会いたかったのは、この形

「誠実な無知と良心的な愚かさほど、この世に危険なものはない」
   ----- マーティン・ルーサー・キング・ジュニア
       (アメリカ人、牧師・公民権運動指導者、1929年1月15日生まれ)

* * * * *

【レストラン】

IMG_1966

前菜&おやつのシナモンロールを買った後は、メインのランチに移動だよ。
ヴィーガンのメキシカン、ときたもんだ。

ヴィーガン・メキシカンなら、先日もすごく美味しいところに行ったけど。
今度のお店は、もっとカジュアルなところらしく、ファーマーズマーケットからスタートしたという、地元応援心をくすぐってくれる背景だ。




     IMG_1958

お店の前に着いた時、そのささやかな外観に、ちょっと心配になったのだけど。(失敬)
入ってみれば、確かにこじんまりとしているものの、なかなか居心地が良さそうな雰囲気の。
オーナーのおじさまがとても優しくて、徐々に気持ちがほぐれたよ。


IMG_1959

どうやってこのお店を知ったの?と聞かれて、
オンライン検索で辿り着いたことや、自分もできるだけヴィーガンにしていることなどを話したら、
あれこれとお薦めを教えてくれたり、写真を歓迎してくれたりして、ますます優しさ溢れた応対。
いいおじさまだなあ、嬉しいなあ。


IMG_1961

迷った末に2人で頼んだのが、Banana Leaf Tamaleのセット。
付け合せとして、ブラックビーンズ、オーガック玄米ご飯、グリーンサラダが一緒に。

更にグリーンサルサが添えられるんだが、この辛さが3段階。
わくわくさんは中間を、私はマイルドを選んだの。


IMG_1963

そしたらこのサルサ、辛いものが大好きなわくわくさんが、その辛さに驚いたぐらいでね。私のマイルドレベルでさえ、ピリピリと舌にきて。
でもその後、2人でこの味にはまったのだ。

というのは、確かに辛いんだけど、こんなの初めて、というぐらいに新鮮この上なくて。
出来立てのサルサ、挽き立ての唐辛子って、こんなに鮮烈な香りと味なんだね。


IMG_1964

グリーンサラダもしゃきしゃきだったし、ブラックビーンズの炊き加減もとても良く。
玄米ご飯は、トマトソースなどと一緒に炊かれているそうで、ピラフなのに油っこくなくて絶妙だ。

何より、タマレスが面白く。
塊状の、ちまきのようなものがタマレス、と思っていたのに、これはすごくみっちりしたクレープ状で、Corn masaの分厚いトルティーヤ。
中の具は、大豆たんぱくにじゃがいも、ケイパー、オリーブで、全部が大きなバナナの葉にくるまって蒸されたもの。

Mole sauceで全体を和えてあるんだが、これが程好い濃さ。
それをみっちりタマレスと一緒に口に運んで、むぐむぐと噛み締めて、その旨さをじっくり味わうよ。

食後は、Blue Bottle local organic coffeeを。
メキシカンクッキーやブレッドもあったけれど、それはぐっと我慢して。
お嬢へのお土産に、PozoleとTaquitoを、持ち帰りオーダーで頼んださ。ちなみに、メキシカンシチューとメキシカン春巻きである、って、こんな説明でいいのかね。


IMG_1960

夕食に一緒に食べた2品も、すんごく美味しくて、お嬢も至極気に入ってた。
カリフォルニアにいながら、メキシカンを全然知らないよー、と思ってたが、あのお店といい、こちらといい、待ってた甲斐があるなあ、という出会い。
付き合ってくれたわくわくさんに、愛を込めての特大ハグ。(あ、逃げないでっ)

どちらも家から遠いのが難点だけど、機会を見てはリピートしたい場所なんだ。
そしてわくわくさんと、またバークレー探索もしたいんだ。


Flacos
3031 Adeline St
Berkeley, CA 94701
[PR]
by senrufan | 2011-01-15 14:07 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/14761446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by わくわく at 2011-01-17 16:09 x
いや~、本当にコチラのお店は美味しかったですよねっ。お豆の炊き加減も絶妙で、サルサの辛さにびっくりしましたが、なんとも味わい深くて辛いのにやめられない!全体的に味付けも濃すぎずバランスよく。
近くにあったら絶対かよっちゃいますね~。
オーナーさんもとても親切な方でしたし、ぜひとも応援したいお店ですよね。
みゆきさんのおかげで、バークレーの美味しいお店訪問ができて、すっごく嬉しいです~。全然使えないナビ役ですが、懲りずにまた探索におともさせてくださいませ☆
Commented by kako_usa at 2011-01-17 20:54
Miyukiさん、こんにちは~
これまた美味しそうなメキシカンですね!!
CA時代はよくバークレー行っていました。
バークレーボウルのブリトーを食べて、買い物して、ショッピング。
懐かしいです・・・またいつか行きたいです~

そそ、私が買った本ですが、「Veggie Burgers Every Which Way」
Lukad Volgerという方が書いたもので、また6月だったかな?
新刊が出るようです。
Commented by さまんた at 2011-01-18 00:58 x
うぉお~無知な私にはお味が想像つかないようなお料理ばっかりなのに、口の中が大洪水です。文章もさることながら写真がまたそそられるんですな…ちなみにMiyukiさんは毎回一眼レフをご使用なんでしょうか?ああ美味しそう…私もお供してヴィーガンとかいろいろ教えてもらいたいなぁぁあ!!
Commented by Miyuki at 2011-01-18 13:14 x
*わくわくさん
ほんとに、近所にこのお店があったらいいのにねー! それか、うちの方のファーマーズマーケットに来てくれないかなあ。
あのお豆もピラフもサルサも、ぜひともまた味わいたいです。
私こそ、わくわくさんがご一緒してくれなかったら、まだ指くわえてWebを眺めているだけでした。道中のおしゃべりも楽しくて♪ また次のツアー、ぜひぜひよろしくお願いします!!
Commented by Miyuki at 2011-01-18 13:17 x
*kakoさん
バークレーは本当に探索しがいのある街ですね~♪
そうそう、バークレーボウルがまた一段と。私もバークレーに行くたび、何とか寄る時間を見つけては行ってしまうのです。買わないまでも、あそこの野菜売り場を見ているだけで幸せでvv

おおっ、貴重な情報、ありがとうございますー!
kakoさんが選ばれたというだけで、私の中ではすでにオーラが(違) やっぱりまた本屋に行かなきゃだめだなあ。立ち読みして中身チェックしなきゃ(買えよ)
Commented by Miyuki at 2011-01-18 13:19 x
*さまんたさん
私こそ、さまんたさんのガレット・デ・ロアが! ガレットが! うわあん、一口でいいから味見させていただきたかったーーー(海に向かって叫ぶ) そです、一応一眼を使っているのです。いるのです。が、全然使いこなせてなくて、万年ド素人なんですわ……(涙)
Commented by ゆりこ at 2011-01-18 16:29 x
私”ゆりこ!”はちゃんと生きてます!!
今、私もメールを見て驚いています!
大変、ご迷惑と悲しみショックをお掛けして
すいません。
メールします!!
Commented by Miyuki at 2011-01-19 02:51 x
*ゆりこさあん
うわああああんん、良かったあああああ!!!
こちらもすぐメールします!!
Commented by matsathome at 2011-02-13 07:50
あのぉ〜、今頃ナンですが、ココってファーマーズマーケットに出店しているお店だったのですねぇ。全く繋がっていませんでした。
3年前から気になっていたのですが、保守派な私は何を買ったらいいのかよくわからなくて、ずーっと見ていただけだったのです。今度ぜひ買ってみよう!やっぱりタマレスかなぁ〜。
Commented by Miyuki at 2011-02-13 12:41 x
*Sarahさん
うん、HPを見てみると、地道にじっくりの過程が読みとれるよね。というか、これって昔から良くあるパターンなのかな? ファーマーズマーケットやフードトラックからスタートして、という。ここのところ、そのパターンが頻繁に目につくような気が。
タマレスもお勧めだけど、シチューもんまかったですー♪


<< あの日、あの時、繋いだ手 (7) 渦巻く甘さに誘われて >>