「ほっ」と。キャンペーン

貴方のお気に召すままに

「神がもし、世界でもっとも不幸な人生を私に用意していたとしても、私は運命に立ち向かう」
   ----- ルードヴィッヒ・ヴァン・ベートーベン
       (ドイツ人、作曲家、1770年12月16日生まれ)

* * * * *

【レストラン】

     IMG_1624

日米間をお忙しく行き来する、Hit Meさん。(敬愛)
なので、こちらにいらっしゃる間に、と、お会いできる時はいつも待ち遠しく。

今回のデートは、南の方の市のダウンタウン。
前から目をつけていたレストランが、ちょうどランチを始めたところだったので、まるで私達の為みたいじゃない?(小首を傾げ)と強く思い込み、訪れてみることにしたんだよ。




IMG_1622

オーガニック・イタリアンのレストラン。
テラコッタカラーの外観から、内装も同様なものを想像して入ったら、あら、落ち着いたアースカラーで、しっとりと良い感じ。
壁にワインがずらりと並び、古典系の絵画が架かってて、所々の飾り物も雰囲気出てて良いなあ。


IMG_1587

そしてランチは、なんとビュッフェ形式
知らなかった私達はちょっとびっくりだったけど、ずらりと並んだお料理は、見た途端にわくわくしちゃうメニューが並んでるよ。

向かって左側、バーカウンター上のアペタイザーから始まって、入り口寄りのデザートまで。
当然、全種類制覇といきましょう。(鼻息)


IMG_1598

アペタイザーが3種類。
鉢に盛られたToasted Mix nuts
Grape & Pecorino skewers。葡萄とチーズの串刺し、可愛いのだ。
そしてPinzimonioと呼ばれる、新鮮スティック野菜&オリーブオイル・バルサミコ・塩・胡椒。


IMG_1597

Focacciaは2種類ね。
オニオンとオリーブ、両方1つずつね。


IMG_1596

French Lentil Soupは、(Vegetarian)の表示つき。
わーい、レンティルは大好きだ。


IMG_1593

サラダは、Zucca Caprino with Goat Cheese
グリーン、かぼちゃと山羊チーズの上には、アーモンドもぱらぱらと。


IMG_1591

野菜料理は、Broccori Gratinati with Parmesan Topping
ブロッコリーのグラタンとなっているけど、トマトをくり抜いた中に詰められているし、トマトのグラタンと呼んじゃいかんのか。


IMG_1588

パスタが2種類で、Orecciette ai Broccoli(Vegetarian) と、Penne Panna e Salsiccia
耳の形のオレキエッテはブロッコリーの緑色。ソーセージ入りサルッチャソースのペンネは赤で、肉と野菜の対比色。(……)


IMG_1608

私達が離れている間に、テーブルにサーブされていたパン。
ほかほか温かくて、甘くないパンケーキ。もちもちしてて、美味しかったの。
ドリンクも含まれていたので、アイスティーをお願いして。これがまた甘くないものだったので、ありがたかったの。

     IMG_1602

まずはアペタイザーを、取り皿に全種類。
そしてこちらのTagliareは、selecturs of meat & cheese・お皿ごとお取りください、というメッセージ付き。
置いてある位置からして、食後のチーズプレートっぽかったが、前菜としていただいたよ。

アペタイザー、どれもグッドです。野菜の味が濃くて嬉しいよ。
チーズの種類と名前はわからなかったけど、穏やかなの、クセのあるのと、数種類食べることができて、これがまたんまかった。
チーズプレートの上の黄色いペーストは、ほんのり甘いかぼちゃ、だと思ったんだけど、どうだろう。
甘いナッツも添えられてて、バラエティに富んでいる。


IMG_1615

そして、サラダにスープにパスタなど。どれも美味しかったよ。
生野菜はごく新鮮で、ドレッシングがなくても、しっかり素材の味があり。
スープの味もちょうど良く、パスタの茹で具合もちょうど良く。

グラタンが、ちょっとトッピングが油っこかったけど、焼いたトマトがジューシィだったので、その美味しさでカバーだね。


     IMG_1601

IMG_1605

IMG_1606

ビュッフェテーブルツアーの第3弾は、いよいよデザート・ハントだね。
TiramisuTorta di Mele a RaggiMacedonia、ときたもんだ。


     IMG_1620

マチェドニアは、フルーツポンチほど甘くなく、許容範囲内。
りんごのトルテなのかな、素朴な焼き菓子は、りんごがぎっしり、甘さも控え目。

その分、ティラミスがぐっと甘かった。お酒も効いてて、チョコレートチップも入ってて。
でも、Weckの瓶入りというオシャレさと、その中に少量、ということを考えれば、これだけの甘さがあった方が、こちらの人には良いんだろう。


IMG_1613

これで、飲み物込みで一人$20。もっとお代わりするつもりだったのに、デザートまでいったらお腹いっぱい……(悔)
じゃあ元がとれなかったか、と言われれば、満足感の方が大きくて、そういう気持ちは感じない。
味は勿論のこと、メニューも通り一遍のものはなく。
食べた種類がまた多かったので、目や心の満足度まで高かった、というのもあるしね。

それに、ちゃんとベジタリアン用メニューがあったのもありがたく。
オーガニックを謳っているところから、野菜が多いことも期待していたので、それが叶えられたのが嬉しいの。

ただ、こうやってたまのランチにならまだしも、頻繁にはとても行けないお値段なので。
利用する人達が、どんな目的で来店するか、だな。


     IMG_1610

ここは、ディナーも期待できそうなお店だね。単品で色々試してみたい。
店内の雰囲気も、夜はまたぐっとムードが出そうな。恋人と来るのに良さそうな。(募集中)(殴)

人気のほどはわからないけど、私達が出る頃には、ほとんどのテーブルが埋まってた。
席数は多くないから、週末の夜は予約する方が無難かな。


Tigelleria Organic Restaurant 
76 E Campbell Avenue
Campbell, CA 95008
[PR]
by senrufan | 2010-12-16 13:21 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/14575840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ゆりこ at 2010-12-20 12:48 x
こんにちは~♪
いよいよクリスマスまで数日ですね~ルンルン!
イタリアンレストレンでの、美味しいご馳走たち!!
かぼちゃと、グリーン、チーズのサラダは私にも見た目は(笑)作れるぞぉ~♪
ただチーズは違う物になると思いますが…えへへ
いつも、おしゃれなお店。とっても楽しく写真にクギ付けになりながら
拝見しておりま~す「ありがとぉ~」(^O^)/

これまた、下の記事は年末用?(^-^)
お蕎麦の丁寧な茹で方指南♪しかも、画像付き!!嬉しい~ぃ
テーブルの真ん中のクリーム色は、伊達巻???そんなわけないですいね…
この頃「おせちぃ~」♪と歌まで作ちゃってるので、似てたりするとすぐに
「あ!おせち!!」と思ってしまうのです(苦笑)
それでは、クリスマスケーキ&おせちに向かって走りま~す・・・・・
食べる事ばかりですねぇ~おっほ!(^_-)-☆
Commented by Miyuki at 2010-12-21 07:51 x
*ゆりこさん
いよいよカウントダウンですね!
ゆりこさんなら、他のメニューも立派に再現してくれそう♪
写真が物足りなくて悔しいので、せめて数で勝負しております(爆)

あ、あれは友人お手製の出汁巻き卵です。すんごく美味しくて、皆からリクエストがくるんですよ~。
わはは、そのおせちソング、ぜひ聞きたい!
ゆりこさん宅の定番おせちはどんなのかなあvv
食べることで頭がいっぱいなのは負けせぬぞ。だって、食べることは生きることですからね(真剣)
Commented by Chico at 2010-12-25 01:59 x
素敵なレストランですねぇ♪
うちから近いので、近いうちに誰かを誘っていってみます。
(今度、私ともデートしてくださ~い。らぶこーる。笑)
それにしてもMiyukiさんの写真の素敵なこと!!!
私も新しいレンズが欲しい今日この頃です。
Commented by Miyuki at 2010-12-26 07:41 x
*Chicoさん
はい、素敵なお店でした♪
ぜひ行ってみてください! お昼なら、ベビちゃん連れでも大丈夫じゃないかな。
あ、私がベビーシッターをつとめますので、えーと来週の(すでにデートのつもり)
いえいえ、このお店の陽の射し具合が良かったおかげです。
私も望遠を買わないといけないんですけど、高くってですね~(涙)


<< 写る姿はありのまま 細くも太くも続く縁 >>