その距離と時間と釣合えば

「不可能な要素を全て取り除いたら、残ったものが真実に違いない。たとえ残ったものがどんなに本当らしくなくても」
   ----- アーサー・コナン・ドイル卿
       (イギリス人、作家、1859年5月22日生まれ)

* * * * *

【レストラン】

DSCF1146

食べ歩き日記、たまってます。ためてます。
お財布は軽くなる一方なのに、記録はたまるとは、これいかに。

ただ問題は、記録はたまっても、記憶は右から左に流れていくばかりでたまらない、ということで。(オマエだけだ)
今回みたく、1ヶ月以上前の記録の為に、カラカラノーミソを叩きながら、何とか記憶を搾り出そうという試みなど。もう涙も出ませんよ。


さて、愛しのshinaさんブログにて拝見した、全米一と謳われたベーカリーは、ワインの名産地・Sonomaにあるという。
ワインとは無縁の庶民生活を送る我が家は、ナパやソノマともご縁がなく、ワイン買いのついでに寄るということもできず。
なのでこの際、このベーカリーのためだけに来訪だ。たまには家族遠出もしたいしな。




DSCF1154

この街に来るのは初めてだけど、おしゃれで高級な雰囲気、と思う庶民。行き交う人も、走ってる車も、並んだお店も素敵、素敵。
そして、お目当てのカフェに辿り着いてみれば、広々とした店内がとても良い感じ。
天井から下がっているのは、「2009 National Retail Bakery」の、堂々とした垂れ幕。
Modern Baking Magazineという雑誌で選ばれるもので、現在そちらのHPでは、2010年度のノミネートを募集中。
こちらのベーカリーのHPを拝見したところ、正に常連といった感じの受賞歴が圧巻だ。

パン屋コーナーにもすごく惹かれるけれど、今はぐっと我慢して、まずはランチを頼まねば。
お嬢はスープを、旦那と私はサンドイッチ。具は勿論だけど、パンが楽しみー。


     DSCF2566

本日のスープ、Mushroom Bisque。2種類のプチパンが添えられて。
スープは濃過ぎず、薄過ぎず。マシュルームの美味しい旨味が穏やかに。

そして待望のパンは、うん、悪くない、美味しいよ。みっちり噛める食感も好み。
特に、くるみとオリーブの入ったパンは、何もつけない方が更に美味しくて、生地の良さが良くわかる。


DSCF2568

旦那が頼んだのは、Smoked Duck Sandwich
スモークされた鴨のハム、ほうれん草、グリルした玉ねぎ、ポートベロマシュルーム、ブリーチーズが、焼いた赤ベルペッパーのアイオリソースと一緒に、French Country Breadに挟まれて。
添えられたのは、ポテトサラダ。ケイパーとマスタードが効いたマヨネーズで、しっかり目の味付け。

パニーニみたいにプレスされているので、具の多さのわりに食べやすく。おかげで、美味しい組み合わせを十分に楽しめる。
ソースも程よいお味だし、玉ねぎの甘味が嬉しいね。パンももちもちで、これはんまいよー。


DSCF2570

私のオーダーは、Garden Panino
ソテーしたズッキーニ、Yellow squash、ポートベロマシュルーム、焼いた赤ベルペッパーと玉ねぎ、ルッコラ。
ソースはトマトやベルペッパー、アーモンド、ヴィネガーなどで作られた、Romesco sauceなんだって。ジャックチーズも入ってる。
パンは、イタリアンなCiabatta。

ベジサンドは随分と食べてきたけど、具はどうしても共通しちゃう。玉ねぎやベルペッパー、ズッキーニ、ポートベロなど、組み合わせも一様になりがちで。
それをこちらは、ソースの目新しさとパンの美味しさで、お店の特徴を出しててね。
おかげで、食べ飽きた感を抱かせずに、あむあむと食べる楽しさをもらったよ。

外側の固さ、中のみっちり加減、しっかり入った気泡。
カントリーブレッドもチャバタも、素朴さよりは上品さを出した出来。Acmeよりは、Bay Bread系のパン、と思う。(勝手に決めつけ)
どちらの系統も大好きな私、こちらのパンも喜んで歓迎しちゃう。


DSCF1148

美味しいランチを堪能した後は、いそいそとお持ち帰りコーナーに向かったさ。
カフェエリアとの間には、棚が2つほど置かれていて、グラノラやビスコッティ、そしてお店のTシャツなどのグッズ類が並べられてるの。


DSCF1150

ショーケースにぎっしり並ぶスイーツに、あうう、どれにしたらいいんだ、と恒例のお悩みタイム。
結局、旦那の好きなパネトーネ、私の好きなビスコッティ、お嬢の選んだCaramel Macadamia Nut Tart。家族それぞれの好みにて。
パンは一応、Sweet Baguetteを1本ね。


カフェを出た後は、しばし街を散策。良さげなお店が沢山あって、天気の良い日に歩くのに最高だ。
ああ、もっと近かったら、頻繁に来たいのになあ。
何にせよ、ここに来るきっかけをくれたshinaさんに、またまた感謝です。(愛の抱擁)


DSCF2575

帰りの道中、道路脇に見かけた花壇。
えっ、あれは噂のTOYOTA寄贈の花壇とすごく良く似てるんだけど。こんなところにもあったのか?
必死にシャッターを切ったけど、トロい私は果たせずに玉砕。(くっそおおお) やっぱり一眼レフが欲しいのう(違)

b0059565_5181342.jpg
Costeaux French Bakery
417 Healdsburg Avenue
Healdsburg, CA 95448

*-*-*-*-*-*-*-*-*

     DSCF2579

帰宅してから、食べてみたケーキ達。
タルトは予想通り、かなり濃厚な甘さ。だって、キャラメルクリームにチョコだしね。
でも、クラストのさくさくした軽さが良かったよ。

     DSCF2581

パネトーネもしっとりしてて、なかなかだったけど、私はやっぱりビスコッティがお気に入り。
アニスが香って、さくっ・ほろっ、の食感、これはとってもタイプです。

バゲットは、あれ、こんなんでいいんだっけ、とちょっと首をひねったぐらいに軽かった。
私がすっかりハード系に偏ってしまってるので、正統派のバゲットがわからなくなっちゃってるよ。(情けない)
フランスではこれが普通なのかもね。


全米一のパン、というこちらのベーカリー。確かに美味しく、雰囲気も良く、行って良かった店でした。
が、とてもとてもおこがましいのだけど、私的ベスト・カントリーブレッドは、やっぱりあの店のものだなあ、と再認識。初めて食べた時の感動が大きかったんだよね。

でも、どちらにしても、どっちのお店でも。
簡単に通えないのが悲し過ぎて、思わず空を見上げる日。 (しくしく)
[PR]
by senrufan | 2010-05-22 10:49 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/13350711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from shina_poohな日.. at 2010-05-24 12:37
タイトル : No.774 全米で一番に輝いたベーカリー Costea..
サンフランシスコ・ワイン日記のゴマさんがブログで紹介されていた「全米で一番に輝いたベーカリー」。全米で一番に輝いたベーカリー?!全米で一番!!??(あ、しつこい?)そのベーカリーが、ソノマのヒールズバーグのダウンタウン近くにある Costeaux French Bakery。 Costeaux French Bakery が受賞したのは、シカゴの Modern Baking Magazine 誌が選ぶ全米のベーカリーを対象とした賞 2009 National Retail Baker...... more
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2010-05-24 12:41
素敵にリンクしていただきありがとうございます!Acmeよりは、Bay Bread系のパン、確かにそんな感じですね。次回行ったら絶対頼みたかったスモークターキーのサンドイッチ、やっぱり美味しそうです。プレスされてるところが私的にはとってもポイントアップです。私たちが行った日曜日は閉店直前だったのでお持ち帰りコーナーにはほとんど品物が並んでいなかったのですが(涙)、さくっほろっのビスコッティ、すごく食べてみたい!このためにソノマ旅行を企画しちゃおうかな。むふ。
Commented by senrufan at 2010-05-24 13:26
*shinaさん
いかん、トラバさせていただかねば、と見てみたら、もう愛のリンクが♪ こちらこそ本当にありがとうございました! 良いお店でございましたよ~、さすがshinaさんのお薦め。私もぜひ再訪したいお店です。ビスコッティ、厚めで素朴な感じがまた良かったです。お試しあれ。ソノマ旅行、いいですね! 私は街探索のためにだけでも訪れたいところでした。
Commented by Aya at 2010-05-25 03:38 x
我が家はナパソノマ方面にはまだ一度も行ったことがありません~。でもぜひぜひ行ってみたいです。ワインが飲めなくても(恥)、ワチャワチャしたお子ちゃま連れでも、楽しめるとこがありそうですね!このパン屋さんもとっても魅力的です!

先日はコメント欄でちらとお褒め頂き、ありがとうございました。おばさんまっしぐらの日々だなと感じておりましたので、ほめて頂けて、素直に嬉しかった私でした~。たとえ、ほんとの姿は違ってたとしても(はは。。)。


Commented by Miyuki at 2010-05-25 10:55 x
*Ayaさん
我が家もです~! ワインの趣味がないので、この年月で片手の数ぐらいしか行ったことがなくて。ほんとに、ここに住んでてもったいないなあと思うんですが(涙) でもこちらは、街自体がとても良い雰囲気だったので、お子さんとの散歩も食事も楽しめそうです♪

なーにをおっしゃいますか! 美と知性を備えたAyaさんは、真剣に憧れです。ほんとの姿は更に輝き倍増バージョンですな、うむ。私は知性は完全に諦めて、せめて私が美人と言われる時代を待っております。火星人来訪時代とか。


<< 時の流れは前に向き 辿り着くべき場所は一つだけ >>