袖触れ合いながら歩こうよ

「世界から天然痘というひどい災難を排除するお役に立てるかもしれないと知った時の喜びは、筆舌に尽くしがたいものがあった。あまりのうれしさに、法悦の境地に至ったほどだ」
   ----- エドワード・ジェンナー
       (イギリス人、医師、1749年5月17日生まれ)

* * * * *

【家庭内事情】

     chopperframe

5月16日は、うちのペットであった、黄色いインコの命日でありました。
涙が止まらなかったあの日から、もう1年も経ってしまったんですねえ……(しみじみ)
お嬢と、今では1羽のみになってしまった水色インコと一緒に、庭でお墓参りをしましたですよ。


前にも書いた通り、2羽いる時は、随分とアクティブに見えていた水色インコ。
1羽になってみると、実は黄色のリードがあったからこそ、あれだけあちこち飛び回っていたんだ、ということがわかりました。(我が家は放し飼い)
いつも決まった場所でおとなしく過ごすようになった彼を見ては、胸が切なくなる日々が続きまして。
いっそ新しい鳥を飼おうか、という話も出たのは出たのですけど、やっぱりそれはできないよね、と。
私達も、空間にも胸にも開いた穴を、新しい鳥で埋めるということに、どうにも積極的になれないまま、現在に至っております。

カゴから嬉々として飛び出るのは、黄色の方であったので、今では手で誘い出してやらないと、ずっとカゴの中で過ごしたがる水色。ヒキコモリがもう一人増えた我が家。(……)
それでも外に出せば、彼なりのペースで、放し飼いの部屋の中、居心地の良いスポット数箇所だけを渡り歩いて過ごしております。




ところで黄色は最後、とある獣医さんのところで亡くなったのですけど。
2週間ほど前に、そこからハガキが来まして、その内容がこんなもので。
「黄色ちゃんの定期健診の時期が来ました。予約をおとり下さい」

感じたのは、怒りと切なさと喪失感、そして、一定の割合の諦めが混じったもの、でありました。ふう、やれやれ。


作家さんのご家族で、ご当人が亡くなられた後、雑誌社などから電話がかかってきて、
「○○先生に原稿をお願いしたいんですが」
という依頼を受けた、という話を幾つか読んだことがあります。

その電話を受けた家族の方は、
絶句されて言葉を失った方や、
咄嗟に、「今はおりません」「何時ごろお帰りになられますか?」「当分戻る予定はありません」というやり取りをしてしまった方、
泣き出してしまって電話を切った方など、
多少の反応の差はあれど、共通しているのは、「頭が真っ白になる」という、あの感覚ではないか、と想像します。

別れて1年経つペットについてでも、こんなことをふと投げかけられた時に覚えるのは、はっきりとその色合いの感情でありますのに。
これが肉親であればどれだけの、と思います。
水色が病気になった時、この獣医さんに行くべきかどうか。迷うところでありますな。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

ペットを持つのも、動物園などで動物を見るのも、基本大好きなのですが。
楽しくてわくわくする感情の裏に、いつも哀しみめいたものを抱えます。

これは、我ながらほんとにバッカだなー、の一言に尽きますが。
なんというか、動物本来の姿にないこと、人に飼われていることに対して、悲しさを感じてしまうのですよ。
動物本来の姿といったところで、人に飼われているからこそ、元気でいられる動物もいるわけで。
人との素晴らしい絆を築くに至った動物もいるわけで。
だから、バッカだなー、の中には、妙な幻想を抱いて、勝手に感傷的になる自分への呆れ度168%ぐらい、の思いがあるですよ。


犬派か猫派か、と良く聞かれますよね。
これがアフリカだと、ライオン派かゾウ派か、と聞かれるんですよね。(大嘘)
私の場合、今も昔も犬が大好きなのですが。
ここ数年それでも、飼うなら猫を選びたい、という気になってます。

犬派のくせして猫をとる理由は、なんかね、犬の方が、人が・人によって・人の為に、という気がすごくしちゃいまして。
猫も勿論、人によって、の面は多々あるものの、それでもまだ自分を譲らない。
悪く言えば、わがままで気まぐれ。でもそういうところに、人に全てを明け渡さないような部分を感じて、それにほっとするんですよ。

犬は忠実さが、時として痛々しく思われたり。
もし私が飼い主で、こんなに懐かれたら、愛しくてたまらないと同時に、とても重くなってしまうんじゃないかと。
私みたいなダメダメなヤツを、そんなに慕っちゃいけないよ、なんて、言いたい気にかられてしまったりする、と思うのです。

一回きりの人(動物)生なんだから、どうか好きに生きて欲しい。
その過程で、仲間として私がいられれば嬉しいな。
そんなことを考えてしまう、と思うのです。

一緒に生きるなら、”共存”という形でありたいと。
服従させるのではなく、”手入れ”という形で関わって。
以前書いた、犬猫の食物アレルギーのような話を耳にするたび、その形がどうあるべきか、悩んでも結論が出ないことに、拙い思いを馳せてしまうのでした。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

こんな風に、猫もいいなあ、なんて考えてる母ちゃんとは違って、お嬢はインコの天敵である猫に対して、ある種の警戒心を抱いておりまして。
そんな彼女が、黄色の命日の前日、お友達の家に遊びに行ったのですよ。

そのお友達の家には、猫が2匹いるそうなんですが。
お嬢は家にいる間中、目のかゆみがとまらなくて、猫を抱かせてもらった途端に、くしゃみを連発したらしく。
迎えに行った帰りの車中でも、ひっきりなしにくしゃみをしまくってたんですよね。


愛しいインコの命日は、お嬢の猫アレルギー発症記念日とも相成ったのでありました。(合掌)
[PR]
by senrufan | 2010-05-17 12:22 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/13325819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Vivian at 2010-05-19 13:56 x
>動物本来の姿にないこと、人に飼われていることに対して、悲しさを感じて
同感です! 子供のときはともかく大人になってから何かの都合で動物園に行った時はどの動物を見ても「ここから出してくれ~」の表情に見えてしまう私です。

うちは犬を飼ってます。生後7ヶ月で捨てられ、そしてシェルターから引き取られて最悪の事態からは開放されたうちの犬ですが、それでもやっぱり気の毒だと思うことが多いです。本当は自由に外を走り回りたいのだろうなぁ、と。
Commented by マミィ at 2010-05-19 14:14 x
むきっ!その獣医さんにはもう行くのはやめましょう。ああ、なんという無神経さ…涙。水色ちゃんが元気に長生きしてくれますように。

私は忠誠なお犬は苦手でわがまま猫派であります。でも絶対に飼いません。お嬢同様、アレルギーであるせいと、夫のお膝争いになりそうだから。庭を横切るどこかの黒猫に声をかける程度が身分相応と思っております。
Commented by すれっぢ at 2010-05-20 01:17 x
ありますね~そういうことって。前にどっかで読んだんですが、本人の性格が「犬」だと猫をかいたがり、「猫」だと犬を飼いたがる・・・・確かに当たってる部分もあると思います~。

「犬性格の猫」を飼っている自分としてはどう解釈していいのか悩んでおります。

猫アレルギー、個体によってかなり差がでますので、お試ししてみることをお勧めします。妻もダメな猫とそうでない猫がいます。飼ってるのは大丈夫だったから・・・という理由もあり。
Commented by Miyuki at 2010-05-20 10:26 x
*Vivanさん
そうなんですよねえ……でもほんとにこれは、正解とはいえない感情だとわかっているんですけど。それこそ、半分以上は人間のエゴから来てる思いなんですけどね。

シェルターから引き取られたのでしたら、その時点で絶対ワンちゃんは幸せですよ~。犬自身は、広いところを駆け回るより、Vivanさん達といられることの方が大事なんですよね、きっと。
Commented by Miyuki at 2010-05-20 10:29 x
*マミィさん
やっぱりそう思われますよね、うんうん。でもこの辺りって、犬猫病院はすごく多いのですが、鳥を見てくれるところがあまりなくて(涙)、ようやく見つけた、貴重なインコ専門病院なのにー。厳密には、鳥と爬虫類専門。どおゆう組み合わせなんだ。

お膝争い、それ、ウケるーっ!!(爆笑) つか、すごくナチュラルにオノロケですか姉さま! そですね、私も外の猫に微笑みかけて、ツンとされてはうっとりとなるぐらいですかねえ。(M体質)
Commented by Miyuki at 2010-05-20 10:31 x
*すれっぢさん
その性格判断、なるほどです!(膝ポン) そうかあ、じゃあ私は前まで猫性格だったのに、ここ数年で犬性格に変わってきたのかしら。それって進歩? 後退?(悩むな)

あ、そうなんですか。>個体 じゃあ、あまり悲観しなくてもいいかな。アレルギーはやはり無い方が楽ですもんね。
Commented by mimosa at 2010-05-20 12:33 x
初めて書き込みます。
私も動物園苦手なんですよ〜 
子どもが喜ぶので時々行くのですが、最後は悲しくなって
チビ相手に「あの動物たちの仲間は違うところに住んでいるんだよ」なんて興ざめなこと行ったりしてしまいます。
うさぎや山羊のようなミニ動物園だったらいいんですけどね。。。

chiblits さんのブログに書き込まれたコメントから来て以来、ほぼ毎日拝見しています。
ミステリー、マクロビオティックなど、興味の対象がシンクロしているので。。
ちなみに私は飼うなら猫派です。犬も大好きですが、人の犬をなで回すので充分かな?
でも悲しいかな、家にも猫アレルギーがいるので飼えないのでした。
Commented by Miyuki at 2010-05-21 12:00 x
*mimosaさん
初めまして! 来ていただいて本当に嬉しいです、ありがとうございますvv
お仲間ですね~。私も全く同じで、はしゃぐ子供達を前にして、内心は忸怩たるものを抱えてしまいます。
動物を檻に入れるのも、それを見て悲しくなるのも、両方人間の勝手なエゴとわかっているので、余計にため息つきまくりで。
でもちょっと教わったことを↑の日記に書いてみました。mimosaさんはどうお感じになられるでしょうか。

うわあ、あの素敵なブログから! 毎日! ……すみませんすみません、と土下座したい気持ちにかられます。でもすごく嬉しい、って痛々しいほど正直です(殴) 何より、興味のシンクロが光栄です~vv
猫アレルギー、厄介ですよね。そういえば犬アレルギーって聞かないような……猫のあの毛が問題なのかしら。私も自分が飼えない分、人のペットはなでくり回しております(笑)
またいらしてくださいね~!
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2010-05-21 23:27
黄色ちゃんが亡くなってからもう1年になるんですね。あのときのMiyukiさん親子の悲しみと共感、今でも鮮明に思い出せます。私も獣医からそんな検診葉書をもらったら、、、どうしていいかわからなくなると思います。

そんなうちには猫。家族になってもうすぐ2年。シェルターの子猫は人気なので、うちに来なくても裕福な白人のおばあちゃんの家で幸せに暮らしていたかもしれませんが(汗)、逆に彼は私たち夫婦を幸せにするために来てくれたんだと信じています。服従どころか奔放そのもの。気が向いたときだけ甘え、こちらの都合などお構いなし。最低限のブラッシングとトイレ掃除と簡素なエサやり。ずっと家に閉じ込めているのですから、自分の思うままに生きておけ、と思います。(朝、首の上で寝るのだけは止めて欲しい、、、窒息します。)

最後に、黄色ちゃんのご冥福を心からお祈り致します。
Commented by Miyuki at 2010-05-22 11:00 x
*shinaさん
私こそ、あの時いただいた温かいお言葉、今でもしっかり覚えております。ね、やられたなあ……って感じでしたよ、検診ハガキ。

shinaさんのデュリフ君日記を拝見するたび、正に出会うべくして出会った家族なんだなって、いつもこちらまで笑顔になってます。人間社会での同居である以上、ペットの躾は大切ですが、それ以上のところでは、自由に元気でいてほしいですよね! ママの身体をはったお世話でね。(笑)

ありがとうございます、嬉しいです~。


<< 裾野の広さは無限大 戻って見るのは未知のもの >>