始点も終点も我に在り

「人生の最も重要な疑問に答えを出せる人は自分しかいない」
   ----- ジョン・ファウルズ
        (イギリス人、作家、1926年3月31日生まれ)


朝から、みかしゃんにだまされてガーン、な状態です。(しくしく)(思いっきし期待したのだ)


前回、「ホリスティックではイーストが」と書いたのは、まきりん♪さんからうかがった話だったのですけど。
あれから少し調べたら、”イーストコネクション”というものを教わったのですよ。

砂糖のとり過ぎはアレルギーを悪化させる!

こちらの記事によれば、
イーストコネクションとは、慢性カンジダ過敏症のことで、
腸管内にカンジダの仲間が異常に増えて起こす病気

なんだそうですよー。
なんだ、結局はお前かい、カンジダ。そしてどっちにしても、大好物は糖類なんだね、カンジダ。

ローフードや生菜食について知るにつれ、腸の健康がいかに大事か、日々学ばせていただいているわけですが。
自分も暴食した時、手足にアトピーのような症状が出たりしたので、アレルギーは腸と大いに関係がある、と思っているところ。
ベストセラーとなった「病気を治す生き方」の著者・新谷弘美先生も、腸の健康の重要さを説いていらっしゃいましたよね。

米国ではそのものずばり、「The Yeast Connection」という本がありまして。
それと連動する形でのサイトが、↓です。

The Yeast Connection

ゆっくり目を通してみたいのですが、本も読んでみたいのですが。
なんで英語なんだろうこれ……かといって、アラビア語でも困るけど。

* * * * *

【個人的事情】

さて、前回のカンジダから発展して、病気についての個人的つぶやき。
結局これも「またそれ?」という、ただの言葉の羅列ですねー、あははー。(乾笑)
なので、続きは本当に、謙遜じゃなく「タワゴト」なので、読む必要はありませぬぞ。





私の個人的意見としては、科学的なことを評価・判断できる能力はゼロでありますので、
前にも書いた通り、結局「自己免疫力を高めていこう」の一言に尽きます。
ましてやカンジダは、免疫力が低下した時に繁殖するもの、ということは、現在公式とされている認識のようですからして。

がんに罹るか罹らないか。原因はあまりに複雑すぎて、本当に紙一重の何かで分けられているだけ、と思います。
お酒やタバコ、ストレスなど、悪者とされるものは色々ありますが。それらを全て抱えていても罹らない人もいれば、普段からすごく気を配っていても罹ってしまう人もいて。
罹った後は、どういう治療を選ぶか、これもまた考えることが多すぎて。
ほんとに、かの説のように、原因は真菌だ・治療は重炭酸ナトリウムだ!と決まってしまえば、どんなに楽であることか。

だから少なくとも、罹った方は、ご自分を責めないでほしいなあ、と。
何か一つだけのせいではない、と思います。勿論、主要な原因というのはあるかもしれませんが、何かたった一つの行動や心がけだけのせいではないでしょう。
罹った人と罹らない人の差は、通常の個人と個人の違いの範疇。いまや、そう言ってしまえることなのかも、という気がしております。

勿論、罹ったとわかった後の葛藤や苦闘は、そんな”差”という言葉で片付けてしまえるものではない、と重々承知していますので。
罹らない可能性が高い道を模索したら、これまた、数多の情報や選択肢が溢れておりますから。
その中で、自分は何を選んでいくか。その為に、何か捨てなくてはならないのか、もしくは多くを抱えたまま臨んでいける道なのか。
じっと模索する、直感で選ぶ、やり方はそれぞれですが、まずここで沢山の「選択」をしなければならない、と思います。

一般的に、身体に良くないと評されることがありますよね。もしくは逆に、今はとても良いと思われてることも。
どちらを取るのも、個人の自由です。タバコを吸おうが、毎日ジョギングしようが。あ、でもドラッグはさすがにやめた方が(聞いてねえよ)

健康という観点から考えた場合に、どれを取るか、となった時。
それを選んで、望まない結果が出た時に、後悔したり人のせいにしたりしないで、自分で引き受けられるか、という話なんだと思うのです。


更に言うなら、がんでも何でも、「病気」に出会ったならば、それが自分にとってどういう意味があるのか、考えなきゃいけないなあ、としみじみ思います。

身体の声、という言葉を、何回も使うようになりましたが。
不調も病気も、正にその声の一つ、なんですよね。
だから、その声をよく聞いて、自分が今までどうしてたのか、これからどうしたいのか、よくよく考えるチャンスであるわけで。

病気になって知ったこと、病気をきっかけに変えたこと。人によって色々あると思います。
自分自身の病気だけでなく、身近な人や有名人の、でも。
そのせっかくの機会を、現在から遠くに続く道筋を思い描いた時に、明るい方に向かっているように。
気づいて、考えて、更にその次の道を選んでいく姿勢が、自身にとって潔いものであるように。


白状しますと、私はそれができませんでした。
母や叔父ががんになった時も、自分が手術を受けた時も。その症状が消えることしか考えてなかったなあ、と。

自分が片方の卵巣を失うことに決まった時に抱いたのは、仕方が無い、という思いがほとんどで。
ただ、失うものに対して、ごめんね、守ってあげられなくてごめんね、とは語りかけていましたけれど。
そう思ったのなら、あれをきっかけに、もっとできたことがあったはずなのに。

それでも自分のことなら、まだ良いのです。その状況も感情も、自分で処理できる余地がある、と思うから。
それが人のことになったら、どうにも手を出しようがなく。その無力感や、待っているだけのやり切れなさ。自分のことだったらどれほど楽か、と思うようなことも起こります。

自分で「選ぶ」ことは、それに伴うあれこれを考えた時、相当の勇気をかき集めないと決断できない場合もありますが。
それでも、ただ受身で待っているだけより、何か動いて、何かを動かして、できることがあるなら、その方がいい、と思います。
それによって起こることの責任も、当たり前に自分で背負うことを、常に自分に課すことも忘れないままに。

かといって、健康の為にひたすらガマン!ガンになりたくないからちょー節制!というのも、やっぱりどこか違うような。
きっとね、すとん、と落ち着くポイントがあるんだろうなあ。受け入れる、とか、自然体、という言葉がぴったりとくるような。
それはきっと、人それぞれで、みーんな違ってみんないい、みたいなこと。

健康というのは、身体と心のバランスがとれた状態を指すのであって。
それが不調であるというのは、どちらかが過ぎたり、どちらかが走っちゃってたりして、アンバランスな状態なのですよね。
なので、身体だけに注力してその不調を治そうというのは、その時は良くとも、根本的な治癒ではないのですから。
西洋医学でも代替医療であっても、「自分」が関わらなくてはどうしようもなく。
そういう意味では、私の病気はまだ完治してないというか、何年たっても、まだ学ぶことが残ってるのです。
*-*-*-*-*-*-*-*-*

ああああ、もうとりとめなさすぎて支離滅裂。
これ以上傷が深くならないうちに、ここまでっ!


この、「短く書けない病」「思考の迷路に入り込む病」から学べることはなんなんでしょーか……
[PR]
by senrufan | 2010-03-31 15:01 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://senrufan.exblog.jp/tb/13087029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mifamilia at 2010-04-02 16:12
miyukiさん

全然支離滅裂でないですよ~ ^^ そうやっていろいろ考えながら何が大切なのかちゃんとmiyukiさんは感じとっていらっしゃるな~と思いました。 素晴らしいです。

カンジダ~ ああ~なつかしいカンジダ~(笑)

わたしもかつて大昔カンジダに悩まされたことがあったことを思い出しました。 そのときはかなりストレスもあり免疫力がとっても落ちてしまった後でした。

病気になるときというのは、ほんとうにいろいろな要因が絡まっていますが、自分を見直す大きなきっかけにもなりますよね☆



Commented by Miyuki at 2010-04-03 03:18 x
*るしあママさん
うう、慰めてくださってありがとうございます~(感涙) なんかね、すごく色々沸いてくるのですけど、うまく形にできないんですよ……文才も欲しいですが、脳みそがあと30gぐらい欲しいです。

えっ、カンジダ経験おありでしたか! 実は女性の8割が1回は悩まされると聞いて、あれこれの諸症状はカンジダを疑ってみる必要があるのかも、と思いました。

そですね、どんなことにも無駄はない、というか、無駄にするかしないかも自分次第なんでしょうね~。
Commented by mikamika at 2010-04-03 10:46 x
うわぁぁぁぁ、なんだかMiyukiさんの所から沢山の方が私の所にいらしていると思ったら、な、な、なんとみなさん、私の嘘記事読みにいらしていたとは。
おはずかしい。。。
Commented by Miyuki at 2010-04-03 13:34 x
*みかしゃん
ふふっ、私の心をもてあそんだ報いと思ってちょうだい。毎日大好きなハードブレッドを、しかもみかしゃん製のを見せられては身もだえしているアタシの気持ち、貴女にわかって!?(酔ってます)


<< 四月・卯月・孟夏 ただそこに在る事象 (3) >>