その命に罪はないけれど

「私は常に思っている。人生は旅である。我等は忽然として無窮より生まれ、忽然として無窮のおくに往ってしまう」
   ----- 若山牧水
       (日本人、歌人、1885年8月24日生まれ)

* * * * *

【時事】

     frameIMG_0850

アメリカでは今月に入って、大規模な卵のリコール騒ぎがありました。
アイオワ州のWright County Egg、Hillandaleという2つの業者が出荷した卵から、サルモネラ菌に汚染されたものが発見され、現在までで5億個の卵を回収する、という事態になっています。
レストランや家庭での食中毒、更には入院する人まで出ていらっしゃる模様。

私自身は食中毒の経験はないのですが、友人で数人体験者がいて、それがどれほど苦しいものか、話としては知っており。(「いっそ殺してくれー!って思ったよ」)
今回のニュースを聞いただけで、動悸・息切れ・揉み手・うろうろ歩きという症状を発しました。いや、全く役立たず。




関連するものとして、以下の3つを。
まず、卵の回収や対処については、FDA(米国食品医薬品局)のサイトでの説明を。

Wright County Egg Expands Nationwide Voluntary Recall of Shell Eggs Because of Possible Health Risk

この回収騒ぎで、卵の値段が上がっている、というニュース。

Egg prices rise since recall

なんでも、今回の騒ぎを起こした2つの会社は、実は同じ人物(Jack DeCoster)が経営しており、過去に色々と法令違反を起こしているんですね。
97年当時、クリントン政権で労働長官を務めていたRobert Reich博士が、先日NBCの番組に出演して、彼の過去を暴露した上、こういう業者を保護するような共和党の政策(自営業者保護と規制緩和)を非難した、という話も聞きました。
これは、秋の中間選挙への布石にもなるのかしら、なんて。

Farms recalling eggs share suppliers, other ties


ヴィーガンに近い我が家では、卵も滅多に買いませんので、今回の騒ぎは免れたわけですが。
買うにしてもオーガニック卵だから大丈夫、ではないんですよね、サルモネラというものは。
かといって、低温殺菌ならともかく、電離放射線をあてての殺菌を施した卵もあるので、やはりオーガニックは捨て難い選択肢。

ということは脇に置いといて、とりあえずアメリカでは、生卵は食べないようにしておりました。
なのでベジィになる前、日本に里帰りした最初の朝は、必ず卵かけご飯で始まったものでございましたよ……いつもありがとう、お母さん。

今回のニュースで知ったのは、アメリカでは州によって異なるものの、基本的にレストランでの生卵の提供は禁止されているところが多いそうで。
が、朝食の定番メニューの目玉焼きで、黄味柔らかめの両面焼きとか、メレンゲやカスタードクリームとか、ドレッシングで生卵使用のレシピもあるので、完全に生卵フリーではないのですよね。

そして、もう一つ教わったこと。
今回被害が出ている州は、中西部から西海岸にかけてに集中していて、東部では出ていないのはなぜか、という理由。
それは、東部には日本の一流卵メーカーが本格進出していて、自社農場だけでなく、アメリカの大手農場の買収も行って、日本流の品質管理を施した卵の流通で成功しているから、なんだそうですよ。
例えばニューヨーク州では、なんと卵マーケットの50%以上が日系なんですって。
すごいなあ、日本。さすがだなあ、日本。


この騒ぎによって、食品管理や食の選択など、米国食事情に少々変化が見られるかも。
前回日記のようなレストランを、Northern California's farm-to-table cuisineと呼ぶ向きもある、と教わった今日、
Organic・Local・Sustainable等々を含め、
今回苦しんだ方々の分まで、良い方向に向かってほしい、と願うのでございます。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

次回は、冒頭の写真を撮る機会となった、とあるデート模様についてです。
ええ、お相手は美女ぞろいですがなにか。
[PR]
by senrufan | 2010-08-24 13:04 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/13849112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by マミィ at 2010-08-26 15:01 x
アメリカの卵事情が今そんなことになっているとはつゆ知らず。
東部で被害が出ていないというその理由、誇らしい気持ちになりますなぁ。

ところで、最近我が夫はにわとりを飼いたいなどと言い始めております。「毎朝新鮮な卵が食べられるんだぞぉ」と夢見るように語りますが、朝、卵を食べる習慣はうちにはありません。どうやら、木製の小屋や階段や止まり木が大きな柵に入った「にわとり小屋セット」なるものを庭に置きたいだけの様です。
Commented by Vivian at 2010-08-26 17:22 x
羨ましいな、東部!

上のマミィさんのコメントを読んで思い出したのですが、うちのご近所でどうやら鶏を飼育している模様。日本人である私の耳に朝方聞こえるのは「コケコッコー」(cock-a-doodle-dooとはどうしても聞こえない)でも、鳴くのは雄鶏だから卵目的ではなくて単なるペットなのかな、と自問自答する私です。
Commented by ayumin_moo at 2010-08-27 12:31
東部の卵事業に日本が進出しているというのに驚きです。
でも、やっぱり生卵は食べていないのかな。
もともと、卵のサルモネラ菌で食中毒を起こす確率は日本の方が高いと聞いたことがありますが、こういうリコール問題が起こると、やっぱり生卵は控えた方がいいのですよね。
大好きなのにな、卵ご飯。。。(恋しい)

冒頭の写真に写っている舞台の前を、今日も散歩してきましたよ~。
ひょっとして、うちの前も通りましたか?
荒れ果てたテラスを見られたのではないかとドキドキです。
Commented by Miyuki at 2010-08-27 12:38 x
*マミィさん
そなんですよ、見たかアメリカ、って胸はっちゃいますよ。私ががんばったわけじゃないんですけど、ええ。

食より景観というか遊び心というか、なんというか!(爆笑) フィさんなら毎日手をかえ品をかえ、バラエティに富んだ卵料理を作ってくれそうですなあ。でも私はまずマミィさんに、厚焼き卵をリクエストしたいです。そして姉さまの巻き寿司と一緒に(妄想ヨダレ)
Commented by Miyuki at 2010-08-27 12:51 x
*Vivianさん
ねえ、いいですねえ東部。といっても、やっぱり生は警戒してしまいますけど。

うむ、きっとその御宅ではエコの為、電池を使う目覚ましをやめて鶏にしたんですよ(大嘘) 全然関係ないですが、昔の日本では犬は「びよびよ」、猫は「ねうねう」という鳴き声で表現してたと先日知って、びっくりでした。
Commented by Miyuki at 2010-08-27 12:55 x
*ayuminさん
なんと、そうなんですか、サルモネラ。じゃあ品質管理のみならず、どういう原因があるのかなあ。
卵かけご飯は国民食ですよね。(真顔) 私はすき焼きは卵なしでも我慢できますが、卵かけご飯は恋しいです。

はい、ayuminさんのアパートを左手に拝見しつつの道行でした。
会えないかなー、と念を送ったのですが、妨害電波が出ていたようで届きませんでした。悔しい。
Commented by ぺんぎん at 2010-08-29 03:06 x
こんにちは〜。
5億個の卵の回収ってのもすごいです。
卵掛けご飯といえば、わたしも外国で働いていた時、一番恋しかった食べ物です。やっぱり日本人には生卵!
日本でも時々中毒する人が出るので安心とはいえません。
アボカドとご飯と醤油で似たような感じになるんですよ。わたしは一時生の発芽玄米とアボカドのなんちゃって卵ご飯にハマってたことがありました。
また、試したことはないけれど、ご飯に亜麻仁油とか、ヘンプナッツオイルとか胡桃油と醤油を掛けると卵掛けご飯みたいになるって話も。香港在住の人の発明みたいですが、一時ベジタリアンやローフードの人の間で話題になってたので、ご存知かもしれません。
アボカドご飯、けっこう美味しいのでお試し下さい。
リンク、ありがとうございます。わたしもリンク貼らせてもらいました。これから自分のブログから遊びに行けます。
Commented by Miyuki at 2010-08-29 11:06 x
*ぺんぎんさん
わあ、ご来訪ありがとうございます~!
日本で5億個だったら、総販売数になるんじゃないのって思いますよね。いかにアメリカでの卵消費量が多いかってことですねえ。
うふふ、実はですね、ぺんぎんさんのブログで拝見してから、アボカド&生玄米ヨーグルトの醤油がけが、ずっとマイブームなのでございます。卵かけご飯の味、とお聞きして、早速やってみたら美味しいなんのって。未熟者の私は生玄米はまだダメなので、ヨーグルト使用なんですが、ほんとに気に入ってしまって。これまた、ずっと前からぺんぎんさんの大ファンだったという証明になりますね(笑)
でもご飯にオイル&醤油は知りませんでした! 玄米ご飯を炊いて、早速やってみます♪
リンク、本当に光栄です。真剣に胸がいっぱいです(じ~~ん)
相互リンクが恥ずかしくないよう、これからも精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!


<< 七夕でなくとも海を越え 選んだ縁は感謝と共に >>