あの日、あの時、繋いだ手 (7)

「不可能とは、自らの力で世界を切り拓くことを放棄した臆病者の言葉だ。
 不可能とは、現状に甘んじるための言い訳に過ぎない。
 不可能とは、事実ですらなく、単なる先入観だ。
 不可能とは、誰かに決めつけられることではない。
 不可能とは通過点だ。
 不可能とは可能性だ。
 不可能なんてありえない」
   ----- モハメド・アリ
       (アメリカ人、ボクサー、1942年1月17日生まれ)

* * * * *

【雑事】

        frameIMG_1792

頭の良い人って、どういう人だろう。
そんなことを、先日友達と話したりしたのです。

私が感心して憧れる人とは、何かができることを、ヘタなプライドの拠り所としていないとか、自然体であることとか。誰もが違うことが当たり前である感覚や、人を受け入れる度量の広さなど。
うまく言えないのですが、「一番大切なことを本能的に掴める人」に、とてもとても憧れます。

それは、学歴や職歴ではなく、家柄や育ちでもなく。
博識であったり、実生活の能力が高いことも、とても素晴らしいと尊敬するけれど。
それ以上に、等身大の幸せというものを知っていて、周囲への感謝が当たり前にあって。
人の気持ちを理解できるだけの健全な想像力と、その気持ちをすくい上げられる包容力。自分自身を笑い飛ばせる、大きな器。
見栄やプライドに囚われて、羨んだり自己嫌悪に陥るばかりの私には、 そんな枷を脱ぎ捨てた、もしくは、はなから持っていなかったかのような自然な立ち姿は、なりたい自分の型そのものです。




先日、TVで教わったことなのですが。
認知症やアルツハイマーの人に対して、その人がやりたいと思っていることを前向きにとらえて、それが叶えられるような形にもっていけた後、彼らの症状が緩和された、という話だったのですね。
理性で感情を抑えておける間というのは、実は人生において、それほど長くないのかもしれません。
底にある”気持ち”は、一生消えず、湧き上がってくるばかり。

一番素敵だなあ、と思うのは。
理性で”気持ち”をコントロールするのではなくて、その”気持ち”そのものが、相手が喜ぶことが嬉しいという”気持ち”であること、です。
子供っぽい例えですが、誰かがすごいことをしたとして、それに対して嫉妬しつつも、上手く隠して「おめでとう!」と言うのではなくて。
そのことが本当にすごい!と思えて、その人が喜ぶことが心から嬉しかったら、相手も自分も”気持ち”が一緒であったら、その嬉しい”気持ち”が倍になって。

「自分がしてほしいことを相手にする」ゴールデンルールより、「相手がしてほしいことを相手にする」プラチナルールの方が更に理想的、とは、以前にも書いたこと。
それを察して、押し付けでなく実行できる力が、私の考えるところの「頭の良さ」であるのです。

憧れて憧れて、どうしても自分にはできないことだから憧れて。
天性だからこそ憧れて。努力で成せることではないから憧れる。
だけど、そういう性質を持ってないので。悲しいけれど、そうなので。

いつもいつも、出てくるのは自分の”気持ち”だけ。
じゃあせめて、理性でコントロールしていく術を身につけなくちゃ、と思っていたのですが。

大事な存在ができて、大事だと思う人が少しずつ増えて、大事だと思う気持ちを素直に認められるようになった頃。
そういう相手だけでなく、人が喜ぶことが同時に自分の喜びになって、”気持ち”が倍になることが増えてきたのです。


ごくごく基本的なことですが、なかなか果たすのが難しいこと。
それが、「ありがとう」と「ごめんなさい」を惜しまないこと、だったりします。
いや違うな、「ありがとう」と「ごめんなさい」を言うタイミングを逃さないこと、でありますね。

特に「ごめんなさい」は、相手が身内であればあるほど、意地っ張りな私にはとても難しく。
それは前に書いたように、私の育った家庭が、ほめるよりけなすことが当たり前だったので。
この2つの言葉は、家族以外の人になら大丈夫なのに、家族内に限っては、意地が先に立ち。

結果、私の今の家族に対して、同じことを繰り返し。
お嬢の見本にならないどころか、お嬢を傷つけることしばし、だったなあ、と返す返すも情けなく。
子供には「ごめんなさい」を強要しながら、自分から子供には素直に告げられない。常に親らしい親でいたかったから、なんて言い訳にもなりません。

ずっと憧れて、でもなれないと諦めていたその姿に、それでもほんの足先だけでも向けることができるようになったのは。
お嬢の思春期を通じて、ありのままの彼女だけでなく、自分自身をも少しずつ受け入れることができるようになってから。
悪いと思った時に、間違ったと思った時に、お嬢に謝って、お嬢の前で泣くことができるようになってから、だと思うのです。


このシリーズの初回に書いた、大人になった彼の、彼女の心のうちに住む、受けた傷を癒しきれないままに泣いている、その子供。
起こったことを消化するには、あまりに幼く、ただ”気持ち”の報われなさだけを味わって。
その子が欲しがっているのは、たった5文字の、ただの簡単な、その一言だったりするのかもしれないから。

ごめんなさい。あの時はわからなくて、ごめんなさい。
そういうことだったんだね、ちゃんと聞いてあげられなくて、ごめんなさい。

大きくなった後でも、間に合えば。
気づくのが遅くなってしまったけれど、今からでもやり直すことができるなら。

ありがとう。 ごめんなさい。
今までの意地っ張りの殻はまだ頭にくっついているものの、家族相手にも自然に口にすることができるようになってきて。
お嬢に向かって、大好きコールを連発しながら、そんな自分を嬉しく思うと同時に、そう変えてくれた家族や友人に、また心からの「ありがとう」を繰り返す。

悲しさや悔しさ、嫌悪感を持ってしまうのは、自分側の理解力の不足もあることで。
相手に対しては何もできないけれど、自分の器次第で消化できることもあるはずで。
同時に、相手の”気持ち”を掬うことも、自分次第で叶えられるなら。
幼い自分にはできなかったことでも、今の自分になら、求めてしかるべきだと思うのです。


自分では、それでも幾らかはできているように思っていたことが、実は全然足りないと知ったこと。
もっともっと、もっと奥底にまで、掘り下げていける余地があったこと。

ならば、今の自分に必要なのは、新しいことを始めて、自分を左右に広げていくのではなく。
今の立ち位置のまま、今手にあるものをもっと知って、もっと深く関わって、確実に身につけていくべきことであることを。

新しい年の始めに、抱負として思ったことでした。



*-*-*-*-*-*-*-*-*

実行できるかどうかは別にして、なー。(舌出し)(台無し)

早くこのシリーズを終わらせないと、それこそ今年になってからの日記が書けません。全く、なんてテイタラク。
ということで、グダグダ戯言は次回にも続きます。
[PR]
by senrufan | 2011-01-17 12:11 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/14768355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aroma_tierra at 2011-01-19 19:41
今日は別のところからログインしてコメントを書き込みさせてもらっています。 Miyukiさんだったら、きっと実行していけると思います。娘さんともしっかりと向き合って、いろいろなことをちゃんと理解していらっしゃいますもん。

ごめんなさいとありがとう、わたしは魔法の言葉だと思っています。







Commented by マミィ at 2011-01-19 20:53 x
自分と真摯に向き合うMiyukiさん、カッコイイです、尊敬です。思いを文章にできるのも凄いです。本能と勘だけで何気なく適当に生きている自分が恥ずかしくなりました。Miyukiさん、心をこめて「ありがとう」。
Commented by ぺんぎん at 2011-01-19 23:16 x
うーん、ご立派!!
わたしは今日も爆発してしまいましたよ〜。
家族とは難しいですね。30代のころは明らかに母との葛藤を抱えていたし、その葛藤を子供に転写してしまうのが目に見えていたから、子供を欲しいとも思わなかった。
夫と二人でだんだんとことまま煮詰まってゆくのだろうか、とちょっと怖い感じがする今日この頃であります。
Miyukiさんの今日の記事にとても反省させられてしまいました。わたしももっと努力をしよう。
どうもありがとう!
Commented by やまばと at 2011-01-20 01:29 x
私が日頃漠然と思っていることを100%、文字にしてくださって
(修行不足の分際で、おこがましいかぎりですが)ありがたく存じます。
ことに、“頭の良い人”に関して、後々社会で活用されるべきそのような能力を
測るための「試験」というものがあればと、切に感じているのものですから。
学問的知識の必要性に異論はありませんが(と、また個人的事情が、、汗、、、)。
Commented by Sarah at 2011-01-20 02:08 x
若い頃の私は逆で自分が謝れば済むのならと、心無い「ごめんなさい」「すみません」を繰り返していました。心の中で舌を出しながら。おかげで意味のない人間関係ばかりだったなー、あの頃は。「いつか私に感謝する日」は永遠に来ませんね(笑)
Commented by akiumi at 2011-01-20 03:46 x
日々、自分と葛藤しながら生きて行くって言うのは、それだけで立派なひとだなあ、っておもいます。
なんか私自身は最近、日々、自分へ言い訳・・・なかんじがするわあ・・・

「心に受けた傷」は、私にとっても一生のテーマになりそうだけど、でも、大事なことは、それがあったからこそ今の自分がある、ということだと私は思っています。いいことも悪いことも、すべての経験がいまの自分を作っている、っていうことに、感謝感謝。

お嬢さんとの歴史は存じ上げないけど、いまのお嬢さんの繊細な賢さというか、聡明さというか、とても惹かれます~。いろんな経験を踏まえて
本当に「頭のいい」おとなになられることでしょうね。
Commented at 2011-01-20 04:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 初音(ゆりこ) at 2011-01-20 10:26 x
不可能とは通過点だ。不可能とは可能性だ。そうよね~納得♪

さすがMiyukiさん、いつもながらに心にスーっと入っていくなぁ~
私、プラチナルールを目指したいわ♪出来る出来ないは別ですがぁ~^^;

とても美しく(写真を見せたいくらいよぉ~)頭もいいし、優しくて、何でも
ちょちょいと出来ちゃう我が憧れだった姉上様・・・・・あんなに恐ろしい
支配力重視の毒のトゲを持ってたなんて・・・・大ショック!!(-"-)

子育ての時に「子供が子供育ててる」とよく言われてた私♪Miyukiさんは
ちゃんとわかって理解しようと向き合ってる。すごいな~と思っています。
うふふ。また!つくちゃったわ~(かなりの脳天気かもぉ)・・・・
本当に驚かせて「ごめんなさい」そして「ありがとう~」感謝です(^-^)
Commented by Miyuki at 2011-01-20 11:23 x
*るしあママさん
そう言っていただけるだけで、すでにその気になってしまう単純バカです。(いばり)
ありがとうございます、がんばりますっ♪

魔法の言葉、ほんとにそうですね。ただの垂れ流しやタイミングをはずしたらかからない、繊細な魔法だと思います~。
Commented by Miyuki at 2011-01-20 11:26 x
*マミィさん
この場できっぱり申し上げておきますが、私の中で、マミィさんは「とても頭の良い人」に堂々と入っておられます。頭でっかちの私には、本能で何気なく、ということこそが憧れなんです!(力説) 姉さまのその勘で、私が何かトンデモナイ方向に行きそうだったら、どうかがっしと止めておくんなさいまし~。
Commented by Miyuki at 2011-01-20 11:29 x
*ぺんぎんさん
あ、憧れの方がまたお一人vv というか、コメントくださる方々、皆そうなんだった……幸せだなあアタシ。(じ~~ん)
親御さんとの葛藤は、多かれ少なかれ、誰でも抱えているものなのかもしれませんね。それで子供を持つ・持たないの選択が分かれるのは当然のこと。問題は、選んだ後の姿勢ですよね。
煮詰まり、上等です。発酵・熟成したぺんぎんさんは、更に私達の素晴らしい導き手になられるのであります!
不肖の弟子としては、これからも努力しなくては~~~~。
Commented by Miyuki at 2011-01-20 11:32 x
*やまばとさん
なはは、文字にするのと実行するのとでは、天と地の開きがありますからしてー(大笑)(殴っていいです)
それそれ、私もそんな検定があればと思います! 私はちょー落ちこぼれになること間違いなしですが、学歴とかに関係なく、生活能力の高さって、もっと評価されてしかるべきだと思うんですよ~。
でも頭の良い人達が、学業優秀も兼ねてることが多いのは否定できませんなあ(ニガワライ)
Commented by Miyuki at 2011-01-20 11:35 x
*Sarahさん
「2つの言葉を惜しまない、いや、……」と言い換えたのは、そういう風に連発することが多いよな私達の場合、と考えたからなんですよ(笑) おっしゃる通り、表面だけでも、タイミングを逃しても、意味がない言葉になっちゃうんですよね。ええ、そんな「時」は一生来なくて構わないわ。
おっさんによろしくお伝えくださーいvv
Commented by Miyuki at 2011-01-20 11:42 x
*akiumiさん
自分への言い訳も、葛藤の一部ですよね~。葛藤を避けているならともかく、その渦中で悩んでいるのであれば、絶対その時は無駄になることはないと思うです。

お言葉通り、頭を抱えたい恥ずかしい過去も、涙が溢れる悲しい思い出も、全部ひっくるめて今の自分があるんだ、と受け入れることが一番根本のことなので。それができているakiumiさんには、あとは前に進む道しかありませぬ。と、ささやかなエールを送ってみます(愛)

お嬢の歴史、今度本人に聞いてみてください。母とのあんなことやこんなこと、恨みごとの数々を語ってくれるかと(……) まずは幸せであることが一番で、そして「頭が良い」大人になってくれたら、人を幸せにする人になってほしいなあ。
Commented by Miyuki at 2011-01-20 11:45 x
*非公開コメントさん
タイムリー! や、実は今日会った友人達とその話をしてたのですよ。私はしばらく前に友人から教わって、ウォールストリートの記事を読んで、お嬢にも転送しちゃいました(笑) 特に記事を書くつもりはないのですが、次回の日記の冒頭でちょこっと触れるかもしれません。
Commented by Miyuki at 2011-01-20 11:52 x
*初音さん
プラチナルール、いいですよねえ♪
でも更に言えば、「相手がしてほしいこと」が正しいかどうかの見極めも必要なんだよ、と言われてうちのめされた経験があります……

いやもう、どこの昼メロでも、こんな筋書きはないだろう、って感じでしたよね……当事者の初音さんには、悪夢以上の出来事だったと思います~~~。
心の偏差値ってなに。(遠い目)

向き合っているようで、実はただの思い込み・都合の良い幻想なのでは? と、ふと冷静になる時がありまして。
で、5秒で見て見ぬふりをして忘れます(爆)
私こそ、初音さんとのご縁に感謝です!! どうか途絶えることのありませんように! これからもよろしくお願いいたしますvv
Commented by Sarah at 2011-01-20 11:59 x
Miyukiさん、
上の写真、これどこのカフェ?なんか可愛くて行ってみたーい
Commented by Miyuki at 2011-01-20 14:27 x
*Sarahさん
お姉さん、お目が高い! San FranciscoのLocal Mission Eateryでございますよ。
http://www.localmissioneatery.com/
この写真はakiumiさんと行った時に撮ったんだけど、ここはほんとにお勧めよぉ♪
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2011-01-21 03:36
重くて、心にずんっと響く内容で、じっくりじっくり読みました。

冒頭の、「等身大の幸せを知る」「人の気持ちを理解できる想像力」「それをすくい上げられる包容力」。印刷して常に目の届くところに張っておきたい勢いです。自分が発する言葉や行動が人に及ぼす影響。自分では気づかないうちに、人を傷つけたり不快にさせたりしている可能性。常に考えながら生活しなければ、と切に思います。

「ありがとう」と「ごめんなさい」。表面だけで発しているつもりはないのですが、私の場合はつい多用しすぎているのかも、と悩むことがあります。心からの言葉なのですが、多用することで表面的で薄っぺらく聞こえているのかもな、、、とさらに落ち込んだり。人に嫌われたり仲間はずれにされるのが人一倍嫌で悲しくて、本当に感謝している、本当に悪いと思っている気持ちを伝えたいと思いつめすぎるのでしょうね。

話が逸れました。。いつもこうして、自分を省みる機会を与えてくださるMiyukiさんに感謝です。
Commented by Miyuki at 2011-01-21 10:25 x
*shinaさん
ね、ね、そういうことが自然にできる人って素敵ですよね! 問題は、こういうことは頭で考えて、やろうと思ってできることじゃないんですよねえ。だから頭デッカチな私は、ますます憧れるわけでございます。

「人を傷つけたり不快にさせたりしている可能性」を常に考えて自分を律すること。それはとても大事ですが、それを考えすぎると、自分を萎縮させて、ますます言葉を発するタイミングと意味を逃していく恐れもありますよね。それに「人に嫌われる恐怖」が合わされば、尚のこと。私もこの悩みとは、振り返れば子供の頃からずっと格闘しているような気がします。特にいじめの傷がまだうずいている間は、余計に表層的な「ありがとう」と「ごめんなさい」を繰り返しておりました。

これだけ恥をさらけ出せるのも、辺境の個人日記という気軽さでありがたいです(笑) そんな赤っ恥が何かお役に立てたのなら、望外の喜びでありますよ~vv


<< あの日、あの時、繋いだ手 (8) 会いたかったのは、この形 >>