名前と服と、両腕で (前)

「『人生』という名の味気ないパン種に、『会話』という名のレーズンをいくつか混ぜ込みなさい」
   ----- オー・ヘンリー
       (アメリカ人、作家、1862年9月11日生まれ)

* * * * *

【アクティビティ】

IMG_0957

そしてやってきた、ayuminさんのBaby Shower当日。
指折り数えて待ってたよ。カエルも数えて待ってたよ。(水かきでな)

場所は再び、frogfreakさんの御宅にて。
frogfreakさんのお人柄のもたらす居心地の良さに、私達の溜まり場と化してる感もあったり。
しかも今回、ご子息のパーティなどのイベント続きでちょーー多忙の中、私達を入れてくださったことに、今まで以上に大感謝。
え、しかもこの2日後、別のベビーシャワーの幹事まで?
……肩もみでもマッサージでも、なんでも言いつけてくださいまし。




今回の幹事も、shinaさんが。(愛)
そして、そのshinaさんが運転する車で一緒に来られたのが、主役のayuminさん。
「自分の運転での遠出禁止令」が旦那様から出されているというから、泣かせるじゃありませんか。
もうすぐ臨月、麗しさが一際増していらっしゃって、つやつやな健康美が眩しいです。(うっとり)

Chicoさんぎゃぶぅさん、そして、会うたびに成長していくお子ちゃま達。
回を重ねるたびににぎやかになるメンバーで、またまた楽しく過ごそうね。


frogfreakさんぎゃぶぅさんのベビーシャワーでは、それぞれ2人目ということもあって、ポトラック&おしゃべりの会だったのだけど。
ayuminさんは祝・初ベビーなので、ゲームもやっちゃおう、という今回。
企画が敏腕幹事・shinaさんだから、参加する私達もすごく楽しみだったんだ。
でもその前に、これも楽しみだったお料理をいただきつつ、色々話そうね。


IMG_0934e

場所提供だけで十分ありがたかったのに、ケータリングのお料理も用意してくれたfrogfreakさん。
日系のケータラーのChikaさんだけあって、私達には嬉しいメニューがそろってる。
グリルした夏野菜のマリネと、ぜんまいのお煮付け。ぜんまいなんて、何年ぶりに食べたかなあ。


IMG_0927e

日本人のお祝いといえば、これでしょう。ぎゃぶぅさんが炊いてきてくれたお赤飯
小豆が沢山で、もちもちご飯が美味しくて、じんわり幸せになるお味。


IMG_0933

有能なのは料理まで。shinaさんお手製のおかずは、干しブロッコリーと干ししめじの味噌マリネ
2日かけて、じっくり干してくれたという野菜は、シンプルな味付けでも、メインを張れるだけの味の濃さ。

そして私は、今回も3品用意。
質より量、の心意気。そして質が低けりゃ、ただの迷惑……

IMG_0931

Cafe Eightのレシピで、トリコロールカラーのテリーヌ
じゃがいもを豆乳と寒天でことこと煮込んで、マッシュしたものをベースとして、
1/3はトマトソースを混ぜてピンクに、1/3はLactinaを加えてグリーンにして、三段重ねで固めたの。
味が淡白なので、バルサミコヴィネガーを使ったソースも用意。


IMG_0952e

ローフードレストランのPure food and Wineのレシピから、2点。
1つは、Watermelon Tomato Gazpacho
スイカ、トマト、きゅうり、ベルペッパーを具にして、スイカのピューレをスープにしたもの。
いまだに得意ではないシラントロも、これには欲しくて入れちゃった。生姜やハラペーニョで風味付け。


IMG_0926e

もう1つは、機会があったら作りたかった、Lobster Mushroom and Fava Bean Tarts
って、お祝いの席にぶっつけ本番の料理かい。(いつもです)(殴)
しかも、Lobster Mushroomが見つからないからエリンギだし、今の季節なら空豆より良かろうと枝豆だし。
ということで実際は、King Trumpet Mushroom and Edamame Bean Tartsだな。(……)

タルトシェルは、chayoteとマガダミアナッツ、オレンジの皮のすりおろし、フラックスシードをフードプロセッサーにかけたもの。
タルト型に入れて、ディハイドレーター……は持ってないから、天日干し……も冷夏で当てにならんので、結局オーブンの最低温度で数時間乾燥。
レシピでは24時間となっていたけど、12時間でも十分カリカリに。

フィリングは、スライスしてしばらくマリネした玉ねぎを、やはりオーブンで数時間乾燥。
このロー・キャラメライズド・オニオンと、くるみや調味料を、フードプロセッサーにかけて、ムース状のクリームを作るのだ。

トッピングは、本来のLobster Mushroomは生のままだけど、エリンギはいまいち自信がなかったので、ごく軽く蒸す。
同様に枝豆も、茹でてから鞘から出したので、トッピングはローフードではないのだな。

生のハーブ3種類をすり鉢で軽くすって、ガーリックやシャロットなどと一緒にガーゼに包んで、ブーケガルニに仕立てる。
ヴィネガーやアガベの中に、エリンギとブーケガルニを浸してマリネ。
タルトシェルに詰めたフィリングの上に、このエリンギと枝豆を散らして、出来上がり。
ブラックベリーとレーズン、ワインヴィネガーで作ったソースを添えて。

初めてロータルトを作ってみて、おかげでローでのシェルの作り方を学べたよ。
今回は上手くいかなかったけど(しくしく)、次回はもうちょっときれいなタルトを作りたい。


大人は舌包みをうちながら歓談、先に食べ終えた子供達は、元気に遊びまわり。
すっかりいい気分になったところで、待望のゲームに移るのだ。

(続く)(あ、カエルを忘れてた)
[PR]
by senrufan | 2010-09-11 08:32 | Trackback(1) | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/13990275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from shina_poohな日.. at 2010-09-15 13:42
タイトル : No.897 どきどき、もうすぐ! Baby Shower♪
「舞い降りる天使」をお祝いする、ベビーシャワーという素敵な習慣。 「元気な赤ちゃんが生まれますように」との願いをこめて、みんなで集う。 ----- 出産を間近に控えた妊婦さんを親戚や友人が祝福する Baby Shower (ベビーシャワー)。今回の主役は、待望の第一子出産を間近に控えたayumin!まだまだスリムだね。 お楽しみの極上ポットラック。左はトリコロールカラーのテリーヌ。じゃがいもを豆乳で煮て寒天で固めたものをベースに、ピンク部分はトマトソ...... more
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2010-09-13 13:21
写真が素敵ですー。そして、Miyukiさんのお料理のレシピをじっくり読むと、改めてMiyukiさんの心のこもりようと手の混みようが伝わって美味しそう。タルトシェル、絶品でした。遅ればせならがリンクしなおさなきゃ!
Commented by みちこ at 2010-09-13 14:55 x
こんにちは~♪
”おむつのケーキ”や””ベビーシャワー”
アメリカも、色んな行事があるんですね~でも楽しそう!!
miyukiさんのレシピ!真似させて下さいね☆
う~ん。ムースも、どれもビタミンがいっぱい入ってる!って感じ^^

下で、お母様がおしゃった「胃腸が大事!」これは本当だと思います!!
私は弱いので、何かあるとイタタタタ・・・ってなちゃうのよぉ♪
Commented by マミィ at 2010-09-13 18:09 x
>カエルも数えて待ってたよ。(水かきでな)
爆笑。そしてあのカエルの御顔を見るのを続編で楽しみにしております。

みなさんのお料理、本格的ですね。いつもながら感心してしまいました。みーんなの愛に包まれて、これから元気に生まれて来る赤ちゃんの幸せは間違いないですね!
Commented by ayumin_moo at 2010-09-14 01:36
改めまして、ベビーシャワーをしていただき、ありがとうございます!
本当に本当に美味しいお料理たちで、皆様からのビタミン愛を(入ってると信じて)しっかりそぶ子に送り届けました!
Miyukiさんの目にも舌にも美しいお料理、こんなに手が込んでいたんですね~。どれもこれも美味しかったですが、特にお気に入りだったタルト、ローのシェルを作るのに、低温で12時間ですか!ローのブーケガルニというのもびっくり。まるでレストランで出てくるお料理のような美味さに、食べきるのがもったいなくて、最後までチビチビと味わいながらいただきました。幸せな味だったなぁ~。(追憶)
カエル、忘れないでくださ~い!
Commented by matsathome at 2010-09-14 09:54
shinaさんのブログを拝見して、 shinaさんは何を作って行ったのか気になっていたので、Miyukiさんの更新を心待ちにしてました。お料理全部、美味しそう! いいなぁ〜。Miyukiさん風に言うなら(ヨダレ)ですね(笑)家庭料理の美味しさってやっぱり「手間」ですよね。そういう私は近頃手抜きばかりなので、見習わねば...。Fava Bean私も大好きなのですが、いつも肝心な時に手に入りません。これからは、枝豆で代用するというアイディアを使わせてもらいます。Miyukiさん、さすが!
Commented by Miyuki at 2010-09-14 10:29 x
*shinaさん
今回の副題は、「shinaさん自慢」だったりします。(真顔)
や、腕がともなわない分、せめて心を込めるしか。つくづくプロのシェフを尊敬しますよねえ。
私もトラバさせていただきたいのですが、前編だけでいいかな。両方やったらウザいですよね。
Commented by Miyuki at 2010-09-14 10:34 x
*みちこさん
アメリカに来てよかったことの一つが、お祝いをする・されることの喜びを教わったことでございます。
物が溢れるようなものはアレですが、スピリットは大いに真似したいですよね♪

みちこさんも胃腸にきやすい体質でいらっしゃいますもんねえ(涙)
症状自体は昔から衆知のものなのに、理屈はこうなんだ、ということをようやく知りましたです。何年生きてるんだ。
Commented by Miyuki at 2010-09-14 10:37 x
*マミィさん
いやあ、別に長くひっぱるほどのイケメンなわけでもないんですが、カエルくん(笑) でも愛嬌ある草食系なの♪

はい、溢れんばかりの愛を、胃袋に届けることを目標にしたのです。(ええっ!?) 早く赤ちゃんと会いたいですわ~vv
Commented by Miyuki at 2010-09-14 10:42 x
*ayuminさん
こちらこそ、お祝いさせてくれてありがとうございます!! 真剣に、本当に、幸せな時間をいただきましたvv
いえいえ、せっかくの素敵なレシピなのに、私なんぞに作られてしまって…と、レシピに向かって土下座したい気分にかられました。でも愛だけは! 愛だけはてんこ盛りで入れましたので!
どうか、そぶ子ちゃんにも愛が届きましたように~~(祈)
次回はカエルちゃんをトップ画像にしなくてはいけませんな。
Commented by Miyuki at 2010-09-14 10:48 x
*Sarahさん
shinaさんのお料理、素敵でしょう? これで幹事役もバッチリという、すーぱーれでぃなんですよんvv
家庭料理の美味しさは、確かに「手間」もありますが、同時に「手をかける配分」「材料の使い切り」なども重要ですよね。Sarahさんならそういう要領で、忙しくても美味しいものを作られていらっしゃるんだろうなあ、と想像しております♪
こちらでは枝豆ならぬエダマミィだったりしますが(笑)、人気のおかげで手軽に手に入るようになって、ありがたいですよね!


<< 名前と服と、両腕で (後) San Bruno市での爆発事... >>