
言葉が通じない中、自分だって色々知ってるのに、と唇を噛むような気持ちで思ってて。
だから、発言できるチャンスを捉えて、ほら見ろ、ぐらいの思いで言ったのかなあ、なんて。
そんな想像をしてしまった、いまやそんな初々しさを、すっかり失くしたオバサンです。

彼がこれからアメリカで暮らすうちに、知らなかったことが色々見えてきて。
中国では常識と思っていたことが、そうではないことに気づく時が来るのだとしたら。
彼が今抱えている時限爆弾が、現状打破と、新しい世界への扉を開く役目を果たした時に、知って良かったと思ってくれたらいいなあ、と。陰ながら祈らずにはいられません。


その後も、もう少しだけ映画を観たそうなんですが、次に出てきたのは、当時米国内のTVで放映されていたプロパガンダで。
その中で、当時の在日米国大使であったグルー氏(多分)が、
「日本人はいくら長年接していても、到底理解できない民族だ。なぜなら彼らの真髄には、いまだに原始的な習慣が生きている。彼らの武器は近代的で新鮮かもしれないが、民族自体は賞味期限が切れてから2千年経っているのだ」
と語っていたんですって。
クラス内では、「とんでもないなー」「バカじゃねえの」という言葉が飛び交ったそうで、ほっとしましたが、日本も”鬼畜米兵”などとやってましたからね、お互い様ですね。

このクラスやお嬢のクラスで、この映画を最後まで観た時、どういう意見が出てくるのか。お嬢から話を聞くのが楽しみであります。
勿論お嬢にも、日本人としての意見を自分なりに持ってから、授業にのぞんでほしいものでございます。(びしっ!)(がんばれよー)
[PR]
by senrufan | 2011-02-16 13:16 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/14932005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2011-02-18 18:33 x
マッケンロー、懐かしいですねぇ。癇癪を起してラケットをコートに打ち付けるたび何かを学んでいたわけだな(笑)

チビたい焼き、今日のレートで一個約45円ですねー!みっちり中身が詰まっていれば安い気がする!ううむ、食べたい。そういえばたい焼きって、鉄板さえあれば結構簡単にできるんですよね!よっしゃ、検索、検索…(←仕事しろ)

中国本土洗脳児童、本当に、アメリカでの教育によってその両目からバリっと鱗が落ちる日が来ると良いですねぇ。
Commented by 初音 at 2011-02-18 19:16 x
こんばんは~♪けして無理してお邪魔していないのでご心配なくぅ~~ですよ(^O^)/

プチなんとかは色々ありますよぉ♪このたい焼きも美味しかったで~す!!

お嬢さんには「頑張って~~~」と思いっきり声援を送りたいです!!
今の日本人は”平和ボケ!”してるなぁ~と感じる私も、お嬢さんと同じで
日本人なんだから日本の事をもっと知ろうよ!と寂しい気持ちですね♪
でも、その中国の子は、これから色々と自分の国の不思議(?)を思い
知りながら暮らしていくでしょう~。アメリカは厳しく大らかな国だと思うので・・・意味しんだったりして^^;
日本は良いかっこしい~だから、外人さんが”のさばちゃってぇ!”
特に我が家エリアは、ここは日本?っていうくらい外人さんがいますので
時々、心の狭い私は「自分の国に帰ったら~!!」なんて思います(あははは)
”鬼畜米兵”実家の父が良く使ってた言葉ですねぇ~。小さい頃は、外国ものは
見せてもらえなかったですよ(笑)
「オマエらの国と一緒にすんな」同じ意見で~す!!大人げないかもぉ???(^◇^)
Commented by Miyuki at 2011-02-19 01:39 x
*マミィさん
わははは、そうそう、ガンガンやってましたよね彼! ほんとに天才でしたなあ。いろんな意味で(笑)

おおっ、さすがです! 中身もそれなりに詰まってるんですが、なんせ小さいもんで、尻尾まであんこ!みたいな嬉しさがイマイチ。日本だとたい焼きプレート売ってるんですよねえ、ううう、欲しいなあ~~。

中国本土では反日教育などしてない、って中国の人はゆうんですけど、現にこおゆう子がいるじゃんー。ぶー。何か共通の敵を持たないと統治していけない大国って悲しいですな。
Commented by Miyuki at 2011-02-19 01:45 x
*初音さん
おお、嬉しいです! その後いかがですか~?

日本にいると、かえって自国のことは見えにくいものだし、結局自分の周囲のことしかわからないものだよ、とは言っているのですけどね~。
この中国の子みたく、母国にいても現実が見えていないよりはずっといいと思うんですが。
いやいやほんとに初音さん宅の外人さんこそ、お帰りにならなきゃいけませんな! もしくはその目からウロコをひっぺがえしてやりたいですわ(怒)
というより、彼らこそ日本やフランスで暮らしても、変わらないままなんですよね……受け継ぐ伝統は素晴らしいことですが、変えた方がいいものはいっぱいあるのにー。
それこそ、「オマエらの考えと一緒にすんな!」←ガキ
Commented by Vivian at 2011-02-19 06:10 x
このエントリーを読んでTVドラマ「遥かなる絆」(NHK, 城戸久枝「あの戦争から遠く離れて~私につながる歴史をたどる旅」原作)のあるシーンを思い出しました。主人公の大学生が中国残留孤児であった父親の影響で中国のことをもっと知りたくなり中国に留学をするのですが、大学の教室で中国人学生から、お嬢さんのクラスメートである中国人男子と同じ内容の言葉で糾弾され、つらい目に合うのです。原作は実話だそうですから、日本人は太平洋戦争の真実を知らされていない、というのはかなり一般的な認識になっているのだと思いました。私自身は日中関係について大人になってから学習したように思います。
Commented by まぐかっぷ at 2011-02-19 11:12 x
Vivian さんのコメントを読んで、私も思い出しました。アメリカに留学していた頃、台湾人や韓国人のクラスメートから教えてもらったことを。台湾人の友達のおばあさんが日本語を話せるというので、「なぜ?」と聞いたら、「ほら、日本の統治時代だったから。」 ん? と思って調べてみたら、日韓併合とか台湾属国とかあって、学校で習って受験に必要だから年号は覚えかもしれないけれど、それだけだったなと。近代史は覚えることがたくさんありますし、高校生としては無理もなかったのかもしれませんけれど。留学は日本で韓国ブームが起きる前でしたから、親日的な台湾はともかく、日本人と韓国人は留学先でも口をきかないなんて大学もあったようですが、私のクラスメートは本当に仲良くしてくれて、うれしかったです。
Commented by ばんず at 2011-02-19 11:42 x
またまた考えさせられるトピックです。
お嬢さん、さすが!紙に書いてきたチャイニーズ男子の口撃に、その場でよくぞこれだけ言ってやってくれました。
本土から来て間もない男子にとってはもうこれが当たり前の常識なことなんでしょうね。彼の故郷には同じ考えの中国人が何億もいるのかと思うと日本人としてはツライ気持ちです。
先生の「わざと頭の悪そうな子・・・」発言はナイスフォローなのですが、戦争でつらい時代を体験した父母を持つ私達と違って、もう次の世代の今の若い人たちって 戦争への思いがより希薄になってしまっているのでは?という危惧も感じました。リアル感のない戦争の話は、本当に歴史の教科書上だけのことだから無関心でいられるのかなと。
愛国心教育バリバリのアメリカに来てから感じるんですよね。日本ももっと愛国心を育てる教育があってもいいのにって。
Commented by Miyuki at 2011-02-19 13:18 x
*Vivianさん
中国の人からの糾弾というのは、それこそこちらのアダルトスクールなどでも聞きますよね。私も、こちらに来てからようやく知り始めたというテイタラクでしたから、本当に情けなく思います。あちらで一般認識というなら、こちらはそれに反論できるだけの知識、たとえば戦後どれだけの援助をしているかとか、謝罪している回数とかを持たないことには話にならないので。と、正論で返そうということ自体、間違ってるのかもしれませんけど!(笑)
Commented by Miyuki at 2011-02-19 13:24 x
*まぐかっぷさん
初めまして! コメントありがとうございますvv
多感な高校時代に、貴重な経験をされたのですね~。私のようなゴクツブシ(殴)はともかく、学生さんは正に生の人種のるつぼにいらっしゃるわけで、私の何倍もの苦労をされている分、何倍もの財産を得ていらっしゃるんだろうなあ、と常々思っております。日本の近代史教育は本当に問題ですよね。縄文時代からじっくり始めるもんだから、近代に行き着いた頃には時間切れで卒業。結果、国際的に一番重視される部分の知識がない人がごろごろ誕生してしまう。聖徳太子より、教えるべき人物は沢山いると思うんですけどねー(笑)
Commented by Miyuki at 2011-02-19 13:30 x
*ばんずさん
彼女の内心はもっと暴言が渦巻いていたらしいんですが、とりあえずとどめておいてくれて良かったです(笑)
中国の彼のことは責められませんよね~。彼はそれが正しいと学んできたのですものね。だから日本こそ、その辺りの、できるだけ公平な見方の歴史を若い子に教えないといけないと思うのですけど。(ため息)
愛国心を育てる教育、大賛成です! 戦争への思いが希薄になっているのなら、それを逆に利用して、国旗や国歌の素直な受け入れや、前向きで一からの歴史教育をほどこしてほしい、と切に願います~。Nationalismじゃない、Patriotismを持ってほしいです。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2011-02-20 01:33
メイントピックでない内容への反応ですみません。。リンクありがとうございます。嬉。

ミニたい焼きクン、日本でも流行ってる(流行ってた?)んですね。デパ地下や駅構内で何度か見かけました。味はプレーン、小豆、カスタード、マロン、チョコ、カフェオレ、キャラメル、チーズだったかな?でも、本物のたい焼きというよりベビーカステラのような感じでした。むしろSweet Breamsのほうが本格的だったような、、まだ健在なんですね。久し振りに行ってみようかな。
Commented by Kirsche at 2011-02-20 09:51 x
興味津々で読みましたよ。お嬢さん、Good Job!

こういうことを平気で言われて英語では咄嗟に返せない自分が情けないです(^^;)

コミュニティカレッジやアダルトスクールのESLにも行っていたので、中国系の人たちと知り合うことの方が多かったです。

カレッジの方のESLは20代初めくらいの若い子たちばかりでしたし、日本人が学校等でこういう目に合ったという記事などを当時たくさん読んでしまったため、なるべく中国本土の人たちとは接触しないように気をつけてたんですよ。とにかく英語で反論どころか、あの当時は何を言われているかさえ判らなかったですしね(今もそれほど変わってませんが)。

でも、こちらの恐怖心を知って知らずか、普通に接してくれました。ただ単にラッキーなだけだったのかもしれませんが。

それからかなり年月が経っているのに、お嬢さん位の年頃でそういうことを言うのがいるのかと思うと、この差は何からくるのだろうと思います。

これから先、アメリカにいる彼が中国という国をどう見て行くのかが楽しみ(?)ですね。

それ以前に日本人が日本の歴史をあまりよく知らないことの方がやはり問題なんですよね。自分も含めてなんですが。
Commented by Miyuki at 2011-02-20 16:02 x
*shinaさん
こちらこそ、いつも感謝です、ありがとう~vv

そでしたか、だから初音さんが↑で食べたとおっしゃってたんですね~。つかshinaさん、それだけ種類を覚えてこられたって、どれだけすごい記憶力をお持ちなんですか(笑) マロンやカフェオレが日本らしいですねえ♪
次回行かれる時は、1時過ぎが安全かと思われます、わはは。
Commented by Miyuki at 2011-02-20 16:26 x
*Kirshceさん
私も絶対返せないですね~(涙) 日本語でも、一瞬頭が空白になりそうです。

私も無事に過ごしてきたのですが、娘の学校で、日本人の子がESLで、韓国人のグループに竹島のことでいじめられたとか、中国本土の子に尖閣諸島の議論をふっかけられたとか、時々聞きます。
あとはネット掲示板で友達とやりとりしていたら、中国や韓国の子が乱入してきて、日本の悪口を言い始める、というのが良くあるそうで。

おっしゃる通り、今ティーンの子達からその手の話が出てくるということに、背筋が寒くなります。
恨みや人種差別の元は親が作ることが多い、と考えれば、ちょうど私達世代が子供に引き継いでいるということ? 私達ですら、すでに戦争を知らない世代なのに。
国や人を変える一番の方法は教育にあると思えば、私達が学んできたことと、彼らがこの数十年作って受けてきた教育の差ということなんですよねえ(ため息)

それにしても、歴史教育の大事さを教えてくれることには変わりはありませんね。でも私が英語で言うのは無理なので(殴)、今日もお嬢に色々と。「今度何か言われたら、だったらそんなに嫌いな国の真似ばっかりするなってゆっちゃえ!」とか(笑)


<< 合わせたのは、互いの瞳 (S番外編) 心配、問題、流して行こう >>