世界に一つだけの教科書を (5)

「芸術はなぐさみの遊びではない。それは闘いであり、ものをかみつぶす歯車の機械だ」
   ----- ジャン=フランソワ・ミレー
        (フランス人、画家、1814年10月4日生まれ)

* * * * *

【個人的事情】

        frameIMG_1186

前回で終わり、の方がすっきりして良いのでは、と悩んだのですが。
定期的に、「今の自分が思うこと」を残していきたいとも思っているので、あくまで個人的につぶやきます。
なので、どうかさらりと流してくださいませ。つか、通り過ぎ・無視推奨です。(強調)



元々は家族の健康の為に、野菜料理のレパートリーを増やしたくて、色々と漁っていったら、辿り着いたのがマクロビオティックでした。
ゆっくりと始めて、家から動物性由来の食材がほぼ消えたのは、2005年の秋ぐらいだったかなあ。
それから数えれば、菜食メインになってから、すでに5年になるのですねえ……(しみじみ)




さて、マクロビオティックといいますと、良く言われるのが、「肉や魚は食べちゃだめなんだよね」ということですね。
そのたびに、「食べちゃだめというのはヴィーガンであって、マクロビはそうじゃないんだよ」と答えているのですが、なかなかわかりにくいようで。
ざっくりいいますと、動物性のものは、特に肉は身体への負担が大きいので、日常的には摂らない方が良いですよ、と言ってるんですね。
それがマクロビの陰陽理論から、肉は極陽性だから、という言い方になったりするので、引かれる向きもあるのですが。
魚以上に肉は消化が大変であり、その分体内酵素が消費され、他の部分への修復に回らなくなり、身体に余計な老廃物が蓄積されていく云々、ということは、菜食界に限らず、近年広まりつつある栄養学話、と言って良いと思います。

菜食と関係のないところで実験され、結果として菜食支持となり、反響を呼んだ研究があります。
83年~90年、コーネル大学教授のキャンベル氏がリーダーとなって実施された研究で、詳しい説明はWikiにお願いするとして、
中国の食生活を幅広く調査した結果、動物性たんぱく質が様々な疾病のリスクを高める、という結論に至り、2005年にアメリカで、「The China Study」というタイトルで出版され、喧々諤々の論議を巻き起こし、一大ベストセラーとなりました。

久司先生が、そのずっと前から「肉はやめた方が良い」と言われていたことが、マクガバン報告で証明されようとしたところ、業界圧力で緩和されてしまった、という悲しい過去。
それが、このChina Studyでまた明らかにされ、また業界圧力が色々と横槍を入れ、という経緯があったことからか、去年出版された日本語訳には、「葬られた第二のマクガバン報告」というタイトルがついてます。
三巻構成で、現在は上・中巻が発行済み。翻訳されているのは、ナチュラルハイジーンの日本での第一人者、松田麻美子さんであられることを補足しておきます。


5年という月日の間、途中でローフードやナチュラルハイジーン、甲田先生の生菜食に出会いました。
マクロビオティックでいけば、生野菜や果物は身体を冷やすものとして、あまり薦められないのですが、私には合っていたようで、生を取り入れるようになってから、身体が軽い、肌の調子が良いなど、また変化が見られております。
この夏は特にロー率が高かったせいか、今は顔を洗った後、化粧水をちょっとつけるぐらいで大丈夫。以前は、季節の変わり目には粉をふいていたほどの乾燥肌でしたから、これは嬉しい変化の一つです。

ただそれも、1年以上続けた結果、わかったことであり。
ダイエットの宣伝に良くありがちな2週間という期間だけだったら、即効性がないどころか身体が冷えると思って、あっさりやめていたかもしれません。

血液の血漿が入れ替わるのに10日。血液全体が入れ替わるのに3ヶ月。
身体の細胞全体が入れ替わるのには、7年という月日が必要です。
問題は、「合うか合わないかの結果が出るまで、続けるか否か」という点にもあると思います。

じゃあ、私はローフーディストか?と聞かれれば、決してそうではありません。ナチュハイ信奉者というわけでもないでしょう。
私自身の今の考えは、以前に書いた時から変わっていないので、ベジタリアンやヴィーガンでもなく、動物愛護主義とも違います。

強いてどれかの名前を選ばなければならないならば、やはりマクロビオティック、を取ります。その必要さえ、本当は感じないのですけれど。
それは、この世の手の届かない存在に対して畏敬の念を持っているけれど、それをキリストやアラーと呼ぶことはない。そんな宗教観と同様に。

では、なぜマクロビから離れることがないのか、という理由は、
自分の身体の声を聞くことを。他人の考えではなく、自分自身で考えて選ぶことを。
初めて教えてくれたのが、マクロビオティックであったから、なのでございます。


ずっと食に関心がありませんでした。料理もずっと苦手でした。あ、訂正、今でもです。
作るぐらいなら、食べない方がマシ。そう言い切ってはばかりませんでした。
それでも主婦として、一通りのことはやっておりましたが(当人比)、今と比べたら、それがどれだけ表層的であったか、しみじみわかります。
逆に言えば、菜食になってから、今まで体験したことのなかった家族や他人との溝を感じたり、過食や拒食を経験したりと、食に振り回される日々ばかり送り。
こんなことになるぐらいなら、昔の方が余程幸せだったんじゃないか。そんな考えが頭をよぎったことは、両手の指の数だけでは足りません。

それでもその過程で、今まで全く無知だった領域を知り。聞くこともなかった人達の大きさを知り。
一旦知ってしまったら、知らなかった頃には戻りたくはなくて。知らないままが幸せだった、とはどうしても思えなくて。
そう言い切れるほどの沢山の貴重な知識と思いを、確かに受け取りつつあるのです。


ルール通りにやることは危険、ほどほどに、ゆるゆるに。そう思いながら始めたマクロビオティックでしたが。
それでも、薦めないとされる食べ物には、どうしても拒否する気持ちが先立って。気にしないで楽しんでいるつもりが、実はただの臆病心であったこと。
随分と体重も減ってしまい、がりがりで骨ばって、自分への嫌悪が隠せないほどになりました。
ようやくそんな箍をはずし、また元の状態に戻れた時、周囲の友達何人もから、随分と心配していた旨を打ち明けられたものでした。

ゆるく、ゆるく、と口では言いながらも、結局はテキストに安易に従って、自分の身体がどういう状態であるのか、見極めることもできず。
誰かと一緒に外食に出かけても、ほんの少ししか食べずにほとんど残す。こんなヤツが一緒にいて、いくら「気にしないで!」なんて言ったところで、周囲が愉快なわけがないのであって。
あの頃から現在まで、変わらずに付き合ってくれている友人達には、本当に感謝という言葉では足りません。
そんな申し訳ない、情けない、しかし、自分には必要で大事な体験だったのです。


久司先生がおっしゃる通り、ベジやマクロビだからといって、えらいわけではありません。
教科書をふりかざして、人の食べているものに対して、遠慮なく批判を浴びせる人達がいて。
動物愛護からのベジタリアンであることを得意として、居丈高に肉を食べる人を見下して。そして、車のシートは革張りなんだよな。
こういう人達は、食生活でも宗教でも、とにかく大義名分があれば、同じ態度をとるのでしょうなあ……結局、自分の足で立ってないから、既成の寄りかかり所が必要なんでしょう。

私は、なんでも食べて、その食べ方がとても丁寧で、料理に対して尊重の気持ちを持っている人を知っています。
レストランで、いろんなメニューに好奇心いっぱいで、喜んで残さず食べる人を知っています。
仕入れた牛や豚は、内臓から尻尾まで、余すところなく料理することを自分に課しているシェフの話を聞いてます。

You are what you eat.
人が、その人の食べるものであるとしたら、それと同じぐらいに人を作るのは、「食べ物への気持ち」と「食べ方」である、と思ってます。
そして、その気持ちと食べ方が、その人的に潔ければ、初めてえらい、と感じます。
環境も人間関係も、「食べ物」です。それらのものを尊重して、人に押し付けることなく、自分の内への取り込み方を知っている人を、尊敬せずにはいられないのです。


どんなすばらしいテキストでも、自分について書いてある本はないのですよね。
忠告も知識も人の体験談も、どれも大切ですが、それはあくまで「止まった情報」であって、生きている私達に合うかどうかは、試してみないとわからないことで。
ましてや、毎日のように新しい健康情報がもたらされる現在、一々右往左往してたら、身体も心も持ちません。

例えばレシピ通りに作っても、美味しくない場合があるのは、材料も道具も食材も違って、そして何より食べる自分自身が、その人ではないからで。それを、レシピのせいにするのは間違いで。
それより、そんなアイディアと叩き台があることを喜んで、自分流にアレンジしていく過程を楽しめたら、どんなにか。

すばらしい健康法が数多くあって、貴重な栄養情報が溢れていて、しかもネット等で素人でも検索できる、そんな現在に居られることを、本当に幸運に思います。
だからこそ、それらに振り回されるだけでは、勿体無くも申し訳なく。

自分で調べて、自分で選んで、自分で試して決めること。
そうやって集めた「自分の法則」が、世界で一冊だけの、自分一人だけについて書かかれた教科書となるのだ、と思うのです。
[PR]
by senrufan | 2010-10-04 15:11 | Trackback | Comments(27)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/14157754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Vivian at 2010-10-06 16:47 x
シリーズもの五編のどれもたいへん興味深く読ませてもらいましたが、この記事が、正直、一番すっと頭に入ってきました。Miyukiさんの「食」への考え方の流れがよ~く理解できました。私のリクエストも文章中に関連付けて叶えてもらえたし(と思っていい? Thanks!)

「自分で調べて、自分で選んで、自分で試して決めること。」同感です!!!

余談ですが、「まあるい、毎日」がつぶやきと連動しているの最近気づきました~。以前に教えてもらったけど、その時は意味が判らなかったのです。ちゃんと写真が載ってるのですね!
Commented by しーら at 2010-10-06 17:19 x
「自分の身体の声を聞くこと」

同感です。
出来れば自分の体の声が、現代文明にそそのかされていなかったら
最高なんだけどなぁ~と日々思ってます。
頭の声ではなく、体の声を優先にしたいというのは、理想論なのでしょうが、体が徐々に己の必要に対して 正直になってくれることを期待してます(笑)
Commented by しーら at 2010-10-06 17:20 x
追記:マクロビについて詳しく教えていただき、とても参考になります。ありがとう!
Commented by みちこ at 2010-10-06 17:36 x
こんばんは♪

マクロビオティックシリーズ。
まるで、大学の講義を思わせるMiyukiさんの食事の大切さが、とっても
解りやすく、私の心に流れてきましたよぉ~☆
読みながら「きゃ!私、これじゃダメじゃない!」とか「あ!これでいいのね」
とか色々な感情があって、「食欲の秋よぉ~~~」な~んて言ってパクパク
食べてる自分を「これではイカン!」と思いました♪
でも~私のお料理を見ちゃうと・・・「お肉じゃない」って言われそう~^^;
今ね、日本は野菜がとぉっても!高いんですよ~(いいわけ???)

だけど、とっても、勉強になりましたよぉ♪ ありがとぉ~♪♪(//・_・//)..:*・
Commented by マミィ at 2010-10-06 19:16 x
読んでいて、「世界に一つだけの教科書を」というタイトルの意味がじわじわーっと身体にしみこんで来ました。Miyukiブログは脳が刺激されるばかりでなく、身体にもいいブログだと実感しております。ありがとうございます!
Commented by mifamilia at 2010-10-06 20:37
Miyukiさんの考え方、共感ができるところが一杯あります。

わたしもほんとうはベジタリアンになろうと思って、菜食生活をするようになったわけではなくて、模索していく中、最初の入り口は、マクロビオティックでした。 はじめて知ったときはすごく目からうろこでわたしはどん引きは全くしなくて、へぇ~面白いな~と好奇心のほうが強かったです(笑) 

大切なところはMiyukiさんも書いていらっしゃるように、どう自分の中でいかしていくか、そこですよね。自分の身体で感じていくことが何よりも大切だといつも思います。^^
Commented by ぺんぎん at 2010-10-06 23:28 x
パチパチ!!
すばらしい〜。ばっちり決まりました。
これを読んでどうして私がマクロビにいかなかったのかとても不思議ですが、多分時代が違ったからだろうなあ、と思います。

自分で調べて、自分で選んで、自分で試して、本当にそうです。主体的に生きようってことかもしれませんが、これって日本人は苦手な分野かも、ですね。
わたしはノンベジなので、時々ベジタリアンから攻撃を受けてしまうのだけれど、世のベジタリアンがみんなmiyuki惨みたいな人ばかりだったら、もっとベジタリアニズムも広がるのに、残念でございます。
ところで、例に上がってる何でも食べる人のことって、もしかして、わたしのこと?!
Commented by さまんた at 2010-10-07 00:05 x
4で終わりじゃなくて本当にうれしいです。どうやってシリーズを締めくくられるのかしら・・・とUpを心待ちにしてましたが、マミィに同感、この記事を読み終わって初めて理解したタイトルの意味に、上質な小説を読んだ直後のように心地よく痺れております~。
すぐ隣の台所で仔牛肉の煮込みの鍋がぐっつぐついってる環境でマクロビについての記事を読むのは如何にも不真面目すぎるのでは・・・(笑)などとはじめは思ったりもしましたが、そんな『建前』も読み進むにつれてすっかりどうでもよくなりましたよ。『人を作るのは食べ物への気持ちと食べ方』のくだりで、日本語の『いただきます』『ご馳走様』などの表現がふと頭に浮かびました。自分ももっと食に対し真摯になりたいとあらためて思いました。
Commented by こっぺ at 2010-10-07 01:27 x
いろんな思いがぐるぐる頭の中をかけめぐってますが言葉になりません。
Miyukiさん、ありがとうございます!がしっとハグ。このシリーズ、ブックマークして何度も読むことになりそうです。
Commented by Miyuki at 2010-10-07 20:47 x
*Vivianさん
はい、今回の裏テーマは、Vivianさんへの愛ということで!(殴)
長々とお付き合いいただいて、ありがとうございました~。

そなんです、つぶろぐで告知、みたいな。ひっそりブログですが、記事が10分で書けるところが気に入ってます、なんつって。
Commented by Miyuki at 2010-10-07 20:50 x
*しーらさん
現代文明にそそのかされて、それそれ、ほんとにその通り!
私もいまだに「頭食べ」が多くて、それゆえの減食やドカ食いを繰り返し~(涙)
こおゆうのって、意外と男性の方が得意みたいですねえ。

私の勝手なマクロビなので、実は多方面からお叱りがきそうではありますが、たはは。でも少なくとも、いろんな方を受け入れるだけの深さはあると信じているのです。
Commented by Miyuki at 2010-10-07 20:53 x
*みちこさん
長いだけの拙い文章で、至らなくて申し訳ありません~。
いえいえ、だめとかOKとか、どうぞみちこさんと御家族が良いと思う形でいいのですよ~。
食欲の秋、大いに楽しんでくださいませ! みちこさんのお料理を美味しくいただくこと、それが何よりでございますがな♪

私こそ、いつも素敵な写真で目の保養、ありがとうございますvv
Commented by Miyuki at 2010-10-07 21:15 x
*マミィさん
わあん、いつもやさしい姉さま~(うるうる)
マミィさんのブログ&日記こそ、目にも心にも良いブログvv おまけに大笑いで腹筋もきたえられておりまする。
Commented by Miyuki at 2010-10-07 21:15 x
*るしあママさん
尊敬するるしあママさんと共通する部分があれば、すごく嬉しいです!

私も、宇宙論に引いた後、他の方の説明を読んで、改めて興味がわきました(笑) 確かに目からうろこ、でしたねえ。

自分の体の声を聞くこと、それはるしあママさんの素晴らしさの一つですよね! 澄んだ身体と心、本当に憧れます。少しでも近づけるように精進してまいります~。
Commented by Miyuki at 2010-10-07 21:16 x
*ぺんぎんさん
たはは、お恥ずかしい~。でも温かいお言葉、ありがとうございます!
時代、それはありますねえ。私もここ数年で出てきてくださった方々のおかげで、より現代向きに変わってきたマクロビに出会えて、とても幸運だったと思ってます。

そうなんですよね、日本人は特に苦手、中でも私は一段と苦手なことなんですよね(涙) でもマクロビを生んだのは日本ですから、そういう危機感も誕生に一役買ったのかも、なんて。
だからマクロビは、生活実学で生き方の一つと思うんです。そういう風に攻撃する人は、まずは「否定」から入るわけでしょう? そんな生き方は悲しいですよねえ。
あはは、や、私の友人の一人なんですが、ぺんぎんさんも同じです! 真剣に憧れてます~vv(告白)
Commented by Miyuki at 2010-10-07 21:21 x
*さまんたさん
も、勿体無いお言葉を……! うるるん、嬉しゅうございます、うるるん。
子牛肉の煮込み、おおおおお(ヨダレ) でもその通り、食べ物に善悪はないんですよね。食べる人との相性があるだけで。
「いただきます」「ご馳走様」、ああ、本当にその通りです、それです! とある方は良く噛むために、一口につき、「ありがとうございます」を5回唱える間噛むんだそうです。大事な日本の挨拶、大事な意味があるんですね~。
Commented by Miyuki at 2010-10-07 21:23 x
*こっぺさん
うわあい、嬉しい、こちらこそハグ返しっ!!(がしっ)
こっぺさんの思慮深い姿勢に、いつも学ばせていただいております! また色々教えてくださいませ♪
Commented by Sarah at 2010-10-08 00:43 x
Miyukiさん、私はいつもその人の実体験による真実の言葉は人の心を動かすと思っているのですが、これぞまさしく「真実の言葉」ですね。素晴らしい記事をありがとうございます。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2010-10-08 04:24
何度も読み返してしまいました。一度目は涙が出そうになり、二度目は自分の食とダイエットに対する歪んだオブセッションにどーん、、、と落ち込み。(これはいつものことなんですけど。)いろいろ書きたい、お話したいことは、このコメントでは収まりきらないほどあって。盲目的にならないこと、でも強い信念、そして辛抱強い継続。誰もができる教科書ではないと心から思います。You are what you eat. いつになったらMiyukiさんのように自分の体に無理をしない素直な食と精神を身につけられるかわかりませんが、、頑張ります。素晴らしいブログ、ありがとうございました。
Commented by akiumi at 2010-10-08 10:39 x
たくさんの共感を持って拝読させていただきました。いつものことながら。
でも、みゆきさんの歴史に「作るぐらいなら、食べない方がマシ」なんて時代があろうとは。そんなときもあったからこそ、今の深い造詣と思いに至られてるんでしょうね。
私の基本姿勢のひとつに「人間が原始時代から、住んでる場所の風土に合わせて脈々と築いてきた食文化(知識)にまさる栄養学はない(現代の科学が何といおうと)」というのと、みゆきさんがおっしゃるように「必要なものは体に聞け」というのがあります。
でも、そう単純にはいかなくなっちゃって、だからこそきちんと学び続けなきゃいけなくなったのが、ここ数十年の世界の動きなんですよね・・・
(食に限らずですが・・・)

押し付けがましさがなにより嫌いな私は、「食べてはならぬもの」を有するどんな栄養学も頭から拒否してきましたが、プロになりたいからにはもっとフレキシブルにまなばなきゃ、と再認識させていただきました。

クシマクロビスクールに通ってる親友に、URL送っときます(笑)


Commented by Miyuki at 2010-10-09 03:54 x
*Sarahさん
なんて素敵なお言葉を……! 感動ですう、ありがとうございます~~。Sarahさんの体験も、今邁進していらっしゃることも、私にとっては「心動かされる出来事」以外のナニモノでもありませぬ。
Commented by Miyuki at 2010-10-09 03:57 x
*shinaさん
勿体無いばかりのお言葉に、私こそ涙が出てしまいました。自分としては恥さらしのつもりで書いたことなのですが、shinaさんからそう言っていただけて、とても慰められた思いです。そして、今shinaさんが考えて努力されていること、じっくり読みたい&聞きたいと切に思います。大好きなshinaさんが、どうかご自分らしく進んでいかれますよう、友人の一人として心から願ってやみません。
Commented by Miyuki at 2010-10-09 04:04 x
*akiumiさん
そうなんですよ、ほんとに料理はいまだに苦手でめんどくさくて。でも友人知人と一緒の”食の場”は大好きなので、周りからはそう思われずにきたのですが。(要は宴会好きの大食らい)
akiumiさんの基本姿勢、私こそ大いに共感させていただきました! その通り、延々と受け継がれてきたものには、必ずそれだけの意味があってのこと、と思ってます。理屈をつけずともそのまま通せば良いことは、沢山ありますよね。

私も押しつけがましさ・強制のニオイがしたところで、毛を逆立てて拒絶反応を起こすヤツなので、おかげで新興宗教には入らずにすんでます(違)

実際、私のマクロ的解釈は、かなりのマクロビアンから眉をしかめられるものかもしれませんね~(笑)
Commented by はな at 2013-03-17 14:46 x
初めまして。いつもブログ楽しみにしてします☆
私もシリコンバレー在住です。

少し前の記事ですが
どうしてもお礼を伝えたくてコメントしてします。

Miyukiさんのマクロビに対する考え方、とっても素敵です。
この記事はブックマークして何度も読んでいます。

マクロビのこと、家族の食事のことでとても悩んだ時期があったのですが、Miyukiさんの記事を読んで、ふっと心が軽くなりました。
自分なりの答えが見つけられた気がしました☆
素敵な記事をありがとうございました。

Miyukiさんが紹介していらっしゃるレシピ本
偶然にも私もほとんど持っています!
なので勝手に親近感など抱いていました^^;
Commented by Miyuki at 2013-03-18 10:28 x
*はなさん
初めまして! コメントありがとうございます♪

なんとも勿体無いお言葉に、思わず嬉し・恥ずかし・身震いの真っ最中でございます……ふええん、ありがとうございますうううう(感涙)
こんなタワけたことを書いて、きっと真面目なマクロビ実践者の方々からは、トンデモナイとお叱りを受けてしまうんだろうなあ、なんて思っておりましたので、私こそ、はなさんから勇気と元気をいただきました!
本当にありがとうございます~~。

おおっ、ご本も共通でしたか、ますます嬉しいですvv
シリコンバレーのマクロビ仲間として、いつかどこかでお会いする機会があるかもしれませんね。
嬉しいご訪問に、心から感謝でございます。よろしければ、またお声をかけてくださいませ♪
Commented by はな at 2013-03-19 05:29 x
コメント読んでいただけて光景です!
2年以上前の記事なので、「もし読んでいただけたらよいねな~」くらいのつもりでいたので感激です☆

こちらに来て3年経ちますが、実はずっとMiyukiさんのブログの
愛読者でした^^
みぎやの記録、とか大好きです♪
勇気を出してコメントしてよかったです~!
これからもたのしみにしています☆
Commented by Miyuki at 2013-03-19 15:04 x
*はなさん
とんでもない、それどころかソッコーでかぶりついてしまったぐらいに、とても嬉しかったです♪

ひえええ、そそ、それはなんと勿体無いというかヤバいというかマズいというか!!(支離滅裂)
こんなヘッポコ恥さらし記録に、ほんとにありがとうございますうう、うるうる。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願い致します!


<< おそらの上で、いまごろは 世界に一つだけの教科書を (4) >>