細くも太くも続く縁

「三毒追放(怒らない、妬まない、愚痴らない)」
   ----- 勝間和代
       (日本人、公認会計士・経済評論家、1968年12月14日生まれ)

* * * * *

【買い物】

IMG_0863

一度いただいてから、そのままはまってしまった、蕎麦花さんの手打ち蕎麦
以来、時々買わせていただいては、家族で大喜びで食べる、立派なリピーター。これぞ、正しいファンの姿です。(いばる)

そして先月、わざわざ日本で買ってこられたという新蕎麦で打ってくださった、極上の麺。
季節の恵みのこの味を、蕎麦花さんの努力を、へっぽこなりに大切に、逃すところなくいただきたい、と思うのは当然のこと。

お蕎麦のパックには、丁寧な茹で方指南書を添えてくださっているのですが。
やっぱりそれでもわからない、細かいコツがあるかもしれぬ。
ということで、実はしばらく前に、茹で方の直接指導もいただいたのでございます。




     IMG_0867

まずは、できるだけ大きなお鍋に、たっぷりのお湯を沸かします。
一人前の蕎麦(蕎麦花さんでは半パック分)を、ぱらぱらとほぐしながら、鍋の上から振り入れるようにします。


     IMG_0868

鍋の中は、あまり強くかき混ぜてはいけません
切れやすい手打ち蕎麦なので、むしろお蕎麦を泳がせるように、ごく優しくほぐすだけで十分です。

茹で時間は、1分が目安。
あとはお好みの硬さによって、時間を調節しましょう。


     IMG_0869

鍋から上げる時は、手持ち付のざるがお薦め。
できるだけ素早く、一気に引き上げます。


IMG_0871

流しがすぐそばであれば、ボウルで受けながら、そのまま流水で軽くもみ洗い
そうでなければ、ざるを水をはったボウルに入れて、流しまで持って行き、流水で。

もみ洗いの目安は、2回です。
そしてできれば、仕上げに氷水で冷やすと、蕎麦が締まって、より美味しくなります。

ざるの水を切る時は、乱暴に投げ上げたりしないように。おバカな私はやっておりました……
ざるを持ちながら、膝をくっ、くっ、と曲げるような感じにしてざるを動かす、というやり方を蕎麦花さんに見せていただいて、以来がんばっております。ええ、大変わかりにくい説明です。


IMG_0873

竹ざるなどの取り皿に盛る時は、ぱらぱらとほぐしながら全体に置いても、または食べやすいように、小分けにして置いても良いでしょう。


     IMG_0877

あとは、同じ作業を繰り返して、人数分の蕎麦を用意します。
大きな鍋であれば、2人分までは同時に茹でられますが、それ以上は蕎麦が塊りになってしまうので、基本的にはお勧め致しません。

めんつゆとお好みの薬味を添えて、お召し上がりくださいませ。
尚、蕎麦を茹でたお湯を捨てずに、めんつゆを湯で割れば、蕎麦湯もお楽しみいただけます。

ざる蕎麦ではなく、温かい汁蕎麦にして召し上がる場合は、より蕎麦が切れやすいので、注意が必要です。
そのためには、蕎麦を茹でて、氷水で締めた後、茹で汁に一度くぐらせてから器に入れて、上から温かいお出汁を注ぐ、というやり方が無難でしょう。

*-*-*-*-*-*-*-*-*

IMG_0876

この日は実は、蕎麦粉2種類の食べ比べ会。
蕎麦花さん、あつゆきちゃん、Hit Meさん、samanthaさんYukkoさんむらさきさん、ともこさんと、総勢8名のれでぃーすが大集合。
たわわに実ったりんごの木の下で、皆でわいわいといただくお蕎麦は、美味しさ倍増でありました。


IMG_0998

さて、蕎麦花さんでは、この美味しい手打ち蕎麦の注文を受け付けていらっしゃいます。
1パック/2人前入(300g)、自家製めんつゆも付いて、$12。(※2014年1月現在は$15です)

更に現在、年末の年越し蕎麦のご予約も受付中。
12月29・30・31日、各日の注文総数10パックまで。
あ、31日は、もう10パックに到達して、完売だそうですよ。

尚、生ものですので、できるだけ当日中にお召し上がりください。
できない場合は、冷凍庫にて早めに冷凍を。
解凍する際は、冷蔵庫でゆっくり解凍した後、お召し上がりになる時の1~2時間ほど前に(季節によります)、室温に。

蕎麦花さんの連絡先は、以下の通りです。
皆様も、どうぞ楽しんでいただけますように。

soba.hana@gmail.com
[PR]
by senrufan | 2010-12-14 12:20 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/14586729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2010-12-16 13:40
た、たいむりー!この念願の年越し蕎麦、30日に頂けることになっていまして。(お友達が注文してくださったのです。)丁寧な解説書がついているとは聞いていましたが、画像つきでMiyukiさんに解説していただけるなんて。最強です。・・・できるかな。「膝をくっ、くっ、と曲げる」水の切り方、今度実演指導をお願いしますっ!そっか、茹でたお湯を捨てるなどともったいないことをせず、蕎麦湯としていただけばいいんですものね。ああ、、今から待ち遠しい。これで2人前で12ドル?!何かの間違いでは、、、

細くも太くも続く縁。まさにMiyukiさんの人徳から生まれた蕎麦の縁ですね。
Commented by マミィ at 2010-12-16 15:53 x
ううう、うらやまし過ぎる!蕎麦花さん、フランスへいらっしゃるご用事はないでしょうか?

お蕎麦の茹で方、大変勉強になりました。水を切るとき、思い切りバシバシとやっていましたわ(涙)あと、温かいお蕎麦の時、水洗いしてから茹で汁に一度くぐらせるといいんですねぇ~。ううむ、ますます食べたくなって来ましたよ~。
Commented by samantha-ca at 2010-12-16 16:58
すごいっ!写真付きお蕎麦解説!とっても分かりやすいです。このまま解説書として蕎麦花ちゃんのお蕎麦につけても良いですね。

リンゴの木の下のお蕎麦、シリコンマダム(笑)が集まっておいしく楽しかったですね。またお蕎麦食べたくなりましたぁ〜。
Commented by さまんた at 2010-12-16 17:57 x
おいひそう…こんな極上生蕎麦が手に入ることはまずありませんが(涙)いつかのためにゆで方覚えておこうっと…。
しかし爽やかな写真…12月でもテラスでザル蕎麦とはそちらは良い気候なのですね~負けませんぜこちとら8月でも鍋がうまい土地ですから!(いばるな)
Commented by soba.hana at 2010-12-16 19:54 x
Wow!! みゆきさ~~ん、ありがと~ございます~~!! 

さすがみゆきさん。茹で方の説明がこれまたとっても分かりやすく素晴らしいです。Samantha-caちゃんの言うように、是非お蕎麦に添付させてくださいませ。

みゆきさんの肥えたお口に合うように日々精進してまいる所存でございます。今後ともどうぞよろしくお願い致します~。

旅費さえ出して頂けたら、フランスにでも何処にでも飛んで行きます~!!(^^;)

Commented by ayumin_moo at 2010-12-17 09:27
Miyukiさんのブログを読んでお蕎麦を食べたくなり、お昼にとろろ蕎麦をいただきました。
スーパーで買った乾麺ですが。。。

蕎麦花さんのお蕎麦、美味しそうですね!
茹で方や水の切り方でも味が変わってしまうんですね。

蕎麦花さん、場所はどのあたりなのでしょう。
遠くなければぜひ予約したいです!
(と言っている間に予約が一杯になってしまいそう。。。)
Commented by Miyuki at 2010-12-17 11:52 x
*shinaさん
おお、注文されたですか! それは美味しい年越しを約束されたようなものですな♪ 膝曲げ、今度実演してみせましょう。笑えることウケアイです(違) 寒い冬こそ、蕎麦湯が最高ですね~vv

人徳という崇高な言葉が、私のところに来ると、なぜか悪徳に変身するのです……
Commented by Miyuki at 2010-12-17 11:55 x
*マミィさん
本当に、フランスまでお届けできたらいいのに~。姉さまが日本で召し上がった新そばに劣りませんぞ。蕎麦粉をトランクいっぱいに詰め込んで、ノルマンディーで行商@マミィさんの通訳付きという夢。

私も、大変勢い良く水切りしてました……乾麺の場合は大丈夫かもしれませんが、生麺は大事に扱わないといかん、と自分に言い聞かせましたよ。
Commented by Miyuki at 2010-12-17 11:57 x
*samanthaさん
分かりやすく書けたのならいいんですが~。でないとあとで自分が使う時に困りますからねえ(爆)(すっぽぬけ頭対策)

本当に楽しかったですね、偽胸れでぃーすのミーティング!(笑) 私もこう書いてるだけで、また食べたくなってきましたよ~~。
Commented by Miyuki at 2010-12-17 12:02 x
*さまんたさん
うう、さまんたさんにもお届けしたいです、このお蕎麦。今は乾麺でしのいでいただいて、いつの日かノルマンディー行脚が叶えばその時は!(野望)

わははは、避暑地に最高の場所ということで! この会は実は8月に開催だったんですよ。その時に新そばを冬に、ということを聞いたので、その時に合わせてアップしようとキープしておいたのでありました。さすがにこちらも、今朝は零下近かったですよ~。
Commented by Miyuki at 2010-12-17 12:06 x
*soba.hanaさん
だ、大丈夫ですか、間違ってないでしょうか? 色々丁寧に教えてくださって、本当にありがとうございました! 添付されるのでしたら、ぜひ花さんの肖像写真を入れなくては(真剣)

今でも十二分に美味しいお蕎麦、花さんが更に上達されたら、どれだけ美味しくなることか(うっとり) こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

マミィさん&さまんたさん、ということでノルマンディー行脚はコレ次第でっせ。(指でわっかを作ってます)
Commented by Miyuki at 2010-12-17 12:53 x
*ayuminさん
お、蕎麦光線が届きましたね、ふっふっふ。

そうなんですよ、こちらでは本当に貴重なお蕎麦ですから、できるだけ美味しくいただきたいですよね~。
それにしても、日本人に生まれて良かったなあ♪

場所はサンノゼエリアですが、いかがでしょう?
もしよろしければ、優しい花さんと相談されてみてください! まずは予約ですぞ~vv
Commented by Chico at 2010-12-19 01:11 x
まさにタイムリー!
実は、Miyukiさんがこの記事をアップする前に、注文させていただいていたんですよ~。
お蕎麦、ただ茹でればいいってもんじゃないのですね~。
すばらしい画像つき説明を参考に、美味しく茹でてみたいと思います。
あ~、待ち遠しいです~!
Commented by Miyuki at 2010-12-19 16:07 x
*Chicoさん
なんと、そうでしたかー!
お蕎麦に添えられた説明書だけでも十分だと思っていましたが、実際に生で見せていただいたら、まだまだコツがあったんですねえ。
美味しい新蕎麦を楽しんでくださいね!


<< 貴方のお気に召すままに あの日、あの時、繋いだ手 (4) >>