「ほっ」と。キャンペーン

遺跡に向かう風を待ち

「心を静めれば静めるほど、もっと聞こえるようになる」
   ----- ラム・ダス
        (アメリカ人、スピリチュアルリーダー、1931年4月6日生まれ)

* * * * *

【レストラン】

DSCF1073

shinaさんayuminさんと、Redwood cityにある東南アジア系レストランに行ったのは、日付を確認したら2年前のこと。
この時に行ったお店の向かいが、ウィンドウに「Turkish Mediterranean」と書いてある店で。
すでに地中海大好きだった私は、おお、いつか試してみたいもんだ、と思ったんだ。

まさかそれから、2年も果たさずにいるとは、なー。(想定外です)

ようやく巡ってきた機会は、Hit Meさん&あつゆきちゃんという、麗しれでぃのお二方と。
なんかこの街に来る時って、両手に花状態が多いな。(にんまり)
そんな一人はっぴーな状態で訪れたのは、トルコが誇る世界遺産、の別物。
うん、かっぱどきあって、ひらがなで書くとかわいいね。>あつゆきちゃん。




DSCF1069

外観から、もっと広い店かと思いきや、細長い造りでちみっとびっくり。うなぎの寝床ってヤツかしら。
なまりの強いお兄さんが、メニューを持ってきてくれながら、「ここは初めて?」と聞いてくる。はい、全員が初来店でございますよ。

そしたらお兄さんが、大きなお盆を持って登場。
なんと、メニューにない「本日のスペシャル」が、これだけ用意されてるんだね。

DSCF2411

一つ一つ丁寧に、メニュー名と内容を説明してくれるお兄さん。
名前は全く頭に入らないけど(わかんねえぇ)、内容はどれもこれも魅力的。普通メニューのも色々あるし、うーん、これは嬉しい迷い道。
散々悩んで、結局スペシャルから2品と、普通メニューから2品ね。


DSCF2413

最初は、トルコのパン。Ekmek(エキメキ)、だと思うんだけど。
どこで食べても美味しくて、これを売ってるパン屋さんを探そうと思っているぐらい。


DSCF2415

サラダは、Turkish Saladをね。
新鮮なトマトときゅうり、玉ねぎ、ロメインレタスの組み合わせ。レモン、ヴィネガー、オイルのドレッシングに、パセリとディルがふってある。

ただのサラダなんだけど、地中海系では絶対欲しいもの。カバブの豪快なイメージがあるけど、こういう生野菜の割合が多いのが、またトルコ料理のポイントの高い点。


DSCF2416

本日のスペシャルからの一品。お兄さんが、何度も名前を発音してくれたのだけど、誰一人として正確に発音できず。(くそう)
刻んだズッキーニ、玉ねぎ、卵、小麦粉、スパイス類で作ってあるんだって。

これが見かけによらず、ふんわり食感。ふかっ、という感じで歯を受けとめて、穏やかな下味がじんわりと。
添えられてるヨーグルトディップをつけても美味しいけれど、このままでも十分うまうまだ。


DSCF2419

普通メニューから、Sarma Beyti Kebabなり。
スパイスの効いた牛ひき肉を、ラバシュブレッドでくるくる巻いて、上からたっぷりかかってるのは、ガーリック風味のヨーグルトソース。

このスパイスの使い方がね、地中海系料理で学びたいところでね。クセの強い羊肉も、これなら美味しく食べられるもんね。
こちらのは、それが強すぎず、でも気取らなくて、至極良い具合であるんだな。
そして相変わらず、ラバシュはとってもお役立ち。前菜からデザートまでこなせるよ。


DSCF2420

スペシャルからの二品目は、手羽とライスの組み合わせ。
このチキンがすっごく柔らかくて、骨からほろっと崩れてくれる。かといって水っぽくなく、旨味はちゃんと詰まってる。

お兄さんに、このソースは何、どうしてこんなに美味しいの、と聞いてみたら、
「それは企業秘密」
と言われてしまいました。いやいや、お茶目な方でした。


     DSCF1068

壁や窓際に、今までもらった賞の額が。
ここ数年で、あちこちのBest Mediterranean Restaurantに選ばれてるんだね。

人気のほども確かなようで、それほど多くないテーブルは、お昼が過ぎた頃には満席状態。新しくお客さんが来るたび、お兄さんがあの大きな見本のお盆を持って行くんだよ。
こんな日替わりメニューも、人気の理由の一つだね。叶うことなら私だって、頻繁に通って、その日その日のメニューを楽しめたらなあ、と思うしね。

一品あたりのお値段が手ごろなのも、地中海系の良いところ。
サラダや一品料理は$10以下だし、高くてもせいぜい$12。こんなとこも、毎日のランチにぴったり、ってなものだろう。


DSCF1071


NEW KAPADOKIA
2399 Broadway Street
Redwood City, CA 94063
[PR]
by senrufan | 2010-04-06 12:08 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/13113420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by shina_pooh_at_sfo at 2010-04-07 14:27
ああ、やはりこちらでしたか。あの素敵な時間をご一緒させていただいたレストランの向かい。私、世界三大料理のひとつであるトルコ料理をちゃんと食べたことがないのに気がつきました。(Dishdashはトルコ?)この、なんとも未知の世界な、でもどこか共通点のあるほっとするエキゾチックな味付けが病み付きになります。ヨーグルトや香辛料はどうやって使うんだろう。

私もクレープ屋を2軒続けて訪れて、Miyukiさんが行かれてたなぁと思って調べたら早2、3年前。長いお付き合いになります。これからもいろいろとご教授ください。
Commented by マミィ at 2010-04-07 23:54 x
エキメキにトキメキ…(殴ってください)
ああ、憧れの地中海料理。パソ画面にかぶりつきでございます。
美味しさのポイント、「企業秘密」なんて言われると、誘拐でもして口を割らせたくなりますなぁ。
ごちそうさまでした。
Commented by すれっぢ at 2010-04-08 01:12 x
かっぱどきあ・・・・分かりやすい名前だけど、料理の名は難しいのも
ある(笑)

いや~見た目でパンとサラダ以外の味が全く想像できないのですが。
Commented by Miyuki at 2010-04-08 11:24 x
*shinaさん
懐かしいですね~、あの逢瀬。ほんとに楽しい一時でした。若いお嬢さん方に囲まれて(オヤヂ) うん、Dishdashはトルコですよ。あと、例のクルド料理のとこも。トルコ人の友達がいるのですが、ほんとーーに料理が上手で、彼女に言わせれば、これぐらいがトルコでは当たり前ですって。私がトルコに生まれたら、人以下のレベルだったかも(シャレにならんわ)

私ごときがshinaさんに教えることなんてありませんがな。ということで、ただのオバサンとして、これからもお付き合いくださいましvv
Commented by Miyuki at 2010-04-08 11:27 x
*マミィさん
ばきっ! どかっ! ぜえぜえ、これぐらいでいいですか、え、もっとですか。
誘拐、そうか、その手がありましたね。(きらーん☆)
フランスなら地中海からの人達が沢山いらっしゃってるかも。皆さん、どうかノルマンディーに行って、姉さまにご馳走してくださーい! 仲介料はエキメキ一籠分で(殴)
Commented by Miyuki at 2010-04-08 11:30 x
*すれっぢさん
料理名、元々読めやしない上に、教えられても全く発音できませんがなー(涙) そういう意味でも、”かっぱどきあ”が愛しいです。

えーと、例えばエスニック風ハンバーグを、薄いパンで巻いて、ヨーグルト風味のこってりトマトソースがけを想像して……って、思い出しただけで食べたくなってきちゃったじゃないですか! 責任とって、作ってこちらに送ってください、すれっぢさん(蹴)
Commented by ☆Coco☆ at 2010-04-09 14:20 x
Miyukiさん、ご無沙汰しておりました。(っていつも、言っているような気がしますが。笑) 是非、先輩ママさんとしていろいろと教えてくださいませ♪
こんなところから、失礼します。
Commented by みちこ at 2010-04-10 05:17 x
おはようございま~す!!
わぁ~トルコ料理ですか?!
色々と面白い・・・料理に面白いの表現って???^^;
お腹もすいてたので、勝手にパクパク・・・・にゃはは・・・。
もう桜は葉桜になってきてますよぉ~かなしいぃ~
でも、春春春(うるさい^^)ルンルンしちゃうね♪
今日も、お仕事で~す。行ってきま~す☆
Commented by Miyuki at 2010-04-10 10:59 x
*Cocoさん
改めて、おめでとうございます!!
ベビちゃんと一緒の数ヶ月、どうぞ楽しんでくださいね~。そしてオーガニックな妊娠生活、教えてください♪
Commented by Miyuki at 2010-04-10 11:01 x
*みちこさん
いえいえ、面白いですよね、トルコ料理。好きなわりには大して勉強してないので、いつも新鮮です(殴)
春はいいですよねえ♪ 落ち込むことがあっても、お天気のいい日に外に出るだけで解消されるような気がします。
お仕事がんばってくださいね! そして週末はお休みを~。


<< 追い求めれば辿り着き 咲いた桜は百彩の >>