「ほっ」と。キャンペーン

胸を張って、前ならえ

「自分自身以外の場所で希望を見つけようとするのは間違っていると思う」
   ----- アーサー・ミラー
        (アメリカ人、作家、1915年10月17日生まれ)


今だったら好きになったかどうかわからないもの。

「キャンディ・キャンディ」

いや、急に思い出したもんで。
ちなみに、主題歌はまだ歌えます。

* * * * *

【レストラン】

IMG_1146

「Dreamgirls」を観る前に、早めの夕食など。
ちょうど旦那の誕生日間近だったので、そのお祝いも兼ねて、ちょっと豪華気分なところ(当家比)に行ってみた。

ずっと前に、「日本人シェフが手がける、スシじゃないレストランがオープン」と紹介されていた記事を読んで。
メニューを見てみたら、アジの干物のFlatbreadなどがあったりして、おお、面白そう、と気になっていたんだな。

ベジィなお嬢と私に合わせて、いつもベジフレンドリーな店に付き合ってくれる旦那。
魚が大好きな彼の誕生日、このお店でお祝いできるかな。




IMG_1156

工場地帯?と思ってしまうような、週末は寂れた感じのエリアの一角に、鉄度が高い(造語)シンプルな建物。
外のテーブルが幾つもあって、これは夏の夜には気持ち良さそうな、と好印象。


IMG_1147

中もシンプルモダンな内装で、まずはこのお店の雰囲気が気に入った。
後の予定があるので、開店早々に訪れたのだけど、これが幸い。7時からは予約で満席になるので、それまででもいいか、と聞かれたんだよ。
オープンして間もないのに、すでにかなりの人気の様子に、ますます期待度が高まるよ。

だったんだが、この後が少々いただけず。
他のお客さんは1人しかいなかったのに、お店のフロア担当の人達ったら、外テーブルの設置の方に行っちゃって。
それなりの時間を待たされた後、ようやくウェイトパーソン達が2~3人出てきて、メニューをもらうことができたのだ。


IMG_1149

        IMG_1157

このメニューが面白くって、学校の筆記用具の形式で。厨房側をふと見れば、Report Cardのボードまで。
店名のSKOOL、魚の群れと学校をかけて、こんなお遊びをしてるんだね。

これでまたゴキゲンになった私(ちょー単純)、メニューを見たら、これまた気になる組み合わせが多くて迷ったよ。
ちなみに、我が家で一番オーダーが早いのがお嬢。英語を読むのが一番早いというのもあるだろうけど、本能か!?と思うほどの早さで選ぶんだ。
そんな彼女のチョイスも入れて、メインよりも小皿料理を大目にね。


IMG_1160

Butter Saladは、Butter Lettuceに、ローストしたゴールドビーツ、アボカド、Red Walnutを具として、Citrus Vinaigretteで和えたサラダ。

野菜が新鮮で、ビーツも程好い火通り具合で、ドレッシングもそれほど多すぎず。
まずは生野菜から始めたい私、スタートは上々なり。


IMG_1158

Uni Flanってつまり、うにプリン。
プリン状に仕上げたウニの上、イクラとウニとスプラウト。Fleur de Selをひとつまみ。(多分)

ふんわりとした口ざわりだけど、コクはやっぱりウニらしく。それでも随分と穏やかで、ウニが苦手な人でも大丈夫かも。
添えられたカリカリのミニバゲットにのせれば、やばい、これは止まらない。
ウェイトレスのお姉さんが、ニコニコとお代わりのバゲットを持ってきてくれて、更にガツガツと止まらない。(恥)


IMG_1163

生魚といえば、ここはCevicheを頼まねば。(思い込み)
通常はHalibutのところ、今日はButterfish使用とのこと。
コリアンダーとSerrano Chileのスライス、上にまぶされているのは、Brown Popped Rice。すだちが添えられているのが嬉しいな。

これも新鮮で美味しいよ。ほとんど素材そのままにしてくれているのが、また私達にはありがたく。
ピリッとチリに、すだちの酸味。これだけあれば、もう十分。


IMG_1165

主役の彼が、メインから選んだのは、Pan Roasted Duck。お肉の味も見てみたいから、と。
ローストした鴨肉の上には、梅風味のマスカルポーネ・ソース。 揚げた小芋と、とろとろに火を通したリークが一緒にね。

お肉が結構固めなのは、鴨ゆえか。ソースはマイルドで、鴨との相性は好き好きか。
小芋が黄色いのと紫のとあって、ほくほくでうまうま。
そして、リークがんまいよー。これだけで一皿欲しいぐらい。
と、やっぱり野菜に感想が集中しちゃって、ダメダメじゃん。

以上で、最初にオーダーした分は終了だったのだけど、どれもポーションが少なめだったので。
時間もあるし、もう2皿追加といこう。


IMG_1168

House Cured Sardines。自家製のサーディンのオイル漬け。
ラズベリーに浸した玉ねぎ、アボカド、アーモンドに、上からハーブオイルをね。

うーん、これは他のお魚と比べて、ちみっとだけおちるかな。
全くの素人感想だけど、微かな生臭さにオイルが加わって。
玉ねぎやアボカドと一緒に口に入れれば、気にならないレベルなのかもしれないが。そこはほら、魚よりも野菜メインで食べちゃう私だから。(殴)


IMG_1171

Fried Baby Eryngii、お嬢の大好物のエリンギ。
ローカルファーム産のエリンギをフライにしたものに、味噌風味のアイオリソース添え。

熱々でんまかったー。
エリンギのしゃきしゃき感が嬉しくて、そのままでもぱくぱく食べれちゃう。フライの具合も良かったよ。
ソースはやはり穏やかな仕上がりで、濃い味が苦手な私の好みです。


IMG_1172

食べ終わった後の、主役の感想は。
お魚の美味しい町で育った彼は、魚には至極うるさいのだが、その彼の舌には、残念ながら物足りなかったらしい。
これはもう、どれだけ新鮮な魚が手に入れられるかどうか、ということになってしまうので、日本と比べたら申し訳ないのは承知のこととして。

しかし、お店の雰囲気はとても気に入ったそうだし、私達を担当してくれたウェイトレスさんが、とっても良いお姉さんだったしね。
物腰や説明、声をかけるタイミングなど、全般に渡って文句なしで、その分食事のレベルもアップしたよ。

なので、最初のあの対応の悪さも、お姉さんのおかげでふっきれた。
厨房の方も、「日本人の方ですか?」とにこやかに話しかけてくださって、そんな感じもとても良し。
応援していきたいお店、と思うんだ。


余談ながら旦那に、このエリアのレストランで、一番気に入って再訪したいのはどこ?と聞いたら、なんとNapaのUbuntuだって。他には、SFのMillenniumだって。
なんだ、だったらベジタリアンレストランに行けば良かったねえ、と大笑い。

いつの間にやら彼も、ベジィな世界にとらえられつつあるのかもしれんな。
Welcome to the Vege World、ときたもんだ。(マトリックス風)(ほくそ笑みながら)



とかいって、実は単に加齢のせいで、動物性が苦手になってきただけかもしれないが。

SKOOL Restaurant
1725 Alameda St.
SAN FRANCISCO, CA 94103
[PR]
by senrufan | 2010-10-17 11:34 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/14226959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2010-10-19 14:02
むふふ、Welcome to the Vege World。「ベジタリアンなんて」と頭から否定して欲しくなくて、野菜が美味しいから野菜を選んでしまう、そんな方向で夫を野菜好きにしたいのですが、、秘訣を是非。加齢でしょうか(笑)

SKOOL。気になっていたので嬉しいレポートです!やはり人気そうですね。特に雰囲気がいいとか。鮮度命の日本人相手に魚で勝負するのはなかなか大変だと思うのですが、ここは割り切って創作和食として楽しむのがいいのかもしれませんね。ウニはぜんぜん興味がないのですが、ここのUni Flanは気になっています。そして、私も一番惹かれたのがリークだったり。だっておうちで買うとねぎ類高いんですものー。
Commented by マミィ at 2010-10-19 14:34 x
「キャンディ・キャンディ」懐かしい~。結構好きで主題歌も大声で歌っていましたが今では「私は私は私はキャンディ」しか覚えていない(悲惨)

今だったら好きになったかどうかわからないもの。
「森田健作」…なぜだ、なぜあんなに好きだったんだ!私の青春を返してくれ~。

ユニークなレストランですね。寿司じゃない日本人レストラン、海外ではそう聞くだけで大いにそそられるものがありますよね。新鮮な素材を活かしたオリジナルなメニューの数々にうっとりですが、特に惹かれたのはうにプリン。うにが大好物なので~。
Commented by さまんた at 2010-10-20 05:32 x
『そばかす~なんて~気・に・し・ない~わ~』ですわよね?で、その次がたしか『鼻くそだぁってだぁってだってぇ~』・・・ってあれ??

しかしうにだのえりんぎだのすだちだの・・・亜米利加はすんばらしいところですね~画面の前でよだれがとまりません。いいな~ベタな和食でなくてこういうのでもよいから、こんなレストランが近くに欲しい!
不躾ながらひとつ質問なのですが、旦那様だけベジタリアンではない(ただし今のところ)とのことですが、それではお家では旦那様にだけ特別メニューをご用意なさってるのでしょーか?面倒くさがりの私には考えられない手間なので、気になって仕方がありませぬ。
Commented by Miyuki at 2010-10-20 10:20 x
*shinaさん
秘訣ですかあ。男性って傾向として、女性より”強い”食事が必要だし、食に関して保守的なので、じっくり長期で、気楽にのぞむ方がよろしいと思うです。ここ数年の旦那様の変化はすばらしいではないですか~vv 今の調子で奥様の手料理のとりこにさせてしまえば、こっちのもんですな。そして20年ほど年をとった頃には完璧です(おい)

SKOOL、やっぱり人気なんですねえ。確かに、シェフの創作が楽しいお店ですね♪ うにフラン、お試しください。パテやテリーヌの仲間という感じでんまかったです。え、リーク高いですか? 全体を使い切るにはそれなりに時間がかかるので、お得と思ってました、てへ。
Commented by Miyuki at 2010-10-20 10:27 x
*マミィさん
その後、「ひとりぼっちでいると~、とってもさみ~しい~」と続くのです。全くためにならない知識。

森田健作ファンでいらっさったですか! 確かにあの爽やかさは訴えるものがありましたな。あ、私は若い頃から植木等一筋です(聞いてねえ)

ね、日本人シェフって、絶対いろんな料理を極める下地がありますよね。順調に続いてほしいお店でございます。うに、私も新鮮なものは大好きですぅvv
Commented by Miyuki at 2010-10-20 10:34 x
*さまんたさん
うわははは、そです、そです、「鼻くそ」が正解です! ぜひ周りの皆様にもそう広めてください!(オオウケ)

アメリカ自体はフランスからみたら食の砂漠なのですが、NYとサンフランシスコ、ロサンゼルスは別格みたいで。他の州だったら、えーんフランスに行きたいいいいい、と絶叫する毎日だったかもしれません(笑)
ええと、家では有無を言わさず、我々と同じ菜食メニューオンリー。つまり強制です。威嚇付きでサーブします。恐妻家の彼は黙って耐えてます。これを基本として(おい)、彼用に揚げ物やガッツリ系のおかずを増やしたりしておりまする。特別メニューはむしろ私向けなんですよ~。1人だけグリーンスムージーを作ったりしてますから(笑)
Commented by Vivian at 2010-10-20 13:05 x
このお店、いつか話しに出ていたところですね! セヴィーチェとか魚のカルパッチョは好物で、スターターによく注文するのだけど、butterfishはまだ食したことがないかな。Halibutに食感は似てる??

ところで、某ブログで心温まるMiyukiさんからのメッセージ、拝見! 
ありがとうね~(-_☆)キラン

Commented by mame-honey at 2010-10-20 14:27 x
素敵なレストランレポ〜ありがとうございます! 出不精に拍車がかかっている私には良い刺激です。目標は今月中にSFマーケットへ!(苦笑)こちらのウニとエリンギがスゴく気になる。食べたい、食べたい。ベジタリアンには彼より、私の方が慣れなさそうです。
Commented by ぺんぎん at 2010-10-20 23:55 x
おお〜。ウニフラン〜。美味しそうです〜〜。
魚の生は絶対に日本で食べないといけません。なぜなら、締め方が違うんですよ。日本では元気に生きてるうちに殺して氷詰めにするのだけれど、他所では、わざわざ殺さないので、魚が自然死してしまうのですよ〜。(命に対する考え方がちがうらしいです)
だから、魚が新鮮でも日本のお刺身のような味にはならないんです〜。だから日本で魚のフランス料理なんか、世界最高のフレンチなのよ〜。
魚食べたら日本人が世界一!!
ご主人、お魚はまた一時帰国の時にお楽しみ下さい〜。

それにしても、素敵なお店ですねえ。サラダも美味しそうだし、ウニフラン〜。カリカリのバケットで〜。
ジャガイモもエリンギも美味しそう〜。
あれ?お腹空いてるのかしら?

ではでは〜。
Commented by Miyuki at 2010-10-21 12:20 x
*Vivianさん
そう、そのお店です。とうとう行くことができました♪
Butterfishってイボダイだそうですが、私の味覚は魚には更にアテにならないので(汗) クセのない白身魚で、美味しかったですよ~。

あ、あちらですね。うふ。えへ。照れ照れ。
Commented by Miyuki at 2010-10-21 12:23 x
*mame-honeyさん
あはは、私もSFマーケットに行こう行こうと思いつつ、12月いっぱいまでは地元マーケットがあるので、その後でいいかなーなんて。ウニもエリンギもうまうまでした。ぜひぜひ。彼氏は正しい意味での草食男子でいらっしゃいますね(笑)
Commented by Miyuki at 2010-10-21 12:30 x
*ぺんぎんさん
いいでしょう、このフラン! サーモンならぬウニテリーヌ、ウニパテと呼んでいいタイプのものでございました。
な、なんと、活け締めは日本だけなんですか!? そーれはすんごく盲点でございました!
いやあ、この輸送手段・保存方法に優れた現代で、何が原因なんだろうと不思議だったんですよ。命に対する考え方とは、うむうむ、ますます興味深いです。
日本の魚文化、食文化、本当に素晴らしいですねえ。(じ~~ん)
旦那は、私達が日本に行くと、美味しい魚を食べろとやたらに言うのですけど、今度はにっこり笑って付き合ってあげようと思います(笑)

あはは、もしかしてご飯前でいらっしゃいましたか。
ちなみに私は常にデザートモードなので、ぺんぎんさんのタルトに24時間反応します。うううう、食べたあああああいい
Commented by さまんた at 2010-10-21 15:54 x
しょーもない質問にご回答くださりありがとうございます~。がっつり系を一人だけたっぷり目ですかなるほど~それさえもめんどくせぇ!(失礼)と思ってしまう恐妻どころではない悪妻(私のような)も世の中には存在するわけで、Miyukiさんを尊敬してしまいますよ!
Commented by るん at 2010-10-22 05:20 x
あー、ココ、ここ! 他の方のブログでも紹介されていて、気になっているお店ですぅ。 元“武士亭”で働いていた日本人シェフの出されたお店だそうですね。  おしゃれだけど、気軽に行けそうなところがいいですね。
新しいお店を開拓すると~き、こういうのぉ♪
「居酒屋るんさんち、の新メニューの参考にしたいから、行ってみヨ。」わらってー、わらってー、わらって、キャンディー♪

あの頃、アンソニーが好きだったけど、今ではどうしてなのかがわからない・・・(^_^;)。
Commented by Miyuki at 2010-10-22 08:17 x
*さまんたさん
さまんたさんからのお言葉に、しょーもないものは皆無です。(ちょー真顔)
いやいや、そのがっつり系を昨日も今日も明日も食べさせられる上、文句を言おうもんなら10倍にして返されるし。って、ほんとにひどいなこの女房。(他人事)
Commented by Miyuki at 2010-10-22 08:25 x
*るんさん
そうそう、武士亭、確かにそう聞いてます! といいつつ、Bushitei自体行ったことないんでした(おい) おっしゃる通り、オシャレなんですけど敷居が低いのが良かったです~vv
きゃーっ、るんさん、座布団10枚ーっ!!(ばんばん)(床叩いてます) ほんとに、居酒屋るんさんが近所に開店してくれたらなあ~~……(涙)
ダメダメ、泣きべそなんてサヨナラ、ね、キャンディ・キャンディー♪

私はテリィが好きだった……んだっけ。と忘れてしまうほど、どーでもいい存在になってしまってます……


<< 周る世界の中心は 背負ったものはその時代 >>