一期限りである一会 (その1)

「知識を与うるよりも感銘を与えよ。感銘せしむるよりも実践せしめよ」
   ----- 坪内逍遥
        (日本人、小説家・評論家、1859年6月22日生まれ)

* * * * *

【レストラン】

DSCF2763

Wさんと巡り会った経緯は、すでに日記に残している通り。
以来、時々お話ししたり、メールしたりで、楽しくやりとりさせていただいていて。
また実は、旦那同士に仕事上のお付き合いがあったことも発覚し、いつか家族そろって会いたいね、という話もしていたの。

そんな普通のおしゃべりの合間に、Wさんご夫妻の結婚記念日が5月である、とお聞きして。
え、うちもですよ。そちらはいつですか、19日? 我が家は26日なんですよ。
毎年、お祝いもヘッタクレもないどころか、出張でいないことの方が多いし、お互いすっかり忘れているんですけどね、はっはっは。

そんな赤っ恥話を堂々と(…)した時に、Wさんのところでは、結婚記念日にはとあるフレンチレストランに行くのが恒例だ、と教えていただいた。
そこは、私のようなド素人でも名前を知っている、全米でも指折り、と言われる名店だったので。
そこの常連さんと勝手に認定させていただいて、ますますWさんご夫妻は眩しい方々に映ったよ。(うっとり)

しかしそのしばらく後で、
「結婚記念日が近いことだし、良かったら一緒にお祝いしませんか?」
と、そのレストランに誘ってくださった時は、感動とか感激とか恐怖とか尊敬とか、とにかくいろんな気持ちが一気に噴き出して、頭真っ白の豆腐状態になってしまったのだ。




DSCF2766

The French Laundry
気取りのない名を持つこの店は、カリフォルニアのワインの名産地、Napa ValleyはYountvilleという市に建っている。
サンフランシスコ&ベイエリア版のミシュランガイドブックで、2006年から4年連続で3つ星を受けていて、巷では「全米で最も予約の取りにくいレストラン」としても有名。
第80回アカデミー・長編アニメーション映画賞などを受賞した「Ratatouille(レミーのおいしいレストラン)」で、舞台となったお店のモデルでもある。

なんてことは、すでに博識な皆様は、良くご存知のことであろうし、私自身、ネットで検索して読んだことしか知らないので。
あとの説明は、WikiとレストランのHP、そしてもっと博識な皆様のブログなどにおまかせしたいと思います。(深々)

そんな名店への光栄至極のお誘いだけど、我が家が家族3人で行くとなれば、お勘定は一体どうなるか。(天文学的@当社比)
という、ビンボーゆえの苦悩はあったものの、まずはWさんご夫妻と一緒というのが、とても魅力的であったこと。
加えてディナーではなく、土曜のランチという予定が、時間を気にせずに、ゆっくりとその一時を楽しめる、と思えて嬉しくて。
こんな機会は一生に一度であろう、と腹をくくって、当日を楽しみに待っていた。


そして、いよいよ当日。それぞれの車で現地に向かう。
が、目当ての番地の場所に、それらしい建物は見当たらなくて、ちょっと右往左往しちゃってね……Wさん達が来てくださって初めて、ようやく場所がわかったの。(恥)
いやいや、ほんとに元々の建物(洗濯屋さん)をそのまま使っているのだなあ。
つか、いい加減、外観ぐらい下調べしてこいっつーの! いくら主義っつっても、白紙でいった方がいいとこと悪いとこがあるんだよ!(オノレに蹴り百発)


DSCF2761

建物に入る前に、道路を隔てた向かい側にある畑。
フレンチ・ランドリーが所有する畑で、ここで取れる野菜を使って、日々のコース料理を作り上げているんだね。
他に、専用のAnimal farmもあるそうな。そちらの見学は、ちと遠慮したいけど。

そうやってまずは外部を見ている間に、観光バスが停まって、乗客の皆さんが窓から写真を撮ってたり、何人かの観光客らしき人達が、やはりカメラを構えてパシャパシャと。
やっぱり有名なお店なんだなあ……と思うと、なんでアタシはここにいるのだ、と正気に返りそうだったので、その場は目と心に覆いをかけてみた。(競走馬)


DSCF2771

どきどきしながら建物の中に入っていくと、そこは花と木々が鮮やかな、落ち着いた佇まいの中庭。
早めに来て、予約時間までここでゆっくり過ごす、というのも、魅力的なプランだね。


DSCF2772

奥にあるドアは、そのまま厨房に続いてる。
遠くから窓を通して拝見したところ、白いシェフコートと青いエプロンが何組も、飛ぶような勢いで行き来しているのが見られたよ。


DSCF2774

そのエプロンと同じ、青いドア。
入ったことのない世界が、その先に待っている、なんて、ちょっとろまんちっくに行ってみよう。

(続く)


The French Laundry
6640 Washington Street
Yountville, CA 94599
[PR]
by senrufan | 2010-06-22 14:12 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/13501137
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mifamilia at 2010-06-24 21:39
お二人とも結婚記念日おめでとうございます♪ (遅ればせながら)
にまにましながら読んでしまいました。

佇まいが素敵な場所ですね~
中はどうなっているのだろう~と次の記事を楽しみにしています。
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2010-06-25 02:17
結婚記念日おめでとうございます☆
なななんと!French Laundryへ?!

ご家族揃って、しかも大切なご友人と一緒に結婚記念日を祝われるならば、最高のレストランですね。Miyukiさんはベジメニューでしょうか。うー、次の記事が楽しみです。確かランチもディナーとほぼ同じお値段、9コースの4時間コースだと聞いたことがあるのですが、、真相は・・・?
Commented by Miyuki at 2010-06-25 10:54 x
*るしあママさん
ありがとうございます! いえいえ、1ヶ月も経ってから書いてる自分が悪いのです……

とても素敵な場所でしたよ~。そして私たちの間には、目に見えなくとも、るしあママさんがいらっしゃいました。ええ、そうですとも。
Commented by Miyuki at 2010-06-25 10:56 x
*shinaさん
あは、ありがとうございます~。
そなんですよ、あそこに行ってきたのです。その資格もないくせに。

さすがshinaさん、よくご存知! そです、私はベジメニューを選びました。そして、お値段等もその通りでした。その価値があるかどうかは、本人次第の場所ですね~。
Commented by HitMe at 2010-06-25 11:29 x
記念日おめでとうございま~す!!!
うわっっ! 洗濯屋さんに行かれたのね~、さすが、セレブ!
お料理のコメント、楽しみにしているわ。 ワクワク
Commented by みちこ at 2010-06-25 11:37 x
こんにちは~
え!結婚記念日だったんですか?わぁ~「おめでとうございます」♪
なんて、素敵な偶然がお友達の間にあったんでしょうね?!
こうゆうことって、嬉しいですね~
すごく素敵なレストラン!!イギリス風?!
もう~お花に囲まれてのお食事、美味しかったでしょぉ?!
そうそう、私も、お店ないも拝見したいなぁ~ワクワク!!

下の米国版「たけのこの里」!!大きいわぁ~
・・・・・お花の香りに誘われてお返事も書かずホテホテとぉ~(ごめんなさいです^^;)

ではでは、愛する殿方の元へ~~~な~んてね!病院に「行ってきま~す」♪
いつも、ありがとうぅ~~愛してま~す!!
Commented at 2010-06-25 12:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by senrufan at 2010-06-26 08:08
*Hit Meさん
ありがとうございまーす!
そおなんですよ、洗濯屋さんに命の洗濯に。セレブの尻尾につかまっていた下民、ということでよろしくです。
お料理レポに早く行き着かねばー。
Commented by senrufan at 2010-06-26 08:12
*みちこさん
ありがとうございます~。
そうなんですよ、なんとも偶然で。はい、嬉しかったですvv
こちらはフランス料理のお店なんですが、ね、すごく素敵でしょ? お花が好きなみちこさんなら、とても喜ばれる場所だと思います♪

いえいえ、大変な中、わざわざこんなところにまでありがとうございます~。
旦那様方の具合も心配ですが、何よりみちこさん自身、病み上がりでいらっしゃるので……陳腐な言葉を繰り返すしかできないのですが(涙)、どうかご自愛くださいね!
Commented by senrufan at 2010-06-26 08:13
*非公開コメントさん
はい、了解しました! ご指摘ありがとうございます。
続き、たはは、もうどうなるやら~~(汗)


<< 一期限りである一会 (その2) 美味と効能は海を越え >>