いつも此処に僕がいる (後)

「女たちがまだわかってないことがある。パワーは人からもらうものではない。パワーとは自分の手でつかむものだ」
   ----- ロザンヌ・バー
        (アメリカ人、コメディアン、1925年11月3日生まれ)


ローカルニュースです。

11月5日(金)、サンフランシスコの日本領事館に行かれるご予定の方へ。
下記のデモが行われる様子なので、どうかご注意くださいませ。

5 November 2010 is Worldwide Anti-Whaling Day

* * * * *

【個人的事情】

     frameIMG_0053

さて、この奥歯の虫歯の治療ですが、かなり難易度が高いというのが、先生の弁。
というのは、元々歯茎内に出来た虫歯なわけですから、根元に近いところを削らなきゃならない。
しかもかぶせるクラウンは、そこまで届く長さのものでなきゃならない。

根元に近いということは、またまた神経に近いということで。
麻酔の本数を増やして、カバー範囲を広げられてから削り始めたのですけど、途中麻酔が効いてないところにかかってしまって、涙目でストップをかけたりとか、
更に麻酔を打ち、ようやく効いてから再開したら、顎どころか頭までガンガン振動が響くとか、
洗浄の為の水やエアーが、神経にさわって飛び上がりそうになったりとか。




ようやく終わって、仮のクラウンをかぶせてもらって、数日過ごしたのですけど、この間がまた相当痛いったら。
せっかく抜歯の痛みがなくなったと思ったら、瞬きする間もなくバトンタッチされました。(目が死んでます)

正式なクラウンをかぶせてもらい、数日後には痛みは軽減されたのですが、それから1ヶ月以上たった今でも、時々咀嚼時に軽い痛みを覚えます。
しかし先生曰く、これ以上は神経を抜くしかない、とのことなので、できるだけ耐えて慣れたいなあ、と。
神経を抜いた歯は、いずれはダメになってしまいますもんね。せっかく全部自分の歯なので(今のところは)、できたらこのまま老後まで、なんて思っているのでございます。


ようやく左側で咀嚼できるようになった段階で、いよいよ今度は、右下の親知らずの番。
と思ったら、急な日本行きで延期になり、その後も色々予定がたてこんで、結局10月の末になりました。

繰り返すまい、前回の失敗、の心意気で、今度は当日手術以降はジュースのみにしても、断食仕様はやめにして。
前日まで普通の食生活、どころか、またしばらく出かけられなくなるから、と、友達とあちこちお出かけして。(なんか違う)

当日の朝食をしっかり食べた方が、薬から胃腸を守ってくれるだろうと、普段は食べない朝食を、しっかり詰めこんでいきました。
といっても、やはり午前中ですし、あとはジュースになるわけですから、リジュベラックとスムージー、生玄米ヨーグルトという内容で、生菜食オンリーにしておいて。
しかしこれだけだと、手術時間には消化されてしまっている恐れがあるので、米粉の蒸しパンも。
久しぶりに朝にパンを食べたので、その重みで手術時間には眠くなってしまったのですが、それがかえって良かったです。

ハロウィンのちょっと前だったので、先生は、
「うん、これでほっぺたが腫れるから、ハロウィンの仮装にちょうどいいね!」
って、センセー、んな仮装はいらねーです……

痛み止めの処方も今回は断って、市販の薬にする了解を得て。
帰宅したら薬を飲んで、またWheatgrassに活躍してもらいまして。
市販薬は見事な働きで、服用して数分後にソッコー効果、1回で夜まで痛みを治めてくれました。
普段全く薬類を摂らない分、効果が強く出るのかも。

翌朝も、さすがに痛みは出ていたものの、気分の悪さはほとんどなく。それだけで世界が一段明るくなったようです。(ハレルヤ)
この日、痛み止めを2錠から1錠に減らして、翌日には、飲まないでも耐えられるようになり。
腫れも、5日目には完全にひいてくれまして。ええと、多分ひいてるんだよなこれ。元から丸いから良くわからん(殴)

昨日のフォローアップ検診でも、特に問題なし、とのお言葉をもらい、
今日は1週間ぶりに普通食を、友達宅でいただきましたです。ああ、しみじみとんまかった。(ハレルヤ再び)
あとは、完全治癒を待つのみです。


そういえば手術の際、先生が何度も、
小さい口だねー、手が入りにくいねー」
とおっしゃったんですが、これにはマジで仰天いたしました。
というのはワタクシ、頭も悪いのですが、外見は更に輪をかけてアレでして。はっきり言って、かなりのコンプレックス持ち。
中でも、小さい頃からからかわれ続けた、デカ口・タラコ唇が一番の悩み、だったのですよ。

それが、小さい!? だとぉ!? なぜか誇りを傷つけられた気分。(おい)
まあ確かに、欧米の肉食人種に比べたら、草食系のアジア人は顎が小さいのですよね。
一番小さいのは、ベトナムの人達だとか。麺まで米だからかな。


余談ですが、最初のコンサルトの時に、先生に質問したのです。
この歯は日本では親知らずと言われて、それは17歳以降、大人になってから生えるから、という理由だと聞きました。
でも、こんな風に困った存在である歯を、なんでこちらではwisdom tooth(智恵の歯)と呼ぶんでしょう?

これに対しての先生のお答えは、
昔は歯の治療も進んでなくて、若いうちにだめになって、抜かなきゃいけなくなる歯が多かった。
それが、この歯があとから生えてきて、そういう歯の代わりになってくれたり、サポート役になってくれたから、だと僕は思ってるよ。
今ではそういうこともなくなったから、邪魔者になってしまったけどね。

尾てい骨は、尻尾の跡。肩甲骨は、翼の名残。
親知らずにそういう役目があったとは、と、なぜか愛しく思えたりして、手放すのが惜しくなったこと。

生き物の身体って、やっぱりすごいなあ、と。
これだけ科学が進歩しても、未だ”生き物”を生み出すことはできない人間が。
たった1個の身体の内に、それを遥かに超えたものを、生まれつき持っているんですね。

大事にね、うん、大切に。
そんな風に思えたことでございました。





肝心の健康診断は、数年以上行ってないけどなー。(ぽりぽり)

*-*-*-*-*-*-*-*-*

すばらしいエッセイで、毎日私の文字への飢えを満たしてくださるlizzycoさんが、親知らず体験記を書いてくださいました。
これはもう、親知らずと縁のない方でも、ぜひぜひ読んでいただきたく。(握り拳)

「親知らずの事。」


特に痛み止めについては、貴重なお話に大感謝。(愛・愛・愛)
確かに痛みは、身体が出す信号であるので、むやみに抑え込むのは良くないことですが。
それでも、頭痛と歯痛は別物、と以前お医者様に言われたことがあって、その2つに関しては、無理な我慢はしないようにしております。

今回は改めてそれを、文字通り痛感いたしました。
1秒間隔でずきん、ずきんと痛む歯痛。それは間もなく頭にも拡大して、タッグを組んで倍のノックを送ってくるのですね。
その段階に移ったら、ナケナシの根性を振り絞ったところで、目の前の仕事に集中するのは、どうしたって難しいものでした。

いつもいつも、自分の存在を主張し続ける君と、仲良く付き合っていけたら良いのだけど。
それは程好い範囲内でこそ、と思うなら、やはり痛み止めは必須である、と思った次第。

病気の方は、これが日常であるんだなあ、と思ったら、涙がにじんで困ってしまった、ほとほと情けないヤツでございました。
[PR]
by senrufan | 2010-11-03 14:00 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/14349656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mifamilia at 2010-11-05 14:33
Miyukiさん、お疲れ様でした~ 大変でしたね~ 

lizzycoさんの記事も読ませてもらいましたが、わたしも横に生えていてしかも歯ぐきの下にまだ埋もれて表にさえでてきていないものを切って取りだすことになったので、それはもう~ものすごく痛かったです。(苦笑)

時には痛み止めも必要だと思います。 
西洋医学も上手に利用していけるといいですよね☆

どうかお大事に・・・・
Commented by あつゆき at 2010-11-06 00:01 x
おつかれさまでした。
大変でしたね。
でもこれで、一安心です。
私も薬はほとんどつかったことはありませんが、親知らずのときは抗生物質も痛み止めもしっかり飲んじゃいました。

Commented by Miyuki at 2010-11-06 11:47 x
*るしあママさん
ありがとうございます~、なんとか終わりました。もう抜く歯はないぞ、ってなもんで!(笑)

ひえええ、るしあママさんもやられましたかあああ(涙) lizzycoさんの記事で、脳に繋がってるというところ、ほんとに背筋がぞーっとしました。

うう、お優しい言葉にほっこり癒されましたあ。はい、今日は友達と会ったので、しっかり痛み止めを飲んでいきました。って、いいのかそれで。
Commented by Miyuki at 2010-11-06 11:48 x
*あつゆきちゃん
ありがとう~。なんとか終わりました。
もう親知らずとはオサラバです。ついでに智恵ともオサラバした気分なのはなんでだろう(聞くな)
うん、大事な時にしっかり飲みたいよね、薬って。日常的に飲むものは慎重に選びたい。
Commented by lizzyco at 2010-11-08 16:56 x
おお、やっと辿り着きました。。。
遅くなり、申し訳ありません。
が、もう感激でございました。私の方こそ、活字飢餓から毎日救って頂いております。また、こんなに大きくリンクして頂いており、恐縮です。

しかし、そうか、親知らずは2本あったのね・・・、と肝が冷えましたが、さすがはMiyukiさん。二度目はかなり上手くお立ち回りになりましたね!気持ち良く後々の生活が出来て、本当に良かったです。(虫歯治療もご苦労様でした(涙))
お互いに寄る年の波には勝てません。抗う事なく、賢く年齢を重ね、虫歯、頭痛とも仲良く「この、このぉ〜」と言い合いながら付き合えて行けると良いなぁ、とこちらのエントリを読みつつ改めて思いました。本当にお大事に。虫歯の痛みも知らない内に感じなくなるといいなぁ、と祈っております。
Commented by Miyuki at 2010-11-09 09:14 x
*lizzycoさん
いえいえ、お忙しいところ、わざわざありがとうございます!
リンクも事後報告で申し訳ありません。ぢまんしたかったファン心(殴)
こんな僻地からなのでご迷惑はかからないとは思うのですが、同時に宣伝にもならないのが申し訳なく……っ!

ちょっとは学習効果があったようで、なんとか2本目は乗り切れました。もう1本あったら、今度はあーでこーで、と考えつつ、もう二度とごめんですうううぅ。
ほんとに、これからこおゆうのがまた増えていくのですよね、加齢と共に……私も上手く付き合っていくコツを身につけていきたいと思います!
虫歯の痛みですが、反対側を抜歯して、左奥歯に咀嚼がゆだねられた途端に消えてくれました~。責任感じてがんばってくれているようで、思わずえらいっ、と肩(どこに)を叩いてしまいましたですvv


<< 鶏頭と牛後の分かれ目は いつも此処に僕がいる (前) >>